お客様満足度90% はじめての保険でお悩みなら!!保険のプロに相談保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

がん保険の選び方ガイド|自分に必要な保障を考えて賢く保険を選ぶ方法

Pocket
LINEで送る

世の中には数多くのがん保険が存在し、今の日本では2人に1人はがんになると言われていますが、ちゃんと自分にあったがん保険の選び方をご存知でしょうか?

がん保険は、保険会社が積極的に販売に取り組んでいるため、様々な種類があり選び方が分からない方も多いのではないかと思います。

がん保険は医療保険とはどう違い、またがどのように選んだら良いのでしょうか。今回は保険選びの基本的なところから、がん保険の選び方までを見ていきましょう。

がん保険を選ぶ前に知っておくべき保障(給付金)内容

がん保険の加入を検討されている方は、具体的にどのような保障を受けることができるのか知っておくべきです。

がんが発症した場合に受けられる主な保障は、ベースとなる診断給付金、手術給付金、入院給付金、通院給付金に加え特定治療給付金、先進医療給付金(先進医療特約)があります。それぞれの特徴について確認していきましょう。

診断給付金

診断給付金とは、がんと診断された時に受け取ることができる給付金のことで、一般的に入院日額の100倍に設定されています。1回にまとまったお金が支給されるため、抗がん剤や薬代、医療費などの出費、先進医療の技術料など、様々なことに有効活用ができます。

入院給付金

入院給付金とは、がんにより入院した際に支給される給付金です。日額あたり1万円~2万円が支給されます。

手術給付金

がんは手術の可能性が高い病気ですので、がんで手術になった場合には、どの程度の費用が必要になるかを想定しておくと、保険を選ぶ際にも参考になります。高額な手術であっても健康保険が適用できれば、高額療養費制度を利用することができます。

通院給付金

通院給付金は通院時に給付されるお金で、以前はがんの治療は入院を伴うものが多くありましたが、医学の進歩によって日帰りで行える手術や、放射線治療、抗がん剤の投薬など、通院しながら行える治療方法が増えてきました。

入院を伴わない通院への保障は、保険商品によって「対象となるもの」「対象外となるもの」の2つがあり、上記のような治療状況の変化を考えると、「対象となるもの」の方が安心と言えます。

<表:がんの主な通院費用(平成23年度)>
<表:がんの主な通院費用(平成23年度)>

傷病分類 1日あたりの入院外費用
胃の悪性新生物(胃がん、噴門がん、幽門がん)

5,246円

結腸の悪性新生物(大腸がん、結腸がん、上行結腸がん)

8,990円

直腸S状結腸移行部、直腸の悪性新生物(直腸がん、直腸膨大部がん、直腸S状結腸がん)

12,790円

肝、肝内胆管の悪性新生物(肝がん、肝細胞がん、ヘパトーマ、胆管細胞がん)

6,730円

気管・気管支、肺の悪性新生物(肺がん、気管がん、気管支がん)

9,451円

乳房の悪性新生物(乳がん、ページェット病)

8,490円

子宮の悪性新生物(子宮がん(子宮頚がん、子宮体がん))

4,195円

悪性リンパ腫(ホジキン病、非ホジキンリンパ腫、細網肉腫)

9,549円

白血病(リンパ性白血病、ヘアリーセル白血病、骨髄性白血病)

13,859円

その他の悪性新生物(前立腺がん、食道がん、卵巣がん、舌がん)

7,231円

良性新生物、その他の新生物(上皮内がん、子宮筋腫、血管腫など)

3,267円

参考文献:厚生労働省|医療給付実態調査(平成23年度)

また、入院前の通院が保障対象になるかどうかも、どのがん保険を選ぶかの判断の基準になります。

特定治療給付金

抗がん剤治療など、特定の治療を受けた場合に支払われる給付金のことです。区分けは「ある」「なし」の2種類に分けられますが、言わずもがな、「ある」方が安心でしょう。

先進医療給付金(先進医療特約)

がんの治療には公的医療保険の適用外の治療があり、そのひとつが厚生労働大臣の承認を受けた高度先進医療と呼ばれるものです。この場合、治療費は全額自己負担となり、一部の治療法では300万円ほどの費用がかかるため、個人で負担するには大きなものです。

この給付金を受けるには、がん保険に特約として付帯させることが必要になります。特約に加入する費用は月に100円~数100円程度ですので、基本的には加入しておくことをおすすめしていますが、全額や一定額保障まで様々なので、加入の際は契約内容をよく確認することをおすすめします。

参考:先進医療の費用と保険が必要か判断するために知るべき基準

加入前に知っておくべきがん保険の3つの特長と種類

がん保険を選択する際には、がん保険の必要性を十分に理解した上で、どのタイプのがん保険が自分に一番、合っているのかを考えなければなりません。

もしかしたら医療保険でも十分なのではないかという結論に至る可能性もあるので、がん保険の必要性を理解するためにも、がん保険の特徴について確認していきましょう。

入院給付金の支払い限度日数がない

がん保険には入院給付金の支払い限度日数がありません。医療保険などでは、40日・60日・120日といったように、1回の入院につき保障を受けられる日数が決まっていますが、この制限がないことががん保険の特徴です

