保険のプロへの無料相談で全員もらえる!毎日の食事が楽しくなる!自由に選べてお得!人気商品プレゼント!人気商品多数!詳細はこちら!

知っておくべき自分に合う最適な医療保険の選び方と6つのポイント

Pocket
LINEで送る

医療保険は入院・通院・手術などの治療時に保障が受けられる保険商品で、すでに加入されている人も多いのではないでしょうか。サラリーマンの場合でも治療が長引いた場合は休職することも考えられます。

いまは健康な状態でも、いつ病気やケガをしてしまうか分かりません。そんな時に頼りになるのが、「医療保険」です。一方で、医療保険は、保険会社の主力商品となるため、扱っている会社の種類も、保険の種類も多く、どれを選んでいいのか分かりづらいものです。

健康はなにものにも代えがたい」と言いますし、闘病生活は大変なものです。食事や行動など、やりたいことも制限されてしまいます。そして、なにより心配なのが、闘病期間のお金の問題です。

働くことができない闘病時は入院費や通院費に加えて、収入も減ってしまいます。これは、会社からの保障が受けられるサラリーマンはまだしも、フリーランスの場合は深刻な問題になるでしょう。

そこで今回の記事では、医療保険を選ぶ時に、どのような点に気をつければ良いのか、自分に合う医療保険を見つける際の参考になる内容をご紹介します。
【目次】
医療保険を選ぶ前に|本当に医療保険は必要?
医療保険が必要だと思われる人
医療保険が必要ではない人
自分に合った医療保険の選び方とそのポイント
入院給付金日額で選ぶ
保険期間で選ぶ
保険料払い込み期間で選ぶ
入院の限度日数で選ぶ
掛け捨て型と貯蓄型で選ぶ
終身保険と定期保険かで選ぶ
知っておくべき医療保険のメリットとデメリット
メリット
デメリット
医療保険を限りなく便利に使うための豆知識
特約を活用すれば医療保険はもっと便利になる
治療や通院にも健康保険が活用できる
保険料控除の利用
まとめ

医療保険を選ぶ前に|本当に医療保険は必要?

医療保険を選ぶ前段階として、あなたにとって医療保険が本当に必要かどうかをご判断いただくのが良いかと思います。基本的に保険は「万が一に備えるもの」ですので、将来的な心配が特にない方にとってはあまり意味のないものかもしれませんので、まずこのあたりの事情を確認しておきましょう。

医療保険が必要だと思われる人

保険が必要な方には、どのような人が当てはまるのでしょうか?個人的な意見とはなりますが、以下のような人には医療保険が必要となってくるかと思います。

  • ・現在貯蓄があまりできていない方
  • ・小さなお子様がいる方
  • ・入院した時の費用負担が不安な方
  • ・自営業の人

 

現在貯蓄ができていない方

実際に入院した際に医療費が支払えなくて困ってしまう人、すなわち現在貯蓄ができていない方は医療保険の加入を検討してください。症状・入院期間によって医療費はピンキリですが、例えば、胃がんで入院すると退院まで100万円以上かかると言われています。

 

貯蓄額は一概には言えませんが、FPの間では150万円以上あれば病気・怪我になっても費用面では安心だと言われています。ある程度の貯蓄が貯まるまでは、格安の定期タイプの医療保険に加入しても良いかもしれません。

 

小さなお子様がいる方

治療期間中には継続して、お子様の養育費、配偶者の生活費などがかかりますので、医療保険を活用した方が良いと言えるでしょう。先述したように、積み立て型の保険の場合は、貯蓄として活用もできるため、うまく活用していきましょう。

自営業の方

入院等で仕事ができない期間が増えると、それに比例して収入は少なくなります。入院費や治療費で出費が増える中、収入も減ってしまうことは、大きな痛手になるはずです。そうなる前の備えとして医療保険に加入することは、将来的に大きなメリットとなります。

医療保険が必要ではない人

誰でもしてしまうケガや病気に対して幅広い保障が受けられる医療保険ですが、全ての人に必要な保険ではありません。たとえば、以下に挙げるような人には、医療保険は必要ないかもしれません。

  • ・貯蓄が十分にある方
  • ・払込保険料よりも多くの給付を受けられないと思っている方
  • ・会社の福利厚生が充実していて保障が十分な方

 

貯蓄が十分にある方

病気やケガになっても金銭的に対応できるので、わざわざ保険料を払い続ける必要はないかもしれません。それでもいざという時に備えておきたい場合は、後述する「掛け捨てタイプ」の保険を選んで、保険料を安く抑えましょう。

