マンガでわかる 今の保険、子どもの将来に備えられる?保険の見直し!保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

医療保険の払込期間の決め方|抑えておくべき3つのポイント

Pocket
LINEで送る

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

医療保険の加入をお考えの方は、「払込期間を何年にするか」ということも気になる方も多いでしょう。結論を申し上げますと、医療保険を加入する方の年齢や医療保険の目的、現在の財産状況によって適した払込期間も変わってきますので、一概にこれだとは言い切れません。

しかし、ある程度払込期間を判断するための項目がありますので、今回は医療保険の払込期間を決めるにあたって知っておきたいいくつかの知識についてお伝えしていきます。

 

 

 

医療保険の保障期間と払込期間は違う

まず、払込期間を決めるにあたって一点気を付けて頂きたいことがあります。それは「医療保険(生命保険)の払込期間と保障期間は一緒ではない」ということです。

払込期間とは

既にご存知でしょうが、払込期間とは、保険料の払い込みが完了するまでの期間を言います。医療保険の契約形態は大きく分けると、定期タイプと終身タイプがあります。

定期タイプの医療保険は、基本的に保険料の払込期間=保障期間となっています。一方、終身タイプの医療保険は、払込期間は60歳までなどと決められていますが、保障期間は途中解約しない限り一生涯続きます。

保障期間とは

保障期間とは、医療保険の保障を受けられる期間を言います。定期タイプの医療保険は契約期間が数年~数十年単位で設けられており、契約更新をしなければ保障期間が終了します。終身タイプの医療保険は、お伝えのように、途中解約しなければ保障期間は一生涯続きます。

医療保険の定期タイプと終身タイプのメリット・デメリット

このように、医療保険は定期タイプと終身タイプに分けることができますが、実際のところどちらのタイプが良いのでしょうか。こちらでは、定期タイプと終身タイプのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

定期タイプのメリット・デメリット

メリット デメリット
・保険料が安い
・保険の見直しがしやすい
・掛け捨てがほとんど
・加入年齢が上がるにつれて保険料が上がる

医療保険の定期タイプのメリット・デメリットをまとめると上記のようになります。まず、メリットとしては、保険料が終身タイプに比べると安い傾向にある事があります。また、契約更新が数年~十数年ごとに訪れるので、家族構成や財政状況に合わせて保険の見直しがしやすい点もメリットです。

一方で、定期タイプの医療保険は掛け捨てがほとんどで、契約期間中に保険金を給付するような事態にならなければ保険料は掛け捨てになります。また、年齢が上がるにつれ医療にかかわるリスクは増えてきますので、契約するたびに保険料が上がっていきます。

終身タイプのメリット・デメリット

メリット デメリット
・保障が一生涯
・保険料が途中で上がらない
・解約返戻金として保険料が戻ってくることがある
・保険の見直しがしにくい
・保険料は高い傾向にある

終身タイプの医療保険のメリット・デメリットを述べると、上記のようになります。メリットとしては、度々お伝えのように保障が一生涯ついていることですね。また、保険料は一律になりますので、更新もありませんし、年齢で保険料が上がることもありません。また、契約の方法によっては解約返戻金もある医療保険があるため、貯蓄性も一部持ち合わせています。

デメリットとしては、一度契約をした後に解約してしまうと、損をしてしまう可能性が高いため、保険の見直しがしにくいというところです。また、保障が一生涯続きますので、定期タイプの医療保険と比較すると、保険料が高い傾向にあります。

【関連記事】
▶「医療保険の終身型を選ぶメリットと終身医療保険の選び方

医療保険の払込期間が長い・短い場合のそれぞれのメリット・デメリット

いかがでしょうか。まず、医療保険には保障期間の違いで大きく2タイプに分かれるということがあります。定期タイプの医療保険は、基本的に払込期間=契約期間となるため、そこまで払込期間を気にすることはないのですが、「終身タイプの医療保険にした場合、いつまでに払込期間を設定すればいいのか?」という問題が出てくると思います。

こちらでは、払込期間を長くした場合と短くした場合のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

払込期間が長い場合のメリット・デメリット

メリット デメリット
・月々の保険料が安くなる
・保険の見直しがしやすい
・老後も保険料を払い続ける場合がある
・長生きするとさらに保険料を払い続ける場合がある
・保険料総額が上がる

通常、医療保険の払込期間は60~65歳の定年退職の時期に設けられるのですが、それより長い期間払い込む長期的な払込期間の場合は、以上のようなメリット・デメリットがあります。また、保険料を一生涯払い続ける「終身払い」もこちらのメリット・デメリットが考えられます。

まず、メリットですが、払込期間が長くなるので、自ずと月々の保険料も分割されて安い傾向になるので、月々の負担は軽減されますね。また、月々の保険料が安いことで、保険の見直しもしやすくなることもメリットです。

