年齢や治療状況から保険を探せる!持病があっても安心ナビ

民間医療保険と公的医療保険の違い|医療保険加入のポイント

Pocket
LINEで送る

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

民間医療保険(みんかんいりょうほけん)とは、その名の通り、民間の保険会社が販売している医療保険の事です。なぜ、わざわざ“民間”と付けられるのかと言うと、公的な医療保険が存在していて、それと区別するためです。

そうです。誰もが手にしたことはあるでしょう「保険証」による国民健康保険などです。そこで今回は民間医療保険と公的医療保険の違いや、そもそも公的医療保険があるのに民間医療保険に加入する必要性があるのかを詳しく記載していきます。

民間医療保険の加入を考えている方は一度目を通していただき、参考にしてもらえればと思います。

 

民間医療保険とは?

冒頭でもご説明したように民間医療保険(みんかんいりょうほけん)とは、民間の保険会社が販売する医療保険です。民間医療保険は各保険会社の“商品”なので、加入は任意です。

これに対して、国の“制度”として加入が義務付けられているのもが、公的医療保険です。公的医療保険も民間医療保険も保険料は支払うことになりますが、それぞれにどのような違いがあるのか、どのような役割があるのかをもう少し細かく説明していきます。

民間医療保険と公的医療保険の違い

それでは、民間医療保険と公的医療保険の違いをご説明します。その前に民間医療保険と公的医療保険のそれぞれの特徴と役割を理解しましょう。

民間医療保険の特徴

民間医療保険の特徴は以下のようになっています。

加入は任意

何度かお伝えしていますが、民間医療保険は民間保険会社が販売する商品の一つです。商品を買うか買わないかは消費者次第ですので、民間医療保険の加入は任意です。

また、一方で保険会社にも加入者を選ぶ権利があります。これはどういうことかと言うと、加入の条件が設けられているということです。例えば、「がんと診断されたからがん保険に加入したいです。」と言われて、全部OKにしていると保険会社は保険金を支払うだけで利益は出ません。民間医療保険加入の為には一定の加入条件があります。

保険料は加入者の年齢や保障内容で変動

民間医療保険の保険料は保険会社や商品によって様々です。ただ、おおよその保険料を決める要因としては、年齢と保障内容があります。年齢が上がるほど医療保険の必要性が高まるので、それに比例して保険料も上がります。また、保険商品の種類、つまり保障を手厚くすればするほど保険料も上がります。

申請によって保険金給付

民間医療保険は、例え病院に行ったからと言っても「はい。○○社の保険に入っていますね~。では、今回の医療費は免除されます。」と、言うことにはなりません。保険金給付の対象かを確認して、保険会社に申請することで後に保険金と言う形でお金を受け取ります。

民間医療保険の役割

このように任意加入となっている民間医療保険ですが、なぜ民間医療保険に加入するかを端的に言うと、安心を買うためです。後述しますが、公的医療保険は加入が義務になっており、それなりの保障はしてくれます。

しかし、その保障だけでは不安な場合に民間医療保険に加入するのです。民間医療保険は入院・通院・怪我・病気、さらには病気などによりその後仕事に支障が出るような場合に保障されます。すべてが保障されるわけではありませんが、不安な部分を民間医療保険でカバーすることで、もしもそのような事態になった時も金銭面で困らないように加入するのです。

例えば、がんが心配な方の「がん保険」。入院した際の費用が心配な場合の「入院保険」。それぞれに特化した保険があり、ご説明の通り、民間医療保険は任意加入の“商品”なので、自分が欲しい保障を付けて安心を手に入れます。

参考:「医療保険の全知識

公的医療保険の特徴

一方で公的医療保険の特徴は以下のようになります。

加入は義務

日本では誰しもが医療保険に加入する義務があります。これを公的医療保険と言い、「健康保険」とも言われています。サラリーマンであれば、組合からの健康保険。公務員は共済組合からの健康保険。アルバイトや自営業者であっても国民健康保険に加入します。健康保険に加入することで水色の保険証が発行されます。

保険料は収入で変動

これら公的医療保険の保険料はどのように決まっているかと言うと、加入者の収入によって決まります。住民税や所得税などの税金と似たような感覚で、収入が上がれば支払う保険料も上がってきます。

そして、上記で加入が義務だとお伝えしたように「税金を納めたくない」からと言って、税金未納が許されないように、「公的医療保険を払いたくない」からと言って、解約などをすることはできません。

窓口で自己負担の軽減

健康保険の7割負担は、どこかで聞いたこともあるでしょう。公的医療保険は、上記のように発行された保険証を医療機関に提示することで、医療費の7割を保険料(国)から負担してもらえます。一部、公的医療保険対象外の先進医療や美容整形関係の医療などもあります。

公的医療保険の役割

このように加入が義務になっている公的医療保険ですが、なぜ加入が義務になっているかと言うと、国民が最低限の医療保障を受けられるようにするためです。

もし、この公的医療保険の加入が任意で7割負担が無かったとすると、例えば少し体の調子が悪くても「医療費が高いから我慢しよう」と言うことになり、結果的に病気の発見が遅れて、最悪死亡してしまうようなこともないとは言えません。国民の平均寿命が下がってしまうことが考えられます。

