マンガでわかる 今の保険、子どもの将来に備えられる?保険の見直し!保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

学資保険と終身保険のおすすめランキング|違いと選ぶポイントも紹介

Pocket
LINEで送る

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

学資保険に加入しようと思い保険ショップに行ったら、終身保険をおすすめされることがあります。

純粋に教育資金の積み立てのみを考えているのであれば、学資保険、教育費以外の使い道も考えているのであれば終身保険がおすすめです。

ここでは、学資保険と終身保険の違い、選ぶポイントの解説から、学資保険と終身保険のおすすめのランキングもご紹介します。

学資保険と終身保険のおさらい

学資保険と終身保険を理解する上で必要な事前知識

学資保険と終身保険の違いを比較する前に、両者がどのような保険なのか理解しましょう。
 

学資保険とは?

学資保険とは、子供の教育資金の積立を目的とした保険です。

保険に加入する際、支払期間を設定しなければなりませんが、学資保険では子供の進学の時期に合わせて満期が設定されます。

【関連記事】学資保険を利用すべき人とは?|特徴・加入のタイミング・選び方のポイントに注意
 

保障型と貯蓄型がある

また、学資保険には保障型と貯蓄型の二つに分かれます。

保障型は、保険料が高額な代わりに契約者(親)の死亡時、被保険者の病気の際に保障が受けられますが、貯蓄型は保険料が低額な代わりに保障が受けられません。

その反面、貯蓄型は返戻率が高く教育資金を積み立てるのに適しており、昨今では医療費が無料な自治体も増えていることから保障は不要と判断し、貯蓄型を利用する人が多いです。

【関連記事】「貯蓄型保険の全て|貯蓄型保険の種類と最適な保険選びのコツ
【関連記事】学資保険の保険料はいくらでいくらかける?月額保険料と貯蓄の割合
 

学資保険に加入するメリット

学資保険に加入するメリットは大まかに5つあります。

  • 祝い金が貰える
  • 強制的に教育資金を積み立てることができる
  • 契約者(親)に何かあった場合、満期額資金、お祝い金(保障型の場合は死亡保険が入る)が貰える
  • 定期預金の金利よりも返戻率は高い
  • 学費など必要なタイミング(設定した時期)でお祝い金の支払いと通知が来る

※満期額資金:契約時に設定した満期まで契約者が生存していた場合に受け取れるお金

【関連記事】学資保険で教育資金を貯めるメリット|子供の状況に適した貯蓄法とは?

 

学資保険に加入するデメリット

引き続き学資保険に加入するデメリットについて確認していきましょう。

  • 途中解約による元本割れ
  • 容易にお金をおろすことができない

※元本割れ:支払った保険料に対して返戻金が少ない状態

【参考記事】「学資保険のデメリット|他の保険との比較と加入しない選択肢

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

終身保険とは?

終身保険とは、保険の契約者(親)が死亡または高度の障害を抱えてしまった場合、被保険者(子供)へ死亡保険金が支払われる保険であり、被保険者が生涯、保障を受けられる保険です。

【関連記事】「終身保険とは|終身保険の5つのメリットと3つのデメリット
【関連記事】「終身保険の選び方|知って得する選び方のコツ3選

 

支払期間を短く設定することで学資保険の代用になる

終身保険と聞くと、契約者が保険料を生涯、支払い続けるイメージが湧いてきますが、満期を早い時期に設定しつつ、一生保障を受けることもできます。

一般的に学資保険の代わりに終身保険を利用する方には、保険料の支払いを学費が必要になる時期(入学時など)までに払い終わるように支払期間を設定する場合が多くあります。

本来、終身保険は教育資金の積み立てを目的とした保険ではありませんが、学資保険ではなく終身保険を選ぶ方も少なくありません。

【参考記事】学資保険の一括払いは返戻率が高い│抑えておきたい注意点を徹底解説

終身保険に加入するメリット

では、終身保険に加入するメリットを確認していきましょう。

  • 強制的にお金を積み立てられる
  • 契約者(親)に何かあった場合、死亡保険金が受け取れる
  • 学資保険より返戻率が高い保険もある
  • 満期後であれば解約のタイミングを選べる

 

終身保険に加入するデメリット

反対に終身保険に加入するデメリットを確認していきます。

  • 途中解約による元本割れ(学資保険より返戻率が低い)
  • 契約者死亡時に支払われる保険金の管理が難しい
  • 教育費が必要なタイミングでお金が用意できないリスクもある

