お客様満足度90% はじめての保険でお悩みなら!!保険のプロに相談保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

医療保険の見直し相談をする際のおすすめ無料相談先と相談内容

Pocket
LINEで送る

医療保険に関する見直しや自分にあった保険について相談したいと思った場合、いったい誰に(どこに)相談したら良いのか迷う場合があると思います。

また、そもそもどんな相談したら良いのかや、どんな回答が得られるのかも不明な方もいると思いますので、今回は医療保険についての相談先と相談内容をご紹介していきます。

 

まずは医療保険の相談先を店舗型か訪問型か決める

医療保険に限らず、保険の相談先としては「店舗に直接相談に行く」か「保険の担当者に来てもらう又は訪問に行く」の2パターンが主にあります。どちらも相談できる内容は同じですが、好きな方を選択していただければと思います。

店舗に直接相談に行く場合

もし自宅に保険の担当者や相談員を招くのが嫌だという場合は、店舗に相談しに行かれることをおすすめします。店舗型なら転勤や引越しがあっても、同系列の窓口なら引き継ぎが可能ですので、どこにいっても同じデータを参照できます。

もし、担当者が退職してしまったとしてもスムーズに引き継いでもらうことができますので、そう言った点では安心かと思います。

自宅への訪問型は書類を持っていく手間がない

もし保険の見直しなどを検討している場合は、加入している保険証券などの書類が必要になりますので、重要な書類を持ち歩きたくない、窓口まで行くのが面倒という方は、訪問型をおすすめします。

また、自宅まで来てくれる訪問型の場合、FP(ファイナンシャルプランナー)がくる場合が多いので、相談実績があり経験年数の長いファイナンシャルプランナーである可能性が高く、より深い相談などができるでしょう。

その他の保険の相談方法

電話で相談する場合

保険の窓口によっては電話で保険相談を受け付けている場合もあります。ただ、相談内容は簡単なものに限られるケースが多く、ざっくりとした相談になる可能性がありますので、ちゃんと時間をかけて相談したい場合にはあまりお勧めはできないと言った感触です。

ウェブ上で相談する場合

主に保険のポータルサイトによく見られる機能ですが、相談者が気になったことを質問することで、FPから直接回答をもらえる仕組みです。基本的には1質問1回答の1往復制なので、ちょっと気になったことを質問する程度であれば便利かもしれません。

保険コネクトにもある機能ですので、気になる方は「こちら」からご利用いただければと思います。

 

おすすめ!医療保険の無料相談先の選び方と比較方法

「保険 相談」と調べて頂ければ多くの相談窓口がヒットしますが、大枠は3パターンに分かれると言っていいでしょう。

1:民間の保険相談窓口に相談する
2:行政の保険窓口を利用する
3:個人的にファイナンシャルプランナーに相談する

参考:保険の主な無料相談窓口として活用できる相談先

この3パターンを検討して頂ければと思いますが、その際にどうやって保険の相談先を選べば良いかをご紹介していきます。

相談数と成約件数を比較する

一番確認して頂きたい部分は、相談先の成約件数です。成約件数が多いほど、保険相談が十分に活かされていると判断できますし、累計ではなく年間や月刊の相談件数で比較すると安心です。

 

累計では極端に少ない月などがあってもわかりませんので、できれば月刊ベースで検討して行くのが良いかと思います。

扱っている保険の種類が多いこと

一概に扱っている種類が多いほど良いとは言えませんが、保険種類が多いということは相談者に合った保険商品を提案しやすいということですので、比較内容としては判りやすいものかと思います。

契約商品や保険会社が決まっている場合

もし入りたい保険が決まっていたり保険内容が決まっている場合、その保険会社の職員や代理店を選んで相談するのが良いはずです。所属している保険会社の相談員なら商品について熟知していますので、より専門的な相談ができることでしょう。

MDRT会員のプランナーは存在するか

MDRT(Million Dollar Round Table)とは、世界70の国、500社以上で活躍する、生命保険と金融サービスの専門家による組織のことで、2016年8月現在49,500名以上の専門家が在籍しています。

MDRT会員となったプランナーは、世界中の生命保険・金融サービス専門職のトップメンバーで構成されており、一般のファイナンシャルプランナーよりも卓越した商品知識と優れた顧客サービスを提供できることで知られています。

まさに、生命保険と金融サービス業界の最高水準と言っていいでしょう。日本では2016年4月1日時点で4,417名がMDRT会員となっており、医療保険の相談に行く際は、MDRT会員のプランナーがいるかどうかも、相談先を選ぶひとつの基準として考えても良いでしょう。

資産運用系の相談がしたい場合

保険を活用して資産運用をする相談がしたい場合は、生命保険を取扱っている銀行の窓口か、ライフプランとお金の専門家であるファイナンシャルプランナーに相談されることをおすすめします。銀行に相談すれば保険だけでない他の金融商品の提案も受けられる可能性もありますし、ファイナンシャルプランナーであればより広い範囲での相談を受けることができます。
参考:ファイナンシャルプランナーの無料相談先と良いFPの選び方

