全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

自動車保険の相場や選び方|平均保険料や安い保険のリスクまで徹底解説

自動車保険を選ぶ際、何を比較して見るべきか料金はどれくらいで、おすすめは何なのか悩まれる方は多いです。そんな方のために自動車保険の平均保険料や相場、安い保険のリスク、賢い選び方などをご紹介していきます。

Pocket
LINEで送る

今よりもっと安い自動車保険はないだろうか、そう思っている人はたくさんいることでしょう。車を持つにあたっては必要不可欠な保険ですが、余計には費用をかけたくありません。

かといって、安すぎるのも考え物です。というのも、保険料は当然、補償内容に応じて設定されているわけですから、不自然な安さの裏には危険な補償が潜んでいるかもしれません。

様々な要素によって保険料は設定されています。保険料の相場を知るためにも、その要素をざっくりと見ていきましょう。また、保険料を安く抑えるポイントについても紹介します。ぜひご覧ください。

保険料が決まる5つの要素

1. 車種・型式

まずは自動車の「車種」、「型式」です。自動車の車種は、その自動車の用途などに応じて決められます。これについては車検証に記載があるので、簡単に確認できます。家庭でレジャーに使われる車と、業務で貨物を運ぶために使われる車のリスクが違うのは納得がいくかと思います。

型式というのは、車種別でもっとも登録台数が多い「普通自家用乗用車」と「小型自家用乗用車」に与えられている分類です。私たちが家庭で利用する車はたいていこの2種に分類されているので、保険料の見積もりをするにあたってこの型式についても見逃せません。

型式はその自動車のモデル(何年度のものか)、駆動輪数(2WDか4WDか)、や排気量によって決まります。この型式も保険料を見積もる際には見逃せません。たとえば同じプリウスでも古いモデルのものは保険料が高く、新しいモデルのものは保険料が安くなったりするわけです。

 

2.等級

「等級」は、保険の利用状況に応じて定められます。保険を使わなければ使わないほど上がり、等級が高ければ高いほど保険料が安くなる仕組みになっています。

保険を1年間使わなければ等級は1上がります。逆に、事故を起こして保険を利用してしまうと、等級は3下がります。6等級からスタートし、最高で20等級まで上がり、最低で1等級まで下がります。保険を利用しすぎて、1等級まで下がってしまうと危険な運転者とみなされ、等級が上がるまでの1年間ほとんどの保険会社と契約できなくなってしまうので気をつけましょう。

またこの等級は保険会社間で共有されるため、会社を変えてもこの等級は引き継がれます。

自動車保険の等級について詳しく知りたい方は「自動車保険の常識!等級制度のすべて」をご覧ください。

3.免許の色

「免許の色」も重要な要素の一つです。免許の色は無事故期間によってグリーン、ブルー、ゴールドの3種類に分けられています。その免許の色を見ることで、その運転者が事故を起こすリスクをはかることができるからです。ゴールド免許の人と、グリーン免許の人では保険料に大きな差が生まれてくることになります。

 

4.使用目的・走行距離・使用地域

「使用目的」はおおむね、業務使用、通勤・通学、日常・レジャー利用の3様態に分けられます。(業務使用と日常・レジャー利用の2様態に分ける会社もあります。)

その自動車を年間通して月15日以上の利用があれば、業務使用もしくは通勤・通学利用に、なければ日常・レジャー利用になります。

また、長く走れば走るだけ事故のリスクも高まることから、自動車の「走行距離」も保険料に反映されます。

自動車を乗る地域によって、事故率の差が存在します。そのため「使用地域」もひとつの要素です。

 

5.自動車に乗る人

ここまで多くの要素を述べてきましたが、これらは車を持っていて新たに契約を結ぼうとする際にはもう決定している事項であるため、自由に変えることができません。

実は、保険料が決まる要素の中で、唯一契約者が自由に決められるのが、「自動車に乗る人について」です。

運転者が若いと、運転が未熟で事故のリスクが高いとみなされ、保険料が割高になります。そのため、若い運転者を保険の対象に指定しなければ、保険料は安くなるわけです。

また、その自動車に乗ることができる人を限定すればするほど保険料は安くなります。契約者本人とその家族のみ、本人とその配偶者のみ、もしくは本人のみという3通りがあります。

