全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

がん保険の必要性を解説|医療保険と比較した必要・不要の判断基準

現在の2人に1人はがんになるとまで言われていますが、なんとなく加入してしまっても、いざがん治療になったときに十分な保障がされなかったり、他の医療保険だけで賄えてしまう場合もありますので、医療保険との保障内容を比較して、がん保険の必要・不要を判断する基準をご紹介します。

Pocket
LINEで送る

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

がんに対する医療の発展とともに、がん保険の必要性は一般的には高まっていると言われています。現在の日本では2人に1人はがんになるとまで言われていますから、確率だけで考えればがん保険に加入しておいたほうが良いでしょう。

しかし、なんとなく加入してしまっても、いざがん治療になったときに十分な保障がされなかったり、他の医療保険だけで賄えてしまう場合もあります。

自分にはがん保険が必要なのか不要なのかという考えを明確にするには、

 

  1. がん保険と医療保険との違いはなんなのか
  2. がん保険はどのような保障を備えているのか
  3. 自分はなにに不安を抱えていて、どんな保障が欲しいのか

 

この3点をはっきりさせることができれば、がん保険の必要性を検討できるでしょう。そもそも該当していなかったら加入する必要はありませんからね。

今回は、自分にはがん保険が必要なのか悩んでいる方向けに、必要な理由・不要な理由をふまえて考えていきます。

がん保険の必要性を考える上での基礎的な知識

がん保険の必要性を考えるのであれば、まずは「がん」という病気に関する知識を高めなければなりません。ここではそんな保険選びに役立つがんの基礎知識について解説していきましょう。

がんになった時の医療費はいくらになるのか?

がんの治療でまず気になるのが治療費です。何週間も入院が続き、その間仕事もできないとなると収入を得ることができません。がんの種類や治療費によっても差が出ますが、平均すると以下のようなデータも出ています。

 

がんの種類 平均入院日数 治療費(3割自己負担分)
胃がん 20.2日 約25万円
結腸がん 19.9日 約28万円
直腸がん 16.8日 約23万円
気管支炎がん/肺がん 11.5日 約13万円
乳がん 12.2日 約18万円

 

※がんの治療も他の病気と同様に健康保険制度の枠組みの中で行うため、治療費の中から3割が自己負担額となります。(参考:(社)全日本病院協会

もちろん、上記の表はあくまでも平均データであり、健康保険外の先進医療を受けてこの何倍もかかるケースもあれば、残念ながら治療計画が立てられないといったケースもあります。

がんの治療費が自己負担になる部分

がん保険に加入をしていても、全額保険で賄えるかというとそうではありません。70歳未満の成人は3割ほどの自己負担が決められており、胃がんなら60万円の医療費が発生した場合は、18万円分が自己負担として支払うことになります。

自由診療の場合は全額自己負担に

自由診療とは、保険が適応されない診療のことで、自由診療では最先端な治療や薬を利用できるという理由で実は自由診療を利用する患者は数多くいます。

主な理由は厚生労働省が最先端の治療を承認していないからというのがありますが、海外では効果が期待され、実績が出ている治療方法や薬でも、日本ではまだ承認されていないケースがあります。

がんになった際は、がんを含めて様々な傷病を保障してくれる医療保険の活用が可能ではありますが、がんに特化したがん保険のほうが圧倒的に保障が有利なのが現状と言えます。がん治療費に関しては、以下の記事も参考にしてみて下さい。

【がん治療費】関連記事

▶「がんの治療費相場|治療費の自己負担額と費用を安く抑える方法

▶「抗がん剤の費用相場|がん保険加入前の知識と抑える方法

▶「先進医療の費用と保険が必要か判断するために知るべき基準

 

がんになる確率

冒頭で述べた通り、今は2人に1人ががんになると言われています。『がん情報サービス』によると、2012年の統計で、がんに発症するリスクは以下のとおりとなっています。

 

部位 生涯がん罹患リス(%) 何人に1人か
男性 女性 男性 女性
62% 46% 2人 2人
食道 2% 0.40% 43人 227人
11% 6% 9人 18人
結腸 6% 5% 18人 19人
直腸 3% 2% 29人 53人
大腸 9% 7% 11人 14人
肝臓 4% 2% 27人 50人
胆のう・胆管 2% 2% 59人 58人
膵臓 2% 2% 45人 45人
10% 5% 10人 21人
乳房 9% 12人
子宮 3% 31人
子宮頸部 1% 74人
子宮体部 2% 58人
卵巣 1% 87人
前立腺 10% 10人
悪性リンパ種 2% 1% 57人 70人
白血病 0.90% 0.70% 108人 142人

参考:がん情報サービス

また、高齢であればあるほど男女ともにがんによる死亡率が高くなり、60歳以降は女性よりも男性のほうが顕著に死亡率が高くなっています。高齢化によりがんの死亡率と罹患数は増加し続けていますが、医療技術の発達によりがんの生存率は多くの部位で上昇傾向にあります。

がん治療の約半分が長期治療

がんになったら、「治るのか?」という根本的な点はもちろん気になりますが、「完治のためにどれだけの時間を治療に費やさなければいけないのか?」も多くの人が気にかける点でしょう。公益社団法人がん研究振興財団は、がんと診断された方がその後の治療に費やす期間の平均は以下のとおりであると発表しています。

表:がん治療にかかる治療期間

半年未満 55%
半年~2年 24.4%
2~5年 9.2%
5年以上 7.8%

 

