お客様満足度90% はじめての保険でお悩みなら!!保険のプロに相談保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

がん保険の種類と状況からおすすめのがん保険を選ぶ手順

Pocket
LINEで送る

がん保険はがんによる入院や手術に特化して備える保険ですが、中でも自分にとってどのようながん保険がおすすめなのか理解している方は少ないかもしれませんね。

近年は2人に1人はがんになるといわれている時代ですから、がんに対する備えは欠かせません。

そこで今回の記事では、人気のおすすめがん保険の特徴や、がん保険にはどんな種類があるのか、またそれぞれのがん保険はどんな人におすすめなのかなどを解説しますので、ぜひ参考にしてもらいたいと思います。

 

おすすめできるがん保険の6つの特徴

これからがん保険への加入を検討している方や、現在加入中のがん保険を見直したい方は、一体どのようながん保険に人気が集まっているのか気になるところだと思います。ここでは、そんな人気のがん保険の特徴についていくつかの比較サイトを参照してまとめました。

1:診断給付金が出ること

がん保険で最も頼りになるのは診断給付金です。古いタイプのがん保険には診断給付金が出ないものも多くありますので、まずは診断給付金が出るかどうかをチェックしましょう。

金額は100万円程度など契約によって異なりますが、がんと診断されれば入院や手術をしなくても支払われるのが特徴で、例えば日帰りで抗がん剤治療を受けるだけ、といったケースでも給付金を受け取ることが出来ます。

がん保険には入っていなくても、生命保険や医療保険には「がん診断一時金」や「がん入院給付金」「三大疾病保障」を付けている人も少なくないので、気になる方は保険証券を見直して、診断給付金の有無や金額を確認しておくことをおすすめします。

参考▶「がん保険の一時金とは|一時金が必要な理由と注意点まとめ

2:上皮内新生物でも給付金が出ること

上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)とは、「上皮内がん」「上皮内腫瘍」とも呼ばれ、がんが上皮(粘膜層)内にとどまっており、基底膜以降の組織に浸潤していない状態のことで、治療を行えば転移や再発の可能性はほとんどないと言われています。

高額な治療費かかるわけではないので、実際に上皮内新生物といわれたところで困ることはほとんどないでしょう。とはいえ、上皮内新生物の場合に給付金が出なくて「損をした気分」という意見もあります。がん保険をえらぶ際には、保障内容をしっかり確認して、その上で付帯の有無を考えるのがいいでしょう。

3:先進医療が保障されること

先進医療保障とは新しい治療技術を利用する際に発生する費用を保障してくれるものですが、実際に先進医療の対象になる人はごくわずかと言われており、「必ずしも必要になる保障ではない」というのが一般的な見解です。それでも、保障が付いていないと不安という人は、この保障が付いているかを確認しましょう。

4:シンプルかつ保険料が安いこと

がん保険の選び方に迷ったら保障内容がシンプルで保険料が安いという基準で選ぶのもおすすめです。最近の保険は特約も充実しており、手厚い保障を得ることができますが、まとまった一時金を受け取れれば十分という考えもできます。

5:入院給付金が出ること

がんで入院した場合には入院給付金が支払われることになりますが、この入院給付金の有無、条件についてもしっかりとチェックしておきましょう。

医療保険では1回の入院で支払われる日数や通算日数に制限がありますが、がん保険の入院給付金は基本的には無制限になるので、入退院を繰り返した場合も安心です。

6:通院給付金が出ること

通院給付金には主に以下の2タイプがあります。

  • 入院をして入院給付金を受け取ってから、定められた期間内(1年以内など)に通院した場合に一定の限度内で保障してくれるもの
  • 入院の有無に関わらず手術や抗がん剤治療、放射線治療といった三大治療のための通院ならば日数の制限なしで保障してくれるもの

この通院給付金も、自身の状態に適している場合と適さない場合があるので、よく内容を把握しておくと良いでしょう。

例えば、通院で抗がん剤治療を受けていて入院はしていないという人は、①よりも②のほうが適していると言えます。しかし、通院のたびに請求手続きをするのも負担になります。

また、抗がん剤の種類や放射線の種類に条件が設けられていて、治療を受けても給付金が受け取れないケースもあります。

 