そのおかげで、入院が長期に渡っても安心して治療を受けられますし、手術をせずにじっくり時間を掛けて治療をするといった選択をとることも可能になります。

まとまったお金を受け取れる

「診断給付金」は、がんの診断時に支給されます。受け取れる金額は保険会社によって多少の違いがありますが、概ね100万円〜200万円程度です。ひとまずの生活を保障し、がんと診断された時の精神的ショックを和らげる役割を果たします。

がんが発覚したときは「あとどれくらい生きられるのか」「子供の生活は、配偶者の生活は」など、たくさんのことを考えるでしょうから、診断給付金はとても大きな助けになります。

がんに対する保障が厚い

がん保険は、がん以外の保障はしてない代わりがんに対する保障は手厚くなっています。さきほど紹介した「診断給付金」や「支払い限度日数がない」ことも、病気やケガを対象とする医療保険にはない特徴です。保険商品のなかには放射線治療や抗がん剤治療の保障をしてくれるものもあります。

がん保険は「とにかく、がんだけに備えたい」という人にはうってつけの保険です。医療保険でもがんに備えることも可能ですが、がんに特化して備えたい場合はがん保険のみで十分と言えるでしょう。

参考:おすすめのがん保険4種類から自分にあった保険を選ぶ方法

主ながんの種類と費用の目安(3割負担の場合)

がんになった場合、がん保険で受けられる保障がどれだけ経済的サポートになるのかを実感してもらうためにも、3割負担におけるがんの治療費についてまとめました。

  入院日数 医療費(点) 実質医療費 実質負担額 入院費/日
胃がん 18.8日 97506 975060円 292518円 15559.47円
結腸がん 15.4日 82819 828190円 248457円 16133.57円
直腸がん 18.7日 112163 1121630円 336489円 17994.06円
乳がん 12.9日 76483 764830円 229449円 17786.74円

※医療費1点につき10円計算
※実質負担費:実質医療費×03

出典:「疾患別の主な指標2013年1月~3月|公益社団法人全日本病院協会

いずれのがんでも、手術をした場合は数十万円のまとまった費用が必要になることが分かります。高額療養費制度を利用して10万円程度に押さえることは可能ですが、軽い負担とはいえませんね。入院が長期化した場合のことも考え、加入するとしたらどの程度の保障がほしいのか決めるようにしましょう。

計画的ながん保険の選び方1:保障内容の把握

では早速ですが、がん保険に加入される際にどのような基準でがん保険を選べばいいのか、一般的な選び方について確認していきましょう。

診断給付金の内容に気を付ける

まず、がん保険に加入して最も手厚い保障内容は、がんと診断された場合に支給される診断給付金です。がんは命に関わる病気である上に治療費がばかになりません。診断給付金は一括でまとまったお金が支給されるため、がんが発症した方の経済的サポートになります。

診断給付金の内容について気をつけたいポイントは、以下の2点です。

  • 2度目のがんの診断の際に給付金が支給されるのか
  • 上皮内新生物に対する取り扱い

 2回目以降の診断における診断給付金

一度、治療したがんは再発する確率が高いと言われておりますが、2度目の診断給付金が必ずしも支給される保障はありません。一般的には、2回目のがんの再発・転移に関して診断給付金が支給されるためには、一度目のがんから2年以上経過している必要があります。

がんは再発する危険性が高い病気ですので、がん保険の加入時は2回目以降の診断給付金の取り扱いについて確認しておきましょう。

上皮内新生物に対する取り扱い

がんには、症状が重い悪性新生物と、症状が比較的軽い上皮新生物に分かれますが、後者と診断された場合、診断給付金が支給されない場合や減額されるケースが多いです。がん保険を選択する際は、上皮内新生物に対する診断給付金の取り扱いについても確認しましょう。

通院保障の手厚さ

がんは入院しながら治療するものというイメージがありますが、近頃では医療の発達に伴い、通院治療によってがんを治療するケースも増えております。そのため、がん保険を選ぶ上では、通院保障が手厚いがん保険を選ぶ方が得策かもしれません。

  平成14年 平成17年 平成20年 平成23年 平成26年
入院患者数 163,600人 164,600任 155,800人 147,800人 143,200人
外来患者数 146,600人 161,500人 170,700人 177,000人 187,300人

(参考:厚生労働省『患者調査統計表』)

患者調査統計表

医療の技術の発達により、わざわざ入院をしなくても、早期発見であれば比較的簡単な手術で治療することが出来たり、抗がん剤や放射線治療を行わずとも通院して薬をもらうだけで回復に向かったりする方が多くいます。

そのため、がん保険を選ぶ上では、通院保障が手厚いがん保険を選ぶ方が得策かもしれません。

参考:がん保険の通院保障とは|通院保障の特徴と必要性

免責期間の確認

がん保険には、加入後から一定の期間がんが発生しても保障がおりない期間(免責期間)が設けられております。免責期間は、すでにがんの危険性のある人が治療費をまかなうことを目的に、がん保険に加入することを防ぐために設けられた期間です。

