保険のプロへの無料相談で全員もらえる!毎日の食事が楽しくなる!自由に選べてお得!人気商品プレゼント!人気商品多数!詳細はこちら!

生命保険の必要性|加入すべき人や時期、種類をわかりやすく解説

この記事では、生命保険の加入時期や、ケース別の加入の必要性、その判断基準となるポイントなどを解説。
いつから入るべきなの?とお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

Pocket
LINEで送る

「入ったほうがいい」とは思いつつも、生命保険必要性がわからずに先延ばしになってしまっている方も多いのではないでしょうか。

一般的に生命保険へ加入するタイミングは、就職や定年退職などライフステージの変化が起こったとき。また結婚や出産など守るべき家族が増えたタイミングなどが多いとされています。

しかし実際には、加入者の人生設計やそのときの経済状況によって入るべき時期や保険の種類などが変わってきます。

そのため、自分でしっかりと調べたり考えたりしながら自分にとってベストな保険を選ぶことが重要です。

ではベストな時期や保険は、どのような基準で選べば良いのでしょうか。

ここでは「いつから生命保険に入るべきなのか?」という疑問について、加入時期による保険料の違いや、生命保険を選ぶ基準、モデルケースを用いた必要性の有無などについて解説します。

この記事をお読みいただくことで、ご自身だけでなく大切な人を守るための生命保険を選ぶ時期の参考となれば幸いです。

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーから、あなたに沿った商品をご提案致します!

生命保険の必要性を考える4つの判断基準

自分や家族にとって生命保険というものが本当に必要なのか、判断がつかない方もいらっしゃると思います。どのような家族構成や状況において生命保険は必要になってくるのでしょうか。

4つの基準から、あなたが生命保険に加入するのかしないのかを考えるきっかけとしてみてください。

1.守るべき人、養うべき人がいるか
2.貯蓄額や金融資産の有無
3.働き手の数(世帯収入の入口の数)
4.世帯における各収入額

守るべき人、養うべき人がいるか

生命保険は、保険に加入している人が不慮の事故や死亡が起きた際に保険金が支払われるものです。誰に支払われるのかと言えば、経済的に守るべき残された人、つまり配偶者や子どもなどです。

これまで専業主婦をしていたり、子どももまだ未成年であるなど、自分でお金を稼ぐ能力を持たない配偶者や子どもは大黒柱が亡くなってしまうと収入を一切失うことになり、生活が出来なくなってしまいます。そのような時に保険金というかたちで、生命保険の力が発揮されるのです。

逆を言ってしまえば、配偶者や子どもが自立して生活できるだけの十分な資金や稼ぐ能力がある場合には、生命保険の加入はマストではないでしょう。もちろん、出来るだけ多くの余分なお金を家族に残してあげたいという場合でも生命保険は有効です。

自分に何かがあったら、誰が困るのか、それを明確にすることが判断基準の一つになります。

貯蓄額や金融資産の有無

前述したように、生命保険は残された家族に経済的な支援をするためのものです。そのため、十分な額の預貯金がある、家族に残す資産がある、という方には生命保険は必要ないかもしれません。

自分に貯金や金融資産がどの程度あるのか、それも生命保険に入るかどうかの判断基準となるでしょう。

しかし、それでも保険に加入するかどうかを悩む方もいると思います。そのような時は、保険に加入している場合と貯蓄している場合で「いざという時に使える金額」を比較してみることをおすすめします。

たとえば、毎月の保険料を3,000円とした場合、保険に加入せずにこの金額を貯蓄をした場合は、1年後には3万6,000円、10年後には36万円が貯まることになります。

がんになった場合の治療費が200万円必要と仮定した場合、貯蓄で準備したら200万円が貯まるのは約56年後です。

しかし、がん保険に加入していれば、仮に加入してからたとえ1年後にがんと診断確定された場合でも200万円のお金を受け取ることができます。

もしものことが起きた場合に必要な金額を計算して、それを貯蓄で準備するにはどれくらいの期間がかかるのかを計算してみるのが良いでしょう。

関連記事:死亡保障の必要額はいくら?シミュレーションで考える生命保険の選び方

働き手の数(世帯収入の入口の数)

