お客様満足度90% はじめての保険でお悩みなら!!保険のプロに相談保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

生命保険の掛け捨て・積立の違いは?特徴比較でみるおすすめの加入者

この記事では、生命保険における「積立」と「掛け捨て」について特徴比較や、おすすめの加入者を解説しています。

「積立型」「掛け捨て型」の特徴や保険料、保険金の受け取り方といった両者の違いを比較し、ライフプランごとに最適なのはどちらなのかを解説していきます。

Pocket
LINEで送る

万が一に備えた生命保険にはさまざまなタイプがあり、なかでも「積立型」と「掛け捨て型」とでは毎月支払う保険料に大きく差がでてきます。
両者の違いやメリット・デメリットを把握しきれていないがために、「どのタイプの生命保険に加入すべきか分からない」と悩む声をよく耳にします。

単に保険料や保障内容という側面だけで優劣をつけられるものではありませんが、保険に加入する目的を念頭におき、自身のライフプランと照らし合わせて最適な保険を選ぶ必要があります。

そこで、この記事では「積立型」と「掛け捨て型」を比較した上で、それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説。
さらに、どういった人が加入すべきなのか、モデルケースも用いながら生命保険の活用法をご紹介します。
違いをしっかり理解し、自分にとって一番メリットの多い保険を上手に選べるようにしましょう。

「積立」「掛け捨て」を徹底比較|特徴や保険料の違いは?

積立型と掛け捨て型のどちらを選ぶべきか、まずは保険選びで注目すべきポイントで比較してみます。積立型保険と掛け捨て型保険の特徴を表にまとめてみました。

  積立型保険 掛け捨て型保険
タイプ 貯蓄型 保証型
解約返戻金 あり
※支払った保険料を下回る可能性あり
なし
※ある場合でも非常に少ない
満期保険金 終身保険:なし/養老保険:あり なし
保険料 高い
※一定で変わらない
安い
※更新ごとに高くなる
保障期間 終身保険:一生涯
養老保険(※):一定期間
一定期間
代表的な保険商品 終身保険、養老保険 定期保険、収入保障保険
こんな人におすすめ ・保障と貯蓄に備えたい
・支払った保険料を無駄にしたくない
・一生涯の死亡保障を確保したい
・安い保険料で必要な保障を確保したい
・医療やがんへの保障を確保したい
・決まった期間の保障を受けたい
あまり向いていない人 ・仕事や家庭環境などライフプランが変化しやすい
・保険料を抑えて手厚い保障を受けたい
・保険料が戻ってこないのを「もったいない」と感じてしまう
・長期に渡って保障を受けたい

養老保険・・・満期まで万が一のことの有無に関わらず、保険金を受け取れる保険です。保障期間は満期を迎えると保障がなくなってしまうのが特徴です。

積立型は貯蓄性を備えた保険であることから、毎月保険料を支払う感覚で貯蓄を積み立てることができます。その分だけ掛け捨て型よりも保険料が高くなりますが、満期を迎えた場合や中途解約時には返戻金を受け取れる仕組みになっています。

このとき、支払ったお金に対して戻ってくるお金の割合を返戻率といいますが、返戻率100%以上であれば払った分よりも多く戻ってくることを意味します。ただし、終身保険は長期の保障を前提としているため、ほとんどの保険商品では中途解約だと返戻率が100%を下回る=元本割れするリスクもあるので注意しましょう。

掛け捨て型は貯蓄性がない分、保障に特化している保険です。積立型と比較して保険料も安く設定されており、万が一の保障も手厚く受けられるのが特徴です。また、保障を受けられる期間も「10年間」や「60歳まで」などのように期間を定めることができます。

ただし、途中で解約したり、無事に満期を迎えても返戻金はありません(あっても非常に少額)。そのため、人によっては支払った分が戻ってこないことをもったいないと感じる方もいるでしょう。掛け捨て型は、少ない予算でしっかりと保障を受けたい方や、もしもの備え=安心を買ったと考えられる方が向いているといえます。

保険料支払総額はこんなに違う!必要な保障と負担できる保険料を考えよう

では、モデルケースを元に毎月支払う保険料も比較してみましょう。被保険者を30歳男性とし、ここでは分かりやすく60歳までの30年間保険料を払い続け、1,000万円の死亡保障に備えているとします。