また、医療費が負担になり病院に行く人が減ることにより、医療機関へのお金の流れも悪くなります。その結果、医療の教育や研究にお金を使えなくなり、日本が他の国よりも医療技術が劣り、結果的に国民の安全性・健康面も低下することになります。

民間医療保険と公的医療保険の違い

このように、民間医療保険と公的医療保険には違いがあります。簡単にまとめてみると以下のようになります。

民間医療保険 公的医療保険
加入の条件 加入は任意。条件有り 全国民に加入の義務
保険料 年齢・保障内容等で変動 収入で変動
給付方法 保険会社に申請して給付 医療機関で自己負担軽減
保険の役割 各個人(世帯)の保障の強化 全国民に最低限の保障

 
 

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

民間医療保険に加入するメリットデメリット

いかがでしょうか。民間医療保険と公的医療保険にはこのような違いがあります。ご説明のように民間医療保険の加入は任意です。「公的医療保険に加入しているならわざわざ加入する必要ないじゃないか?」と思う方もいるでしょう。

その通りです。民間医療保険に加入したくなければ加入しなければいいだけです。ただ、民間医療保険には公的医療保険にはないメリットがありますし、それに反してデメリットもあります。それらを認識した上で加入するか否かを決めましょう。

民間医療保険に加入するメリット

民間医療保険に加入するメリットは以下のようになっています。

ピンポイントで保障を手厚くできる

民間医療保険の種類は様々です。お伝えしているように、あなたの不安を解消するために保障を手厚くすることができます。ここで言うピンポイントとは、病気や損害の種類と期間が考えられます。

例えば、「身近でがんの話を聞くからがん保険に入っておきたい」や「子供が成人するまでの20年間はもしもに備えて保障を厚くしておきたい」などがあります。加入者の要望に応じて保障を手厚くできる事はメリットです。

参考:「医療保険を比較する際に抑えておくべき7つの比較項目まとめ

一生涯保障もされるものもある

それでも病気や入院に対する不安は一生涯続くものです。そのような場合は保障が一生涯続く終身医療保険がおすすめです。保険料を長期間(主に60~65歳まで)払い込むと、その後も一生涯医療保障が付くので安心です。

更には、それまで支払った保険料が満期保険金や返戻金として返ってくる保険もあるので、それまでの保険料を貯蓄するという性質もあります。このことは下記でもう少し詳しくご説明します。

参考:「終身医療保険の全てが分かる終身保険の全知識まとめ

保険料の貯蓄性があるものもある

上記で、保険料には貯蓄性があるものもあるとお伝えしましたが、保険の種類は大きく分けて「掛け捨て型」と「積み立て型」があります。この積み立て型保険には貯蓄の性能もあります。

ご説明のように、それまで支払った保険料が満額給付金や返戻金として戻ってくるのです。戻ってくる額が支払額を上回るには数十年の長期間を要しますが、この性質を利用して貯蓄をすることも可能です。

参考:「医療保険は積立と掛け捨てのどちらが良いのかを考えてみた

民間医療保険に加入するデメリット

民間医療保険に加入することで発生するデメリットは以下のようなものがあります。

保険料が発生する

当たり前の事なのですが、民間医療保険に加入すればそれに応じた保険料が生じます。いくら病気や怪我に対する不安が大きくても、保険会社の商品が魅力的でも、医療保険に加入しすぎてしまうと月々の生活をも圧迫しかねません。

民間医療保険に加入する際は、どのような保障が必要なのか?保険料はきちんと払い続けられるのか?をきちんと考えた上で加入する必要があります。

保障の条件が厳しいことも

例えば「がん保険に加入したから、もうがんになっても大丈夫だ!」と、思うかもしれません。しかし、保険商品によっては保険金の支給条件が細かく決められているのです。例えば、がん保険でも皮膚がんや乳がんなどは、対象外となっているがん保険も多くあります。

また、支給条件の入院期間も30日以上の入院で支給など、条件が設けられています。加入時にそれらの条件をきちんと確認していないと、いざ給付を受けようと思っても肩透かしを食らうこともあります。

必要ないケースもある

民間医療保険は、不安を解消するために加入するとお伝えしました。ここで言う不安とは「病気にならないから問題ない!」という、根拠のないことではなくて、「仮に病気で入院したとしても今ある貯金で医療費や生活費は何とかできる」という、金銭的・現実的なことです。

ですので、そもそも貯蓄がそれなりにあって、金銭的不安が少ないのであれば、わざわざ民間医療保険に加入せずに、公的医療保険で十分だったり、または、上記の貯蓄メインの保険に加入してもいいかもしれません。

 

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

民間医療保険は必要なのか?|必要性を見極めるポイント

いかがでしょうか。ここまで読んでいただいて「結局、民間の医療保険って必要なの?」と、思っている方も多いでしょう。率直に申し上げると、民間医療保険の必要性はあなたの状況によっては、「いる」とも「いらない」とも言えますので、一概にコレとは言えないのです。

しかし、民間医療保険の必要性を見分けるポイントはある程度ありますので、こちらで簡単にお伝えしておきます。詳しくは以下のコラムにも記載しておりますので、詳しく読んでいただければと思います。

参考:「医療保険は必要か?

