マンガでわかる 今の保険、老後の生活に備えられる?保険の見直し!保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

お宝保険とは|保険の見直しや個人年金の検討で注意すべきこと

Pocket
LINEで送る

お宝保険(おたからほけん)とは、過去に販売されていた保険商品の中で利率が高く、貯蓄性にも優れている保険商品で、一般的には転換してしまうと損をしてしまうといわれている保険商品です。

保険の見直しをしている方の中には、このお宝保険という言葉が気になって調べている方も多いでしょう。そこで、今回はお宝保険の特徴と、お宝保険を持ち続けるメリットと注意点を解説していきます。

お宝保険の特徴

冒頭でもご説明したように、お宝保険とは過去に販売されていた保険商品の中で、特に利率がよく貯蓄性に優れている保険をいいます。

では、まずどのような保険商品がお宝保険と言われているのでしょうか。お宝保険の特徴からご説明していきます。

特徴1:おおよそ2000年以前に加入したこと

“過去に加入した保険”と、度々お伝えしていますが、具体的に言うと2000年以前に加入した『予定利率の高い保険』になります。それぞれの保険商品によって多少の違いはあるので『2020年以前の保険』と言い切ることはできませんが、平均予定利率の推移を見るとお宝保険と言われる『利率の高い時期』があることがわかりますので、まずは以下のグラフをご覧ください。

平均予定利率の推移

これは保険商品の予定利率の推移を表しています。予定利率については下記でもう少し詳しくご説明するとして、単純にパーセンテージが高い方が『お得な保険』と言われています。

2013年以降は1.0%になってしまった予定利率ですが、2000年以前。特に、1985年ごろから1990年過ぎまでのいわゆるバブル期と呼ばれた時代は、予定利率が5.0%を超えることがほとんどでした。「予定利率が高いと何がよいのか?」は後ほどご説明しますが、2000年以前の保険に加入している方はお宝保険の可能性があります

特徴2:貯蓄性が高いこと

お宝保険がお宝保険と呼ばれる理由は、貯蓄性が高いからです。つまり、低い保険料で高い返戻金や保険金・満額給付金などを受け取ることができるということです。したがって、2020年以前に契約したとしても、保険商品自体に貯蓄性が無ければお宝保険とは言えません。

保険商品には大きく分けると、『積み立て型』と『掛け捨て型』があります。積み立て型の保険には貯蓄性があります。もう少し砕いてご説明すると、『終身保険』『養老保険』『学資保険』『個人年金保険』などは、貯蓄性のある保険として知られています。

【関連記事】積立型と掛け捨て型両者のよいところは

積立型は、支払ったお金よりも多くのお金が返ってくる可能性があること。掛け捨て型は、月々の支払金額が安いため、家計にやさしいこと。両方とものメリットはこのようになっています。

しかし、両者ともメリットもあれば、デメリットもあります。『生命保険を徹底比較!掛け捨てと積み立ての正しい選び方』にて、両者のメリットとデメリット、保障する期間など詳細なことをお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

【関連記事】個人年金保険とは

個人年金保険とは、老後難民を減らすために国民年金基金連合会が設立した年金制度のことをいいます。この保険に加入していると、老後に受け取れる年金が増えたり、現在の税金の控除額を増えたりするなどのメリットがあります。

詳しいことについて以下の記事にてお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用するメリット・デメリットのまとめ
個人型確定拠出年金(iDeCo)の制度の仕組みに関する知識のまとめ
個人型確定拠出年金(iDeCo)の所得控除を受ける為の年末調整の方法

特徴3:予定利率が高いこと

それでは、上記でお伝えした予定利率ですが、お宝保険と呼ばれるためには、この予定利率が高いことが大前提として挙げられます。

予定利率とは、保険会社が預かったとお金を返すときに上乗せするお金の割合のことをいいます。上乗せできる理由は、預かったお金を運用し、お金を増やすことができるからです。

予定利率が高いということは、それだけ「お金を増やせる見込みが高いですよ。」ということ。そのため、お金を増やせる見込みが高ければ、それだけ保険料を安くしたり、保険金を多めに支払って加入者に還元したりすることもできるということになります。

