全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

女性のための保険の選び方|特有の疾病に備えて必要な保障内容を比較

女性ならではの疾病リスクに備えて必要な保険の選び方を解説します。

妊娠や出産、それに伴う入院や帝王切開などの手術、また乳がんや子宮がんといった特有の疾病など、女性だからこそ備えておきたい保障について考えてみましょう。

「保険って必要なの?」「どんな保険をどう選んだらいいのかわからない」という声を耳にします。保険とひとくちにいっても色々ありますし、女性は特にライフステージの変化で必要な保障が大きく変わってきます。

女性が保険を考えるにあたって、女性特有の疾病に備える「女性保険」や、「医療保険」にさまざまな特約(オプション)を付けるなどさまざまな選択肢があります。

20代、30代、40代とライフステージによって必要性は人それぞれですが、どんな基準で保険を選べばいいのか、女性のための保険の選び方について解説していきます。

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーから、あなたに沿った商品をご提案致します!

女性保険は女性特有の病気に特化した医療保険

女性向けの保険には、その名の通り女性保険という保険があります。医療保険に女性特有の病気に対する保障をセットにした保険です。

たとえば子宮がん、子宮・乳腺などの病気や、甲状腺の障害、帝王切開や切迫流産など妊娠・出産時のトラブルなどが女性特有のものとして挙げられます。女性保険に入っていれば、これら女性特有の病気になった際に通常の医療保険にプラスして手厚い保障が受けられます。

もちろん女性特有の病気は女性保険だけでしか保障されないわけではなく、通常の医療保険でも保障されます。反対に、医療保険で充分にカバーされている場合には、女性保険に加入しなくてもよいという考え方もできます。

女性特有の病気に手厚く備えたい人、出産や妊娠などの際に想定外の出費を控えたい人、長期の治療に備えたい人は女性保険を検討してみるのが良いでしょう。女性保険についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事で説明しています。

【関連記事】
【完全版】女性保険の加入前に知るべきこと|選び方解説付
女性保険の種類と特徴を徹底解説|女性特有の保険を選ぶメリットとは

ここからは、女性保険と切り分けて考え、女性のための保険の選び方、考え方について解説していきます。

【ライフスタイル別】女性のための保険の考え方

就職、結婚、妊娠・出産などライフイベントの多い女性の人生。どのくらいの保険が必要になるかは、その人の家族構成や生活環境に大きく影響を受けます。

すべての人にぴったりの保険というものはなく、現在と将来のライフスタイルや人生設計によってマッチする保険は異なります。

まずはライフステージごとに保険とどう向き合っていくのか、保険選びの考え方についてご紹介します。

独身時代|医療保険を中心に加入を検討

独身の場合、万が一のことがあっても生活に困る家族はいないと考えます。そのため、自身が亡くなった際に給付される死亡保障よりも、長引くと治療費がかさんでしまう病気やケガに備えるべきでしょう。

医療保険はそういった病気やケガなどに対し、入院や通院の際に保障としてお金を受けとれます。また、加入必須というわけではありませんが、乳がんや子宮がんなど女性特有の疾病、もしくは女性に多い疾病などの心配があり、保障を手厚くしたい場合はそれぞれに備えた特約を付加しましょう。特約についての詳細は記事後半でも説明しています。

また、万が一のとき自身の葬儀代がまかなうことも考えておきましょう。もちろん、十分な貯蓄額が確保できていれば問題ありませんが、親族などの負担にならないよう、数百万程度の死亡保障を準備しておくのも1つの手です。

結婚〜子どもができるまで|妊娠が発覚したら死亡保障を検討

子どもがいない場合は、独身時代と同様に高額の死亡保障は不要でしょう。入院した際に保険金が支払われる医療保険を中心に準備しておきましょう。

専業主婦になった場合、「収入がないから保険はいらない」と考えがちですが、専業主婦でも入院すれば医療費はかかりますし、亡くなった際にはお葬式代もかかります。充分な貯蓄がある場合を除いて、引き続き医療保険への備えは大切です。