運転する人を少なく決めてしまえば、保険料がおトクになるわけですね。

保険料が決まる要素にはこれらのものがあるわけです。煩雑にみえるかもしれませんが、先ほども述べたように車を持っているならばほとんどの条件はすでに勝手に決まっているので、心配は要りません。

 

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

安く抑えるために自動車保険の仕組みを知ろう

自動車保険の保険料が思ったより高くて困っている方は多いのではないでしょうか。自動車保険は万が一の事故のために必ず加入するべき保険ですが、保険料が他の保険と比べて割高という特徴もあります。しかし、自動車保険の保険料を今以上に安くする方法があります。

自動車保険の保険料を安くするにはいくつかのポイントがあります。特に注目してほしい5つのポイントをここでは紹介します。それぞれには特徴があり、その特徴をうまく活用できれば、今後の保険料がガラッと変わる可能性もあります。これから保険料を安くするための方法や注意点を紹介していきます。

自動車保険の保険料が安くなる4つの仕組みを知る

自動車保険には様々な内容の商品がありますが、基本として4つのタイプがあります。

SAP(自家用自動車総合保険)

対人・対物保険、搭乗者傷害、自損事故、無保険車、車両保険の計6つの保険が全て組み合わさっている保険になります。

PAP(自動車総合保険)

PAPでは、車両に付いている補償の車両保険が自分で決められるようになっています。車両保険があるかないかで保険料はかなり変わってきます。

BAP(基本保険)

SAPやPAPに比べると、細かい補償サービスが制限されています。この保険は企業などの任意保険なのであまり私たちは身近ではない保険になります。

ドライバー(運転者自身の保険)

自分の車を所有していない人が対象の保険になります。自分の車ではなく他人の車を運転する機会がある人にはお勧めです。

 
紹介した保険は補償内容も異なっていて、補償が多いタイプの保険を選べばもちろん保険料は高くなります。自分に必要な補償内容がある保険プランを的確に選びつつ、リスクを減らしてお得に自動車保険に加入しましょう。

【参考】

自動車保険の保険料を安く抑える方法と安い自動車保険のリスク

 

実例から学ぶ!保険料の変化

保険料が決まる要素、相場とだいたい分かってきたところで、いくつかの実例とともに保険料を安くするためのポイントをいくつか見てみましょう。なお、自動車保険の保険料を安く抑える方法については「安い自動車保険を考えるならチェックするべき4つのポイント」の内容を参考にしてください。

ソニー損保にて試算

 

【実例1】運転者限定を見直す

契約条件の中で、もっとも任意的に変更ができるこの「運転者限定」の条項。どれほど保険料が変わってくるのでしょうか、見てみましょう。

■条件
男性24歳、6等級
車種はセレナCNC25
配偶者あり、本人以外の運転者なし
家庭用の利用で走行距離は3000km以下
ブルー免許

■補償内容
対人対物補償  無制限
自己・同乗者補償 一人当たり3000万円
車両保険 なし

■見直し結果
A(運転者限定なし、年齢条件なしの場合】
年間149,370

B(運転者を本人のみに限定、年齢条件を21歳以上にした場合)
年間62,140

なんと半額近くまで下がりました。
もし、契約者本人以外が運転しないのにパターンAで契約してしまうと年間9万円近く損をすることになります。この違いは大きいですよね。
契約する際には、誰が運転するのか、というところはしっかり注意しておくべきでしょう。

一年に一回運転するかしないか21歳の息子がいる45歳の夫婦が自動車保険を結ぶときに息子が運転するときのために、21歳以上の条件で契約するのは明らかに無駄です。もしも、のための保険ではありますが無駄なところは排除して、息子さんにはレンタカーにでも乗ってもらいましょう。