免責期間を知らないために保険の切り替えに失敗した例はよくあるため、がん保険を選ぶ際は免責期間に気を付けてください。

計画的ながん保険の選び方2:定期型か終身型の選択

がん保険を加入する際には、「定期型」と「終身型」のどちらかを選ばなければなりません。定期型は保障期間が、一定期間に限られているのに対し、終身型は解約をしない限り保障が生涯続きます。

生活シーンに合わせた保障を選ぶように心がけることが得策ですが、定期型と終身型のどちらがいいのか、それぞれの利点を抑えた上で確認していきましょう。

がん保険の種類の選択

がん保険にはいくつかの種類があり、「定期型」、「実損補填型」、「診断給付型」、「収入保障型」を選ぶことができます。どのタイプが合っているかは加入者の生活の状況によるので、それぞれのタイプのがん保険の保障内容を確認していきましょう。

定額型

一般的ながん保険です。入院給付金の日額(例えば5000円など)を基準に、診断給付金はそれの200倍、手術給付金は20倍といったように保険金額が決められます。

実損補填型

実際にかかった費用を保障してくれるかたちの保険です。入院・手術のほか、交通費などの実費も全てまかなってくれるため、支出に対する不安は要らない、安心のできるがん保険です。

診断給付型

まとまったお金を受け取れる、診断給付金のみを保障してくれる保険です。がんになった際は、とりあえずまとまったお金が欲しく、入院などの長期治療はしたくないといった方向けと言えます。

収入保障型

医療機関でがんと診断確定された時に、年金のかたちで保険金をもらえるものです。がんになり収入が途絶えてしまった(働けなくなった)事態に備えるための保険です。がんと診断確定されてから、残りの保険期間の間、年金がもらえます。

以下に給付例を示しました。掛け捨てのため支払った保険料は戻りませんが、収入保障型の保険はとても優秀な保険と言われています。

【給付例:30歳男性 45歳でがんと診断された場合】
保険料 4700円/月
年金 120万円
保険期間30年

被保険者が生存している間、45歳から15年間、年間120万円を受け取ることができます。

終身型に適した人

終身型に加入するメリットとデメリットは、以下の通りになります。

メリット デメリット
生涯に渡って保障が続く 定期型に比べて保険料が割高
保険料が加入時から一定 他の保険商品への切り替えが難しい

長期スパンでみて、がんの発症に対するリスクを抑えたいか方や、貯蓄に適していない方は終身型が向いているでしょう。

定期型に適した人

それに対して定期型のメリットデメリットは、以下の通りになります。

メリット デメリット
加入時の保険料が安い 年齢と共に保険料が高額になる
他の保険商品への見直しがしやすい

現在、保険料を安く抑えたい方や、保険の見直しを行う可能性がある方、貯蓄に自信のある方は定期型が適しているでしょう。

がん保険は不要だと思われる場合

上記の内容を踏まえた上でがん保険が必要かどうかを判断して欲しいのですが、反対にがん保険が不要だと思われる場合について紹介していきます。

医療保険と重複している保障内容がある

たとえば入院給付金や手術給付金などがそうですが、とはいえがん保険のほうが受け取れる金額は増えます。ただ、最低限の保障で構わない(入院日額5000〜1万円程度)という方は、医療保険のみでも十分だと言えますね。

再発は保障が受けられない場合もある

がん保険は診断給付金の支払いが1回のみの場合が多く、がんが再発したときには保険金を受け取ることはできません。再加入をすれば受け取ることはできますが、1度がんになった人がもう一度がん保険に加入するのは難しいでしょう。

例えば30歳でがん保険に加入し、45歳でがんになり、入院・手術をして治ったとします。診断給付金は今後受け取ることはできないが、再加入は難しいとなると、再発に備えるためには保険料を払い続けなければなりません。

診断給付金を受け取れないことがわかりながらも保険料を払い続けることは、医療保険との大きな違いが無いままお金を失うことになります。この状態がつづくことは、がん保険のメリットを受けているとは言い難いですね。

参考:再発した場合に保障を受け取れない場合がある

簡単に考えただけでも、こういった問題が出てきますので、加入すること前提でがん保険を選ぶ前に、「がん保険の必要性|必要か不要かを見極める3つのポイント」で要点をまとめましたので、こちらを参考にしていただき、「がん保険が本当に必要かどうか」ご判断頂くのも良いかと思います。

がん保険の選び方まとめ

がんに特化した特殊ながん保険といえど、基本的な考え方は同じです。がん保険は生命保険のように「万が一の時のためにお金を残す」といった側面よりも、「がんになった時の支出に備える」といった側面が強い保険であると言えるでしょう。

現在の収入や貯蓄、家庭状況などを考慮して、必要なのかそうでないのか、必要だとしたらどのような保険に入ったらいいのかを考える際は、まず「高さ」と「幅」を意識してみて下さい。

ちなみに、女性向けがん保険というのもありますので、興味のある方は「女性なら知っておきたい!女性向けがん保険の全知識」も合わせてご覧いただければと思います。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

がん保険 980×265