マンガでわかる 今の保険、子どもの将来に備えられる?保険の見直し!保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

学資保険のデメリット|他の保険との比較と加入しない選択肢

Pocket
LINEで送る

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

学資保険に加入するか否かを検討するにあたり、デメリットにも目を向けることはとても重要なことです。そもそも学資保険とは、親が子のために、高校や大学などで必要になる教育費を確実に貯蓄するための保険ですから、軽々しく決めずに、良い部分も悪い部分もじっくり比較検討して決める必要性があります。

学資保険への加入をすすめるホームページなどではなかなかデメリットについての記載がない場合が多いですが、本記事ではいくつかのデメリットについて詳しく解説していくとともに、そのデメリットをカバーする方法や、事前に考えておくべきことなども解説していきます。現在、子供に学資保険をかけるべきか否か悩まれている方には特に参考にしていただきたいと思います。

 

 

各家庭が学資保険の加入を検討する必要性がある

子供がいる家庭は、将来の子供の学費のことを考慮しなければなりません。そこで便利なのが学資保険ですが、必ず加入すべきものというわけではありません。

学資保険加入者は6割

株式会社エッセンティアが小学生以下の子供を持つ家庭を対象に「学資保険には加入していますか?」という内容のアンケートを行ったところ、6割以上の家庭で学資保険に加入しているという結果がわかりました。

このアンケート結果だけ見ると半数以上もの家庭が加入していますが、だからといって自身の家庭でも加入すべきということではありません。日本の大学進学率はそもそも50%程度と言われていますから、高い学費をかける必要がなければ生活を切り詰めてまで学費を確保しようとしなくても良いのです。

ただし、教育資金が必要になると予め設定した時期に給付金としてまとまったお金を受け取ることが出来るものですから、子供を進学させたいと考えている場合や、子供が進学したいと申し出てきた際に受け入れてあげる意思がある場合にはやはり前向きに検討する必要があるでしょう。

また、学資保険は子供が病気やケガをした時には一定の給付金がおりるタイプの保険もあるので、子供の身に何かあった時のための備えとしても十分活用は可能です。

学資保険のデメリット

学資保険は不要であると考えている人は、メリットよりも以下のデメリット面を重視しているからでしょう。

金利が固定される

学資保険の一番のデメリットと言っても過言ではないのが、固定金利であるということです。学資保険は加入時の返捩率が固定されてしまう商品であるため、契約後に金利が上昇した場合であっても、加入時の低い利率のままで運用がされてしまいます。

とは言え、金利が上昇するまで加入を見合わせていてはいつ加入できるのかわかりません。時代に合わせて上手に他の保険を併用していくのが賢い方法です。

中途解約で損をする

学資保険は、途中で支払えなくなりやむを得ず解約した場合、支払った保険料分の全額は戻ってきません。このように元本割れの可能性があるのをネックに感じる方は多くいます。

健康状態によっては加入できない

学資保険も生命保険となり通院費用にも保障がかかるものが多いため加入希望者の健康状態によっては加入が受け入れられないことがあります。しかし健康状態で可否を決める基準は保険会社によって異なるので、1社で加入できなかったとしても、他社の学資保険には加入できるケースがあります。

年齢制限が設けられている

学資保険への加入は、子供は0歳から可能になっていますが、年齢の上限が〇歳までと決まっているものがあり、ほとんどの学資保険は10歳を過ぎると加入が難しくなります。また、子供の年齢だけでなく、契約者である親の年齢にも年齢制限のあるものがあります。

満期になる年齢は定められているので、年齢が若ければ若いほど積み立て期間が長くなり保険料は安くなりますが、その逆の場合は保険料が高くなる仕組みになっています。

保険会社の倒産で満期保険が減らされるケースがある

万が一、契約した保険会社が倒産してしまうと、約束の満期保険金を下回る恐れがあります。預貯金であれば、銀行が倒産したとしてもペイオフ(金融機関が破綻した場合に預金者を保護するために金融機関が加入している「預金保険機構」が預金者を保護するための制度のこと)により1,000万円までは保証がされますが、保険の場合はこのような制度の適用がありません。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

学資保険のメリット

学資保険の良い部分へもしっかりと目をむけていきましょう。

強制貯蓄効果がある

学資保険は、毎月保険料が強制的に引き落とされるため、必要な時期までに必ず教育資金が貯まります。貯蓄性が高い学資保険であれば、定期積金や定期預金よりも最終的にたまる金額は多くなります。自分で貯金しようと思ってもなかなか貯められないという人は、このように強制貯蓄効果のある保険はおすすめです。

税金面で優遇される

学資保険は生命保険同様、支払った金額を年末調整などで深刻することで、保険金額分が控除され、所得税や住民税が減税されます。

満期金は実は所得税の対象になってしまいます。しかし、受け取った保険金額から払い込みを行った金額分を差し引き、さらに特別控除額50万円分を差し引いた金額となり、50万円以下の場合には税金がかからずに済むというメリットがあります。つまり、掛け金が多かったり学資年金として支払われるようなケースでなければ、税金はかかることがありません。

