保険のプロへの無料相談で全員もらえる!毎日の食事が楽しくなる!自由に選べてお得!人気商品プレゼント!人気商品多数!詳細はこちら!

三大疾病保険は必要か?|主な特徴と保障内容・メリット・デメリット

三大疾病保険とは、日本人がかかりやすい三大疾病(がん・心疾患・脳卒中)になった際に一時金が支払われる保険のことを指します。この記事では、三大疾病保険の主な特徴と保障内容、加入の必要性を判断するための知識と、保険料の支払い要件についてご紹介します。

Pocket
LINEで送る

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

三大疾病保険(さんだいしっぺいほけん)とは、日本人がかかりやすい三大疾病(がん・心疾患・脳卒中)になった際に一時金が支払われる保険のことです。

医療保険や生命保険に三大疾病特約として同様の保障を追加することもできますが、近年では三大疾病保険として単独で販売されています。

今回は、この三大疾病保険の特徴やメリット・デメリット、また、三大疾病保険を選ぶポイントなどをお伝えしますので、三大疾病保険選びの参考にしていただければと思います。

 

三大疾病保険とは

そもそも、三大疾病保険とはどのような保険なのでしょうか?以下で三大疾病保険の特徴についてくわしく見ていきましょう。

がん・心疾患・脳疾患に対して保険金が支払われる保険

お伝えしたとおり、三大疾病とは

  • がん
  • 心疾患
  • 脳疾患

この3つの疾病のことを言い、日本人の死因のトップ3となっています。三大疾病保険は、この3つの中のいずれかの疾病にかかってしまった場合に保険金が支払われます。

n

参考:厚生労働省「平成27年人口動態統計の年間推計

死亡や高度障害になった場合も保障の対象になる

三大疾病保険では、上記の三大疾病以外でも死亡、高度障害になった場合に保険金の対象になっている商品が多くなっています。

特定疾病保険という名称で販売されていることもある

保険会社によっては三大疾病保険ではなく、「特定疾病保険」という商品名にもなっていますが、今回の記事でお伝えしている三大疾病保険と同じ内容になります。

解約返戻金がある

通常の医療保険は病気になったときだけを保障して、病気にならなかったときは払い込んだ保険料は戻ってこないのがほとんどですが、三大疾病保険には解約返戻金があります。

病気の保障を受けながらも保険料を積み立てることができることも大きな特徴でしょう。

参考:「生命保険の解約返戻金

三大疾病保険で支払われる保険金額

三大疾病にかかってしまった場合に支払われる保険金額ですが、加入年齢や保険期間、保険料の支払い方法によってまちまちなので一概にはいくら受け取れる、とは言えません。

例として損保ジャパンの「新・健康のお守り」という保険の保障内容を見てみましょう。

  • 先進医療技術料を通算2,000万円まで保障してくれる
  • がん・急性心筋梗塞・脳卒中のいずれか70日間入院した場合に入院期間を問わず無制限に保障してくれる
  • 要介護1以上と認定された場合に介護一時金が受け取れる など

三大疾病保険にも様々なプランがあるので、多くの商品を比較して自分の希望に合ったものを選ぶことが大切です。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

三大疾病保険の支払い要件は厳しい

三大疾病保険は、三大疾病にかかったら保険金が下りるとお伝えしました。しかし、三大疾患にかかれば必ず保険金が発生するのではなく、それぞれの保険商品によって細かい要件が設けられており、「所定の状態になった時」に発生するものが一般的です。

以下はその一例ですが、契約時はその要件をきちんと確認するようにしましょう。

がんの場合の支払い要件

がんでは、種類によって支払い対象外になるものもあります。例えば、上皮内がんや皮膚がん、乳がんなどは対象外になっていることも多く、それらがんの心配がある方は、がん保険など、がんに対する保障が充実している保険が適しているかもしれません。

また、がんと診断されたことに対して保険金が下りることがほとんどで、その後の入院日数や手術費用を保障してくれません。がんに特化したがん保険と比較すると、この保障では物足りない方もいるでしょう。

心疾患の場合の支払い要件

心疾患は突然発病する疾病ですが、発症後の入院期間が短いことも特徴です。発症したから一時保険金が出るのではなく、その後医師から運動や労働などの制限を受けた際に対象となるケースも多いです。