 
そもそも終身保険は学費積立用の保険ではなく、契約者が死亡した場合、そのまま保険金が支払われるため、学資保険のように決められた時期(学費が必要な時期など)にお金が支払われません。

保険金の受取人を子供にしていた場合、判断能力の乏しい子供がそのままお金を受け取ることになるため、その後の子供のお金の使い道まで管理することが難しくなります。

【関連記事】「一時払い終身保険とは|一時払いによる税金対策と注意点

学資保険と終身保険の違いを比較

学資保険と終身保険の違いを比較

では、これまでの内容を踏まえた上で、両者の違いを比較していきましょう。
 

途中解約した場合の返戻率の違い

保険料の支払期間を終える前に解約した場合、積み立てた保険料に対してどれくらいのお金が戻ってくるのか気になるところです。

元本割れしないように気をつけたいところですが、一般的には保険料の積み立て年数が重なるほどに返戻率(積み立てた保険料に対して解約時に返還されるお金)は高くなります。

 途中解約時の返戻率
学資保険 90~100%
終身保険 50~70%

 

学資保険で途中解約をした場合の返戻率は90~100が相場であるため、元本割れはしてもそこまでの損失はありません。

それに対して、終身保険を途中解約した場合の返戻率の相場は50~70%であるため、終身保険における途中解約をするデメリットは大きいです。

【関連記事】学資保険の比較ポイント|返戻率や必要性から見る学資保険の選び方

支払い期間終了後の解約返戻率の違い

元本割れを防ぐためにも、途中解約せずに支払期間を終えてこそ、学資保険、終身保険に入るメリットがあります。

保険料の支払いを終えた時点の返戻率は、保険のサービスによって異なりますが学資保険と終身保険でそこまで差はなく、大体110%ぐらいが相場です。

【関連記事】郵便局の学資保険(はじめのかんぽ)を解説|見積もり前に注視すべき事

 

終身保険は満期を過ぎると解約の時期を選べる

学資保険、終身保険で最終的に受け取れるお金には大差がないように思えます。

しかし、終身保険は学費のための積み立て保険ではないため、支払期間を終えても解約する必要はありません。

終身保険では、解約せずに積み立てた保険料をそのまま預けておくことで、時間の経過と共に返戻率は高くなるため、返ってくるお金は割高になります。

そのため留学や結婚など、本来の目的とは異なりますが、将来必要になるであろうライフプランに備えることが可能です。

それに対し学資保険の場合は、祝い金という形でしかお金を貰えません。

s_shusin

 

一部だけの解約も可能

また、終身保険では積み立てた保険料の内、一部のお金だけを解約できるので、積立金の残高をそのまま預けておくこともできます。

 

保険の加入可能な時期が異なる

保険の加入時において悩む方は多いと思いますが、返戻率を高くすることを考えれば早く保険に加入するに越したことはありません。

学費の積み立てを目的に保険に加入する方の多くが、妊娠中から保険に加入するのが一般的ですが、学資保険においては加入できる時期に制限(出産3~4カ月など)が設けられております。

それは保険の目的が子供の学費に備えた内容であるためでありますが、終身保険に関しては被保険者が子供とは限らないため加入する時期に制限がありません。
 

契約者の死亡時の違い

先ほども申しましたが、終身保険は死亡保険の一種であるため、契約者が死亡、あるいは高度障害状態になった場合、死亡保険がすぐに支払われます。

それに対して学資保険でも契約者の死亡した場合、満期額の資金が給付されますが、学資保険はあくまで子供の学費に備えることを目的とした保険です。

そのため保険の受け取りは祝い金の設定時、または満期(入学時など)に固定されております。

また、契約者が死亡または高度障害状態を抱えた場合に給付されるお金は、学資保険で受け取れる学資金より終身保険で給付される死亡保険金の方が高額です。

【関連記事】死亡保障の必要額はいくら?シミュレーションで考える生命保険の選び方
 

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

学資保険・終身保険を選ぶポイント

学資保険と終身保険で迷っている人が保険を選ぶ際に注目したいポイント

学資保険も終身保険もそれぞれメリットデメリットがあります。

そんなときは、元々どんな目的で保険に入ろうとしていたのかを思い出すことで、あなたに合った方を選べます。

学資保険と終身保険を比較する際は、以下のポイントを頭に入れながら考えていくといいでしょう。

 

貯蓄目的か保障目的か

あなたは、利回りの良い保険に加入して、少しでも多くの教育資金を用意したいでしょうか?