親と子どちらにも保障が付く

契約者である親が高度障害になったり、または亡くなった場合には保険料の払い込みが免除になり、被保険者である子供が高度障害になったり亡くなった場合には、保険金が支払われます。このように、契約者と被保険者双方に保障がつくのは学資保険ならではの特徴であり、万が一のことがあっても確実に資金を残していけるのは大きなメリットであると言えます。

学資保険と他の貯蓄型保険も比較すべき

学資保険は、以下の貯蓄型と保障型の2種に別れます。

・貯蓄型…返戻率の高さが魅力で、目的が教育資金のみであれば貯蓄型を選択するのがベストです。
・保障型…返戻率は貯蓄型に比べて若干低くなりますが、子供の万が一の時に給付金が出るというメリットがあり、医療保険も兼ねることが出来ます。

学資保険に加入する人の大半は貯蓄型を選択していますが、ここでは同じく貯蓄性のある他の保険の概要も把握した上で学資保険との比較を行ってみましょう。

参考
▶「貯蓄型保険の全て|貯蓄型保険の種類と最適な保険選びのコツ

終身保険

学資保険は主に学費が保障されるものですが、こちらの終身保険は保障が一生涯続く生命保険のことです。人が死亡した時には必ず死亡保障を受け取ることが出来るので、貯蓄の性能という観点で見ればかなり高いと言えます。

参考
▶「一時払い終身保険とは|一時払いによる税金対策と注意点

養老保険

一般的な生命保険は被保険者が死亡した際に保険金が支払われます。しかしこの養老保険は、満期日まで被保険者が生存していれば、生存保険金が支払われることになります。こちらの保険は老後の資金を準備することに向いており、この保険の変化形が子供の養育資金を用意するための学資保険になります。

参考
▶「養老保険とは?~絶対に知っておきたい9の知識~

個人年金保険

老後の備えに最も適した貯蓄型保険がこの個人年金保険で、積み立てた保険料を年金形式で受け取ることが出来、受け取り方は「終身年金」「確定年金」「有期年金」と学資保険と比べてバリエーションが豊富です。

参考
▶「個人年金保険|知っておきたい仕組みとメリット・デメリット

学資保険に加入しないという選択肢

学資保険を十分に比較検討した結果、「学資保険には加入しない」という選択をされた人も多くいます。各家庭で子供の数や金銭的な事情が異なるので、無理に加入することで不利益が生じる場合もあれば、貯蓄で学費を賄うことができる場合は加入しないほうが得という考え方も出来ます。

例えば将来が不安な家庭では、長男で学資保険に入り、次男は貯金をし、上手く貯金が出来なかった場合に長男の満期金を分割するという方法も選択することが出来ます。保険会社やプランナーと相談しながら、家庭の事情も考慮しながらベストな加入方法を選択すべきです。

学資保険に賢く加入するために考えておくこと

良い面も悪い面も把握した上で、学資保険の加入を決めた場合は、以下のことを事前にしっかりと決めておくようにしましょう。どのような内容にするのかしっかりイメージしておくと、様々なプランの中から自分の家庭にピッタリの学資保険を探しやすくなります。

いつまでにいくら貯めるか

掛け金は無理のない範囲で、確実に貯められる金額に設定しないといけません。4年生の大学費用は600万円程度かかると言われていますが、その金額を学資保険で準備するとなると、月々の負担は大きくなってしまうことになります。

一般的には学費の一部分だけを学資保険で準備することにして、最終的には100~300万円程度の受取額になるように契約している人が多いです。

10歳~15歳くらいの義務教育中でそこまでお金のかからない時期に支払いお終わらせてしまう方法や、まとまった資金がある場合は一括での支払いが可能な学資保険もあります。

種類や特約はどうするか

「学資保険と他の保険とのメリット・デメリット比較」でも解説したように、学資保険を貯蓄型にするのか保障型にするのかを決めましょう。種類や特約によって学資保険の役割が変わってくるので、学費の確保のみにするか医療保険も兼ねるか、自分の目的に合った内容を考えるようにします。前述したように、一般的には返戻率の高い貯蓄型の学資保険を選ぶ人が多くいます。

契約者はどうするか

多くの場合、学資保険の契約者は子供の親になりますが、母親と父親、どちらのほうが良いのでしょうか?一般的には家庭の大黒柱であり収入源である父親を契約者とする人が多いようです。しかし学資保険は契約者の年齢が若いほど保険料が安くなるため、母親のほうが年下であれば母親のほうが金銭的なメリットを得られることになります。

また、父親が生命保険に加入していて保障がしっかりしている場合、一方の母親が契約者になったほうが保険のリスクを分散出来ます。各家庭にとってケースが異なるため、自身の家庭ならばどうすべきかをよく話し合ってみるべきでしょう。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

まとめ

学資保険といっても様々なタイプがあり、自分の家庭の状況との応相談での加入を検討せねばならないということが今回の記事でお分かりいただけたかと思います。今回の記事が学資保険への加入を検討している方にとってお役に立てたのであれば幸いです。

学資保険に関しては、以下の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
▶「学資保険とは?学資保険に入る時に知っておくべき基礎知識
▶「学資保険を比較する際に知っておきたい4つの項目とポイント
▶「学資保険を比較して返戻率を高めて最適な学資保険を選ぶ知識
▶「学資保険はいつから入るか|学資保険加入のベストタイミング

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

学資保険 980×265