(※自動車保険の年齢条件については「自動車保険の年齢条件を利用して保険料を節約する3つの方法」をご覧ください。)

【実例2】車両保険を見直す

車両保険とは、自分の車が壊れたときに修理代として補償される保険のことです。
これがあるかないかで保険料は大きく変わってきます。

■条件
男性34歳、6等級
車種はステップワゴンRG3
配偶者あり、本人以外の運転者あり
家庭用の利用で走行距離は5000km以下
ゴールド免許

■補償内容
対人対物補償  無制限
自己・同乗者補償 一人当たり3000万円

■見直し結果
A(車両保険 175万円 免責 初回5万円 2回目以降10万円)
年間保険料97,520

B(車両保険 なし)
年間保険料44,890

もし、あなたが今の車に不満があって壊れたら買い換えようと思っているなら、車両保険によって補償を受ける必要はないわけです。それなのに車両保険を結んでいると、保険料はこんなに無駄になります。必要のない補償は契約しないことにしましょう。

 

【実例3】様々な付帯特約を見直す

自動車保険には様々な付帯特約があります。あると便利ですが、なかには人によっては必要がないものもあります。これらがどう保険料に関係してくるのか見てみましょう。

■条件
男性29歳、11等級
車種はメビウスZVW41N
配偶者あり、本人以外の運転者あり
家庭用の利用で走行距離は5000km以下
ゴールド免許

■補償内容
対人対物補償  無制限
自己・同乗者補償 一人当たり3000万円
車両保険 なし

■見直し結果
A(自動車事故弁護士費用特約 あり、おりても特約 あり)
年間保険料34,130円

B(自動車事故弁護士費用特約 なし、おりても特約 なし)
年間保険料29,120円

自動車事故弁護士費用特約、とはいわゆる「もらい事故」のときに賠償金などを交渉する弁護士を雇う費用を補償します。
自分に責任のない、もらい事故の際には保険会社がそういった交渉をすることは禁じられているので弁護士に依頼することになります。その際の費用を補償するものです。

おりても特約、とは自動車を運転していった先で、起きた事故などを補償してくれるものです。たとえば、ゲレンデまで運転しその後スキーをやっているときに他人に怪我をさせてしまった、という場合です。この際にかかる賠償金などを補償してくれます。

こういった特約はあると便利ですが、交渉は自分でやるとか、運転でそういった怪我をするようなところへ出かけない、だとかいう人には不要なものですね。あまり大きな金額の違いにはなりませんが、不要ならば外しておきましょう。

自動車保険の特約についてもっと知りたい方は「自動車保険の特約|これさえ読めば特約の全てが分かる」をご覧ください。

 

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

自動車保険の年齢条件を使って安く抑える

自動車保険の年齢条件とは?

まずは年齢条件について簡単に勉強しましょう。
自動車保険の年齢条件とは、補償をする運転者の年齢(幅)を決めることです。運転者の年齢が○○歳以上であれば補償をします、ということです。

年齢条件は基本的に3種類ある

年齢条件は全年齢補償、21歳以上補償、26歳以上補償の3区分で、保険商品によっては26歳以上からはさらに区分が分かれます。

自動車保険に加入する車両を運転する人のうち、最も若い人の年齢を設定するようになっています。これは強制ではありませんが、年齢条件に当てはまらない人が運転をして事故を起こした場合、補償を受けられなくなってしまいますので注意が必要です。

若い方が保険料は高い

年齢条件は基本的に、若い方が保険料は高くなります。事故を起こすリスクが高いのは運転に不慣れな若者の方が高いと考えるためです。そのため、全年齢補償から順番に、年齢が高くなるほど保険料が安くなっていきます。ただし70歳以上などの高齢者は、事故を起こすリスクが高くなってくるために保険料は上がります。

そのため保険料を安くするには、運転する人を限定するといった方法もあげられます。また若い方がほとんど運転をしない、といった場合は一日だけの保険に加入するといった方法も考えられます。