それとも、死亡を始めとした万一に備えて保険に加入したいのでしょうか?

受け取れる金額をできるだけ多くしたいのか、保障を充実させたいのかをまず明確にしてみてください。

 

教育資金の積立以外の使いみちも考えているかどうか

教育資金以外にも使い道を考えていて、満期後も解約しないのであれば終身保険を選んだほうがお得です。

時間の経過とともに返戻率が上がりますし、満期を過ぎても保障は続いていきますので。ただ、教育資金の心配をしている人が満期後も解約しないでおいておくことは現実的なのでしょうか。

もし教育資金にしか使わないと考えているのであれば、満期時の返戻率は学資保険が上です。

 

途中解約の可能性が高いか低いか

途中解約をした際の終身保険の返戻率は50%~70%程度で、一方学資保険の方は90%~100%程度です。

緊急時に対処できる蓄えをできなさそうな人であれば、学資保険にしておいた方が金銭面のリスクを減らせます。

 

既に加入している保険と保障内容がかぶっていないか

終身保険についている保障が、既に加入している保障と被ってはいないでしょうか。もしそうであれば、必要以上の負担を毎月することになります。

 

いらない保障はついていないか

子供が病気になった際に医療費負担を軽減してくれる保障がついている場合もあります。しかし、子供の医療費の一部を負担してくれる自治体もかなりあるので、子供の医療保障はいらない場合も多いでしょう。

また、死亡保障を子供の保険につけるメリットもあまりないと思います。子どもは収入がないので、万一亡くなってしまった際も家計が圧迫されるわけではないからです。無駄な保障を省き、少しでも返戻率の高いプランを選んでいきましょう。

 

学資保険おすすめランキング

先ほどご紹介した学資保険の選び方で、学資保険の加入を考えている方も多くいらっしゃるかと思います。

下記の記事では、学資保険のおすすめランキングと、おすすめできる特徴を詳しく説明しています。学資保険選びの参考にしてみてください。

【関連記事】学資保険売れ筋ランキングと学資保険選びの4つのポイント
 

終身保険おすすめランキング

終身保険を選んだ方向けに、終身保険のおすすめランキングと、その保険がおすすめできる理由を下記の関連記事にて詳しく説明しています。

終身保険を選ぶ参考にしてみてください。

【関連記事】終身保険の人気ランキングベスト5|2018年4月最新版

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

純粋に教育資金の積立のみを考えているのであれば、学資保険の中でも返戻率が高いものを選ぶのがおすすめです。

一方、教育資金以外の使い道も考えていて、満期になっても解約しないのであれば、終身保険の方が満期を過ぎるほど返戻率も上がっていき、保障も続くためお得です。

どちらの保険を選べばいいのかわからなくなったときは、なぜ加入しようと思ったのか、その目的を再確認してみてください。

 

おすすめ関連記事

>>返戻率の高い低解約返戻金型終身保険のメリット・デメリット
低解約返戻金型終身保険という保険についてまとめている記事です。低解約返戻金型終身保険の仕組みと特徴や、加入した場合のメリット・デメリットなどをご紹介しています。
 
>>生命保険の解約返戻金とは|受け取れる額と返戻金の計算方法まとめ
生命保険を解約したときに今まで払い込んだ保険料からお金が返ってくる解約返戻金についての記事です。受け取りの際に損をしないための方法や、税金についてなどご紹介しています。
 
>>生命保険の解約返戻金とは|受け取れる額と返戻金の計算方法まとめ
生命保険を解約する際に戻ってくる解約返戻金についての記事です。解約返戻金がある保険とない保険の区別、受け取る際に損をしない方法など、耳寄りな情報をお届けします。
 
>>郵便局の学資保険(はじめのかんぽ)を解説|見積もり前に注視すべき事
郵便局の学資保険(はじめのかんぽ)について解説している記事です。はじめのかんぽの特徴やコース別の保険料、返戻率、加入する際の注意点などをご紹介しています。
 
>>子供の学費、どうやって確保する?|親として知っておきたい学資保険の知識
子供の今日敷くにかかる学費に関する記事です。幼稚園入園から大学卒業までの学費の相場や、教育費を貯めるための学資保険についてなどをご紹介しています。

 

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

学資保険 980×265