また、専業主婦、共働きに関わらず、妊娠・出産の予定があるなら、妊娠中のトラブルや帝王切開などのリスクがあります。それら女性特有の疾病への備えが必要ですが、前述した女性保険のほか、医療保険に特約を加えることといった選択肢があります。また、出産により養う家族ができるため死亡保障を考えるのもよいでしょう。

ただし、妊娠してからでは経過日数によって加入できなかったり、保障額が少なかったりすることもあります。できるだけ妊娠が発覚した段階で検討しはじめ、適切な保障が受けられるよう準備しましょう。

妊娠時に検討したい保険については以下の記事で解説しています。

【関連記事】
妊婦さんでも保険に入れる?妊娠・出産費用に備える医療保険の選び方
妊娠時に加入すべき保険とは|おすすめの保険や出産・入院費用まとめ

子育て期間|子どもの教育・養育費ははやめの準備を

子育て期間は入院に備える医療保険はもちろん、死亡保障も手厚くしたい時期です。

特に共働きで家計を多く負担している場合は、万が一の際に子どもの教育費、養育費などが不足することを視野に入れて考える必要があります。保険料が安い時期に入っておきたい終身保険をベースに、子育て期間中は教育費や養育費に対応するための定期保険を上乗せする形が一般的でしょう。

専業主婦の場合にも、母親に万が一のことがあれば、保育料やベビーシッター料などがかかってしまいます。充分な蓄えがない場合は、日額5,000円などやはり一定以上の保障を用意しなければなりません。

また、教育費を保険でまかなう場合には学資保険という選択肢があります。生命保険の機能と同じく、毎月決まった額の保険料を負担することで、お祝い金や満期金を受け取れるものです。

子どもの年齢にあわせて受け取る額や時期を設定しますが、なかにはそもそも必要かどうか判断に迷う方もいるでしょう。学資保険については下記記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【完全版】学資保険とは|加入の必要性や返戻率、メリットなど徹底解説

子どもが自立したら保険を見直すタイミング

子育ても終わり、我が子が自立する時期も訪れます。そのときは、保険を見直すタイミングだと考えておきましょう。

子どもが成人となり、就職や自立をすれば子どもへの備えは不要になります。自分自身の医療保険や介護などへの備えを手厚くするよう考えましょう。

年齢を重ねるほど保険料は上がりますし、持病などがあると加入が難しくなります。病気やケガのリスクが増える年齢だからこそ、子育てがひと段落したタイミングで老後の保障にはできるだけ早めに手を打ちましょう。

関連記事:生命保険の見直し方法を徹底解説|保障内容・保険料・保険期間など

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーから、あなたに沿った商品をご提案致します!

女性向け、医療保険を選ぶ4つのポイント

ライフステージごとに必要な保障は変化しますが、女性の保険は、本人に収入があってもなくても必要となる医療保険をメインに、どのくらい家計を負担しているかなどの状況に応じて死亡保険を考えるというスタイルがおすすめです。

医療保険を選ぶ際に押さえておきたい4つのポイントを解説しましょう。

1:保障は「定期」か「終身」か

保険には一定期間保障が受けられる「定期保険」と、一生涯保障が受けられる「終身保険」という二つのタイプがあります。

定期保険|一定期間、割安な保険料で保障が受けられる

電車の定期券のように、契約した期間内だけ保障が受けられる保険です。満期時の満期金や解約返戻金がない掛け捨て型のため、もう一方の貯蓄型に比べると保険料が安く抑えられているのが特徴です。

ほとんどの定期保険は、年齢を重ねると保険料が上がっていきます。若い人ほど保険料が安く設定されているのは、若いほど病気になるリスクが少ないためです。また、特に申し出ない限り、契約が満期になると自動的に更新され、保険料も上がってしまうので注意が必要です。満期のお知らせを受け取ったら保障内容を見直したり、他の保険を検討したりするタイミングだと考えるといいでしょう。