収入源がいくつあるのかということも重要なチェック項目です。養うべき人がいるかどうかにも関わってきますが、収入源が1つ途絶えてしまったときに、他に収入を確保できるか、という観点で考えます。

そうすると、例え共働きであったとしても、奥さんの妊娠や病気などにより長期間働くことができないことが予想される場合には、生命保険を検討する必要もでてくるでしょう。

収入の柱が複数ある場合ならどちらかが倒れても生活や貯蓄を続けることは可能ですが、それが一つになってしまうと経済的リスクが増えてしまいます。

生命保険に加入するということは、ある意味で収入の柱を一つ増やすことでもあります。まだ健康なうちに収入源を複数持っておくことは、将来のリスクヘッジとなります。

世帯における各収入額

うちの家庭は共働きで収入源が複数あるから安心、とお思いの方もいるでしょう。しかし、一概にはそうとは言えません。

例えば、夫の年収が1,000万円、妻の年収が200万円、子どもはゼロ、という場合ではどうでしょうか。

この家庭では収入源はたしかに2つ持っていますが、実際には夫の収入に家族はかなり頼っています。その場合、夫が病気または死亡してしまったらこの家庭はどうなるでしょうか。共働きであっても、夫に生命保険をなるべく早くかけておいた方が良いということが考えられます。

このような4つの基準をもとに、「大切な誰かに何かがあっても十分な蓄えはあるか」「十分な収入源を複数持っているか」ということ一度振り返ってみましょう。

ご自身の経済状況をしっかりと見直してみることで、おのずと生命保険が必要かどうかのヒントが見えてくるのではないでしょうか。

モデルケースで考える保険が必要な人、そうでない人

これまでに述べた保険を考える判断基準に基づいて、より応用した考え方が出来るようにいくつかのモデルケースを用いて考えてみます。

ご自身の状況に近いものを当てはめてみながら、生命保険の必要有無について考えてみてください。

ケース1.夫婦共働き・子供ありの場合

<モデルケース>
夫:年収800万円
妻:年収500万円
子:2歳
貯蓄額:200万円

まずは共働きのケースです。

この夫婦ならどちらかが働けなくなったとしても、一方が稼ぎ続けることで十分な収入が得られるように思えます。ですが、よく想像してみてください。

仮に夫が病気や死亡で収入が無くなったとします。その場合、妻はこれまでと同じようなペースで働き続けることが出来るでしょうか。不動産所得などがあれば別ですがここでは考えないこととします。

恐らく、妻はまだ幼い子どもの世話を一人ですることになり、フルタイムで働くことが難しくなるでしょう。そうして年収が半分になってしまうと、年収200万円程度の厳しい経済状況になってしまうことが予想出来ます。

共働きであっても小さな子どもがいる場合は、安易に安心できないというケースです。

ケース2.夫婦共働き・子供ありの場合

<前提条件>
夫:年収400万円
妻:年収800万円
子:3歳
貯蓄額:100万円

こちらも共働きですが、妻のほうが年収が高いケースです。

ケース1と同様、収入の多い妻が死亡した場合が怖いです。夫がすぐに年収を上げられるような仕事に就職出来ればいいですが、子どもがいる状態ではなかなかそのような条件は難しいでしょう。

保険は基本的に、収入の多い人≒家計を支えている人に掛けるものと考えましょう。

ケース3.独身の場合

<モデルケース>
男性・女性:年収400万円
貯蓄額:100万円

生命保険が必要な人の条件に照らし合わせると、経済的に守る必要がある人がいないため、直近で加入する必要はありません。

今後結婚の予定がある場合や、自身の葬儀代に備えたお金を用意したい、などの場合に生命保険の加入を検討してみましょう。

ケース4.貯蓄額が十分な場合

<モデルケース>
夫:年収1,000万円
妻:年収0円
子:18歳
貯蓄額:2,000万円

貯蓄額が十分にあるケースです。

この場合、たとえ夫が倒れたとしても貯金で数年は生活できますし、子どもも成人が近いので自立(就職)できれば生命保険は必要ないでしょう。

ですが、妻や子どもの年齢と貯蓄額を考えたとき、中期的に生活が難しい場合は加入の必要性が高まってきます。あるいは子どもが就職できないなど、前述したような判断基準に基づいて、状況に応じて保険への加入を検討しましょう。