がん保険の種類別におすすめできる人の特徴を解説

がん保険を分類すると「定額型」「実損補填型」「診断給付型」「収入保障型」の4種類に分かれます。それぞれに特徴があり、その種類によっておすすめの人は変わってきますので、がん保険を選ぶ上でこちらについても簡単におさらいしておきましょう。

参考「がん保険の必要性|必要性を見分けるポイントと賢い選び方

定額型

定額型は給付される保険金額が一定のタイプです(例えば入院日額1万円など)。また入院給付金の日額(例えば5000円など)を基準に、診断給付金はそれの200倍、手術給付金は20倍といったようにその他の保険金額が決められます。

定額型がおすすめの人

以下の特徴に当てはまる方は、定額型がん保険がおすすめです。

〇定額的な支援が欲しい人

定額的な支援を期待できるならば、資金計画もしやすくなります。1日あたりの保障が○○円、手術給付金やその他の保障を数字できっちり把握したい方は定額型の保険が向いているといえます。

〇自己負担があっても構わない人

がんの治療費の支援は欲しいが、自己負担分があっても構わない方は定額型に向いているといえます。定額型の場合、支払われる金額が一定なので、それを超えた場合には自己負担をすることになります。

例えば入院日額1万円の保険に加入していた時に、15,000円かかった場合、5,000円分は自己負担となります。給付される金額が定額なために計算しやすいメリットはありますが、自己負担分が発生することもあります(もちろん反対にお金があまることも)。

〇幅広い保障が欲しい人

定額型は、診断給付金から入院の保障、手術や放射線治療まで幅広く保障してくれます。また特約をつけることで先進医療の治療費の保障もしてくれます。

実損補填型

実損補填型は、がんの治療にかかった実際の費用全てを保障してくれる安心保険です。手術や入院、また交通費など、あらゆる出費を補填してくれます。定額型は、実費と給付額に差がある場合は余剰金を他に充てられますが、実損補填型は安心できるぶん余剰が全く出ないといった特徴があります。

実損補填型がおすすめの人

以下の特徴に当てはまる方は、実損補填型がん保険がおすすめです。

〇自己負担をしたくない人

とにかくがんの治療には自己負担をしたくない、貯金や生活費の数字が変わってしまうのは嫌だという方には実損補填型のがん保険が向いているでしょう。定額型のように決まった金額が給付されるわけではないので給付金が余ることを期待できるわけではありません。

その分実際にかかった費用を補填してくれるため、治療費を心配する必要はありませんね。保険商品によっては差額ベッド代や交通費などが適用外の場合がありますので、その点はご確認を忘れないように注意をしましょう。

〇高額な医療費を懸念している人

「もし、とても高い医療費が請求されたらどうしよう」と心配している方にも向いているといえます。実損補填型は、実際にかかった費用を保障してくれますから、高額な治療費がかかった場合でも安心です。

がんになった後の生活も心配だが、最も心配なのは高額な医療費だというかたは実損補填型の保険を検討してみるといいでしょう。がんの医療費に関しては以下の記事も参考にしてみて下さい。

抗がん剤の費用相場|がん保険加入前の知識と抑える方法

診断給付型

診断給付金のみを保障してくれる保険です。診断給付金とは、がんと診断確定された際に支払われる、一時金のことです。保険会社によって違いはありますが、概ね100万円?200万円が相場です。とりあえずまとまったお金が欲しく、入院などの長期治療はしたくないといった方向けといえます。

診断給付型がおすすめの人

以下の特徴に当てはまる方は診断給付型がん保険がおすすめです。

〇まとまったお金を得たい人

がんと診断確定された時にとりあえずまとまったお金が欲しい方には診断給付型のがん保険をおすすめします。まとまったお金が入ることで「これからどうなる?」といった不安は和らぎますから、診断給付金を得られる条件をしっかりと確認しましょう。

例えば悪性新生物の場合は100万円、上皮内新生物の場合では10万円、といったように支払われる金額が違います。そういった点も含めて、自分の欲しい保障に合致しているかどうかをしっかりと確認しましょう。

〇シンプルな保障でいいという人

シンプルな保障が欲しい方にも、診断給付型の保険は向いています。入院給付金、手術給付金や先進医療給付金、たくさんあれば安心するかもしれませんが自分が理解できないような保障はつけても仕方がありません。使いどころがわからないままたくさんの特約をつけても保険料がかさむばかりです。