払込保険料よりも多くの給付を受けられないと思っている方

持病を持たず、健康な家系の方などが当てはまります。筆者は心臓病持ちの家系で、喫煙もするので、将来病気になる可能性は高いのですが、そうでない家系の方の場合、保険にお世話になることは少ないかもしれません。

会社の福利厚生が充実していて保障が十分な方

会社では普通、病気などで長期療養が必要な場合に備えていくつかの福利厚生を用意していることがほとんどです。皆様が働かれている会社では、労災や、社員に対して医療保険をかけているところも多いのではないでしょうか。そのような場合、個人で保険に入る必要性は少なくなります。

また、「おすすめの医療保険から自分に合った保険を選ぶための考え方」を参考に、どんな目的で医療保険を検討しているのかの確認をしておくのも大事な事ですので、ご覧いただければと思います。

 

自分に合った医療保険の選び方とそのポイント

医療保険を選ぶ時、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか?この項目では、医療保険に加入する時に考えておきたいポイントについて説明していきます。

医療保険に加入する時に考えておきたいポイントは以下の4つです。

  • ・入院給付金日額:入院したらいくら必要か?
  • ・保険期間:何歳まで保障を受けたいか
  • ・保険料払い込み期間:保険料の払い込みはいつまで必要か?
  • ・1入院の限度日数:入院した場合、どれぐらいの保障期間が必要か?

 

入院給付金日額で選ぶ

入院した場合に一日に支払われる金額です。現在、保険料の安い商品で日額5,000円からが主流となっていますが、40,000円以上のものまで幅広く用意されています。

生命保険文化センター「平成22年度 生活保障に関する調査」によれば、治療費や食事代、差額ベッド代などを含む入院1日あたりの費用は、平均16,000円前後となっています。(例|30代:17,587円、40代:17,680円、50代:13,720円、60代:15,719円)

一度入院になってしまうと、特に自営業の方は稼働日数が減るので、大きな痛手になりますので、バランスを考えると、10,000円前後のものに人気があります。
参考:入院費用を減らす3つの方法と入院に備えた賢い保険選び

保険期間で選ぶ

保障が受けられる期間のことです。保障期間が決められた定期保険や、被保険者が亡くなるまで保障が受けられる終身保険など、いくつかの期間があります。

保険料払い込み期間で選ぶ

保険料を払い込む期間のことです。決められた期間まで払い込むと、以降の保障が受けられるタイプや、定期保険のように支払う期間が決められたもの、一生涯支払いを続ける終身タイプなど様々な種類があります。

入院の限度日数で選ぶ

どれぐらいの期間まで保障が受けられるかを表したものです。主流な商品では60日間保障が受けられ、以降の入院費・治療費は自前で支払う必要があります。一般的に、この日数が長いものほど、支払う保険料も高くなります。

このうち、「入院給付金日額」「保険料払い込み期間」「1入院の限度日数」は保障が手厚くなるほど保険料も高くなります。自身に必要な保障内容・保障範囲・保障期間を把握したうえで、無駄の無いように商品を選びたいものです。
参考:入院保険の全て|入院に備えるための保険活用方法

掛け捨て型と貯蓄型で選ぶ

例えば、解約時に保険料が戻ってこない「掛け捨て型」、解約したときに払戻金がある、ある一定の期間が来た時に10万円受け取ることができる、など保険料が掛け捨てではなくお金が戻ってくる「貯蓄型」など、保険を選ぶうえでの選択肢がいくつかあります。

「掛け捨て型」に比べ、多少保険料は高くなりますが、老後に蓄えを作っておきたい場合は、「貯蓄型」は有効なため、ご自身の収入や支出を把握したうえで、加入も検討してみましょう。

【貯蓄型と掛け捨て型に関する参考記事】
医療保険は積立と掛け捨てどちらが良いのか考えてみた
貯蓄型保険の全て|貯蓄型保険の種類と最適な保険選びのコツ
貯蓄型保険を比較|4種の特徴と自分に合った保険を選ぶ基準
生命保険を貯蓄型タイプで考える時に必ず知っておくべきこと

終身保険と定期保険かで選ぶ

今、「掛け捨て型」と「貯蓄型」で選ぶという事をお伝えしましたが、もう一つ医療保険を大きく分けると「終身保険」「定期保険」の2種類に分かれますので、この違いから選ぶという選択肢もあります。