このように決まった期間や保険料の更新があるものの、安い保険料で大きな保障が得られるのが定期保険の特徴です。たとえば保障をお子さんが小さい間だけにしぼり、できるだけ保険料を節約しながらしっかりと保障を受けたい人などにおすすめです。

終身保険|保険料は変わらず一定、一生涯に渡り保障を受けられる

文字通り「身が終わるまで」続く保険、対象者が亡くなるまで保障が受けられる保険です。

終身保険には更新がないため、一度加入すると保険料は生涯変わりません。毎月の保険料は定期保険に比べて割高に設定されていますが、年齢が若いほど保険料は安く設定されているため、長いスパンで考えれば支払う保険料はトータルでは割安になることもあります。

そのため、終身保険は若いうちから将来にわたる備えを準備しておきたいという人に向いています。

定期保険 終身保険
現在子育て中などで家計にゆとりがなく、保険料を節約しつつ、数年後には見直しをしたいと考えている人 家計にゆとりがあり、今は割高であったとしても、トータルで支払う保険料を抑えたい人

 

定期保険と終身保険、どちらがより優れているということはありませんし、どちらか一方しか選べないということもありません。収入がまだ少ないうちは定期保険、ある程度安定してきたら終身保険に切り替えるというやり方も考えられます。あくまで、現在そしてこれからの自分にマッチしている方を選びましょう。

2:支払いは「終身払い」か「短期払い」か

毎月の保険料の負担の仕方は、生涯にわたって支払う「終身払い」と、「60歳」や「15年」など一定の期間で払い込みが終了する「短期払い」があります。

終身払いなら毎月の支払い額は抑えられますが、保障を受け続けるためには、老後たとえ収入がなくなっても保険料を支払う必要があります。

短期払いで支払い期間を短くするほど毎月の保険料は割高になりますが、決まった期間だけ保険料を負担するため老後に保険料の支払いがなく安心です。

では、どちらを選ぶと保険料を抑えられるのでしょうか。たとえば、35歳女性が終身保障の医療保険に加入した場合のトータルの保険料で計算してみましょう。

仮に85歳で亡くなるまでの50年間、「終身払いで毎月2,500円」を払い続けるのと、「65歳」までと決め、それまでの30年間、「短期払いで毎月4,000円」を払った場合を比較してみます。

  終身払い 短期払い
月額保険料 2,500円 4,000円
年間保険料 30,000円 48,000円
保険料払込期間 50年間 30年間
総支払額 1,500,000円 1,440,000円

 

終身払いは長生きするほど支払う保険料が増えるのに対して、短期払いは決まった期間の支払いで保険料も一定です。毎月の保険料を抑えたい人や人生何が起こるかわからないと考える人には終身払いが向いているでしょう。

生涯の保険を働いている間に確保したい人、老後の生活費を少しでも増やしたい人、自分は長生きするだろうと考える人には短期払いをおすすめします。

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーから、あなたに沿った商品をご提案致します!

3:主契約の保障はどうすべきか

保険はメインの保険契約である「主契約」と、そこへオプションで付けることができる「特約」で構成されています。

医療保険の場合は、入院や手術などへの保障が主契約です。その内容に関わる「入院給付金日額」「入院給付金の支払限度日数」「手術給付金」をポイントに選び方を解説しましょう。

入院給付金日額|5,000円や10,000円が一般的

入院したときに1日あたり受け取れる金額を表します。入院給付金が日額1万円なら、10日間の入院で10万円受け取れるということになります。

現在は5,000円や10,000円といった設定が多いようです。金額が多いほど安心ですが、そのぶん毎月の保険料も高くなるので、必要な分の保障を確保したいところです。

病気やケガで入院すると高額の医療費がかかりますが、一定以上の医療費については国が払い戻してくれる高額療養費制度を利用できます。医療機関や薬局の窓口で支払った額が、ひと月(月の初めから終わりまで)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。この制度を利用すると治療費の自己負担額は、最大で月8~9万円(収入によって異なる)になります。