保険会社によって区分が異なる

年齢条件は26歳以上になると、さらに区分がわかれることについて触れました。これは保険会社によって異なるもので、30歳以上や35歳以上など、会社ごとに設定されています。

当然年齢が高いほど(高齢者は除く)保険料は安くなりますから、現在36歳なのに30歳以上補償のプランに入っている方は、他の会社の商品を探してみるのもいいかもしれません。もしかしたら、35歳以上補償の商品が見つかり、現在よりもお得なプランに加入できるかもしれません。

保険は一度入ったら放置していいものではなく、常に見直しをしていくものです。車の買い替えや車検、または1年ごとなど、その都度保険を見直す癖を身につけましょう。
 

年齢条件を使って保険料を割り引く3つのポイント

自動車保険の年齢条件は等級と並び、保険料の割引に大きく関わるポイントですから必ず抑えておきましょう。自分に合ったプランをみつけてかしこく使いましょう。上手く使うポイントは以下の3つです。

適用範囲を知ること

年齢条件の適用範囲は、同居の有無や親族であるか、配偶者かどうかなど、思っているよりも複雑になっています。適用範囲はきっちり把握しておきましょう。知らなかったために保険料を余計に払ってしまっていたということは避けたいですね。

適用範囲を知っておくことで、必要最低限のラインがわかり、正しい保険選びをすることができます。また「この場合は適用されるの?」といった不安を解消することもできます。適用範囲についての注意点は後ほど解説します。

変更するタイミングを逃さない

年齢条件は年齢ともに見直しが必要になります。特に20歳から21歳になった時、25歳から26歳になったときは、必ず見直しましょう。年齢条件を変更したら保険料がお得になるにもかかわらず、そのままにしておくのはもったいないですね。

変更するのを忘れたまま高い保険料を払い続けるのは、長期化すればするほど負担が積み重なります。変更するタイミングは誕生日を迎えたらすぐがベストと言えるでしょう。保険契約の変更は、1年間またないといけないと思っている人が多いかもしれませんが、いつでも可能です。ですから、思い立ったらすぐに保険会社に連絡を取りましょう。

等級の確認も忘れずに

年齢条件と共に保険料を大きく左右するのが等級です。等級は運転者のリスクを計る指標のようなもので、基本的に1〜20級までの区分に分かれます。等級は、初めての契約では6等級から始まります。1年間保険を使わなかった場合は1等級上がります。16等級以降は最高の割引率となり、6割引もの保険が適用されます。

無事故であれば等級は毎年上がっていきます。等級の確認を習慣づけることで、毎年保険契約のチェックをする習慣がつきます。そうすることで年齢条件のチェックを忘れにくくしてしまいましょう。二重チェックですね。
 
【参考】

自動車保険の年齢条件を利用して保険料を節約する3つの方法

 

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

自動車保険で出てくる等級制度とは

自動車保険について調べた時に必ず出てくる「等級」という単語。等級と聞いて「事故を起こして保険を使うと等級が下がって保険料が高くなり、使わなければ1年に1つずつ等級が上がって、だんだん安くなる。」というような認識の方が多いと思うのですが、詳しい内容までは知らない人がほとんどだと思います。

たとえば、自動車保険のCMで「等級も引き継げます。」とナレーションが入りますが、それにはどのようなメリットがあるのでしょうか?具体的な割引・割増率はどのように決まるのでしょう?

今回はそんな疑問を解決するため、自動車の等級についてご紹介していきます。

自動車保険の等級制度は事故歴に応じた割引・割増制度

等級制度とは、「1年ごとの無事故の積み重ねで、等級が大きくなるほど保険料が安くなる、という仕組み」です。なぜこのような制度があるかと言うと、一度事故を起こした人はまた事故を起こしやすいという統計が出ているからです。(自動車安全運転センター:平成21年度安全運転に必要な技能等に関する調査研究(Ⅳ))

