全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

払い済み保険を徹底解説|仕組みや活用例、メリット・デメリットまで

払い済み保険(はらいずみほけん)とは、今までの保険料の解約返戻金で残りの保険期間分の保険料を払い済みにします。その分保障額は減りますが、契約を継続させたまま今後の保険料を払わずに済ませる制度を言います。

今後、保険料を払わなくていいことになるので、払い済み保険を考えたことがある方もいるでしょうが、詳しく仕組みを知っている方も少ないと思います。そこで、今回は払い済み保険のメリット・デメリットや、払い済み保険にするポイントなどを解説していきます。

 

払い済み保険の仕組み

冒頭でもご説明しましたが、払い済み保険は、受け取る保険額を減らして、解約返戻金を一時払いすることで、今後の保険料を払い済みにさせる保険の制度です。
払い済み保険
上の図のように、横軸の濃い赤矢印のように、本来の払い込み期間の途中で払い済みにしたとします。払い済みとなった時点で、今後の払い込みは無くなります。

一方で言うと、縦軸の保障額も変わってきます。本来であれば、濃い青色の長方形の高さ分の保障額が受け取れたのですが、払い済み保険にしたことにより、薄い青色の分だけ保障額が減額されるようなイメージです。

払い済み保険のメリット・デメリット

それでは、そのような払い済み保険のメリット・デメリットをまとめました。確かに、保険料を今後払わなくていいことは、メリットではありますが、それに反してのデメリットもありますので、きちんと把握しておきましょう。

払い済み保険のメリット

払い済み保険にした時点で保険料がかからない

これは、上記でも説明したように、払い済み保険にした時点で今後の保険料は支払わなくて済むようになります。払い済み保険にするきっかけは様々でしょうが、例えば、失業で保険料を払っていくことが厳しくなった時に、解約ではなく払い済み保険で最低限の保障は付けておくなどの方法を取れます。

どのようなケースで払い済み保険が有効活用できるのかは、後半でもう少し詳しくご説明いたします。

解約せずに保障を継続できる

上記でもお伝えしましたが、保険料が払えないなどの状況になってくると、保険の解約を考えるかもしれませんが、払い済み保険にすれば保障は残したまま、今後の保険料は払わなくて済むようになります。

解約返戻金は増えていく

払い済み保険にしても、保険を解約したことにはなりませんので、主契約の解約返戻率は上がっていきます。

払い済み保険のデメリット

払い済み後の保障額が下がる

こちらも上記でご説明したように、払い済み保険にすると、その後保険料は発生しませんが、その分保障額が下がることになります。このことを踏まえた上で払い済み保険を利用しなくてはなりません。

特約などが消滅してしまうことがある

払い済み保険を利用する際、基本的に主契約に付けていた特約や配当金などが消滅してしまいます。同じく、特約がなくなってしまうことも加味したうえで、特約が多い保険の払い済みを検討しているのであれば、慎重に考える必要があります。

払い済みを元には戻せない

払い済み保険は、一度利用すると、元に戻すことはできません。例えば、「払い済みを行なった当初は、保険料の支払いが厳しかったけど、その後収入も増えたので保険料をまた払って、しっかり保証額をもらいたい!」なんてことはできないのです。

払い済み保険を利用する判断基準

このような払い済み保険ですが、確かに今後保険料を払わずに最低限の保障は残すことができるという点においては、かなりメリットのある制度です。確かに、メリットは多いのですが、デメリットでもあったように、一度払い済みにしてしまうと、簡単に元に戻すことはできません。

ここでは、払い済み保険を考えても良いであろうケースをご紹介します。もしも、ご自身がこのような状況であれば、払い済み保険を考えてみても良いでしょう。

保険料の支払いが厳しくなってきた場合

度々ご説明していますが、保険料の支払いが厳しくなってきて、このままの状況で行くと、保険の解約もあり得るとお考えの方には、払い済み保険を一度考えてもいいでしょう。

予定利率が高い保険に加入の場合

予定利率が高い保険に加入している場合、解約転換してしまうことで損してしまうことが往々にしてあります。特に、2000年以前から加入していた保険は、予定利率が高い「お宝保険」とも呼ばれていますので、保険見直しで簡単に解約すべきではないと言えます。

それでも、保険料更新の時期が訪れ、保険料が負担になってしまうようなことも考えられます。そのような場合は、解約して他の保険に加入するのではなく、今回の払い済み保険を上手く使いましょう。

大きな保障が必要なくなった場合

あまりないケースではありますが、例えば、子供が大きくなったり、大きな臨時収入などがあって、「今後そこまで大きな保障が必要なくなったから、保険料がもったいない」と言ったケースに払い済み保険を利用してみてもいいかもしれません。

養老保険に加入の場合

養老保険は月々の保険料も高い傾向にありますので、払い済み保険を考える方も多いかもしれません。しかし、貯蓄性の強い養老保険を途中で解約してしまうと、損が大きいです。そこで、払い済み保険を考えてみても良いでしょう。

ただ、養老保険には減額制度もありますので、そちらの利用を先に考えてください。また、払い済み保険は解約返戻金を元に、保険金・満額給付金が決まりますが、養老保険の場合、解約返戻金が上がってくるタイミング(払い込み年数)があるので、どうしても支払いが困難な時以外は、そのタイミングまで粘ったほうが良いでしょう。

