保険のプロへの無料相談で全員もらえる!毎日の家事が楽しくなる!自由に選べてお得!人気商品プレゼント!人気商品多数!詳細はこちら!

ソルベンシーマージン比率とは|保険会社の支払余力・格付けの全知識

ソルベンシーマージン比率(Solvency Margin Ratio)とは、「支払い余力」とも言われ、保険会社に様々な予期せぬリスクが訪れた際に、その保険会社が保険金や返戻金などを払っていける余力を示した数値です。今回は普段聞きなれないが、保険選びに重要なソルベンシーマージン比率の仕組みや比率の見方、各保険会社の比率などを解説していきます。

Pocket
LINEで送る

ソルベンシーマージン比率(そるべんしーまーじんひりつ Solvency Margin Ratio)とは、「支払い余力」とも言われ、保険会社の財務健全性を示した指数です。予期せぬリスクが訪れた際に、その保険会社が保険金や返戻金などを払っていける余力を示した数値です。この比率が高ければ、高いほど、支払い余力があるということになります。

ソルベンシーマージン比率は保険選びの判断基準としても使えますので、本記事で理解していただけると、今後の保険選びにも一役買ってくれるのではないかと思います。

ソルベンシーマージン比率の仕組みと保険会社を選ぶ上での指標

ソルベンシーマージン比率の仕組みと保険会社を選ぶ上での指標

では、ソルベンシーマージン比率の仕組みとはどういったものなのでしょうか。ソルベンシーマージン比率とは、保険会社が今後、予想を超えた事態に対しての保険会社の支払い能力や健全性を示した数値の一つです。

ソルベンシー(Solvency):負債などに対する支払い能力、債務超過にならない状態という意味。

保険に加入している方にとって恐ろしいことの一つは、加入先の保険会社の経営が悪化することです。保険は、長い期間を見据えた上で加入するのが一般的ですが、将来、発生するかわからない災害や株の大暴落などを予期できません。

ソルベンシーマージン比率は、保険会社の支払い余力を表す指標ですが、万が一のことが訪れたときにも保険会社が支払いに対応できるかどうかを判断する上で有効な指標です。

ソルベンシーマージン比率の計算方法

では、ソルベンシーマージン比率はどのように計算すればいいのでしょうか。ソルベンシーマージン比率は「保険業法第130」で定められており、金融庁に具体的な計算式が掲載されています。

参考:金融庁|ソルベンシー・マージン比率の概要について

 ソルベンシーマージン総額

主に保険会社の資本金ですが、それに加え、価格変動準備金・貸倒引当金・危険準備金などが含まれます。

リスクの合計額

考えられるさまざまな予想を超えるリスクの合計値です。一般的に保険会社が抱えるリスクはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 保険リスク:大震災や疾病の流行などにより保険金の支払いが急増するようなリスク
  • 資産運用リスク:株価の暴落や為替急変などで資産価値が下落するようなリスク
  • 経営管理リスク:従業員の大規模離職や信用問題などの経営に関するリスク
  • 予定利率リスク:運用環境が悪化することで、資産運用における利回りが予定利率を下回るリスク

リスクの合計額などはさらに詳細な計算式がありますが、一般の方がそこまで気にする内容ではありません。より詳しい計算方法については「ソルベンシー・マージン比率の概要について-金融庁」をご覧ください。

ソルベンシーマージン比率のボーダーライン

では、万が一の事態に対応できる保険会社は、ソルベンシーマージン比率の数値がどれくらいなのでしょうか。まず、前提として200%を下回る保険会社は、財務状況も良くないと判断され、経営の改善命令などの行政指導が入ります。

また、ほとんどの保険会社のソルベンシーマージン比率は、600%以上となっているため、600%を下限に考えると良いでしょう。

ソルベンシーマージン比率は公開されている

このソルベンシーマージン比率は、各保険会社のホームページから誰でも観覧できるようになっています。例えばインターネットの検索で「○○(保険会社名) ソルベンシーマージン比率」で検索すれば、各保険会社の公開されているページが出てきます。

ソルベンシーマージン比率と責任準備金の違い

ソルベンシーマージン比率に付随して「責任準備金」という言葉も良く目にするかと思います。この2つは、保険会社の積立金として同じような意味合いで使われますが別物です。

ソルベンシーマージン比率は、想定外のリスクに対しての「支払い余力」ですが、責任準備金は想定内の支払いに対する支払い能力(積立金)です。

責任準備金について詳しくは「保険の仕組みで重要な責任準備金と良い保険を選ぶポイント」に記載しています。

ソルベンシーマージン比率が高い保険会社一覧

ソルベンシーマージン比率が高い保険会社一覧

まず最初に、ソルベンシーマージン比率が高い上位10位の保険会社を見てみましょう。

<ソルベンシーマージン比率TOP10(2017年10月時点)>

保険会社名(上位10) ソルベンシーマージン比率
ネオファースト生命保険 8,043.5%
みどり生命保険 7,151.7%
メディケア生命保 3,987.7%
アリアンツ生命保険 3,629.1%
東京海上日動あんしん生命 2,921.3%
ライフネット生命保険 2,689%
ソニー生命保険 2,568.8%
アクサダイレクト生命保険 2,065.7%
クレディ・アグリコル生命保険 1,859.5%
アフラック 956.1%