事故を起こしやすい人と、事故を起こしにくい人が同じ保険料というのは、保険会社から見ても、加入者から見ても不公平ですよね?そのような不平を解消するために等級制度はあります。等級は最大で20等級まであり、1等級が最も保険料が高く、20等級が最も保険料が安くなります。

注意点として、7等級以上では、「無事故割引率」と「事故有割引率」の2種類の割引率があり、事故有の場合は割引率が低くおさえられています。この無事故割引率と事故有割引率については、後ほど詳しく解説します。
 
等級は、新規で保険に勧誘する時は、一般的に6等級(補償対象の年齢によってさらに細分化されます)からスタートし、2台目以上の車を新規で契約する場合、一定の条件を満たせば7等級からのスタートとなります。これは、加入時の年齢によって変化せず、必ず6等級か7等級からのスタートになります。

そして2年目以降、前年度に無事故であれば、等級が1等級上がる仕組みになっています。これは保険加入1年目の人にも、長らく保険に加入している人にも同じように適用される仕組みです。
詳細に関しては下記参考記事に詳しくまとめてあります。
 
【参考】

自動車保険の常識!等級制度のすべて

 

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

あまり車に乗らない方におすすめ「1日自動車保険」

保障期間1日から加入できる自動車保険をご存知でしょうか。超短期の保険で、2011年に東京海上日動から販売されました。当初はNTTdocomoと東京海上日動の共同で提供され、現在はたくさんの保険代理店で販売されるようになっています。
「聞いたことある!」「何それ?初めて聞いた!」「普通の自動車保険とは違うの?」「補償内容は?保険料は?」などなど、たくさんの疑問が浮かんでいることかと思います。それでは1日自動車保険について、紹介していきたいと思います。
それでは、1日自動車保険とはどのような保険なのかを見ていきましょう。

補償期間を1日単位で決められる

通常の自動車保険は1年など、長期の補償で契約をしますが、1日自動車保険は1日単位で補償期間を決めることができます。最大日数は7日間と短期間になっています。

補償範囲

補償範囲は主に以下のようになっています。
 
◆対人賠償・対物賠償
◆搭乗者傷害特約
◆自損事故傷害特約
◆借りる車の補償
◆ロードアシスト
◆事故現場アシスト

 
借りる車の補償については、車両補償がある商品とない商品とに分かれます。補償のある商品の方が、保険料が高くなります。

子供に車を貸す場合

例えば実家に帰省した子供に車を貸すとき、運転者限定などの制限をかけていると、条件にひっかかってしまい補償がされない可能性があります。もしお子様が事故を起こしてしまった場合のことを考えると、なにか対策をしておいた方がよいと思いませんか?

1日自動車保険はそういった場合に役立ちます。7日前までに事前登録を済ませておけば携帯電話からいつでも加入が可能です。なお、車両補償がなしのプランであれば、当日の加入も可能です。

友人から車を借りたい場合

友人から車を借りる場合も、運転者限定を家族限定にするなど補償対象になってないことが考えられます。また、友人にわざわざ「保険の詳細を確認してほしい」といったお願いをするのもなんだか気持ちよくありません。

仮に運転者限定の制限もなく補償をされる場合でも、事故を起こしてしまったら友人の等級は下がり、保険料は上がってしまいます。大きな事故を起こしてしまったら、コツコツ上げてきた等級も無意味になってしまいます。そういった事態を避けるためにも保険に入りたい、という場合に1日自動車保険は役立ちます。

複数人の友達と遠出をする場合

複数人の友達と遠出をする場合は、運転手を交代する可能性がありますね。お金がもったいないからといって加入をせずに出かけ、持ち主の人が体調を崩してしまったら無事にお家に帰るまで不安になってしまいますね。「誰が運転するかわからない」といった状況では、1日自動車保険に加入をしておいた方が無難です。
 

保険の見直しをするタイミングに1日自動車保険を選択に入れるだけでもずいぶんと変わります。例えば今までは「誰が運転するのかわからない」といった状況だったために「年齢条件なし」「運転者限定なし」の条件で自動車保険に加入していたとします。