参考:「養老保険とは?~絶対に知っておきたい10の知識~

終身保険に加入の場合

終身保険は、解約しなければ一生涯保障が続くので、払い済み保険の場合も保障額は下がってしまいますが保障はされ続けます。

終身保険で払い済み保険を利用するケースとして多いのは、主契約の死亡保障のお金の心配は減ったのだけど、医療費などの保障を充実させたいようなケースです。

その場合、終身保険を払い済み保険にして、死亡保障額を下げます。そして、払わなくてよくなった保険料で、新しく医療保険に加入するような方法を取ります。
払い済みから転換
参考:「終身保険とは|終身保険の5つのメリットと3つのデメリット
:「医療保険の全知識|医療保険を賢く選ぶための7つのポイント

個人年金保険に加入の場合

個人年金保険を払い済み保険にするシーンとしては、生前贈与での利用が多くなっているようです。110万円の贈与税基礎控除を利用して、個人年金保険で生前贈与をしていた方がお亡くなりになり、遺族の方が保険料を支払いを引き継がない際に払い済み保険にします。

ただ、個人年金保険で「個人年金税制適格特約」と言うものが付いている場合に、個人年金保険料控除を利用していた方は、払い済み保険にしてしまうことで、個人年金保険控除の対象から外れてしまいますので、一度保険会社に確認を取るようにしましょう。

参考:「個人年金保険|安心した老後のための完全ガイド
:「110万円の贈与で節税をする際に知っておくべき6つのこと

 

払い済み保険にすると損をしてしまうケース

このようになかなか仕組みが複雑で現在加入の保険によっても良し悪しが大きく変わってくるような払い済み保険ですが、払い済み保険を利用する前に、絶対に抑えておきたい、安易に払い済み保険を利用すると損をしてしまうケースをご説明します。

低解約返戻金に加入している場合

特に気を付けて欲しい方は、「低解約返戻金タイプの保険(終身保険)」に加入している方です。低解約返戻金型の保険は、簡単に言うと保険金を満期で払い込むまで、解約返戻金が低いタイプの保険です。

つまり、まだ保険の支払いが残っている期間で払い済み保険にしてしまうと、それまで払った保険料が解約返戻金を上回り、結果的に損をしてしまいます。

参考:「低解約返戻金型終身保険の全てが分かる

変額保険に加入している場合

積立利率変動型終身保険などの、利率が変動する保険は、払い済み保険にするタイミングを間違えると、大きく損をしてしまうことも考えられます。上記で、高い予定利率は払い済み保険にすることで、引き続き利率が継続されると申しましたが、反対に、変動型の保険で、低い利率の時に払い済み保険にしてしまうと、低い利率で固定されてしまいますので、注意が必要です。

払い済み保険をする際の注意点

また、実際に払い済み保険を活用する際も注意が必要です。上記の終身保険の例でもお伝えしましたが、払い済み保険を利用することで、現在の保険料を抑えて、新たに別の保険に加入する方も少なくないでしょう。そのような場合に気を付けて欲しいことが2点あります。

・新たな保険に加入できると分かって払い済み保険を利用する
・払い済み保険の利用が可能になってから新たな保険に加入する

つまり、新たな保険と払い済みにする保険が、どちらも利用できるかを確認してから、実行しましょうということです。

なぜなら、払い済み保険を検討している方がすでに、50代、60代になっている場合もあるでしょう。その場合、新たな保険加入の審査が通らないことも考えられます。一方で、全ての保険が払い済みできるわけではありませんので、それを確認せずに新たな保険に加入してしまうと、保険料を多く払ってしまうか、やむを得ずどちらかの保険を解約してしまうことにもなりかねません。

まとめ

いかがでしょうか。払い済み保険とはそれまで支払った保険料の解約返戻金を元に、今後の保険料を払い込み、解約せずに保障を受けることができる制度です。一方で、保障額が下がるデメリットもあります。

長い保険の加入期間の中で、保険・保障の必要性も変わってくるでしょう。そのような場合、払い済み保険は便利な方法です。しかし、各々の契約内容で、得するか損するかは変わってきます。払い済み保険の利用についてお悩みでしたら一度保険のプロでもあるFP(ファイナンシャルプランナー)への相談をおススメしています。

 

払い済み保険と合わせて読みたい記事

>>養老保険とは|メリット・デメリットと解約返戻金の受け取りまで

保険料は高いが満期時には死亡保険金と同額の満期保険金が支払われる養老保険についての記事です。加入するメリット・デメリット、解約返戻金の受け取り方まで詳しく説明します。

 

>>生命保険の解約返戻金とは|受け取れる額と返戻金の計算方法まとめ

生命保険を解約した時に受け取れるお金、解約返戻金についての記事です。解約返戻金の計算方法や。いつどのくらい受け取れるのかを解説すると共に、解約返戻金を受け取った際の税金の扱いについてもご紹介します。

 

>>責任準備金とは|保険会社の負債と余力に関する解説ガイド

責任準備金とは、保険会社が将来の保険金や満額金などの支払いに備えて、保険加入者の保険料から積み立てて運用している資金の事です。責任準備金の詳しい特徴や解約返戻金との違いを解説します。

 

>>お宝保険とは|保険の見直しを行う際に注意すべきポイント

お宝保険とは保険商品の中で、特に利率が良く貯蓄性に優れている保険のことを言います。お宝保険の特徴と、お宝保険を持ち続けるメリットと注意点を解説します。

 

>>生命保険の見直し方法を徹底解説|保障内容・保険料・保険期間など

生命保険を見直す際に見るべきポイントは、大きく分けて保障内容、保険料、保険期間の3つです。具体的に何をどう見直せば良いのか、いつ見直すべきかについて解説します。

 

>>生命保険のシミュレーション|安い保険料で必要保障を受けるポイント

生命保険を選ぶ上で重要になるのは必要保障の程度と保険料のバランスです。必要保障額の考え方と併せて、生命保険の保険料や解約返戻金などを種類別でシミュレーションした結果を解説します。

生命保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険