全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

がん治療費と抗がん剤費用を解説|治療費を抑える方法とがん保険の必要

がんの治療費は、どういった治療法をとるかで費用が大きく変わります。抗がん剤治療の場合、およそ1.5ヶ月の期間で約100万円前後かかると言われていますが、放射線治療の場合は300万円以上するケースもあるようです。そこで今回は、がん治療にかかる費用と抗がん剤を使用した場合の費用について解説していくとともに、治療費をできるだけ抑える方法を紹介します。

Pocket
LINEで送る

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

日本人の死因として最も多い「がん」。そのがん治療でも主流となっているのが「抗がん剤治療」です。

現在、ご家族やご自身ががんと診断された方は今後お医者さんから抗がん剤治療を含めた費用の説明を受けていくと思います。

ただ、今後がんに対しての対策を考えている方、つまりがん保険の加入を考えている方は、なかなか抗がん剤の費用を知る機会がありません。

「抗がん剤治療はいくらかかるのか?」
「今の貯金で抗がん剤の費用は払えるのではないか?」
「抗がん剤に対応できる保険に加入する必要があるのか?」

といった疑問も多いと思います。そこで今回は、主に現在がん保険の加入を考えていて、抗がん剤の費用について詳しく知りたい方向けの内容を記載して行きます。

がんの治療方法別でかかる費用の相場

がん治療は抗がん剤治療だけではありません。参考までに、他の治療方法と期間・費用を簡単にご説明します。

がん手術

がんと診断されたらまず検討されるのが、手術によるがん細胞の除去です。早期発見でのがんが小さく他の箇所にも転移していないようでしたら、手術は効果的です。

また、最近では切開しない手術も可能になりましたので、入院期間や患者の負担も減ってきました。

がん手術の費用

がん手術の費用は、術式によって様々です。例えば内視鏡を使った胃粘膜手術などでしたら、20~30万円程度です。一方で、胃の一部切除となると100万円以上になってきます。

放射線治療

放射線をがん細胞に照射して破壊していく放射線治療も最近では主流になってきています。手術による切開や投薬による副作用も少ないため、患者の負担・副作用も少ないと言われています。

放射線治療の費用

一方で、放射線治療は費用が高額になるケースが多いです。理由としては2つあり、一つは先進医療になるため、自己負担3割の公的医療保険が使えないことが多いのです。

また、最新機器を使いますので、費用も高額で、小さながん除去でもおおよそ50万円から、高額なものは300万円の高額な費用が全額負担となってくることも多いです。

ホルモン療法

副作用の強い抗がん剤治療に対して、同じ薬物治療でも副作用の少ないホルモン療法があります。ホルモン療法は、特定のホルモン分泌を抑えることでがん細胞の活動を弱めていきます。

  • 前立腺がん
  • 甲状腺がん
  • 乳がん
  • 子宮がん

などのホルモンの影響が大きいがんに適しています。

ホルモン療法の費用

ホルモン療法も抗がん剤治療のように1サイクルで費用が決まっていますが、1サイクル1~2万円と他の治療法に比べると非常に安いです。

ただ、ホルモン療法はがん細胞がなくなった後も、再発防止の為に投薬を続けます。おおよそ5年ほど続き、合計すると70~120万円程度かかってきます。

がんで入院するのにも費用がかかる

治療方法により、入院期間の長さに多少の差は出ますが、入院することによりもちろん入院費用が発生します。

がんでの平均入院期間は平均23日と言われており、1日あたりの入院費用は平均1.5万円程度です。合計で20万円程度の入院費用が発生します。

胃がん 20.2日/約25万円
結腸がん 19.9日/約28万円
直腸がん 16.8日/約23万円
機関誌がんおよび肺がん 11.5日/約13万円
乳がん 12.2日/約18万円