1日自動車保険を選択肢に入れることで、年齢条件・運転者限定ともにつけることができるのです。特に年齢条件は保険料を大きく左右する要素です。自動車保険証書と一緒にメモを残しておくなどして、見直しの際に1日自動車保険を思い出せるような工夫をしておきましょう。

さらに詳しく見たい方は下記記事に詳細をあmとめておりますので興味のある方は覗いてみてはいかがでしょうか。
 
【参考】

全てがわかる!1日タイプ自動車保険の解説決定版

 

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

自動車保険を保険料の安さだけで選ぶ際のリスク

自分に必要な保障だけを選ぶ

自動車保険の保障は、人身傷害保険、対物障害保険の他にも搭乗者傷害や人身傷害、さらには車両保険などの種類があり、どれが自分に必要なのか悩んでしまうことがあります。この中でも特に大切な保障は対人・対物保障です。この二つは保険料を抑えたい人でも必ず保障を無制限にすることをお勧めします。最近では億単位の賠償請求も多くあり、とても支払うことのできない金額が発生してしまうことがあります。

なので、無制限にしておけば、万が一の場合でも自分の負担を少なくすることが可能です。保険料を抑えるとすれば搭乗者傷害や人身傷害の設定金額を減らし保険料を安くする方法があります。設定金額を減らすことによって保障金額は少なくなりますが、安いものにすれば年間で数千円の保険料を抑えることが可能です。なので、自分に必要な保障といらない保障を把握して、選別することが重要になってきます。
 
様々なポイントから保険料を安くする方法を紹介してきましたが、補償を削りすぎてしまうのはよくありません。いざ事故が起こってしまったときに保険が助けてくれない……、というのでは本末転倒です。なんのために保険に入っているのか分からなくなってしまいますね。

例えば、対物対人補償などは無制限に設定されることが多いです。なぜかといえば、相手方への補償は莫大な金額になることが多いからです。事故全体のうち、約40%で賠償額が4000万を超え、何億という金額に及ぶことも少なくありません。

人を傷つけてしまったときには、治療費や休業損害、または慰謝料などを請求されます。もし被害者が亡くなってしまった場合には、当人が生きていれば得られたはずの利益(逸失利益)も請求されます。これが非常に高額になることが多く、大変な金額が請求されることになります。開業医が亡くなった事故では5億を超える賠償が裁判で命じられました。

事故を起こして物を壊してしまったときの損害賠償額というのも高額になるケースがあります。仮に高級洋服店に突っ込んでしまったり、高価な積荷を載せている車と激突してしまったりした場合などは非常に高額な損害額が算定されることになります。ものに対する賠償額だけで1億円を超えた請求が命じられたケースもあります。

たしかにこうした事故は、なかなか起こることではありませんし、身近には感じることもそうはないでしょう。しかし、もしもある日事故を起こしてしまい、何億円にも及ぶ賠償金を請求されたら……。そしてもし保険がそのうちの5000万円しか補償してくれなかったら……。

日ごろの保険料をケチったばかりに、人生が破滅してしまいかねません。契約をする際には十分に考えて補償を組みましょう。

少なすぎず、多すぎず、これが保険を考える際の基本ですね。
 

自動車保険以外でも気をつけたい盗難保険

盗難保険は、自宅にある金銭、自分の大切にしている車や自転車が盗難にあった際にその損害額を保障してくれる保険です。盗まれなければ問題はないのですが、高価な物はいつの時代も窃盗される可能性があるのが現実です。バイクだけでも年間に5万件以上(2013年)の盗難事件が発生しているのです。まだ窃盗されても戻ってくればいいですが、そのまま手元には戻らないケースがほとんどです。そんなときに少しでも保険料としてお金が入れば気休めになります。

盗難にあった場合の対処法は盗難保険だけではありません。保険は補償される範囲や内容が種類によって違ったり、必要な補償内容が意外な保険の中に組み込まれている場合があります。その例が火災保険や自動車保険です。ここでは、盗難にあった際の補償方法が一つではないことを知ってください。