ケース5.夫婦共働き・子どもなしの場合

<モデルケース>
夫:年収400万円
妻:年収400万円
子:なし
貯蓄額:300万円

基本的に生命保険に加入する必然性は低いと考えてよいでしょう。たとえどちらかが倒れても、一方はその後も経済的に困らず生活を続けることができるからです。

ですが、今後子どもを産む予定がある場合などは、ケース1.やケース2.の状況になることも考えられますので油断は禁物です。

上記5つのケースをご覧いただけばわかるとおり、生命保険が必要かどうかは、自分が居なくなっても大切な人が経済的な状況に困らないか、ということが判断の大きなポイントとなってきます。

ご自身の大切な人や家族のために、いま何が必要なのか一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーから、あなたに沿った商品をご提案致します!

加入時期(年齢)による保険料、総支払額の違い

みなさんは、生命保険の加入時期についてどのようなイメージを持たれているでしょうか。基本的に、保険とは年齢を重ねるにつれて保険料も上がっていくものです。なるべく早く入ったほうが良いのだろうという漠然とした意見を持っている方も多いでしょう。

まずここでは、保険の加入時期によって保険料がどの程度変わるのか、加入時期に応じてどのような保険を選ぶとよいのか、という点について解説します。

一定期間の安心が保障される定期保険の場合

定期保険はある一定期間保険料を払込み、満期を迎えたらそれまで支払った金額も返ってこない掛け捨て型の保険です。

ある保険会社の商品「定期保険A」を例にとり、20歳から50歳までの年代別保険料の目安を以下の表にしました。

後述する貯蓄型の終身保険と比べると、加入年齢によっては月額1,000円台と月々の保険料が割安になっています。

ただし、これは払込期間が10年と決まった期間に設定されているためです。定期保険は10年ごとに保険料が年齢に応じて更新されていくため、若いうちから加入し、20年、30年と払込期間が長くなるほど支払い総額で見ると高くついてしまいます。

また、定期保険は掛け捨て型のため、期間が満了した契約終了時でもお金が返ってきません。

つまりこの定期保険は、若い頃からずっと入り続けるものではなく、「子どもが大きくなり自立するまで」など、ある一定期間に絞って保障を受けたほうが保険料は安く抑えられるというわけです。

一生涯の安心が保障される終身保険の場合

続いて、保障が一生涯続くことが特徴の終身保険の場合ではどうでしょうか。

上記と同様の保険会社を例に「終身保険B」の場合をみてみましょう。

同じく20歳から50歳それぞれの年代で保険に加入した場合の保険料が以下です。

貯蓄型と言われるこの終身保険は、生涯に渡り保険料を支払い続けることで貯蓄を積み立て、満期になった際に満期保険金が受け取れたり、中途解約をした際に解約返戻金を受け取れる保険です。

表をご覧になっていただけば分かるとおり、年齢が若いほど月額保険料は格段に安くなります。しかも定期保険のように10年ごとに保険料の見直しがないため、長期に渡って保障を受けたい場合は、なるべく早く加入したほうが払込総額が抑えられお得でしょう。

ただし、終身保険は途中で解約してしまうと払込額よりも低い金額が返ってくるので、デメリットは保険の見直しがしづらいことです。ライフステージの変化が激しくなることが予想される人にとっては選ぶ際に注意が必要です。

どちらも必要になった時に出来るだけ早く入るべき

それぞれ特徴の異なる定期保険と終身保険の保険料の違いを見ました。

ここまでをまとめます。

【定期保険の場合】
・定期保険は若いうちから入り続けると、保険料が更新されるため払込総額は高くなりがち。
・一定期間の保障を望むなら、どの年代から入っても終身保険よりも割安で加入できる。

【終身保険の場合】
・一生涯一定額の保険料を支払い続けるため、若いうちに加入したほうが月額保険料も払込総額も割安になる。
・年齢が上がると月額保険料の上がり幅が非常に高い。

上記を鑑みると保険料を安く抑える方法としては、子どもが大きくなるまで、マイホームを買うまで、など一定期間保障を受けたい場合には定期保険がお得です。

一方、将来なにが起こるかわからないから、健康・死亡リスクに備えてできるだけ若いうちに入っておきたいという方には終身保険がお得になります。

保険のセールスマンは「出来るだけ早く入ったほうが良い」とあなたにアドバイスをするでしょう。確かに間違いではありませんが、それは闇雲に早く入れば良いということではなく、「(自分の人生で必要だと思ったタイミングで)早く入るべき」と解釈いただければ後悔しなくて済むかもしれません。

いずれにしても、その時期を見極めるためにはしっかりと自分の人生プランを立てて日頃から考えておくことが必要です。

関連記事:
20代が入るべきおすすめの生命保険とは|必要性や選び方を解説
30代から考えるおすすめの生命保険|加入すべき保険の選び方とは

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーから、あなたに沿った商品をご提案致します!