終身保険のメリットとデメリット

【メリット】

  • 解約しない限り一生涯医療保障が続く
  • 年齢とともに保険料が上がることはない

【デメリット】

  • 定期保険に比べると保険料の負担が大きい(特に若い間)
  • 保険の見直しがしにくい

参考:生命保険(終身型)の特徴とメリット・デメリット

定期保険のメリットとデメリット

【メリット】

  • 保険料が比較的安い(特に若い間)
  • 保険の見直しがしやすい

【デメリット】

  • 年齢が上がるにつれて(更新するにつれて)保険料が上がっていく
  • 年齢や健康状況によっては加入できなくなる場合もある

両者にこういったメリットやデメリットなどがありますが、近年の人気医療保険としては終身保険が主流ですね。大きなその理由としては保険料が上がらないということを挙げている方が多いです。

特に20代〜30代の独身という若い人にとって、安い保険料がそのまま上がらないという点ではお勧めですし、終身保険は将来的な貯蓄をメインに考える方が大半などで、返戻率の高さで選ぶと良いかと思います。

【終身保険に関する参考記事】
【目的別】終身保険を比較する時に知っておきたいポイント
生命保険の加入者が知らないと損する満期に関する全知識
生命保険を解約する時に知るべき返戻金と簡単に解約する方法
終身保険の選び方|知って得する選び方のコツ3選
生命保険の解約返戻金|基礎知識と損をしない4つのポイント

知っておくべき医療保険のメリットとデメリット

前項で説明したように、入院・通院・手術などの治療時に頼りになる医療保険、そのメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

メリット

医療保険のメリットは入院・通院・手術時などに保障が受けられることです。ケガをした時に保障がおりる「傷害保険」や、死亡・後遺症時に保障が受けられる「生命保険」など、似たような保険はありますが、被保険者が生きているあいだに、病気・ケガなどに対して幅広い医療保障を受けられるのは医療保険しかありません。

病気やケガをしない人はいないので、いざそうなった時に、そうした保障は心強く感じることでしょう。また、掛け捨て型でない保険の場合、満期に払い戻しをしたり、保険を解約して、その解約金を他の用途に回したりできるため、貯蓄的な側面も持ち合わせています。

元本割れを起こす場合もありますが、外貨で支払いをした場合は、長期間の支払い期間の間に貨幣価値が上がり、元本を上回る場合もあります。積み立て型の保険の場合、長期間払い込みをしないと元本割れをおこしてしまうこともあるため、貯金よりも継続して続けやすいという意見も聞きます。

また、おまけ的な要素ですが、保険料の支払いには税金の控除が認められているので、支払う税金が少なくなるという経済的利点もあります。

デメリット

先述した積み立て型の保険を選んだ場合、満期までの途中で解約を行ってしまうと、解約金の元本割れ(今まで払った金額より少ない金額しか戻ってこない)を起こしてしまいます。積み立て型の保険の場合、保険会社によって払い込み期間が変わり、満期後には払い込んだ金額より多くの解約金が手に入る場合が一般的です。

給付金が高くなるほど、また、保障の範囲が広がるほど支払う保険料は高くなるため、加入の際は保障の内容など吟味したうえで、長期間払い続けられる金額の商品を選びましょう。

 

医療保険を限りなく便利に使うための豆知識

最後に、医療保険には「特約」や「保険料の控除制度」などがありますので、こういった制度をかつようすることで、医療保険はさらに便利になります。内容自体は各保険でそれほど大きな差はありませんが、内容によっては医療保険の選び方に幅を持たせる事ができますので、ぜひ覚えておきましょう。

特約を活用すれば医療保険はもっと便利になる

先述したように、医療保険は、病気やケガなどの入院・通院・手術などに対して給付金が支払われる保険商品です。ただし、この保障は万能ではなく、保障されない治療費や、高額な医療費が予想される三大疾病の場合など、給付金だけでは治療費がまかなえない場合も出てきます。

そのような時、保険に以下のような様々な特約をつけることで保障範囲を広げることができます。この特約にはどのような種類があるのでしょうか?例として、以下に医療保険の主な特約を記載します。

通院特約

ここ数年、医学の進歩とともに入院ではなく通院で治療する医療機関も増えてきました。しかし、通常の医療保険での保障対象は、入院・診断時の保障がほとんどで、通院での保障がされないことが多いです。通院時の保障も受けたいのであれば、通院特約も検討しましょう。

 

退院特約

また、退院した際に保険金が発生する特約もあります。入院によって仕事ができなくなったということは、生活を送っていく費用にも影響を及ぼすでしょう。退院後の生活を安定させるための退院特約もありますので、頭に入れておきましょう。ただし、「入院〇〇日以上」という条件が設けられていることがほとんどですので約款をきちんと確認しましょう。