 

医療保険に関して相談窓口に相談できる内容

次に保険の相談窓口に相談できる相談内容をご紹介していきます。

医療保険の必要性について

そもそも医療保険が必要かどうかの相談ができます。保険は極端なことを言えば貯蓄が十分にあれば全く必要のないものです。将来的な入院や病気に備えたいという希望も、今の資産と今後の生活を照らし合わせて、本当に保険が必要かの判断をしてくれます。
参考:医療保険は必要か?医療保険の必要性・不必要性を徹底解説

自分に必要な医療保険はなにか?

医療保険などへの加入を検討している場合、一体のどの保険に入れば良いのか、またどの保険が自分に合っているのかその相談ができます。保険は人それぞれで最適なプランが違ってきますので、保険のプロに相談することで、自分に合った保険は何のかを判断してくれます。
参考:自分に合う最適な医療保険の選び方と選ぶ際に注意するべき事

医療保険の見直しについて

医療保険の保険料を安くする方法

もし今の保険料が高いと感じた場合、保険料の見直しを相談することができます。今の収入と保険料の支払いを見比べて、保険内容が過剰になっていないかなどを総合的に判断します。
▶︎安い生命保険を見つける5つのポイントと気をつけるべき事
▶︎生命保険料控除|知っておくべき全知識と上手に使うコツ

今の保険に無駄がないか

もし複数の保険に入っている場合、保険の保障が被っていないかをチェックする必要があります。例えば「勤務先で勧められた保険にも入ってしまった」「医療保険と県民共済に入っている」などが該当します。

保障を最小限に抑えた医療保険が登場したのはここ数年のはなしですので、「正直内容がよくわかっていない」という方は、保険証券をもって相談に行かれることをおすすめします。

定期型か終身型かの相談

定期型(掛け捨て型)の医療保険に加入している場合、更新が来るたびに保険料は割高になっていきますので、もしかしたら終身型の方が良い場合もあります。もちろん定期型と終身型の両方にメリットとデメリットがありますので、相談窓口で詳しい内容を聞けるでしょう。
参考:医療保険のおすすめできる選び方と医療保険を選ぶポイント

医療保険の相談に行く前にやっておくべき準備

実際に保険相談に行く際にやっておくべきことを押さえておきましょう。

相談料が無料か有料かの確認

店舗型の相談窓口の場合は有料のケースがそんなにないのですが、ファイナンシャルプランナーへの相談の場合はたまに有料相談を行っているケースがあります。

無料相談の特徴 :勧誘はあるが相談自体は無料でできる
有料相談の特徴 :無料相談ではできない様々な相談が可能
参考:相談料が発生するのかの確認

相談内容を事前に決めておく

漠然と「将来のことが不安」というだけでは有益な相談にはなりませんので、目的をハッキリさせるだけで1回目の相談から具体性を持った相談ができるようになりますので、事前に準備しておきましょう。

今の状況を説明出来るようにしておく

もし、今自分が加入している保険のプラン内容を把握しているなら、今どんな保険に入っていて、月の保険料、保障額がいくらになっているのかを説明できるようにしておきましょう。

また、保険の内容だけではなく今の生活状況なども踏まえて説明できるようしておけば、相談時間の短縮とより相談内容の充実が図れます。

ある程度保険についての知識を得ておく

全く保険のことがわからなくても良いのですが、ある程度の保険の知識があると、保険相談に言った際も相手の言っていることがすんなり入ってくると思いますので、基本的なことだけでも押さえておくことをおすすめします。

『保険コネクト』では全国の保険代理店検索や相談員への無料オンライン相談、コラム・アンケート・専門用語解説など、保険に関する様々なコンテンツを用意しております。
参考:保険コネクトのコラム一覧

まとめ|相談先としておすすめなのは結局どこなのか?

保険の相談先としてここが一番良いというのは一概には言えないといのが本音ですが、相談先が違えば、相談結果も違った内容になる可能性はあります。

前回の相談ではこう言われたがどう思うかなどを相談することで、そのプランが良いか悪いかの判断ができますので、相談料が無料のなら何回行っても費用が発生することはありませんので、積極的に活用していくのが良いでしょう。

そういう意味では、幅広い知識とより突っ込んだ相談も可能なファイナンシャルプランナーを個人的にはおすすめしたいところです。ファイナンシャルプランナー(FP)は、人生設計(金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など)における総合的な資金計画を立て、経済的な側面からその設計を実現に導く人の事を指しますので、保険だけではなくその他の相談もできますので、相談内容がより濃く出来る、彼らへの相談も合わせて検討してみるのが良いかと思います。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

医療保険 980×265