それぞれの保険料は以下の通り。

【積立型の場合】
・保険料:18,380円(月払)
・保険料払込期間:60歳まで(30年間)
・保険期間:終身
・死亡保険金額:1,000万円

【掛け捨て型の場合】
保険料:2,810円(月払)
・保険料払込期間:60歳まで(30年間)
・保険期間:60歳まで(30年間)
・死亡保険金額:1,000万円

 

積立型と掛け捨て型で保険料支払総額を比較

  積立型保険(終身型) 掛け捨て型(定期保険)
保険料:毎月18,380円 保険料:毎月2,810円
経過

年齢

年齢 保険料支払総額 返戻金 返戻率 保険料支払総額 返戻金
1 31 22万560円 6万6,000円 29.9% 3万3,720円 0円
5 35 110万2,800円 72万7,800円 65.9% 16万8,600円
10 40 220万5,600円 159万9,000円 72.4% 33万7,200円
15 45 330万8,400円 247万100円 74.6% 50万5,800円
20 50 441万1,200円 338万8,400円 76.8% 67万4,400円
25 55 551万4,000円 435万8,100円 79.0% 84万3,000円
30 60 661万6,800円 539万4,400円 81.5% 101万1,600円
31 61 661万6,800円 808万3,000円 122.1% 101万1,600円

 

保険料の支払総額を比較すると、積立型では661万6,800円、掛け捨て型では101万1,600円となり、大幅に異なることがわかりました。

もちろん、積立型保険は返戻金があるため、支払った以上のお金を受け取ることも可能です。しかし、それまでに支払う毎月の保険料が家計の負担になってしまっては元も子もありません。

このように、必要保障額と負担する保険料とのバランスをみて、自分の人生設計に合わせた保険選びが大切です。細かい試算や保険料のシミュレーション、各保険商品の具体的なプランなどはお金のプロであるファイナンシャルプランナーへ相談してみると良いでしょう。

積立型の活用法|貯蓄+保障で備えて返戻金を受け取ろう

メリット デメリット
・保障だけでなく貯蓄にも備えられる
・支払った以上のお金を受け取れる場合がある
・貯蓄体質が身につきやすい(保険料を支払う感覚で貯蓄できる)
・毎月の保険料が高い
・中途解約時には返戻率が100%を下回るリスクがある
・契約プランの見直しがしづらい

 

主な保険商品:終身保険養老保険

積立型保険は、保障に加えて毎月の保険料を積み立てることで、満期時や中途解約時にお金を受け取れる保険です。別名、貯蓄型保険とも呼ばれます。

生命保険は、死亡保障金を受け取れる死亡保障や入院や手術時に給付金を受け取れる医療保障が主な保障内容です。

積立型ならこういった保障に加えて貯蓄分を積み立てられるので、万が一のときには保険金を、そうでなくても返戻金や満期保険金としてお金を受け取ることができます。

また、毎月保険料を払う感覚で貯蓄していることになるため、貯蓄体質が身につきやすいといった側面も備えています。

一方で、掛け捨て型と比較すると貯蓄分を含む分だけ毎月の保険料が高めに設定されています。さらに、契約期間に中途解約すると、返戻率(支払ったお金に対して戻ってくるお金の割合)が100%を下回る、つまり損をしてしまうリスクも持っています。

そういった意味でも、途中で解約することがないよう、あらかじめ毎月の保険料や必要保障額をしっかりと考えて契約する必要があります。

積立型保険(貯蓄型保険)については以下の記事で詳細をまとめていますので、こちらもあわせてご覧ください。

【関連記事】貯蓄型保険とは|特徴とメリット・デメリット、掛け捨て保険との違い

積立型保険は、若いうちから将来に向けた貯蓄を積み立てたい人におすすめ

積立型保険は貯蓄性を重視した保険なので健康には自信があり、万が一の保障内容よりもまとまった貯蓄を作ることを目的にした人に向いているといえます。

通常、独身であれば大きな死亡保障が必要になることは少ないと考えられますが、万が一死亡したときに必要になる葬儀関連費用(およそ200万〜300万)などには備えておきたいものです。