 

がん入院特約

がんを発症し、入院した際に保険金が発生する特約です。がん保険とも言われます。日本人の死因で最も多く、2人に1人は発症しているがんに特化した保障です。受給条件は商品によって様々ですので、契約時にきちんと確認しましょう。

 

三大疾病特約

三大疾病は、日本での死因でも多い「がん・心筋梗塞・脳卒中」の疾病に対しての保障がされる特約です。保障範囲が広くなり、手厚い保障が受けられることはメリットですが、一方で、保険金の支払い条件が厳しいことも問題視されています(入院〇〇日以上など)。

女性疾病入院特約

乳がんや子宮がんなどの女性特有の疾病に対する保障がされる特約です。また、妊娠に関する治療費が保障の対象となっている保険商品もあります。女性は付帯を検討してみても良いでしょう。
参考:女性向けの医療保険|通常の医療保険との違いと年代別選び方

健康祝金

医療保険の加入後に、一定期間、入院もなく経過した場合に祝金が支払われるものです。

この他にも、先進医療に対して保障が支払われる「先進医療特約」や、長期の自宅療養を保障する「長期収入サポート」など、特約の種類は数多くあります。これらの特約に加入しておくと様々な病気やケガに対応しやすくなりますが、その分支払う保険料も多くなってしまいます。

保険料を支払うことができない場合、受けられる保障も受けられなくなってしまうため、特約はあまり欲張らず、しっかりと払い続けられる保険料を支払うようにしましょう。

治療や通院にも健康保険が活用できる

民間の保険以外に、病気やケガをした時に頼りになる「国民健康保険」について説明していきます。国民健康保険は、病気やケガなどの治療費の負担額が3割になる制度です。自治体によって保障の内容や制度は異なりますが、基本的には病気やケガの際の通院や入院費などの負担を軽減することができます。健康保険にはサラリーマンが加入する「健康保険」と、自営業者が加入する「国民健康保険」があり、健康保険の方が手厚い保障が受けられます。

たとえば、健康保険は、治療のために仕事を休んだ場合は、4日目から最大1年半の間、給料の6割が支給されますが、国民健康保険は自営業のための保険と言う建前なので、給料の補償はありません。

また、これらの保険には高額療養費制度というものがあり、1ヶ月の医療費の自己負担金が一定額を超えた場合、超えた部分の自己負担割合は3割ではなく1%ですみますので、有効に活用していきましょう。

他にも出産の際に一時金を受けられたり、被保険者の死亡時に葬祭費として給付金が支給されるなど、様々な補助制度があります。健康保険は自治体によって詳細が異なっていたりするので、詳しくは自治体のHPや窓口で調べてみましょう。

保険料控除の利用

2012年以降の契約の場合、「介護医療保険料控除制度」が利用でき、8万円以上の保険料の支払いで、所得税最高4万円、個人住民税最高2.8万円の控除を受ける事ができます。もし住宅ローンを組んでいた場合は非常にオイシイ節税対策になりますね。
参考:生命保険料控除|知っておくべき全知識と上手に使うコツ

 

まとめ

今回ご紹介した医療保険は、数ある保険の中でもお世話になることが多い保険です。特に自営業の方は、医療保険は頼りになる保険のひとつになるでしょう。

筆者も個人事業主のひとりですが、入院してしまうと働けなくなり、収入が減るので、そんな時の給付金は嬉しいんだろうなと想像しています。もちろん、サラリーマンの方も、いざという時に保障が受けられるのは頼もしいはずです。最近ではwebで加入のシュミレーションもできるので、試しに保険料の計算をされてみてはいかがでしょうか?

医療保険の選び方に関するおすすめ記事

>>医療保険の通院保障を徹底解説|必要性と加入の判断基準

医療保険の通院保障特約の必要性について説明した記事です。

 

>>医療保険と生命保険の違い|選び方で参考にしたい6つの知識

医療保険と生命保険の主な違いや特徴、注意点、選ぶときのポイントについてご紹介している記事です。

 

>>医療保険の払込期間の決め方|抑えておくべき3つのポイント

医療保険の払込期間を決めるにあたって知っておきたい知識について解説しています。

 

>>がん保険を徹底比較|保障内容と特徴・必要性・選び方まで

がん保険の保障内容と選び方、比較検討する方法について説明した記事です。

 

>>医療保険で入院日数を決める際に知っておくべきポイント3つ

医療保険の入院日数についてや、入院日数を決める際に注目したいポイントについて解説しています。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

医療保険 980×265