特に、「60日ルール」というものがあり、これは心疾患となってもその後60日以上入院などで生活に支障をきたさなければ保険金が出ないといわれているほど要件が厳しいのです。

実際、心疾患での平均入院期間は20日程度なので、心疾患で60日も生活に支障をきたすこともまれでしょう。

脳疾患の場合の支払い要件

脳疾患も突然発症することが多いのですが、こちらも脳疾患により医師から、「運動失調、麻痺、言語障害などの神経学的な後遺症が持続したと診断を受けた場合」などと要件が設けられていることが多いです。

その他|日数の要件もある

さらに、心疾患や脳疾患はそれらを発症して○日以上症状が持続、制限を受けた場合などの日数の要件もあります。つまり、発症してもすぐに保険金が下りるとは限らないのです。上記で触れました60日ルールがそれに当たります。

保険料払込免除特約をつけることができる

三大疾病保険には、「保険料免除特約」をオプションとして付けることが出来ます。これは三大疾病になった際、それ以降保険料の払込が全て免除されるというものになります。

しかし、こうしたオプションを付ければ保険料は当然増えることになります。また、保険会社によっても保険料免除事由は異なるため、よく契約概要を読んだ上でオプションを付けるかどうかを検討する必要があります。

《保険料免除特約によって保険料が免除になる場合の例》

  • がんと診断確定された場合
  • 急性心筋梗塞で治療を目的として20日以上入院した場合
  • 脳卒中で治療を目的として所定の手術を受けた場合

 

《保険料免除特約によって保険料が免除にならない症例》

  • 大腸の粘膜内がんなどの上皮内新生物
  • 良性腫瘍
  • 狭心症

 

三大疾病保険のメリット・デメリット

結局のところ、三大疾病保険はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。以下でわかりやすくお伝えします。

三大疾病保険のメリット

がん保険よりも幅広い保障がされる

お伝えした通り、三大疾病保険ではがん・心疾患・脳疾患の日本人の死因の約半数を占める三大疾患になってしまった場合の保障が効きます。

同じく特定の病気に対する保険としてがん保険がありますが、名前の通りがん保険はがんになった際しか保障が効きません。

がんでの死因割合は全体の約30%近くと高くはなっていますが、その次に高い心疾患・脳疾患の保障はされないので、その点三大疾病保険では保障の対象が幅広くなっているので安心でしょう。

積立型の保険が多い

三大疾病保険は掛け捨て保険ではなく、積立型の終身死亡保険になっている商品が多いです。つまり、死亡時の保障もされるということです。

一定期間保険料を払い込むと返戻金が払い込んだ保険料を超えてくることもメリットの一つです。

三大疾病保険のデメリット

支払い要件が厳しい

上記で触れていますが、三大疾病保険では、それぞれの疾病に対する支払い要件が非常に厳しいのです。「対象の病気になったから保険金が貰える」と思って保険会社に問い合わせてみて、実際には要件をクリアしていなくて、保険金が支払われないようなケースも少なくありません。

特に三大疾病保険では、一時金の支払い要件をきちんと確認して、あまりにも要件が厳しいようでしたら、わざわざ三大疾病保険に加入せずにほかの医療保険などでカバーしていったほうが良い場合もあります。

対象外になる症状も多い

上記と関連していますが、例えば、がんにかかった際、がんの箇所によっては対象外になることもあります(例えば乳がん、皮膚がんなど)。

それぞれの疾病に対して深く保険をかけたいのであれば、がん保険などのそれぞれの病気に特化した保険や特約を付けたほうが安心でしょう。

入院・通院日額はない

三大疾病保険は入院・通院日額が支払われないことがほとんどです。

これはどういうことかというと、例えば、がんと診断されたとしたら診断された時点で保険金は出ますが、その後入院期間が長引いても、手術費がかかっても、それに対する保障はされないのです。

その辺の保障が充実しているのもがん保険や、特化型の医療保険になってくるでしょう。

 

三大疾病保険へ加入する前に考えるべきポイント

三大疾病保険がどういった保険なのかがわかりましたが、それを踏まえた上で、次は以下のポイントをもとに三大疾病保険へ加入する必要性について考えてみましょう。

三大疾病になるリスクをどれだけ心配しているか

三大疾病は確かにどれも怖い病気ではありますが、中でもがんは全く別物です。がんは発症率は低いとはいえ、子供でも、自分は健康だと思っている人でも発症します

%e3%81%8c%e3%82%93

引用元:「最新がん統計

※罹患(りかん)とは、その病気にかかることを示します。

一方、心疾患や脳疾患などは、主に食事・運動・ストレス・喫煙などの生活習慣が原因で引き起こされる病気で、日ごろから健康を意識した生活をしていれば若者が発症する確率はそう高くありません。