(参考:(社)全日本病院協会

※発見された時のがんの進行度合や年齢によって変動します。 

抗がん剤治療の費用

ここではがん剤治療の費用についてご説明していきます。

抗がん剤治療の概要

ある程度認識済みの方も多いと思いますが、費用を知る上でもまず抗がん剤治療について簡単にご説明します。

抗がん剤治療は主に手術だけでは除去できないがんや、手術後のがん再発防止のために行なわれる薬を使った化学療法です。

局所に対しての治療ではなく、全身に対してがん細胞を破壊する効果があるため、がんの転移が進んでいるような場合に抗がん剤治療を行ないます。

一方で、正常な細胞に対しても影響が出てしまう為、身体への負担も大きいとされています。

抗がん剤の副作用

(引用元:ぎふがんねっと

 また、抗がん剤治療に即効性は無く、何度か治療を重ねていくため、期間がかかりそれに比例して費用も高くなっていきます。

公益社団法人がん研究振興財団が発表している《がん治療に費やす期間の平均》を見てみても、治療期間にはバラつきがあります。

がん治療にかかる治療期間
半年未満 55%
半年~2年 24.4%
2~5年 9.2%
5年以上 7.8%

 患者の体力がなくなってくると途中で治療を断念してしまうようなこともあり、一概に「〇〇がんの場合は抗がん剤治療にいくらかかる」とは言えません。

しかし、大体の目安を知りたいという方向けに次項で相場について詳しくご説明します。

抗がん剤治療の費用は1サイクルで決められている

お伝えしたように抗がん剤治療は身体への影響もあるため、投薬期間と休止期間を繰り返して行われます。この1つのサイクルは1コースと呼ばれますが、1コース当たり30万円程度の費用が発生します。

1コースの期間は、おおよそ1.5カ月程度が多いのですが、1度でがん細胞がなくならないようでしたら、治療も2回3回と繰り返され、その分費用も2倍3倍と高くなっていきますので、トータルでは100万円程度かかるものと考えておいて良いかもしれません。

抗がん剤治療の費用は患者の身体の大きさで変わる

また、抗がん剤は投薬治療になりますが、この投薬量は身長と体重を元に算出され、身体の大きい女性より男性、子供より成人、高齢者より青年のほうが投薬量も増え費用も高くなる傾向にあります。

抗がん剤治療費用を抑える方法

重い病気にかかった上に高額な治療費がかかるとなるとさらに気持ちが沈んでしまいますが、ここでは抗がん剤治療の費用を少しでも抑える方法をお伝えします。

がん保険にがん治療費が保障される特約を付帯する

抗がん剤治療には100万円程度かかるとお伝えしましたが、がん保険の加入時に「抗がん剤特約(先進医療特約)」や「手術給付金」などの特約を付帯しておけば、高額な抗がん剤の費用が保障されます。

ただ、特約を付けることにより、月々数千円程度の保険料がかかってきますので、本当に自分に必要な特約かどうかを決めて加入する必要があります。このことは下記でもう少し詳しく解説します。

参考
▶「生命保険の特約の全て
▶「がん保険の種類と状況からおすすめのがん保険を選ぶ手順
▶「先進医療特約の必要性と付帯を迷っている人が知っておきたい3つの知識

通常のがん保険だけでは抗がん剤治療の費用が保障されない

「がん保険に加入すれば抗がん剤治療の費用も心配ない」と、考えられている方も多いかもしれませんが、通常のがん保険だけでは抗がん剤治療の費用まで保障されない事がほとんどです。

通常のがん保険では、がん診断で給付金○万円。入院一日で○万円。となっていることが多いのです。つまり、がん治療のために手術をしようが、抗がん剤治療をしようがその費用は保障されません。

公的医療保険を利用する

がんでの入院や抗がん剤治療での費用は公的医療保険(国民健康保険)である程度保障されています。(保険証による7割負担です。)

公的医療保険は、日本国民全員に加入の義務がありますので、全てが保障されるわけではありませんが、大幅に費用を下げられるのは間違いありません。

公的医療保険で保障されないもの

ただし、以下は公的医療保険では保障がされませんのでご注意ください。

  • 先進医療での技術料
  • 承認医薬品の投薬
  • 承認医療機器の使用
  • 差額ベッド代・室料
  • 食事療養費
  • 病室のテレビ代  など

参考▶「民間医療保険と公的医療保険の違い

傷病手当金を利用する

会社員や公務員の方は、がん治療により働けなくなると、申請することで傷病手当金を利用できます。

受給期間は4日以上1年6カ月以下の休業で、休業期間中に仕事に就けない・給与の支払いがないなどの要件を満たすと給付対象になり、おおよそ1日5,000円程度かもしくは1月最大28万円が給付されます

傷病手当金について、詳しくは以下をご覧ください。

▶「病気やケガで会社を休んだとき-全国健康保険協会
▶「傷病手当金の受給条件|条件を満たしても受給不可能な例

高額医療費制度を利用する

高額ながん治療費が一定の自己負担額を超えてしまった場合、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の払い戻しができる制度があります。