そもそも生命保険とは?生命保険の考え方や仕組みを解説

この章では、そもそも生命保険とはどのようなものなのか、生命保険の基本的な考え方や仕組み、その種類について解説します。

この記事をご覧のみなさまももちろん例外ではなく、人生には様々なリスクが存在します。特に病気やケガ、死亡などのリスクは誰しもが日常抱えているものです。予期せぬタイミングで起こってしまった場合は多額のお金や健康に関する不安がついてまわることでしょう。

そのような不測の事態に備えるために、多くの人が少しずつ負担金を出し合い、何かあれば助け合う相互扶助の精神で生命保険は成り立っています。

生命保険の他に、何かあったときの備えとして貯蓄という選択肢もあると思います。両者ともに「備え」の機能を持っていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

「保険は四角、貯蓄は三角」という表現を用いてそれぞれを解説していきます。

一般的に年齢が上がるにつれて貯蓄額は三角形型に増えていきますが、もし家族がいる状態で若くして大黒柱が亡くなってしまった場合、家族が生きていくための蓄えは十分ではないことが多いです。

一方で生命保険の場合ではどうでしょうか。あらかじめ生命保険に加入していれば、万が一の事故や死亡の際にもまとまった金額を受け取ることができます。

つまり老後のためにお金を使いたいという目的があるならば貯蓄型の資産形成が向いていますが、万が一の保障を手厚くしながら生きていきたいという人には生命保険が向いているというわけです。

生命保険のメリットやデメリット、加入が必要な人やそうでない人といった、生命保険の基本的な考え方については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

生命保険に関する情報を詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:5分でわかる「生命保険」とは?メリット・デメリットと加入した方がいい人解説

生命保険の種類|基本の定期保険、終身保険、養老保険を解説

おそらく生命保険と聞いて条件反射的に「何だか難しそう」「複雑なイメージがある」といった印象を持つという方も多いのではないでしょうか。

しかし実際には、①定期保険、②終身保険、③養老保険と、基本パターンは3つしかありません。複雑そうに見えるのは、この3つの土台に様々な特約と呼ばれるオプションを付けて万が一のサービスを手厚くしているからです。

それでは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

定期保険:決まった期間内の死亡または高度障害を保障する掛け捨てタイプ

定期保険は、あらかじめ定められた保険期間内に、死亡または高度障害状態となった場合に保険金が支払われるタイプの死亡保険です。

特徴としては、満期まで無事に生存していた場合には返戻金が無いこと、そして保険期間が限定されていることです。支払ったお金は戻ってこない掛け捨て型のため、貯蓄目的には向いていません。ですが、そのぶん安い掛け金で高額な死亡保障をつけられます。

関連記事:定期保険について詳しくはこちら

終身保険:一生涯に渡って死亡や高度障害を保障

終身保険も、定期保険と同じく被保険者の死亡もしくは高度障害状態になった際に保険金を受け取れるものですが、その保障が一生涯続くことが大きな違いです。

また掛け捨て型ではなく、貯蓄性のある積立型のため毎月の保険料には貯蓄分も含まれています。そのため、定期保険と比較すると月額保険料は高くなってしまう傾向にあります。

関連記事:終身保険について詳しくはこちら

養老保険:満期時に満期保険金を受け取れる貯蓄型保険

養老保険は、契約中に亡くなれば死亡保険金を、無事に契約を迎えることが出来れば満期保険金を受け取れる保険です。どちらであっても必ず保険金が支払われるという特徴があります。

また死亡保険金と満期保険金は同額で、保険料が定期保険や終身保険よりも高額です。そのため、以前は死亡保障を付けつつ貯金が出来る保険として人気がありました。しかし、保険の予定利率が非常に低い現在ではその人気は下火になってきています。

関連記事:養老保険について詳しくはこちら

生命保険の基本的な仕組みは上記3つを土台にし、その上で様々なニーズに応えた特約(オプション)を組み合わせています。

どの種類のどのような保障内容が最も適切なのかは、その人のライフステージや家族構成などによって大きく異なります。もし自分はどのパターンが良いのか判断に迷ってしまったり、分からないことがあれば、保険の専門家やお金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーから、あなたに沿った商品をご提案致します!

