全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

収入保障保険の必要性|メリット・デメリットやおすすめの加入者とは

この記事では、給与のように保険金を受け取れる「収入保障保険」の必要性について解説しています。

毎月の保険料を安く抑えながらしっかりと保障にも備えられる生命保険ですが、どういった人が加入すべきでしょうか?

メリット・デメリットに触れながら、加入に向いているおすすめのタイプを紹介します。

働き盛りの年代に突入し、子育ても真っ盛りを迎えている家庭にとっては、仕事での昇進や子どもの進学など、家族の将来に期待がふくらみます。

しかし、同時に子どもの就職までにかかる教育費・養育費は家計でも一定以上の割合を占め、ますます収入が重要になってくるでしょう。

また、家庭がある以上、”養うべき家族がいること”は忘れてはならないもの。仕事・家庭ともに人生が充実してくるからこそ「もし、万が一、自分の身に何かが起きてしまったら…」という場合に対する備えは欠かせないでしょう。

そんなときの備えの1つが生命保険です。万が一の備えとして安心を得られる一方、「手厚い保障を受けるにはそれなりの保険料を支払うのでは?」と思われる方もいるでしょう。たしかに、積立型の生命保険では毎月1万〜2万円ほどの保険料がかかる商品も多く存在します。

しかし、ここ最近では毎月の負担をおさえた掛け捨て型と呼ばれる保険も多くなってきています。その中でも、特に保険料がリーズナブルで、保険金も毎月決まった額を給与のように受け取れる収入保障保険が注目を集めています。

今回はそんな収入保障保険について、その特徴やメリット・デメリットに触れた上で、どんな人にとって必要な保険なのか?について解説していきます。

ぜひ、収入保障保険の必要性を考えるきっかけにしてみてください。

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーからあなたに沿った商品をご提案します。

収入保障保険とは|給与のように定額で毎月保険金を受け取れる掛け捨て型の生命保険

収入保障保険は、被保険者が死亡もしくは高度障害状態になった際に、受取人(主に家族)が保険金を受け取れる生命保険の1つです。

その中で収入保障保険の特徴をあげると、このようになります。

【収入保障保険の特徴】
・掛け捨て型のため、貯蓄性はないものの保険料が安い
・死亡した月から毎月決まった額の保険金を給与のように受け取れる
・死亡した時期により保険金の受取総額が変わる

1つずつ見てみましょう。

収入保障保険の特徴1:掛け捨て型の生命保険

生命保険には保険料の負担方法が2つあります。1つは従来の貯蓄型(積立型)、もう1つは冒頭でも触れた掛け捨て型です。

貯蓄型は毎月保険料を支払うことで、もしものときにも備えつつ、将来のための貯蓄を積み立てることができます。その分、掛け捨て型に比べると保険料は高くなりますが、満期を迎えた際の満期保険金や、中途解約時に解約返戻金を受け取れる(お金が戻ってくる)という特徴があります。

一方の掛け捨て型は、貯蓄性がなく返戻金などはありませんが、その代わりに毎月の保険料が安く抑えられています。それでいて、もしものときの備えは積立型と遜色ないため、割安な保険料で手厚い保障を受けられるのが最大の特徴です。また、いつでも解約できることから保険の見直しもしやすいメリットもあります。

積立型保険と掛け捨て型保険の違いや特徴比較は以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事:積立型と掛け捨て型を徹底比較!2つの違いから見る生命保険の選び方

収入保障保険の特徴2:保険金の受け取りは毎月分割で

収入保障保険の大きな特徴でもあるのが保険金の受け取り方です。通常の生命保険の場合、被保険者の死亡時あるいは高度障害状態になった際には、保険金を一括で受け取ることになります。

一方、収入保障保険は毎月決まった額の保険金を長期にわたって受け取れるという特徴があります。まるで給与のように受け取れるため、残された家族も計画的に保険金を活用することができるでしょう。

保険商品によっては、一括受け取りを希望したり、あるいは一括受け取り+残りを分割で、といったようにさまざまな組み合わせができるものもあります。保険会社や提供商品によって異なるため、事前に保険金の受け取り方をチェックしておくとよいでしょう。

収入保障保険の特徴3:被保険者の死亡時期により保険金の受取額が変動

3つ目の特徴は、保険金の受け取り開始時期によって受取総額が変動するという点です。言い換えると、被保険者が死亡する年齢が遅くなれば遅くなるほど受取総額は減少します。