【関連記事】予定利率が決まる仕組みとを理解する

・予定利率が高いと、支払保険料が安くなる

・予定利率が高いと、返戻金が多くなる

など予定利率を見ると、ご自身がどのくらいお得な条件で保険に加入しているのかがわかります。そのためにまず、予定利率の仕組みを知ることが必要です。『予定利率の仕組みと生命保険選びのポイント』にて予定利率の仕組みをお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

お宝保険のお得ポイント

いかがでしょうか。お宝保険の特徴がおおよそ分かりましたでしょうか。まとめると

・2000年以前に加入の保険で
・貯蓄性があって
・予定利率が高い

保険をお宝保険といいます。それでは、「お宝保険だと何がどうよいのか?」ということを具体例も挙げながらご説明していきます。

お得ポイント1:保険料が安く受け取る額が高い

上記の予定利率でもご説明しましたが、予定利率の高いお宝保険は保険料が低く、一方で受け取る保険金や満額給付金、解約返戻金が高い傾向にあります。では、少し大まかな例にはなりますが、予定利率5.5%と1.5%の保険料・解約返戻金・総支払保険料などを比較してみましょう。

予定利率 5.5% 1.5%
月額保険料 8,500 17,500
年齢 加入年数 解約返戻金 解約返戻率 解約返戻金 解約返戻率
35歳 5年 210,000円 41.1% 770,000円 73.3%
40歳 10年 690,000円 67.6% 1,800,000円 85.7%
45歳 15年 1,190,000円 77.7% 2,800,000円 88.8%
50歳 20年 1,790,000円 87.7% 3,875,000円 92.2%
55歳 25年 2,541,000円 99.6% 5,000,000円 95.2%
60歳 30年 3,459,000円 113.0% 6,210,000円 101.4%
65歳 35年 4,571,000円 128.0% 7,527,000円 102.4%
70歳 40年 5,402,000円 151.3% 7,990,000円 108.7%
75歳 45年 6,250,000円 175.0% 8,400,000円 114.2%
80歳 50年 7,100,000円 198.8% 8,795,000円 119.6%
85歳 55年 7,851,000円 219.9% 9,134,000円 124.2%

上の表は、死亡保障1,000万円の終身保険の解約返戻金・返戻率の表ということにします。30歳の時に加入し、65歳まで保険料払い込み期間がある保険です。青色が予定利率5.5%のお宝保険。赤色が1.5%の最近では水準通り(ちょっとよい)の予定利率の保険です。

支払金額が安く、受取金額が高い理由1:月々の保険料の違い

まず、赤の行をご覧ください。月額の保険料ですが、予定利率が高いほうが同じ1,000万円保障の保険でも倍近く違ってきます。「少し大げさでは?」と思うかもしれませんが、実際にお宝保険では今では比べられないほど保険料が安いのです。

支払金額が安く、受取金額が高い理由2:払い込む保険料の違い

月々の保険料が違うということは、当然総額の保険料も変わります。上のをご覧ください。年数が経つにつれその差は大きくなりますが、実は加入してしばらくの間は、予定利率が高い方が解約返戻率が悪いのです。

とはいっても、予定利率1.5%の方でも加入して数年で解約しても解約返戻率は、払い込み保険料を大きく下回るので、よっぽどの事が無い限り解約はしないようにしましょう。

支払金額が安く、受取金額が高い理由3::払い込み終了時の差

この解約返戻率は、年数が経つにつれ予定利率が高い保険商品が優れてきます。の行をご覧ください。予定利率5.5%が解約返戻率128%なのに対して、予定利率1.5%では、解約返戻率102%しかありません。

解約返戻金は赤色の予定利率1.5%の方が高いのですが、これは月額保険料が高くて総払込保険料が圧倒的に予定利率1.5%が高いからです。では、実際に払い込んだ保険料と解約返戻金の差額を計算してみましょう。

予定利率5.5%
解約返戻金:457万円 - 総払込保険料:357万円 = 100万円

予定利率1.5%
解約返戻金:752万円 - 総払込保険料:735万円 = 17万円

いかがでしょうか。簡単に言うと、予定利率の高いお宝保険では100万円を得していますが、最近の予定利率の保険では17万円しか得をしないことになります。この差は歴然です。