凍えるような場所からいきなり熱い湯船に入るなど寒暖差が激しい場所に移動した際に急性心筋梗塞や脳卒中を引き起こし突然死するケースはありますが、極めて少ないです。

三大疾病保険への加入を検討する際は、がん・心疾患・脳疾患になる心配をどれだけしているか?もポイントになってくるでしょう。

三大疾病の死亡率

厚生労働省によると、以下のように日本人の死亡要因の約50%がこの三大疾病で死亡していることになります。

表:三大疾病による死亡率

死亡要因 年齢 男性死因率(%) 女性死因率(%)
 
 
がん
 
0~64歳 29.14% 20.35%
65~74歳 28.72% 18.59%
75~89歳 25.49% 16.39%
90歳~ 15.53% 9.80%
  
心疾患
0~64歳 14.21% 17.12%
65~74歳 14.29% 17.74%
75~89歳 14.58% 18.23%
90歳~ 16.25% 19.03%
  
脳疾患
0~64歳 7.79% 8.98%
65~74歳 7.87% 9.14%
75~89歳 8.05% 9.31%
90歳~ 7.52% 10.86%

(参考:厚生労働省

このように死亡率だけ見ても非常に高い割合になる三大疾病ですが、三大疾病保険は、これらの疾病と診断・症状になった場合保険金給付の対象になります。

ただ、保障の条件は保険会社によっても若干の違いがあるので注意が必要です。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

三大疾病にかかってしまった場合の医療費を工面できるか

三大疾病は原則として、簡単な手術後にすぐ退院できるというわけではありません。

検査・入院・手術・術後回復(入院、通院)を含めると治療は長期に渡り、退院後に通院しながらリハビリを行う場合なども含めると、程度にもよりますが、完治までに高額な医療費がかかるケースが多いです。

《代表的な疾患の入院日数と総医療費》

病名 手術・検査・処置名 入院日数 総医療費
胃がん 胃がん手術(切除) 20日間 1,100,000円
乳がん(片側) 乳房部分切除 12日間 730,000円
狭心症・心筋梗塞 冠動脈バイパス術 15日間 2,500,000円
脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング 13日間 1,800,000円
脳腫瘍 ガンマナイフ 3~5日間 750,000円

(引用元:気になる手術医療と医療費のしくみ

※総医療費の1~3割が自己負担となります。

こうした”高額の医療費がかかる”という面からも、三大疾病保険の必要性を考えてみるべきでしょう。

 

三大疾病保険とがん保険の比較|三大疾病保険かがん保険を選ぶ基準

「がんのリスクが一番高いのであれば、三大疾病保険ではなくがん保険で十分ではないか?」と思う人もいるでしょう。結局のところ、がん保険とどちらが良いのでしょうか?この項目で見ていきましょう。

三大疾病保険の特徴、がん保険の特徴をおさらいしながら比較してみましょう。

三大疾病保険の特徴 がん保険の特徴
  • 保障の対象が幅広い
  • 死亡・高度障害になっても保険金が下りる
  • がんの種類によっては対象外
  • 要件が厳しい
  • 入院・通院日額は支給されない
  • がんと診断された際の手術・入院費などを含めた手厚い保障
  • 死亡・高度障害での保障はない
  • 商品によっては幅広いがんに対応可能
  • がん再発にも保障される猶予期間がある

参考:「がん保険を選ぶための全知識

これらを踏まえ、三大疾病保険とがん保険のどちらがいいのかというと、人それぞれです。

はっきりしていなくて申し訳ないのですが、保険は個人が「どのような保障を求めているのか?」「なにが心配なのか?」「保険料は月々どれくらい払えるのか?」などの状況によって変わってきます。