生命保険の種類をさらに細かく、詳しく以下の記事で解説しています。それぞれの特徴と合わせてご覧になれますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:生命保険の種類と主な特徴を解説|保険の用途で選ぶ際のポイントとは

生命保険の選び方|押さえておきたい5つのポイントを解説

さて、ここまで生命保険における保険料や判断基準等について述べてきました。最後にここだけは抑えておきたい保険選びのポイント5つを簡単にご紹介します。

ポイント1.加入目的で考える

数ある保険商品の中から自分に最適なものを選ぶためには、自分を知ることが大切です。

生命保険を目的別に分類するとおおまかに「死亡保障」「医療保障」「貯蓄」の3種類があります。それぞれの目的に合った商品を選び、ムダの無い保険選びをしましょう。

例えばあなたが不慮の事故や病気で死亡してしまった場合に備え、残された家族に保険金というかたちでお金を残したいと思うなら、死亡保障で備えることになります。当然ながら、命に関わる仕事に就いている人も生命保険に加入するメリットは大きいでしょう。

ケガや入院のリスクに備える医療保障では、日本人の死亡率トップにもあげられるがん保障や三大疾病などに備えられます。健康保険による医療費の3割負担や、高額療養費制度といった負担を減らす公的制度はあるものの、大きな病気や手術をした場合には大きな蓄えが必要となってきます。

そして最後の「貯蓄」が目的の場合。ここ数年は低金利の影響で貯蓄を目的とした保険加入は減ってきていますが、保険によって老後の資金や子どものためにお金を残したいという手段もあります。

ただし、貯蓄型の保険は満期を迎えることで支払った保険料以上の返戻金を受けられるものがほとんど。貯蓄することを目的にするあまり、毎月の保険料が負担となり途中で解約、となってしまっては元も子もありません。

リスクに備え、もしものときに保障を受けることが本来の保険の役割です。肝心の保障が手薄くなってしまわないよう注意しましょう。

関連記事:生命保険とは|仕組みや必要性、種類から選び方までわかりやすく紹介

ポイント2.未婚・既婚、年代で考える

どの保障を選ぶべきなのかは、結婚しているか、加入する年代はいつかという条件によって大きく変化します。

例えば、まだ死亡リスクの少ない20代のうちは、死亡保障というよりも、病気やケガに備えた医療保障の優先順位が高いかもしれません。

一方、結婚や出産、育児を予定している場合は、万が一のことが起きても対応できる保険を検討する必要があるでしょう。

とくに、出産を検討している場合は、早めに保険の加入・見直しをおすすめします。妊娠後では医療保険の加入のしやすさや受けられる保障が異なるためです。

関連記事:出産に備える保険の選び方|妊娠後にも加入・適用可能な医療保険とは

育児がひと段落している年代の場合なら、貯蓄よりも自身の病気やガンなどに備える準備が必要になってくるかもしれません。近年ではガンも通院で治す時代になりつつあるため、通院保障が充実している保険を選ぶなどの選択肢も出てくるでしょう。

関連記事:
20代が入るべきおすすめの生命保険とは|必要性や選び方を解説
30代から考えるおすすめの生命保険|加入すべき保険の選び方とは

ポイント3.定期型か終身型かで考える

自分の状況を把握できたら具体的な保険の中身について選びましょう。1章で触れた定期保険と終身保険のメリットをおさらいしてみます。

定期保険のメリットは、掛け捨て型保険で、同じ保障額の終身保険と比較して保険料が割安であることが一般的です。そのため、月額の保険料を安く抑えたいという方や、決まった一定期間の保障を手厚くしたいという方にはおすすめです。

終身保険のメリットは、貯蓄型保険で、保険料は加入時から一生涯上がることはありません。そのため、保険料が比較的安くなる若い年齢から加入すれば、高齢時に支払う保険料を抑えられるというメリットがあります。