減少すると聞くと、一見損をしているように感じるかも知れません。しかし、実は収入保障保険は合理的な保険といわれており、保険料を負担する私たちにとってもメリットがあります。

仮に被保険者である夫が30代で死亡し、残された妻や子どもはそこから先、長い人生を過ごしていく必要があります。特に子どもが幼い場合は教育費や養育費もかかり、必要なお金はそれだけ大きくなってしまいます。つまり、必要保障額は大きくなります。

反対に、仮に50代で死亡してしまった場合、残された家族に必要なお金はそこまで大きくありません。この年代では子どもも成人し自立していることが多く、住宅ローンが完済していることも考えられます。そういった場合は金銭的な支援はあまり必要ではない、つまり必要保障額が少なくて済むことになります。

このように、必要保障額が大きいであろう時期には保険金受取額も大きく、必要保障額が減少するにつれ受取額も小さくなるという、無駄のない仕組みになっているのです。そのため、他の掛け捨て型保険(定期保険など)に比べても、さらに保険料が安くなっていることが多いのです。

このように合理的な保険になっているからこそ、毎月の保険料を安く抑えながらしっかりと保障には備えられ、かつ給与のような受け取り方で長期に渡って金銭的な支援を受けられるのが収入保障保険です。

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

関連記事:収入保障保険とは|生命保険との違いや保障内容、デメリットまで【完全版】

収入保障保険が必要な人、不要な人

収入保障保険の特徴を踏まえて、収入保障保険はどのように利用すると良いのでしょうか。あくまで一例ですが、収入保障保険が向いている人、そうでない人をまとめてみます。

収入保障保険が必要な人、向いている人|若年夫婦や幼い子供をもつ家庭

収入保障保険の特徴は、毎月の保険料を安く抑えつつしっかりとした保障に備えられること、そして万一のときには、保険金を毎月決まった額で長期間にわたって受け取れることです。

そういった特徴から、例えば十分な収入が望めない、あるいは貯蓄が心もとないという若年夫婦や、小さなお子さんがいる家庭などが挙げられます。

小さな子供がいる場合、養育費に加えて高校や大学まで通わせる教育費も必要になってきます。公立・私立などで大きく変わりますが、およそ1,000〜2,000万円は必要になるでしょう。

十分な貯蓄があればそもそも生命保険自体不要かもしれませんが、若い夫婦ではなかなかそうはいきません。万が一のことが起きれば、なおさら残された家族の生活は苦しくなってしまうでしょう。

収入保障保険であれば、給与のように毎月10万円、20万円と一定額の保険金を毎月受け取れるため、長期的に支援してくれるのはありがたいですね。前述したように、比較的保険料が抑えられているため加入しやすいのもポイントです。

収入保障保険が不要な人、向いていない人|まとまった額を受け取りたい人

収入保障保険の特徴である保険金の分割受け取りですが、言い換えるとまとまったお金を受け取れないとも言えます。

たとえば、子どもが高校生、大学生になるタイミングでまとまった教育費が必要な場合など、収入保障保険でまかなうのは難しいと考えた方がよいです。

また、十分な貯蓄があったり、あるいは結婚の予定がなく、もしものときに養うべき家族がいない場合には、そもそも生命保険に加入する必要性はあまりないといえるでしょう。保険料が安いからといって加入しても、無事健康で満期を迎えた場合には支払った保険料も戻ってきません。

そういったデメリットとなる部分も把握した上で収入保障保険を検討するようにしましょう。

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーからあなたに沿った商品をご提案します。

収入保障保険の料金シミュレーション|保険料、保険金はいくら?