「がんと診断されたら100万円支払われる」といったようなシンプルな保険であれば、確認するべき点も、使い道も明快ですね。

収入保障型

収入保障型は、がんと診断確定された時にもらう保険金が年金形式支払われるものです。これは長期的に収入が途絶えてしまうといった事態に備える役割を果たします。がんと診断確定された時点から満期までの間に年金がもらえます。例えば以下のような形になります。収入保障型の保険は、必要な分だけちょうど良く受け取れる優秀な保険と言われています。

【給付例】
30歳男性 45歳でがんと診断された場合
保険料 4700円/月
年金 120万円
保険期間30年

上記の例では、45歳から15年間、被保険者が生存している限り年金(年間120万円)を受け取ることができます

収入保障型がおすすめの人

以下の特徴に当てはまる方は、収入保障型がん保険がおすすめです。

〇治療費よりもその後の生活が心配な人

がんになると治療費がかかることはもちろんですが、お仕事ができなくなってしまった場合は収入も途絶えてしまいます。それに対して有効なのが収入保障型のがん保険です。

年金形式で長期的に給付金を受け取ることができるので闘病生活が長引いてもサポートをしてくれます。

 

がん保険への加入がおすすめな3つの理由

そもそもがんの保障はなぜ必要なのでしょうか?多くの人は医療保険にプラスしてがん保険への加入を考えますが、ここではがん保険への加入がおすすめされる主な理由を3つご紹介します。

がんは治療が長期化する恐れがあるから

がんは生死に関わる可能性の高い病気で、再発や転移のリスクがあるため非常にやっかいです。完治するには一般的に5年が目安とも言われており、この間定期的に通院したり検査したりしなければなりません。

平均治療費は100万円とも言われており、医療保険だけではまかないきれないことも多いです。治療法があるのに金銭的な制約によって治療を受けられないという状況を避けるためにも、がん保険でしっかりと備えておきたいところです。

がんは日本人の2人に1人がかかる

“男女とも、約2人に1人が一生のうちがんと診断される”という統計が出ています。(参考:最新がん統計)つまり、がんはとても身近な病気だということになります。決して他人事と考えず、いつ自分ががんと診断されても対応できるようにしておくことが重要です。

保障ががんに限定されているため保障が手厚く保険料が割安だから

がん保険はがんに保障範囲を限定しているため、通常の医療保険よりも保険料が割安なケースが多いです。

一般的にはまずカバー範囲が広い医療保険を備えた上で、上乗せとしてがん保険を検討するというステップになりますが、医療保険の入院保障とは異なり入院上限日数がないため、少しの上乗せでがんでの長期入院に備えることができるのもおすすめです。

 

がん保険と他の保険との併用もおすすめ

がんと言うと昔は入院が当たり前だったのに、今では通院だけで治療ができたりと、がんの治療方法は日々進化してきています。そのため、昔は優れた保障内容だと思っていた保険が、今ではあまり頼りにならないということも起きてしまいます。

もし保障内容に不安がある場合は、その不安を埋めるための保険を新たに検討する必要があります。また、疾病・災害などの種類を選ばずに給付金を受け取ることができる医療保険で保障をしっかりと準備し、がん保険の保障はトッピングの位置づけで必要最小限の内容で選ぶという考え方も良いでしょう。

もちろん、今現在がん保険に加入しているという人は、保険の見直しを検討するのも重要です。プランの変更が可能ならば変更を検討してみるのも良いでしょう。例えば、給付金の受け取りを5回から10回に増やせたりするものもあれば、継続的に治療資金が手に入るとありがたいという要望に沿うように変更することも可能です。

【がんの見直し/比較検討】関連記事
がん保険の見直しをする際に知っておくべきポイントと選び方
がん保険を比較して自分に合ったがん保険を選ぶ為の全知識
がん保険を比較する5つのポイントと知っておきたい比較項目
自分に合うがん保険の選び方|賢くがん保険を選ぶ為の全知識

まとめ

人によっておすすめできるがん保険はバラバラです。だからこそ、自分がどの程度がんに備えたいのか、どのような形でがんに備えたいのかを改めて考えてみる必要があります。もっと具体的なアドバイスが欲しい方は、ファイナンシャルプランナーに相談してみるのも良いでしょう。今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

がん保険 980×265