それぞれの特徴を理解した上で、必要な保障を考えることが大切です。

ポイント4.保険料や保障額で考える

最近では数百円からの保険料で保障を受けられる保険も登場しています。基本的に保険料が高いほど保障が手厚くなるというのは当たり前の話ですが、それによって家計を圧迫してしまっては本末転倒です。求める保障内容をよく吟味しましょう。

ちなみに、保険料の平均としては世帯月収の約3〜6 %程度が月々の平均払い込み保険料となっているようです。(※「生活保険文化センター」が調査した「生命保険に関する全国実態調査(平成22年度)」より)

保障額も重要なチェック項目です。冒頭でも述べたように保障額は支払う保険料に比例して高額になります。例えば、30代男性の場合で月々約700円の定期保険に加入した場合、死亡や後遺症時には最大500万円の保険金を受け取ることが出来ます。

また、以前は100〜200万円ほど掛かると言われていた葬式費用ですが、最近では数十万円からあげることも可能です。ですのでこちらも定期保険の保険金の範囲でまかなうことが出来るでしょう。

いつ、なににどのくらいの保障額が必要なのか、それに対していくらの保険料を負担できるのか、といったバランスを考えましょう。

ポイント5.相談窓口の違いで考える

ここまで述べてきたこと踏まえ、いざ保険に入ろうと思ったときにどのような方法で保険加入を行うでしょうか。

基本的に保険に加入する際には、以下の3つの窓口が存在します。

・インターネット
・店舗窓口
・セールスマン

インターネットの場合、保険会社によっては保険料を安く抑えられる場合があります。これは保険に加算される人件費や、店舗運営費などの費用が掛からないためです。

店舗窓口の場合は、フォローは基本的に手厚くなりますが、他の保険会社との比較は自分で行わなければなりません。また、保険商品が多種多様になっている分、担当者の知識や経験などのスキルが問われることとなります。

そしてセールスマンの場合は、電話一本で来てくれる手軽さと、保険の提案から保険金の請求、アフターフォローまで全てを任せられる手軽さが魅力です。営業職員は短期で辞めてしまう場合も少なくありませんが、保険のプロに任せられる安心感を得たい方には向いている窓口と言えるでしょう。

この保険の選び方についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

関連記事:生命保険の選び方を徹底解説|年代・掛け捨て・貯蓄で選ぶポイント

いずれの窓口で加入するにしても、ご自身の人生設計を元に必要は保険を検討することが大切です。そのためにもいまの家族構成や収入、預貯金、今後のライフプランなど考えるべきことはさまざま。さらに、いざ具体的な保険商品を検討しようと思っても、保険会社や商品がたくさんあり多くの方が迷ってしまいます。

そういったときに、まずはお金のプロでもあるファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか?細かな保険料のシミュレーションや、第三者目線でみるおすすめの保険など具体的な相談をすることができます。

Webサイト上から無料登録ができるので、詳しくは以下のページを参考にしてみてください。

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーから、あなたに沿った商品をご提案致します!

まとめ|”必要なとき”をきちんと判断し、できるだけ早く加入するのがおすすめ

今回は、生命保険はいつから加入すべきか?をテーマに、加入時期による保険料の違いや、必要性を判断するポイントや選び方についてご紹介しました。

いつから生命保険に入るべきかどうかは、「定期保険」「終身保険」のどちらを選ぶのかによって変わってきます。どちらの場合も必要ならできるだけ早く、ではありますが、大切なのは”必要なタイミング”をいち早く見つけることではないでしょうか。

また、生命保険が本当に必要なのかどうかは、ご自身や家族の経済的状況によっても変わってきます。自分がいなくなっても誰かが困らない状況にしておく準備が大切です。

このように生命保険に加入するタイミングは個人によって異なりますが、明日にでも突然の事故で万が一の事態になる可能性があります。

もし、「自分だけでは判断が難しい」「誰かに相談しながら確認したい」という方はお金のプロであるファイナンシャルプランナーの無料相談サービスを利用してみましょう。中立的な立場で相談にのってくれるため、あなたに合った最適な保険プランを選ぶことができます。

詳しくは無料相談のメニューからご覧ください。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

生命保険 980×265