貯蓄の有無

上記でもお伝えしていましたが、もしもあなたが明日病気や怪我で入院したとしても、一カ月以上の医療費・生活費などが賄えるのであれば、医療保険の必要性は低いと言えます。

一方で、「万が一明日怪我してしまって数十万円の医療費を請求されても困る!」と言う方は、毎月の出費を少し見直して、数千円の安い掛け捨て医療保険でも加入してみることもありだと思います。

社会保障の有無

病気や怪我などで入院することにより問題となってくることは、医療費だけではなく、その後一定期間仕事ができなくなり収入がストップしてしまうことです。ある程度大きな会社にお勤めの方は、社会保障もしっかりしていることが考えられますので、社会保障で一定の収入が保障されることもあります。

しかし、自営業の方や中小企業でお勤めの方は、病気・怪我で入院したとしても、一切保障はされません。そうなったときの生活費を補填するためにも医療保険に加入しても良いかもしれません。

扶養家族の有無

また、あなたが一家の主で稼ぎ頭であれば、上記のように入院などをしてしまうと、子供の学費・生活費・家のローンなど様々な出費が重くのしかかってくることが予想されます。そのような不安ごとに対処するためにも医療保険の加入は十分に意味を成すのではないでしょうか。

病気の心配

病気に対する心配は人それぞれだとは思いますが、例えば昔から病気がちだったり、不摂生な生活をしていて、いつ病気になるか分からないような方は、医療保険に加入することで幾分か不安は解消されるかもしれません。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

民間医療保険の種類

最後に、民間医療保険の種類をお伝えします。民間の医療保険とは言っても様々な種類があります。どのような保障があって、どのような場合に活躍するのかをきちんと把握しておきましょう。いざ加入するとなると、知っておくべき事だと言えます。

終身医療保険

終身医療保険とは、一生涯に渡って保障がされる医療保険です。病気・怪我への心配は一生涯続きますので、加入しておくともしもの時に安心です。また、上記で少し触れました貯蓄機能があるものも多いです。

参考:「終身医療保険の全てが分かる終身保険の全知識

がん保険

日本人がかかりやすい「がん」に特化した医療保険です。がん保険も細かく言うと、様々な種類がありますので、気になる方は以下のコラムも参考にしてください。

参考:「がん保険の種類と状況からおすすめのがん保険を選ぶ手順

三大疾病保険

上記のがん以外にも日本人の死因で多い、心疾患と脳疾患まで保障してくれる医療保険です。ただ、それぞれの保険金支給条件が厳しいという特徴があります。加入の前にはきちんと給付条件を確認する必要があります。

参考:「三大疾病保険の特徴と支払い要件

女性向け医療保険

女性特有の乳がんや子宮内膜症などを保障してくれる医療保険です。また、妊娠・出産時の医療費を一部保障してくれるものもあります。加入は女性しかできません。

参考:「女性向けの医療保険

入院保険(入院給付金)

医療保険と言っても、対象の疾病と診断されたのみに保険金が給付されるだけのものもあります。その後入院期間が長引いても保険金は下りないのです。そのような際に入院給付金が付いているものですと入院費用が長引いても費用が重くなることを防げます。

参考:「入院保険の全て

先進医療特約

同じく医療保険と言っても、先進医療に対応していないものも多くあります。さらには、上記の公的医療保険対象外の事もあり、そうなってくると全額負担の恐れもあります。先進医療に特化した先進医療特約もあります。

参考:「先進医療の費用と保険が必要か判断するために知るべき基準

引受基準緩和型保険

最初のほうに、保険会社も加入者を選ぶ権利があるとお伝えしました。つまり、過去に病気にかかっているような方は、新規での加入をお断りされてしまうケースもあります。そのような場合、加入の条件のハードルが低い引受基準緩和型保険があります。過去に病気になった方だからこそ医療保険の必要性を感じているでしょう。引受基準緩和型保険を検討してみて下さい。

参考:「持病持ちでも保険に入る方法と持病持ちでも入れる保険まとめ

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

まとめ

いかがでしょうか。日本人なら誰しも義務で医療保険に入っていることになります。公的医療保険(健康保険)です。

しかし、それだけでは不十分・心配な方も多いでしょうから、民間が医療保険を販売しています。ただ、医療保険の必要性や適した種類はその人それぞれです。医療保険でお悩みでしたら、一度保険に詳しいFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみることをおすすめします。

無料で相談ができますし、近所のカフェなどで直接会って相談も受けてくれます。決して保険の押し売りはしませんので、一度医療保険の相談をしてみましょう。ついでに他の保険とかけ合わせて、自分に適したものがあるかどうかも聞いてみても良いでしょう。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

医療保険 980×265