保険のプロへの無料相談で全員もらえる!毎日の食事が楽しくなる!自由に選べてお得!人気商品プレゼント!人気商品多数!詳細はこちら!

予定利率(よていりりつ)とは|生命保険料に影響する仕組みを徹底解説

予定利率の低下は生命保険の保険料増減に影響する要素とされており、予定利率が低いと保険料はそれだけ安くなります。この記事では、主な仕組みとお得な生命保険を選ぶ際に役立つ知識、「予定利率」と「標準利率」の違いについても紹介していきます。

Pocket
LINEで送る

予定利率(よていりりつ)とは、生命保険の運用利回りを指し、保険を使った資産運用で将来的に得られる収益を算出する際に利用する利率の事です。

一般的に予定利率が高いと保険料は低くなり、お買い得な保険といえます。予定利率は基本的には変更される数字ではありませんので、満期までは契約時の利率で推移します。

そこでこの記事では、生命保険を選ぶ際、特に昔の保険の見直しをする際に、ぜひとも注目してほしい予定利率に関して解説していきます。

 

予定利率とは保険料を決める一つの要因

冒頭でもお伝えしたように、予定利率とは生命保険において契約者に約束する運用利回りのことです。これだけではどういうことかイメージがつかないでしょうから、少し詳しくご説明してみましょう。

保険会社はそれぞれの保険料を決めるときに「基礎率」に基づいて算出します。この基礎率は、今回の「予定利率」、そして「予定死亡率」、「予定事業費率」の3つから成り立っています。

予定利率

予定利率とはご説明の通り、契約者に約束される運用利回りのことです。保険会社は、契約者から支払われる保険料を一か所に集めて万が一の際にそこから保険金が支払われます。

莫大な数の契約者・保険料はそのままにされず、投資などの運用に充てられます。その運用によって生じた利益が保険会社の利益となるのです。つまり予定利率が高ければ、運用での利益も見込めるため後述する契約者の保険料や返戻率にも影響してくるのです。

これと同じく、予定利率も金利が高いほうが保険料も安くなったり、満期までの期間が短くなったりと契約者にとってのメリットも多くなります。ただ、お伝えの通り予定利率はあくまでも基礎率の要素の一つです。他の内容も少し見てみましょう。

予定死亡率

予定死亡率とは、将来の保険金などの支払いをする際に必要金額を算出するための数字です。これは、過去の統計から、年齢・性別での死亡者数を予想して算出します。簡単に言うと、計画期間中に死亡する確率のことで、年齢が上がるほど予定死亡率も上がっていきます。

予定事業費率

予定事業費率とは、保険会社が保険業を運営していくために必要な経費をあらかじめ算出したもので、広告費・人件費・管理保全の費用・賃料などの事業費を予想したものをいいます。この、予定事業費率が上がれば上がるほど保険料等でそれを補てんしなければならなくなるので、予定事業費率が低いと保険料も安くなってくるでしょう。

予定利率の仕組み

いかがでしょうか。予定利率についてなんとなくイメージしていただけたでしょうか。それでは、こちらでは予定利率の詳しい仕組みと、予定利率が変動することによって契約者にとってどのような違いがあるかをご説明していきます。

予定利率の具体例

では、実際に例を挙げてご説明をしてみましょう。まず一点気を付けてほしいことが、予定利率は金利と全くの別物だということです。それを踏まえて読み進めっていってください。

例えば、保険料100万円の一時払いの終身保険は、予定利率1%で10年後に解約したら105万円になるとします。通常の金利の場合、10年で5万円増えているので、年利0.5%となります。

このことを踏まえてみても、年利と予定利率が同じではないことがお分かりいただけるでしょう。予定利率とは、運用利回りのことですので、その保険会社・商品の運用がうまくいっているかを判断する一つの指標に過ぎません。

予定利率と標準利率

また、予定利率という言葉を聞いたことがある方は「標準利率」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。予定利率と標準利率の違いについても簡単に解説してみましょう。

予定利率とは、ご説明のように各保険会社が生命保険の契約者に対して約束する運用利回りのことですね。一方、標準利率とは、金融庁が各保険会社に向けて設定している予定利率の目安となる数値です。

つまり、この標準利率が時代によって変動してくると、それに応じて各保険会社の予定利率にも大きく影響してくるでしょう。2016年現在の標準利率は1.00%となっており、年々下がっている傾向にあります。

標準利率の移り変わり

年度

予定利率

2000

1.746

2005

1.385
2010 1.182
2011 1.124
2012 0.858
2013 0.715
2014 0.553
2015 0.364
2016

-0.05

2017

0.054

予定利率で生命保険を見分けるポイント

いかがでしょうか。ここまで読んでいただけたのであれば、ある程度予定利率のことも理解してもらえたかと思います。では、実際にこの予定利率を見ることで賢く保険を選ぶヒントにもなりますので、押さえておくべきポイントをご説明します。

予定利率が高いと保険料が下がる

予定利率とは、運用利回りのことだとはたびたびご説明しています。結論から言いますと、この予定利率が高くなると、契約者が支払う保険料が安くなる傾向にあります。では、なぜ保険料が安くなるかというと、

予定利率が高くなると、それだけ運用で利益を発生させることができる見込みも立ちます。その結果保険料が割り引かれるのです。

これは一概には言えませんが、予定利率が高いと保険料が安いということは覚えておきましょう。

予定利率が高い返戻率も上がる

さらに、予定利率が高いと返戻率も上がります。理由はいたってシンプルで、予定利率は運用利回りのことで、運用利回りが高くなれば高いほど、解約返戻金は増えていきます。また、上記のように保険料も安くなるので、返戻率は上がります。

予定利率で保険を選ぶ時代ではない

しかし、上記でお伝えした現在の標準利率は、1.00%となっています。そこでどの保険会社も予定利率が1.00~1.50%に落ち着いており、どこの会社も大差がないと言えるでしょう。現在の保険選びでは予定利率は参考程度で、保険の本質である保障やご自身の希望を優先させたほうがいいでしょう。

昔の保険はお得なものも多い

上記でお伝えしたように、標準利率というものがあり、それは年々下がっています。つまり、昔の保険には予定利率が5%前後と高いものも多く、上記のように保険料・返戻率にも好影響を及ぼしているといえます。

保険の営業マンによっては、自身の契約数を伸ばすために、昔の生命保険の切り替えを提案してくるケースも考えられます。昔の保険の見直しを考えている方は、予定利率を下げてまでも、最新の保険に切り替える必要があるのかをきちんと考えてみましょう。

確かに、最新の特約などには魅力的なものも多いでしょう。しかし、保険のベースともなる保険料や返戻率を見落とさないようにしたいですね。

まとめ

いかがでしょうか。予定利率についてお分かりいただけたでしょうか。生命保険を選ぶにあたって、この予定利率のことを理解していると生命保険を選ぶこともクリアにできてくるでしょう。

しかし、生命保険選びは、予定利率だけでは決められませんし、「昔の保険を新しいものに見直したい」と、考えていても予定利率でかなりお得な生命保険に加入しているかもしれません。生命保険選びに関してご不明点がありましたらFPに相談してみましょう。

【関連記事】ファイナンシャルプランナーの無料相談先と信頼できるFPの選び方

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

生命保険 980×265