※各保険会社の報告を基に作成

グラフから見てわかる通り、一番比率が低い保険会社でも500%台以上が維持できています。聞きなれない保険会社もちらほら目につきますが、これはソルベンシーマージン比率が、保険会社を選ぶ際の指標の一つに過ぎないということを示しております。

そのため、ソルベンシーマージン比率を保険会社選びに有効に活用するためには、その仕組みを理解していなければなりません。

ソルベンシーマージン比率を指標にする上での注意点

ソルベンシーマージン比率を指標にする上での注意点

では、最後にソルベンシーマージン比率を保険会社選びの指標にする上での注意点について紹介していきます。

保険選びの基準はソルベンシーマージン比率がすべてではない

ソルベンシーマージン比率は、保険会社の健全性を示す指標でありますが、保険選びの参考にしようとしている方に一点注意していただきたい事があります。それは、ソルベンシーマージン比率だけが保険選びの判断基準ではないということです。

保険会社でも商品の種類はさまざまありますし、保険に加入する理由も人それぞれでしょう。ソルベンシーマージン比率は会社の健全性を示す数値ですが、保険選びではあくまでも参考程度にしてください。保険を選ぶ基準については以下をご覧ください。

参考:「生命保険の選び方|絶対に考えるべき6つのポイント

予想外の事態が起きると各保険会社のソルベンシーマージン比率も下がる傾向にある

上の図は、各社のソルベンシーマージン比率平均値の推移です。ソルベンシーマージン比率は予想外のリスクに対しての支払い余力だとお伝えしていますが、実際に予想外の事態が起きたときに各社のソルベンシーマージン比率も下がってくる傾向にあります。

例えば、2008年に大きく下がっていますが、こちらはリーマンショックによる世界金融危機が起きた年です。また、2011年については下記でお伝えするソルベンシー規制の厳格化によって各社ソルベンシーマージン比率を大幅に下げた年です。

ただ、東日本大震災が起きたこともあり、そのことも影響していると考えられます。

参考:日本の生命保険業界の現状③

ソルベンシーマージン比率が高すぎるのも考えもの

確かにソルベンシーマージン比率が高いことは、その保険会社の健全性を示します。しかし、ソルベンシーマージン比率が高すぎることも考え物なのです。と言うのも、ソルベンシーマージン比率を高くするために、契約者の保険金などを切り詰めているということが考えられるからです。

このことを受けて2011年にはソルベンシー規制の厳格化が行われており、上記のグラフのように各社のソルベンシーマージン比率も下がりました。確かに長きにわたって関わってくる保険商品は信頼が大切ですが、そもそもの保険金が低いということは保険商品としての価値も低いと言えます。

ソルベンシーマージン比率が1000%を超える保険会社では、具体的に支払う保険料と保険金の割合をきちんと確認しましょう。

まとめ

ソルベンシーマージン比率まとめ

ソルベンシーマージン比率が高ければ安心ですが、比率だけを見て選んでしまうと自分に合っていなかったということもあり得ます。ソルベンシーマージン比率の高さだけではなく、企業規模や保険会社の格付け、保険内容、掛け金などをよく見て総合的な判断をする必要があるのです。

また保険選びに迷った際は、FPに相談してみるのも1つの方法です。FPならソルベンシーマージン比率のこともよく知っていると思いますので、聞いてみるのもいいかもしれません。

ソルベンシーマージン比率に関するおすすめ記事

>>20代が入るべきおすすめの生命保険とは|必要性や選び方を解説

20代が入るべきおすすめの生命保険の記事です。20代向けに生命保険の基礎的な考え方から保険の選び方を解説します。

 

>>30代から考えるおすすめの生命保険|加入すべき保険の選び方とは

30代におすすめの生命保険を紹介している記事です。ライフステージが大きく変化することも多い30代で、生命保険をどう選び、どんな保障に備えるべきか、加入すべき保険の選びかたを解説します。

 

>>生命保険の掛け捨て・積立の違いは?特徴比較でみるおすすめの加入者

生命保険における「積立」と「掛け捨て」に関する記事です。両者の特徴や保険料、保険金の受け取り方といった違いを比較し、ライフプランごとに最適なのはどちらなのかを解説していきます。

 

>>安い生命保険を見つける5つのポイントとおすすめの生命保険

加入におすすめの生命保険の記事です。安い生命保険を見つけるためにぜひ押さえておきたい5つのポイントと、安いが故に気を付けるべき注意点を解説していきます。

 

>>生命保険おすすめ商品の選び方 | 知っておきたい7つの種類

生命保険選びに迷っている方に読んで欲しい記事です。家族の保障、自分のケガに対する保障、貯金の3点から、おすすめの生命保険をお教えします。

 

>>保険の選び方基本編|20代以上は絶対に知るべき4つの考え方

20代に向けての保険の選び方の記事です。20代が生命保険に加入する必要性と判断基準を解説します。

 

>>ファイナンシャルプランナーの無料相談先と信頼できるFPの選び方

ファイナンシャルプランナーへの無料相談と有料相談のそれぞれのメリット・デメリットの記事です。ファイナンシャルプランナーへ相談しに行く際の知識を7つ、ご紹介します。

 

>>保険の見直し:ポイントをおさえて面倒さを克服しよう!

保険の見直しの記事です。面倒だと思われがちな保険の見直しを、生命保険に焦点をあててそのプロセスやポイントを紹介していきます。

出典元一覧

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  4. 4位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  5. 5位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  1. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  2. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  3. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  4. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

  5. 保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

生命保険 980×265