では、実際に収入保障保険に加入するといくらくらいの保険料で、そしていくらくらいの保険金を受け取れるのでしょうか。モデルケースを見てみましょう。

ここでは、40歳男性が60歳までの保険期間を設定し、収入保障保険に加入した場合を想定してみます。

【契約条件のイメージ】
・加入時の年齢:40歳
・保険期間:60歳まで
・毎月の保険料:4,500円(年額54,000円)
・保険金月額:10万円
・最低支払保証期間:5年
・保険金の給付対象:死亡時、高度障害状態時

58歳で死亡した場合|最低支払保障期間は保険金を受け取れる

もしも契約期間の途中で死亡した場合を考えてみましょう。今回は仮に58歳で死亡したとします。

上のとおり保険期間は60歳までなので、満了まで2年しかありません。しかし、収入保障保険には最低支払保証期間というものが存在し、死亡時点で満期が近づいていても、「最低限その期間は保険金を支払いますよ」と書く保険会社が定めたものになります。商品によって、1年、2年、5年、10年などと選択できます。

今回は最低支払保障期間が5年あるので、58歳から5年間、63歳までは保険金が支払われることになります。

まとめると、
・支払う保険料:年額54,000円 × 18年 = 972,000円
・受け取る保険金:月額100,000円 × 12カ月 × 5年 = 6,000,000円

と、このようになりました。100万円弱の保険料を納め、600万円の保障を受け取れることになります。

最低支払保証期間が5年と、比較的長いプランにした場合はこのように中長期的に保障を受け取ることができ、遺族の生活を一定期間サポートすることができます。

満期まで健康を保ち続けた場合|掛け捨てのため返戻金は無し

もし無事に健康のまま満期を迎えた場合はどうでしょうか。

何度か触れている通り、収入保障保険は掛け捨て型のため、満期を迎えた場合の満期保険金や、解約返戻金などはありません。

掛け捨てとあって毎月の保険料は安く抑えられているものの、60歳までの20年間に支払った保険料が戻ってくることはない点には注意しておきましょう。あくまで、もしものときの備え=安心を買ったとお考えください。

ここで紹介したのはあくまでモデルケースです。より詳細に検討したい場合は保険会社各社の見積もりやシミュレーションを利用してみると良いでしょう。

ご自身の家族構成、収入、貯蓄状況などに応じて必要な保障や保険料も変わってきます。自分にあった保険を探すためにも、お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーからあなたに沿った商品をご提案します。

収入保障保険と就業不能保険との違いは?

補足として、名称の似ている「就業不能保険」との違いにも触れておきます。

たしかに、「収入を保障する保険」と書くものと、「就業不能に備えた保険」では、似たような保険と感じてしまうでしょう。

まず、収入保障保険は被保険者の死亡時などの備えとなる生命保険の1つです。保障の対象が被保険者の死亡、あるいは高度障害状態という点がポイントです。

一方、就業不能保険は被保険者がケガや病気で働けなくなった状態を保障してくれる保険です。受取額は保険会社の規定で勤労所得の6〜7割と定められていますが、おおよそ10〜50万円の間で負担する保険料に応じて設定できます。

給与のように決まった額を受け取れるという点では共通していますが、そもそも保障の対象が異なる点に注意しましょう。大黒柱の死亡など万が一への備えには収入保障保険を、病気やケガなどによる働けなくなるリスクへの備えには就業不能保険とおぼえておきましょう。

なお、就業不能保険についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:就業不能保険とは|特徴やその必要性、収入保障保険との違いについて

まとめ|収入保障保険は貯蓄に心もとない若年夫婦におすすめ

収入保障保険は、特に未成年の子どもを扶養している親世代にとって、万一の際に家族の生活を支えるセーフティーネットの一つになる保険です。

収入保障保険のメリットは毎月の保険料の負担が比較的少なく、加入するハードルが低いこと、そして定額の保険金を長期に渡って保障してくれることです

子育て世代真っ盛りで、日々の生活にも何かとお金がかかるけど、子どもの就職まではきちんと面倒を見たいとお考えの方はぜひ検討してみると良いでしょう。

一口に収入保障保険といっても、実際には複数の保険会社からさまざまなプランが出ています冒頭でも触れたように、商品によっては保険金を一括で受け取れたり、一括で受け取ったあとに残りを分割で受け取れたりと、自由度が高いのものもあります。

それぞれ特徴が異なるので、各々細かい事情や条件に合ったものを選ぶのがおすすめです。保険コネクトでも、保険会社をまたいでそれぞれの収入保障保険の比較や、一人ひとりに最適なプランの提案をすることが可能です。

ファイナンシャルプランナーによる保険相談も無料で行なっているので、加入前の下調べとしてもぜひご活用ください。

ご相談は無料! 20社以上の保険メーカーからあなたに沿った商品をご提案します。

生命保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険