この制度のことを高額医療費制度と言いますが、年齢や所得によって上限は個人差があります。高額医療費制度の詳細は以下の記事を参考にご覧ください。

参考▶「高額医療費(高額療養費)を払った時に保険協会から払戻しを受ける方法

 

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

 

がん保険や抗がん剤治療特約の必要性を見分けるポイント

非常に高額になってくる抗がん剤治療での費用ですが、がん保険や抗がん剤特約などである程度保障をすることができることはお伝えしたとおりです。

その一方で、公的医療保険や傷病手当などで最低限の保障もされます。そこで考えられるのは「がん保険や抗がん剤治療特約は必要か?」と言うことです。

結論から言いますと、がん保険の必要性はその人の状況にもよりますので、どちらとも言えるのです。以下の基準を参考にして、あなた自身で必要性を見極めてみてください。

貯蓄は十分あるか?

まず、最も判断しやすいのがご自身の貯蓄額です。入院費用などを含めた抗がん剤治療での費用は100万円程度を要します。

一概には言えませんが、ご自身で手を付けない貯蓄額が100万円以上あるようでしたら万が一がんになったとしても、とりあえずの費用は用意できますので、がん保険や抗がん剤治療特約の必要性は低いと考えられます。

これ以上保険料が増えても問題ないか?

それに加え、現在すでにいくつかの保険に加入していてある程度の保険料を払っている方は、無理してがん保険・抗がん剤治療特約に加入する必要性は低いと言えます。

がん保険・抗がん剤治療特約は掛け捨て保険となっていることがほとんどなので、がんや抗がん剤治療にならなければ保険料を払っただけになります。

わざわざ無理して掛け捨て保険に加入するよりも積み立て型で貯蓄性のある保険に加入していたほうが賢明だと考えます。

▶「がん保険の掛け捨て型と積立型の特徴と違いのまとめ
▶「積立保険を徹底比較|積立保険と掛け捨て保険の正しい選び方

一家の稼ぎ頭か?

あなたが一家の稼ぎ頭であれば、がんにより突然収入が止まってしまうと、住宅ローンや子供の学費などの負担が出てくるでしょう。

それらを補填するためにもがん保険・抗がん剤治療特約は考えてみても良いでしょう。

どのような働き方をしているか?

上記でお伝えしたように、会社員・公務員の方は、収入が止まっても傷病手当金で収入がある程度保障されます。

しかし、自営業の方は傷病手当金が受給できません。突然働けなくなると困ってしまう自営業の方は、がん保険・抗がん剤治療特約も考えて下さい。

▶「自営業者は会社員と違う保険に入るべき理由と保険加入のポイント

生活リズムは正しいか?

がんに発症してしまう原因は様々な要素が考えられますが、一番考えられるのが生活習慣とも言われています。

現在、運動不足や暴飲暴食・喫煙・ストレスなどの不摂生な生活をしているのであれば、生活習慣の改善もそうですが、がん保険・抗がん剤治療特約に加入していても良いかもしれません。

参考:「がん保険の必要性

抗がん剤治療特約の必要性は低い

ズバリ言いますと、抗がん剤治療特約の加入の必要性は低いです。

理由は、お伝えしたようにがん治療の種類と言っても様々な方法があります。ピンポイントで抗がん剤治療特約を付けても活躍しないケースが考えられます。

また、最初の方でお伝えしたように、抗がん剤治療には副作用も多いので、他の治療法を勧められたり、患者のことを考えて抗がん剤治療に踏み切らないことも考えられるでしょう。

そのため、がん保険での給付対象を入院給付金付きや、他の幅広い特約を考えたほうが良いでしょう。保険の特約については以下のコラムをご覧ください。

参考:「生命保険の特約の全て

 

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

 

まとめ

いかがでしょうか。がん治療の一つである抗がん剤治療ですが、費用も高額になり、治療期間も長く、副作用も多いです。抗がん剤治療に対しての費用面の保障にも様々なものがありますし、足りなければがん保険や特約でカバーできます。

がん保険・抗がん剤治療の特約をお考えの方は、保険に詳しいFP(ファイナンシャルプランナー)への無料相談をご活用ください。

【がん保険の見直し/比較検討】関連記事
がん保険の見直しをする際に知っておくべきポイントと選び方
がん保険を比較して自分に合ったがん保険を選ぶ為の全知識
がん保険を比較する5つのポイントと知っておきたい比較項目
自分に合うがん保険の選び方|賢くがん保険を選ぶ為の全知識

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  4. 4位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  5. 5位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  1. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  2. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  3. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  4. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

  5. 保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...