自己負担額が9万円で30日入院した場合、1日あたり3,000円以上の保障があれば足りる計算になりますので、治療代だけを考えると入院日額5,000円の給付金でも充分といえます。

しかし、高額療養費はその月の1日から月末までを区切りとしているので月をまたいでいる場合は合算できないので注意が必要です。

また「食費」「差額ベッド代」「先進医療にかかる費用」等は、高額療養費の支給対象とはされていません。入院中は個室でゆっくりしたい、付き添いの家族の交通費などの出費に備えたいなどの場合は、入院日額1万円のほうがおすすめです。

【関連記事】
賢い入院給付金の決め方|平均データから入院に必要な費用を考える手順
高額医療費制度によって医療費は安くなる!計算方法と制度の概要まとめ

入院給付金の支払い限度日数|60日、120日、180日、360日タイプなど

入院給付金は何年入院しても出るわけではなく、支払われる日数が決まっています。何日間まで支払われるかを「支払い限度日数」といいます。

支払い限度日数には、60日タイプ、120日タイプ、180日タイプ、360日タイプなどがあります。

たとえば、支払い限度日数が60日の医療保険は1回の入院で最大60日間までは入院給付金が支払われます。

支払い限度日数が多い方が安心ですが、こちらも日数が増えるほどに保険料の負担も増えていくので、適切な日数で設定したいものです。

医療の発達により、入院期間はどんどん短くなる傾向にあります。一般的には60日あれば問題ないと考えられます。しかし、精神疾患、脳梗塞、アルツハイマーなど入院が長期化しやすい病気もありますので、備えたい場合は支払い限度日数の長い保険を検討しましょう。

関連記事:医療保険の入院日数|60日が目安である根拠と知っておくべき注意点

手術給付金|倍率一律タイプか倍率変動タイプか

手術をしたときに支払われる手術給付金についても考えましょう。医療保険の手術給付金には「倍率一律タイプ」と「倍率変動タイプ」があります。

・倍率一律型:手術の種類に関わりなく一律で入院給付金の◯倍といった手術給付金が受け取れる
・倍率変動型:手術の種類で手術給付金の額が変動する。入院給付金日額の10倍・20倍・40倍など、重い手術ほど給付金が大きくなるのが一般的

倍率変動型の方が保険料はやや割高ですが、重い手術の場合の保障をしっかり受け取りたい人に選ばれています。

関連記事:手術給付金とは|給付金の受取り金額と計算方法・給付対象になる手術を解説

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーから、あなたに沿った商品をご提案致します!

4:特約を考える

主契約にプラスしてオプションとして任意で付けられるのが「特約」です。主契約に足りない契約を特約で付け足すことで、より自分にマッチした保障内容できます。

特約は途中で解約したり、付加したりできますが(商品による)、主契約のオプションなので、特約だけで保険に入ることはできません。

もちろん、主契約を解約すると特約も一緒に解約となります。主契約を見直すときには特約も一緒に見直すことになるので注意しましょう。

では、女性にとってどういった特約があるのか見てみましょう。

女性疾病特約|女性特有の病気に手厚い保障をプラス

女性の保険を考えるうえで欠かせないのが女性疾病特約です。

保険会社によって違いますが、子宮がん、子宮・乳腺などの病気や、甲状腺の障害、帝王切開や切迫流産など妊娠・出産時のトラブルなど、女性特有の病気で入院や手術をした場合に、入院給付金や手術給付金が上乗せで受け取れる特約です。

主契約の医療保険で充分な入院給付金が確保できていれば特に必要ありませんが、病気の種類によっては個室で入院したいと考える人や、今後妊娠出産をしたい人、女性特有の病気に手厚い保障が欲しいという人は検討してみましょう。

