年齢や治療状況から保険を探せる!持病があっても安心ナビ

がん保険の加入条件まとめ|加入できない場合の選択肢

Pocket
LINEで送る

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

がん保険へ加入するには、いくつかの条件をクリアしないとなりません。したがって、いくら「この保険に入ろう!」と思っても、状況によっては、加入できない場合や保険料が割り増しになったりする場合もあるので、事前によく確認しておく必要性があります。
 
「はたして自分でも加入は可能なのだろうか?」と疑問を抱く人は少なくありませんが、今回の記事ではこういったがん保険への加入条件における疑問が解決するよう、詳しい加入条件や、加入できなかった場合はどうしたらいいのかという点について解説していきましょう。
 
 
 
【目次】
がん保険にはリスクが高い人は加入できない
がん保険への加入条件
健康状態に問題がない
妊娠していない
標準体型である
刺青やタトゥーがない
危険職種についていない
がん保険の加入条件を満たしていない場合の選択肢
まとめ
 
 
 
 
 

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

がん保険にはリスクが高い人は加入できない

がん保険の加入前には、告知書という書類に、自身の現在の健康状態や疾病歴について記入して提出する義務があります。この告知書をもとに保険会社では保険への加入が可能か、不可能かの審査を行うことになります。
 

加入条件は保険会社によりけり

審査の通過基準は保険会社によってまちまちで、基本的には公開もされません。しかし一般的には【がんになるリスクが高い人】=【保険会社にとってリスクが高い人】は加入が出来ないことになっています。
 

リスクが高い人とは

がんになる可能性が高い人を保険会社が受け入れてしまうと給付金の支払いが増え、保険料アップに繋がってしまいます。こういった過剰な保険金の支払いがあると保険商品そのものが成り立たなくなってしまうので、保険会社は各社で独自に計算した”保険金を支払うことになる確率”を目安に、条件を作って加入者を制限しています。
 
そもそも保険とは、加入者が相互に保険料を出し合って保険金の受け取りが全ての加入者にとって公平になるように作られたシステムです。この公平性の観点から、がん保険はがんになるリスクが高かったり、がんが再発するリスクが高かったりする人は、”保険会社が想定する以上の確率で保険金を支払わなければならない人”とみなされ、加入ができないようになっています。
 
 

がん保険への加入条件

具体的に、がん保険の加入の条件にはどのようなものがあるのでしょうか?以下で見ていきましょう。
 

健康状態に問題がない

以下の条件をクリアし、「至って健康」と判断がなされればがん保険へは問題なく加入することが出来るでしょう。
 
・現在がんを患っていない
・過去にがんを患ったことがない
・がんと関係のある病気を患っていない
・がんと関係のある病気を患っていない
 
過去に入院や手術をした経験がある場合、その内容によっては審査に通らず加入できなくなる場合があります。
 

病歴に問題があると判断されるケース

以下の疾病歴があったり、人間ドックや健康診断において疑いや異常があったりする場合は、健康状態に問題があると判断され、一般的にはがん保険への加入が困難になります。
 

・がん(悪性新生物)・上皮内新生物・白板症・ポリープ・異常細胞・B型肝炎・C型肝炎・肺検査異常・胃腸検査異常・マンモグラフィー検査異常・腫瘍・しこり・結節・腫瘤・貧血・吐血・黄疸・不正出血・脳腫瘍・膀胱腫瘍・GIST・カルチノイド・骨髄異形成症候群・肝硬変・肝炎・肝機能障害・肺気腫・気管支拡張症・塵肺・腎不全・腎炎・尿毒症…など

 
過去に病歴があっても現在完治していれば問題なさそうには思えますが、加入条件をどこまで厳しく設けているかは保険会社次第です。良性の腫瘍であっても加入できなかったケースもあれば、病歴があっても加入できたケースもいくつもあります。
 

妊娠していない

現在妊娠中の女性は一般的に保険への加入が困難であるとされています。ただしこれは主に医療保険や生命保険の場合で、保険会社が「妊娠中の保険加入はNG」と一括りにしていない限りはがん保険への加入は可能です。
 

標準体型である

がん保険に加入する際には、自身の身長と体重も告知しなければなりません。これにより保険会社は標準体型であるか否かを判断し、極端な体型は生活習慣病のリスクと関連付けて審査を行うことになります。
 
それに伴い、「今は健康であっても、今後の健康に悪影響を与えるような生活習慣をしている」とみなされれば保険料が高くなるケースもあります。
 
しかしがん保険の場合は一番重要視されるのは「過去にがんを患ったことがあるか」「今現在がんを患っていないか」「今後がんになる可能性が低いか」ですから、極端な体型=がん保険に入れないとは一概には言えません。
 