支払金額が安く、受取金額が高い理由4:年数が経つほど差が出る

更に加入年数が経てば経つほど、この解約返戻率の差が大きくなっていきます。行をご覧ください。予定利率5.5%のお宝保険では、50年も加入していると解約返戻金が倍になってきます。解約しなくても終身保険なので、死亡保障として払込保険料の3倍近くの保険金が支給されます。

一方で、予定利率1.5%の保険は、解約返戻金も1.25倍。支給される死亡保障も1.3倍程度です。

お得ポイント2:お宝保険は年数が経つにつれその差が出てくる

いかがでしょうか。お宝保険がお宝保険と言われる理由が分かってきたのではないでしょうか?。長い目で見たときに、返戻利率が全然違うことがわかります。

したがって、お宝保険を持っている顧客に対して、保険会社は多少不利な契約をしているということになります。そのため、保険会社は「明日にでも何があるかわからないから。」のように短期的なメリットを伝えるなどして、お宝保険から別の保険に切り替えるように交渉してくる場合があります。

しかし、長期的な目で見た場合には、お宝保険を持っていた方がお得なことはあきらかでしょう。お宝保険は年数が経つにつれてその力を発揮してきます。もしも、上記のお宝保険に当てはまるような方は、今後価値が出てくる可能性が十分に考えられます。決して手放さずに信頼置ける保険のプロに相談してみて下さい。

保険を見直すポイント

残念ながら、お宝保険に該当しなかったような方も多いでしょう。しかし、簡単に「ああ~お宝保険じゃないのか。じゃあ、新しい保険に切り替えよう。」とはならないでください。保険の見直しはお宝保険ならなおさらですが、そうでなくても慎重に行うべきです。

保険の切り替え(転換)には、それなりのリスクもありますので、それを踏まえた上で見直しを行ないましょう。見直すポイントとしては

・保証金額
・保険料
・払込期間
・解約返戻金

がありますが、現在加入の保険と新しく検討している保険を比較してしっかりと見直してみましょう。詳しくは「保険の見直し:ポイントを押さえて面倒さを克服しよう!」をご覧いただくことをおすすめします。

 

お宝保険を見直すよう保険会社に言われたときにするべき2つのこと

話は戻りまして、お宝保険だと考えられる保険に加入している方は、保険の見直しを迫ってくる保険会社の営業マンに気を付けましょう。

予定利率の高いお宝保険は、保険会社にとって利益の出しにくい保険商品になりますので、保険会社からしてみれば、なんとしても予定利率が低い最近の保険商品に切り替えて欲しいという思惑があります。

今では減ってきましたが、過去には各保険会社が新しい保険商品を発売して、過去のお宝保険から転換するように大々的に営業をかけていた時期がありました。そのこともあり、保険の営業マンや生保レディに良い印象を持っていない方もいるのではないでしょうか。

するべきこと1:「保険料が安くなる」にも注意が必要

保険の見直し時に「月々の保険料が安くなるから。」と、保険の転換を勧められることも多いでしょう。これは、あなたがお宝保険を持っていたとしても言われる可能性があります。この言葉は簡単に信じてはいけません。よく見ると解約返戻金が新しい保険の保険料にあてられて、結果的に保険料が安くなっているようなケースが多いからです。

生命保険の転換

確かに目先の保険料は、安くなりますが、これは一時的なものです。旧保険の解約返戻金・責任準備金がなくなってくると、今まで以上の保険料が発生してくることがよくあるのです。

するべきこと2:様々な人の意見を聞くこと

もしもお宝保険を他の保険に転換してしまうと、その保険はすでに販売されていませんので、再度加入することはできません。上記で説明したように、お宝保険のほとんどが非常にお得な契約になっていますので、通常であれば転換はしません。

それでも、新しい保険に切り替えたかったり、保険の担当者に変更を勧められているのでしたら、その人の意見だけを鵜呑みにするのではなく、第三者の意見も聞いてみましょう。

特に、FP(ファイナンシャルプランナー)は、特定の保険会社の商品を販売するような形ではないので、幅広い意見が聞けておすすめです。

「この保険はお宝保険かな~、そのままが良いのかな~?」
「新しい保険を勧められたけど、本当にいいのだろうか?」

そのようなお悩みをお持ちの方は、一度FPに相談してみましょう。

 

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

生命保険 980×265