三大疾病保険がおすすめの人

以下は、三大疾病保険の加入を考えてみてもいい人の特徴です。

がん以外の心疾患・脳疾患でも保障を受けたい人

ご説明の通り三大疾病保険では、がん以外に心疾患・脳疾患での保障も受けることができます。がん以外の病気も心配な方は三大疾病保険を考えたほうがいいかもしれません。

特に、三大疾病は、生活習慣の乱れと発症の関係性も高いとされています。

運動不足・肥満・喫煙・高血圧・睡眠不足など、生活に乱れを感じる方は、生活習慣改善はもちろんですが、もしもの時に備えて三大疾病保険を考えていてもいいかもしれません。

掛け捨て保険はもったいないと思っている人

がん保険は掛け捨て(がんにならなかったら保険金が返ってこないこと)に対し、三大疾病保険は、貯蓄型で解約返戻金があります。

その分保険料は若干高めになりますが、保障も受けながら同時に貯蓄もしておきたいという方は、三大疾病保険がおすすめです。

がん保険がおすすめの人

以下は、三大疾病保険よりもがん保険への加入を考えてみるべき人の特徴です。

がんによる手厚い保障が欲しい人

がん保険はがんのみを対象としている保険で、保障内容も医療保険と重複している部分があります。しかし重複している部分の保険金は、医療保険・がん保険、両方から受け取ることができます。

さらには、「入院給付金」や、まとまった金額で受け取れる「がん診断給付金」その他の保障、がんの専門家のサポート(無償で電話対応での治療相談など)なども付いてきます。

とにかく手厚く備えておきたいという方は、医療保険にがん保険をプラスしてお守りがわりにしていることが多いです。

がんのみに備えたい人

がんは罹患率や死亡率、かかる医療費も“他の病気とは別物”であることはお伝えしたとおりですが、そのため「とにかくがんにのみ備えたい」と考えている方が大勢いらっしゃいます。

特に親族ががんで亡くなったり、身近にがんで長期間療養しているという方がいる場合はなおさらでしょう。こうした方は、三大疾病ではなくがんにのみ特化したがん保険のみで十分かと思います。

【がん保険】関連記事
がん保険を比較して自分に合ったがん保険を選ぶ為の全知識
がん保険とは|保障される5つの給付金と医療保険との違い
がん保険の必要性とは|必要・不要を見分けるポイントと賢い選び方

 

まとめ

いかがでしょうか?三大疾病保険は、幅広い疾病に対して保障がされますが、その分支払い要件が厳しいことが特徴です。

加入をすすめないわけではありませんが、加入するとなれば契約者が保険金の支払い要件をきちんと確認することが絶対です。

また、三大疾病保険選びは、個々の状況・希望でおすすめ商品が違ってくるので、ここでは一概にどれがいいとは言えません。

もし、保険選びでお悩みの方がいましたら、一度FP(ファイナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。あなたの希望や状況などを伝えると、それに適した保険を提示してくれるでしょう。

三大疾病保険に関するおすすめの記事

>>生命保険の基礎知識|月額保険料・加入年齢・保険金額の平均値まとめ

生命保険の基礎知識についての記事です。生命保険の加入を考えている方には、どれを選べばいいのか混乱している方も少なくないのではないでしょうか。この記事では生命保険の様々な平均値をまとめてみました。

 

>>高度障害の状態を徹底解説!高度障害保険金を受け取れるケースとは?

病気や怪我により通常の生活が困難とされるほど重大な障害を持っている高度障害に関する記事です。具体的にどのような状態を高度障害というのかをお伝えしながら、高度障害保険金についての解説をします。

 

>>がん保険の必要性を検証!加入を決める上で必要な判断基準

がん保険の必要性を検証した記事です。がん保険に加入する必要性を、「がんで死亡する人の割合」「治療費の相場」「療養中に利用できる公的制度」を踏まえた上で説明します。

 

>>医療保険の積立と掛け捨てを徹底比較|見るべきメリット・デメリット

医療保険の積立型と掛け捨てを積立型と掛け捨て型を比較した記事です。両者にはどのような違いがあり、メリットとデメリットはどのようなものがあるのかを比較検討しつつご説明します。

 

>>終身保険のメリットとデメリット|プランの選び方と貯蓄性が高い運用法

終身保険のメリットとデメリットを解説した記事です。終身保険に加入すると得なのか、加入するメリットや人気の終身保険ランキング、加入者の状況に適したプラン内容や返戻金・返戻率のシミュレーションを紹介します。

出典元一覧

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

医療保険 980×265