刺青やタトゥーがない

刺青やタトゥーがないことも一つの条件として設けている保険会社もあります。なぜ刺青やタトゥーがいけないのかというと、がんを発症する確率の高まる肝炎の感染リスクが高いことが主な理由になっています。
 
しかし最近では、血液検査をして何も問題がない、またはファッションタトゥーであれば問題がないとされるケースも多くあります。
 

危険職種についていない

職業によっては入りにくい保険があります。基本的には、以下に挙げるような人命が危険にさらされる立場の人が対象になります。
 
・レーサー
・スタントマン
・格闘家
・レスキュー隊員
・ダイバー
・危険物(爆発物や高電圧設備など)を取り扱う職業
 
しかしこれが重要視されるのは主に生命保険の場合であり、がんと直接関与してさえいなければ問題なく加入することができるでしょう。
 
特殊な例として、原子力発電所の作業員など、放射性物質によりがん発症のリスクが高まると判断されるとがん保険への加入が困難になる場合もあります。
 
 

がん保険の加入条件を満たしていない場合の選択肢

加入条件を満たすことができないという場合はどのようにすればいいのでしょうか?その際の他の選択肢をいくつか以下で解説していきましょう。
 

保険会社と交渉してみる

受け入れが出来ないとの判断がなされた後でも、どうしても入りたいとのことであれば、保険会社と交渉してみましょう。もちろん同じ条件で粘り強くお願いしても審査結果は変わりませんが、交渉次第では加入できることがあります。
 

保険会社との交渉例

例えば「部位不担保」と呼ばれる方法があります。これは保険金の支払いに条件をつける方法で、例えば過去に肺がんを経験しており、完治はしているが審査には通らなかったという場合、肺を部位不担保にする(一部を保障適用外にする)ことで加入が可能になる場合があります。ただしこの場合、仮に後で肺がんが再発して亡くなった場合、保険金は支払われません。
 
また、かけられる保険金の上限を下げたり、保険料を引き上げたりするなど、通常の契約よりも厳しい条件にすることで加入が可能になったというケースは多くあります。
 

他の保険会社をあたってみる

一社でがん保険への受け入れを断られたとしても、他の保険会社では受け入れてくれる場合があります。前述したように、がん保険の加入条件は保険会社によって様々なので、諦めずに受け入れ可能な保険会社を根気よく探してみることは重要です。
 

引受緩和型の保険への加入を検討する

引受緩和型と呼ばれる、がん経験者を対象にした保険への加入を検討してみましょう。保険加入時の告知項目も3~4個と少なく引き受け基準が緩くなっており、がん診断給付金がついていないのが一般的で、下記の条件に該当しなければ加入が可能となっています。
 
・現在入院中である、または過去3ヶ月以内に入院や手術をすすめられたことがある
・過去1年以内に入院や手術をした
・過去5年以内にがんによる入院や手術をした
 

引受緩和型保険のデメリット

引受緩和型保険は、保険料が割り増しになっており(例:通常は3500円の保険が引受緩和型保険だと4500円程度)、入院給付金や手術給付金が受け取れない場合があります。また、支払いに関して保険会社が定める方法で行うなどの条件が設けられることがあります。
 

無選択型の保険への加入を検討する

無選択型はその名の通り、健康状態に関係なく加入できる保険です。健康状態に関する告知や、医師の審査などがこの保険では必要ありません。
 

無選択型保険のデメリット

引受緩和型同様、保険料が割り増しになっていたり、加入後2年間は死亡保険金が抑制され、事実上保険金が支払われないなどのデメリットがあります。また、唯一の条件として、契約に可能な年齢の制限を設けられている場合があります。
 
 

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

まとめ

本文中にも記載した通り、がん保険への加入条件は保険会社によって様々です。加入条件を満たしていないからという思い込みも禁物ですし、また、加入条件を満たすために虚偽の報告をしたり、病歴を隠したりするのも禁物です。もしも虚偽や隠ぺいがあった場合は告知義務違反となり、ペナルティが課されることになります。
 
がん保険をテーマにした以下の記事もぜひ参考にしていただければと思います。
 
関連記事
がん保険加入時の告知は義務|告知内容と告知義務違反の知識
がん保険を比較して自分に合ったがん保険を選ぶ為の全知識
がん保険の種類と状況からおすすめのがん保険を選ぶ手順
自分に合うがん保険の選び方|賢くがん保険を選ぶ為の全知識
 

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

がん保険 980×265