保険加入時の年齢や家族構成によって最適な保険は異なりますが、独身かつ健康な方であれば、死亡保障がつきながら貯蓄を作ることができる低解約返戻金型終身保険への加入を検討してみるのも1つです。

具体的なモデルケースを用いて説明してみましょう。ここでは、10年経った40歳時点で総額約125万円を支払うケースを考えてみます。

・モデル:30歳、男性
・保険料:月10,418円
・保険料払込期間:10年
・死亡保険金額:200万円

以下の図では10年後(50歳)には127万円貯まり、そのまま放置しておくと保険会社が運用をしてくれるので20年後(70歳)には約140万円となります。契約を解約すると返戻金として受け取ることができ、125万円を払って140万円を受け取る、ということになります。

もちろん生命保険としての保障も備えているので、仮にこの間に死亡した場合は200万円が支払われます。

ただしこの低解約返戻金型終身保険で注意したいのは、保険料の払込期間中に解約すると払った分の約7割しか戻らないこと。途中で解約するとせっかく積み立てた分が無駄になってしまいます。

保険料の負担が重くて解約といったことにならないよう、無理なく払える保険料がどれくらいなのか、必要保障額がいくらなのかなどを試算し、自分にあった契約プランを選択しましょう。

もしも1人で考えきれない場合は、お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談してみるのも1つの手です。

掛け捨て型保険の活用法|手頃な保険料で手厚い保障に備えよう

メリット デメリット
・毎月の保険料が安く設定されている
・保険料を抑えつつ保障はしっかり受けられる
・決まった期間の保障を受けられる
・支払ったお金は戻ってこない
・保険期間に注意する必要がある
・定期タイプは更新のたびに保険料があがってしまう

 

主な保険商品:定期保険収入保障保険など

掛け捨て型の保険は必要な保障に対してのみ保険料を支払う保障に特化した保険です。積立型のような貯蓄分に対する支払いがないため、毎月の保険料が安く設定されていることと、解約返戻金や満期保険金などが返ってこない(もしくは非常に少ない)という違いがあります。

保険料が安いからといっても保障が不十分というわけではありません。むしろ保険料が純粋に保障に対する支払いになるため、死亡保障など大きな保障が必要な場合でも、万が一の保障はしっかりと受けられる仕組みになっています。

保障期間も一定期間と定められており、代表的な「定期保険」では10年や20年といった年満了や、「60歳まで」のように満期を年齢で定める歳満了といった設定ができます。

ただし、保険期間が満期になった場合は解約して他の保険を検討するか、同じ保険を更新する必要があります。こまめに契約の見直しがしやすいのは掛け捨て型の特徴といえますが、更新する場合は保険料が上がってしまう点に注意が必要です。これは、年齢による健康状態の悪化や死亡リスクの上昇が考えられるためです。

このことからも、契約時には必要な保障とその期間をしっかりと見定めるようにしましょう。

掛け捨て型保険については以下の記事でも詳しく説明していますので、気になった方はぜひご覧ください。

【関連記事】安い保険料で手厚い保障!掛け捨ての生命保険はこんな人におすすめ

掛け捨て型保険は、安価でしっかりと保障に備えたい人におすすめ

掛け捨て型は毎月の保険料が安く設定されているので、低予算でしっかりとリスクに備えておきたい人にぴったりです。

例えば結婚や出産で家族が増え、万が一のときにお金に困らないようにしておくことは大切です。特に、「妻が専業主婦」「小さい子どもがいる」といった家庭は手厚い保障を用意しておくと良いでしょう。

たとえば、モデルケースを用いて活用すべき掛け捨て型保険を考えてみます。

・夫:28歳 会社員
・妻:27歳 専業主婦
・世帯年収:500万円

若年夫婦で世帯年収も十分とは言えない場合、毎月の保険料を安く抑えることがポイントです。その場合、少ない負担できちんとした保障を備えられる収入保障保険は1つの選択肢と考えてよいでしょう。

ほかの掛け捨て型保険よりも保険料が安いケースが多く、保険金も「毎月10万円」など給料のように決まった額を受け取ることができます。

もし小さな子どもがいる場合など生活費がもう少しかかることが想定されれば、受取額を月15万、月20万などにも設定できます。負担する保険料とのバランスをしっかりと考えましょう。