火災保険や自動車保険でも補償される場合がある

火災保険や自動車保険の中には特約や、通常でも補償される内容の中に、盗難にあった場合の補償が規定されている商品があります。多くの方はこの内容があることを知らずに契約している方がほとんどではないでしょうか。なので、盗難補償があるのは盗難保険だけではないということを頭に入れておきましょう。

火災保険

家に対して加入している保険なので、その家の中にあった物の盗難に関しては盗まれた物の金額を補償してくれる場合があります。しかし、盗難保険に比べると、補償金額に制限がある場合があるので注意が必要です。

自動車保険

加入している自動車自体の盗難の場合に補償されるケースが多いです。実際に盗難にあって盗難保険に加入していなかった場合に、自動車保険の中にあった盗難補償に助けられた人が多くいます。
 
盗難保険に加入していざという時に備えておくことは必要なことです。絶対に自分の物が窃盗にあわないという補償はありません。もしもに備えるのが保険の役目なので、先の不安も考えて盗難保険への加入を検討しましょう。また、加入した保険内容や補償内容は必ず確認し、盗難にあった際にどのような対応、補償をしてくれるかを把握しておくことも大切です。

ですが、一番大切なのは、盗難を未然に防ぐことです。防犯対策として確実な施錠や、防犯設備を盗難されて困る物には取りつけて、自分でも盗難対策を行ってください。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  4. 4位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  5. 5位

    ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 皆さんはネットで炎上したことはありますか? (僕はあります、何度も) 近年、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の普及に伴い、ネッ...

  1. 神戸蘭子さん不妊治療を乗り越え第2子を授かる。日本の夫婦3組に1組は直面する不妊の苦悩とは?

    神戸蘭子さん不妊治療を乗り越え第2子を授かる。日本の夫婦3組に1組は直面する不妊の苦悩とは?

    日本の夫婦の3組に1組は不妊に悩んでいるのをご存じでしょうか。(参考:国立社会保障・人口問題研究所 第15回出生動向基本調査) 先日、モデルでタレントの神戸蘭子さんが不妊治療を乗り越えて第2子を妊娠...

  2. ジュニアNISAの口座が廃止?教育資金として利用するための注意点とは?

    ジュニアNISAの口座が廃止?教育資金として利用するための注意点とは?

    ジュニアNISAは近年、子どもの教育資金源として注目を集めています。 もともとNISAは株や投資信託などの利益や配当金に対し一定額が非課税になる制度ですが、投資と運用で教育資金を貯めることのできるジ...

  3. FPに聞いてみた!仮想通貨は投資としてどうなの?将来の貯蓄への備えになる?

    FPに聞いてみた!仮想通貨は投資としてどうなの?将来の貯蓄への備えになる?

    少子高齢化社会が加速しつつある現代において、退職金や公的年金へ大きな期待を抱くことは難しいと考える人が増えてきています。 将来の貯蓄への不安を少しでも解消すべく、資産を増やす手段として投資に興味を持...

  4. なぜ?がんで3割がやむなく退職。解雇。働けなくなった場合の生活はどうすればいい?

    なぜ?がんで3割がやむなく退職。解雇。働けなくなった場合の生活はどうすればいい?

    現在、2人に1人が発症するといわれているがんは、生活だけでなく仕事にも大きな影響を及ぼします。 特に働き盛りの時にがんになると、長引く治療や価値観の変化などが原因でやむ負えず退職に追い込まれてしまう...

  5. 他人ごとではない。超巨大地震の再発率は40%。火災保険だけでは補えない被害の実態。

    他人ごとではない。超巨大地震の再発率は40%。火災保険だけでは補えない被害の実態。

    2018年9月6日午前3時、北海道胆振地方で発生した震度7の大地震。 「北海道胆振東部地震」と命名されたこの地震は、かつてない大きな揺れと土砂災害に加え、北海道のほぼ全域で長時間にわたる停電となった...