ちなみに、女性保険と女性疾病特約の保障内容はほぼ同じです。女性保険はひとまとめにセットされた商品、女性疾病特約は医療保険に付けるオプションというイメージです。

先進医療特約|月々100円前後で備える先進医療のための特約

「がんの治療で数百万円かかった」などという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。厚生労働大臣が定めた先進医療(高度な技術を用いた治療)は健康保険の対象外になっているため全額自己負担になります。

そういったリスクに備える先進医療特約は、先進医療を受けたときに1,000万円〜2,000万円など一定の範囲内で実費が支払われる特約です。

保障は高額ですが保険料は100円前後です。なぜこんなに安いかというと、がんになっても先進医療を受ける可能性は低く、さらに技術料もすべてが高額というわけではないからです。万が一の場合を考えて、加入しておいた方が無難かも知れません。

関連記事:先進医療特約とは|保険と先進医療の関係性や必要性を徹底解説

三大疾病特約|三大疾病に備えて手厚い保証を受けられる

日本人の死因の上位にある「がん」「脳卒中(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞)」「急性心筋梗塞」の三大疾病にかかったときに手厚い保障を受けられる特約です。

三大疾病特約には、次の3つがあります。

三大疾病一時金特約
三大疾病で「保険会社が決めた所定の状態」になった場合、一時金を受け取れる

保険料払い込み免除特則
三大疾病で「保険会社が決めた所定の状態」になった以降は保障はそのままに保険料の払い込みが免除される特則

三大疾病入院日数無制限特約
三大疾病で入院した場合は、入院給付金の支払い日数の制限がなくなる

あればとても心強い三大疾病特約ですが、「保険会社が決めた所定の状態」という条件が付けられているため契約時にしっかりと内容を確認しましょう。

また付加した場合の保険料がかなり大きくなるため、支払いに無理がないかも確認が必要です。別途がん保険に入っている場合は保障が重複する可能性もあるのでご注意を。

関連記事:三大疾病保険は必要か?|主な特徴と保障内容・メリット・デメリット

がん特約|診断、入院、通院を対象に給付金を受け取れる

高額な医療費がかかりがちな「がん」について備えるための特約が「がん特約」です。次の3つがあります。

がん診断特約
がんと診断されたとき一定額の給付金を受け取ることができる

がん入院特約
がんで入院した場合に、入院給付金日額が上乗せされたり、支払い限度日数が延長されたりする

がん通院特約
がんで通院したときにがん通院給付金を受け取れることができる

がんに対する備えとして、医療保険にがん特約を付加するほかに、単体のがん保険があります。特約を付加する場合は、保障に重複がなく、がんの保障を準備することができますが、がん特約だけ医療保険を見直す際には、がん特約も見直すことになります。

単体のがん保険に加入する場合、医療保険とがん保険が別々になるため、保障が重複し、無駄な保険料を支払うことにもなりかねませんが、見直しがしやすいというメリットがあります。

通院特約|一度退院した後の通院を保障

一般的に入院期間が短くなる一方で、通院で治療を続けるケースが増えています。通院特約は病気や怪我で入院し、退院した後の通院を保障する特約です。

気を付けたいのは、病気やケガを負って、病院に通院しただけでは保険会社に保険金を請求することはできないということ。病気やケガで入院し、退院した後の治療のため、病院に通院した時に初めて保障される特約です。

関連記事:医療保険の通院保障を徹底解説|必要性と加入の判断基準

まとめ:女性ならではのライフスタイルにあわせ、特有の病気にも備えを

就職、結婚、出産など、女性はライフスタイルが大きく変化します。必要な保障を過不足なく確保するため、医療保険を軸に備えつつ、ライフステージが変わるごとに保険を見直すのがよいでしょう。

とはいえ保険は数が多く、種類も多岐にわたります。選び方がわからない、最適な保険を知りたい、プロの客観的な意見が聞いてみたいという場合は、ファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。Web上で無料相談の登録も出来るので、ぜひ自分にあった保険を見つけるためにも活用してみてください。

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーから、あなたに沿った商品をご提案致します!

医療保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険