一方奥さんの生命保険も検討する価値はあります。今回のケースではなるべく保険料は安く済ませたいので、医療保険では女性特有の病気に備えて女性疾病入院特約を付加しておくのも1つです。公的医療保険から一定の保障が受けられるので入院日額5,000円の保険料が安いプランでも十分対応できるでしょう。

がん保険に関しては、子宮頸がん・乳がんに罹患する女性が増加しているため、保障対象の広いがん保険を選択しましょう。特に上皮内新生物でも悪性新生物と同額支払われるものがおすすめです。

積立型+掛け捨て型の組み合わせも検討しよう

実は生命保険には、掛け捨て型と積立型の両方に加入する方法もあります。特に、20代〜30代の若い夫婦で小さな子どもがいる場合は2つを組み合わせて加入するケースもあります。

両方に加入することで2つのメリットが考えられます。

・必要な期間だけ掛け捨て型を併用し、保険料を抑えつつ保障を確保できる
・積立型との併用で貯蓄にも備えられる

執筆時点では保険の予定利率(契約者に約束する運用利回り)は非常に低い水準を保っています。つまり、このような時期に積立型保険に加入すると、その低い予定利率が期間中ずっと適用されるため不利となります。この場合は掛け捨て型の保険を中心に加入するのが合理的でしょう。

ただ、契約満期をもって保障が無くなってしまうのが不安であれば、子育て期の大きな保障には定期保険を、生涯を通して確保したい保障は終身保険を利用するといったことも可能です。

その都度必要な保険を積立型と掛け捨て型を上手に組み合わせていくことも賢い活用方法の一つです。

掛け捨てと積立をそれぞれどの程度の割合にするかは、必要保障額や保障が必要なタイミングによってさまざまです。まずは現在の家族構成や貯蓄状況を考慮して、どんな保障が必要なのかを考えてみましょう。

補足:積立型と掛け捨て型のハイブリッド「アカウント型保険」

アカウント型保険とは、アカウントと呼ばれる積み立て部分を主契約にして、定期保険や医療保険など様々な保険を特約として付加できる総合保障タイプの保険を指します。

支払った保険料は全てアカウント部分に積み立てられ、そこから特約の保険料を支払うという仕組みになります。保険料は、余裕がある時は多めに支払って積み立てを多くしたり、逆に家計が厳しい時は少なめにしたりといった変更ができます。

ただし、支払った保険料のほとんどが特約の支払いに回ってしまい、アカウントにお金がほとんど残っていない、というプランの組み方をしてしまうケースが散見されるのが問題点となっています。

仕組みが非常に複雑で理解しにくい保険なので、ファイナンシャルプランナーなどの専門家から入念な説明を受けた上で熟考すべきでしょう。

アカウント型保険については下記でも詳しく解説しています。

【関連記事】自由度が高いアカウント型保険のデメリットと注意点

まとめ:まずはライフプランの設計から。本当に必要な保障を考えよう

以上、積立型と掛け捨て型の生命保険を様々な面から比較検討しました。

記事内で繰り返し述べたように、最適な保険は家族構成やライフプラン、そして保険に対し何を求めるかによって変わってきます。

とはいえ、保険料の適正負担はどれくらいなのか、必要な保険金はいくらくらいか、非常に多くの種類の中から加入すべき保険を比較することは難しい作業かもしれません。

そんな問題を解決させる1つの手段としてファイナンシャルプランナーへの相談を検討してみましょう。お金のプロである専門家の力を借りることで、自分一人では気付けなかった保険の活用方法や最適な加入プランを設計することができます。

特に細かい保険料のシミュレーションをしておくことや、ご自身の人生設計に応じた保険加入の考え方を相談することは決して無駄な時間にはならないはずです。

保険コネクトではファイナンシャルプランナーによる無料相談をWeb上で受け付けています。パソコン、スマートフォンなどから気軽に登録できるので、保険にまつわる疑問を抱えている方はぜひご活用ください。

 詳しくは無料保険相談のページからどうぞ。
Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

生命保険 980×265