一方で、払込期間を長くするデメリットは、老後も保険料を払い続けるケースが出てきてしまうことです。さらに、終身払いの場合、被保険者が長生きすれば保険料も払い続けなくてはなりません。また、保険料総額で見てみると、短期の払込期間に比べると高くなってしまう傾向にあります。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

払込期間が短い場合のメリット・デメリット

メリット デメリット
・保険料総額が下がる
・払込期間終了後も保障が付いている
・月々の保険料が上がる
・保険の見直しがしにくい

払込期間を短期にした場合のメリット・デメリットは以上の通りです。メリットとしては、払込期間が短くなることで、総額の保険料が安くなることです。また、終身タイプの医療保険の場合は、払込期間が終了しても保障は一生涯されますので安心です。

一方で、デメリットとしては払込期間が短くなることで、月々の保険料が上がり、負担も大きくなってくるでしょう。また、月々の保険料が高いことで、途中解約してしまうと損をしてしまうケースが多く、保険の見直しに向いていないという点もデメリットです。

状況に応じた医療保険の払込期間の決め方

いかがでしょうか。以上が、保障期間や払込期間が違うことで、どのような違いがあるかというご説明ですが、実際のところ、保障期間と払込期間はどのようにして決めていけばいいのでしょうか。

冒頭でお伝えしたように、こちらをご覧の方の年齢や資産状況、家族構成などによっても変わってきますので、一概には言えませんが、以下の点に注意して保障期間と払込期間を決める参考にしていただければと思います。

まずは保険の目的で定期か終身を決める

医療保険加入の目的は人によって変わってきます。まずは目的に応じて保障期間を「定期」か「終身」に決めましょう。こちらも細かい状況などで一概には言えませんが、以下を参考にしてみてください。

定期タイプが適しているケース

・子どもの養育費やローンの支払いが完了するまでのもしもの事態が心配
・医療費を払えるだけの貯蓄がない(費用面が心配)

終身タイプが適しているケース

・入院による影響など病気になること自体が心配
・貯蓄性を少しでも求めている

【関連記事】
▶「医療保険は必要か?医療保険の必要性・不必要性を徹底解説

月々の保険料に負担の無い範囲で払込期間は短めに

保険のタイプを決めたのであれば、払込期間はなるべく短くすることをオススメします。しかし、上記でお伝えしたように、払込期間が短くなることで、月々の保険料が上がってきます。

保険料が負担になりすぎて、結局途中で解約してしまうような事態になってしまえば本末転倒なので、払込期間を決める際は、月々の保険料に負担が無い程度で極力期間を短くしていきましょう。

収入があるうちに保険料は払い込むことがベスト

上記で、月々の保険料に負担がない程度とはお伝えしましたが、極力収入があるうちに保険料の払込期間が終了するようにしましょう。つまり、ほとんどの人が60~65歳の定年の年齢までには払込期間が終了するように出来るようにして下さいということです。

理由としては、老後は老後でかなりの資金が必要になります。ほとんどの方が、保険などの先行投資のようなものに資金を回す余裕がなくなってくることが考えられるのです。ですので、極力老後に保険料を払ってしまうことが無いような払込期間に設定しましょう。

それでも、月々の保険料に負担が出てしまう要でしたら「医療保険には加入しない」「定期タイプの医療保険で一時的に保障期間を設ける」などの方法も取ることができます。

【関連記事】
▶「保険で老後資金を準備する方法|老後に必要な金額の計算手順

資金に余裕がある場合は一括払いもおすすめ

反対に現在資金に余裕がある方は、保険料をまとめて支払ってしまう「一時払い」という方法も取れます。しかし、一時払いは基本的に解約返戻金が付いている貯蓄性のある医療保険(終身保険)で行ないます。

保険料をまとめて支払うことで保険料の総額を大きく下げることが可能です。さらには、解約返戻金がある保険の場合、総額の保険料が下がることにより、解約返戻率も上がり、プラスとなって返ってくることが多いのです。

この払込期間の考え方は、医療保険を「保障」としてではなく、「資産運用」や「貯蓄」として捉えている人向けの考え方です。

【関連記事】
▶「一時払い終身保険とは|一時払いによる税金対策と注意点

まとめ

いかがでしょうか。医療保険の払込期間についてまとめると

・目的に応じて「定期」か「終身」かを選ぶ
・月々の保険料に負担の無い程度でなるべく短く
・収入がなくなる(定年)までに払込期間を終了させる

この3点に注意しながら医療保険の払込期間を決めていきましょう。また、度々お伝えしていますが、保険の良し悪しは個人個人の状況によっても様々です。今回の内容は一般論であるため、本格的に保険加入をお考えの方は、一度保険のプロに具体的な相談をしてみることをおすすめします。

【保険コネクト】では、以下のリンクから保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)と無料で相談することができます。良い保険選びのためにぜひお役立てください。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

医療保険 980×265