保険のプロへの無料相談で全員もらえる!毎日の食事が楽しくなる!自由に選べてお得!人気商品プレゼント!人気商品多数!詳細はこちら!

自由度が高いアカウント型保険のデメリットと注意点

Pocket
LINEで送る

アカウント型保険(あかうんとがたほけん)とは、生命保険本来の保障要素と、積み立て要素が一つになった生命保険のことを言います。自由形設計保険とも呼ばれており、2000年以降に保険商品の一つとして販売されるようになりました。

今回は、アカウント型保険を考えている方に知っておくべき保険の知識と、アカウント型保険のメリット・デメリット、そして、アカウント型保険に加入する場合の注意点についてご説明していきます。

 

アカウント型保険の特徴

冒頭でもご説明しましたが、アカウント型保険とは保障機能と貯蓄を目的とした積み立て機能が合わさった保険商品になります。保険を選ぶ目的として、「保障」が充実していることがもちろんですが、アカウント型保険には、「貯蓄」要素が含まれていることも特徴です。

アカウント型保険では、アカウントと呼ばれる積み立て部分を主に契約を結びます。支払った保険料は、いったんアカウント部分に積み立てられ、そこからそれぞれの特約の保険料を支払っていく形になります。

保険料の調整も変更可能で、生計に余裕があるときは多く積み立ててみたり、反対に生計が厳しいときは、保険料を抑えてり、積み立て分から引き出したり、自由度の高い保険商品です。このことから、自由形設計保険と呼ばれていることは上記でもお伝えしました。

アカウント型保険の仕組み

イメージとして上記の図をご覧いただくと分かりやすいでしょう。一旦アカウント部分に保険料を払い込み、そこから保障部分の支払いをしていくような形です。ただ、この保障部分は定期保険になっていることが多く、年数を重ねるごとに保険料が上がっていきます。

また、アカウント型保険は正式には「利率変動型積立終身保険」と言われ、アカウント部分の積立金を将来的に終身保険に移行させていきます。

アカウント型保険のメリット

このように、一見アカウント型保険には非常にメリットが多いように見えます。実際それは、表面的な話であって、実は様々な注意点があります。そのことは後半で詳しくお伝えしますが、まずはアカウント型保険のメリットをまとめてみましょう。

保険料の調整がしやすい

自由設計保険とも言われているように、アカウント型保険では保険料の調整がしやすいことが特徴です。アカウント部分にお金を貯めていくことで、途中でお金を引き出したり、出産などを機に保障を手厚くするようなことができます。

保障も付けながら積み立てもできる

保険加入の大きな理由はもしもの時の保障を受ける事でしょう。それら保障の役割を果たしながら同時に貯蓄機能が付いている点もアカウント型保険の特徴の一つです。

保険の見直しがしやすい

アカウント部分からの引き出しが安易にでき、特約は掛け捨て型になっているので、保険の見直しが簡単にしやすくなっています。上記でもお伝えしましたが、子供の誕生や成人などのライフステージに合わせて保険を見直せます。

アカウント保険のデメリットと注意点

このように、かなり自由度が高くメリットの多いように見えるアカウント型保険ですが、実はその仕組みは複雑で、よくよく考えてみると損をしているケースが結構多いのです。そのようなアカウント型保険のデメリットと注意点について解説をしていきます。

特約で付ける保障はほとんど掛け捨て

上記で、アカウント部分に一旦保険料を払いそこから特約で保障を付けると申しました。しかし、その特約部分は定期型の掛け捨て保険になっていることがほとんどです。掛け捨て保険とは、保険料を支払っている期間の保障はされますが契約期間が終了すれば、それまでの保険料は戻ってこず、その後の保障も無くなります。

更に、契約者の年齢が上がるにつれ保険料も上がっていきます。つまり、アカウント部分にお金が貯まっていくことと同じように掛け捨て保険に支払う保険料も上がっていってしまうのです。これでは、なかなかお金を貯めることができません。

アカウント型保険は、保障と貯蓄の両方を兼ね備えているとお伝えしていますが、実際よく見てみると、掛け捨て保険に保険料を支払っているので、積み立て金はそこまで貯まって行きません。

参考:「定期保険とは掛け捨て保険のこと

積み立てと言ってもその額はかなり低い

上記でもお伝えしましたが、積み立てといってもその金額が微々たるものになってしまうことがほとんどです。例えば15,000円を毎月アカウント部分に払っていて、10,000円を毎月の特約に払います。

そうすると、年間で60,000円アカウント部分に貯まります。10年間で60万円です。決して悪い金額ではないかもしれません。しかし、問題なのが上記でお伝えしたように、特約は年数が増え、更新されるごとに保険料が増します。

例えば、10年更新で3,000円ずつ上がっていく特約で同じ金額をアカウント部分に入れていたとすると、20年後からはアカウント部分から足りない保険料を補うことになり、30年後にはアカウント部分のお金も底をつきます。

アカウント部分支払い(月額) 特約保険料(月額) 積み立て(累計)
1カ月 15,000円 10,000円 5,000円
1年 15,000円 10,000円 60,000円
10年後 15,000円 13,000円 600,000円
20年後 15,000円 16,000円 480,000円
30年後 15,000円 19,000円 0円

積み立ての為にアカウント型保険に加入してみたのに、ふたを開けてみれば全く積み立てがされず特約の保険料を払っていただけという事態にもなりかねません。

解約返戻金が紛らわしい

それに加えて、アカウント型保険の保険証券には解約返戻金が載っていることもありますが、解約返戻金が紛らわしいことも注意が必要です。例えば、上記の例でみてみると以下のような内容で解約返戻金について記載されていることがあります。

10年後 600,000円
20年後 2,400,000円
30年後 4,200,000円

これだけ見ると、「30年後には420万円がアカウント部分貯まっている!」と、思ってしまう方もいるでしょう。しかし、よく見てみると、10年後から20年後の間に180万円が増えていることになります。

上記でお伝えしたように、掛け捨て保険は更新をすることに値段が上がります。しかし、返解約返戻金には、最初の更新以降はと特約を更新せずに解約したと想定して金額が記載されていることがあります。つまり、上の例では10年目以降には何の特約にも加入していないことになっています。

アカウント型保険の加入は慎重に行いましょう

いかがでしょうか。このようにアカウント型保険は非常に仕組みが複雑です。前半でお伝えしたような、アカウント型保険の良い部分にだけ目が行ってしまい、簡単に加入してしまうと、その後、後半でお伝えしたデメリットや注意点などにより思いのほか積み立て部分が貯まらないといった事態にもなりかねません。

アカウント型保険は、ある程度保険の事を理解していないと、後で思わぬ事態になってしまうことが多いとされています。保険の事についてお悩みがあるようでしたら、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談するようにしましょう。

FPは保険の事にも精通しており、様々な保険商品からあなたに合った保険を提案してくれます。例えば、保険会社の営業マンにおすすめをされて、アカウント型保険が魅力的に映っているかもしれませんが、一旦冷静になってみて、まずはFPに相談してみることをおすすめします。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

生命保険 980×265