これによると、約半数の方ががんと診断されても半年以内に治療が終了していることになります。(この半数の中には、発見が遅かったために亡くなってしまったという方も含まれます。)また、年齢が若くなればなるほどがんの進行が早いために、完治までに長い時間を費やす傾向にあります。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

がん保険の必要性が高い人

以下の4つに該当する方は、がん保険が必要といってもいいでしょう。

まとまったお金が欲しい方

すでに2回ほど登場している「診断給付金」は、がん保険ならではのメリットといっても過言ではありません。養っている家族が居る方、一家の大黒柱を陰で支える方などは、がんだと診断された時にはそうとうな不安が心を襲うでしょう。

  • 「子供たちが学校へ行くお金はどうしよう」
  • 「治療費はいくらかかるのだろう」
  • 「生活はどうなるのだろう」

 

といったさまざまな疑問がこみ上げてくるかもしれません。まとまったお金があれば、一旦落ち着いて考えることができますから、まとまったお金が欲しい方はがん保険が必要だといえるでしょう。

手厚い保障が欲しい方

がん保険はがんのみを対象としている保険で、保障内容も医療保険と重複している部分があります。しかし重複している部分の保険金は、医療保険・がん保険、両方から受け取ることができます。加えて「入院給付金」やその他の保障、がんの専門家のサポート(無償で電話対応での治療相談など)も付いてきます。

とにかく手厚く備えておきたいという方は、医療保険に加入している場合でも、がん保険に加入することをおすすめします。

がんにのみ備えたい方

他の病気は貯蓄などでなんとかなる、がんにのみ備えたい。といった方はがん保険のみでも十分な可能性があります。がん保険は、がん以外の病気については保障をしない保険ですから、そのぶんがんに対しての保障は手厚くなっています。

がんにのみ、心強い備えが欲しい方はがん保険のみで備えておくのもひとつの手段といえます。

これから貯蓄をする予定の方

現在はあまり貯蓄がないけれど、稼ぎはあるからこれから貯蓄するといった方にも、必要な可能性があります。例えば、十分な貯蓄がたまる前にがんにかかってしまったという事態に備えるには、一時的にがん保険に加入し、ある程度貯まったら解約をするといったことも手段のひとつとして考えられます。

がん保険が不要な人

以下の4つに該当する方は、がん保険が不要かもしれません。

稼ぎ・貯蓄ともに十分にある方

稼ぎ・貯蓄が十分にある方は、加入する必要はないでしょう。強制加入の保険ではありませんし、とにかく入っておいた方がいい、といったこともありません。どうしても心配であれば、治療費分をさらに貯蓄するといったことをした方が堅実といってもいいでしょう。

幅広い保障を求めている方

どのような病気にかかるかわからないから、とにかく幅広い保障が欲しいといった方には医療保険がおすすめです。医療保険は、がんも保障対象になっています。がん保険はがん以外の病気になった場合には何の保障も受け取れませんから、保障対象となる範囲はとても狭いのです。

自分が何に備えたいのかよく分からない方

自分がどういったものに備えたいのかわからないまま保険に加入するのは危険です。なにも考えずに加入するのは貯蓄できたはずのお金を保険料として毎月垂れ流すようなものです。

医療保険であれば保障範囲が広いためにまだ救いはありますが、がん保険の場合はがん以外の病気には役立てられません。保険に加入する際は、自分が何に備えたいのかよく考えましょう。

がん保険のメリットとデメリット

がん保険に加入した場合のメリット

まとまったお金を受け取ることができる

がん保険では「診断給付金」といった、がんと診断確定されたときに保険金を受け取れる仕組みがあります。保険会社によって受け取れる金額は変わりますが、概ね100万円〜200万円程度です。

まとまったお金を受け取れることで、ひとまずの生活は保障されます。今後どうするのかといった決断を急に迫られることがなくなるため、精神的な負担も和らぎます。

ご家族を養っている方の場合、がんと診断された時のショックは相当なものでしょう。「子供たちの養育費を切り崩さなければいけないのか?」「治療にはいくらかかるのか?」といった不安が襲ってくるかもしれません。まとまったお金を受け取れることで、今すぐに緊急事態になるといったことは避けられます。

がん保険は入院給付金の支払い限度日数がない

この点は医療保険との大きな違いです。医療保険の場合、入院給付金には支払い限度日数があります(60日など)。一方、がん保険の場合、入院給付金の支払い限度日数がありません。

支払い限度日数がないことのメリットとしては、入院や通院が長期化した時でも保障を受けられることがあげられます。がん保険に加入することで、なかなか治らないという場合や、手術ではなく通院をしてじっくり治療するといった選択もとりやすく安心です。

がんに対して手厚い保障を受けられる

がん保険は、原則「がんのみを対象とした」保険です。そのため保障内容はがんに特化しています。さきほど登場した、まとまったお金を受け取れる「診断給付金」、入院給付金の支払い限度日数がないことは、がん保険ならではの保障です。その他にも、放射線治療費用、抗がん剤治療費用、通院費用などを保障してくれる保険もあります。

がん保険は、がんに備えたい人にとっては心強い保険です。がんに対しての保障が手厚いことも、医療保険との違いのひとつです。

金銭的な不安を軽減させる

病気になった時に心配になるのは、治療費が増えることと収入が減るかもしれないことです。もしがんになり働けなくなった場合、その時点から収入は0になってしまいます。収入が得られなくなったときには「収入保障型」のがん保険が役に立ちます。

収入保障型のがん保険は、がんと診断確定された時に年金を貰うことができます。年金は、診断給付金のような一時的なものではなく継続的なものです。例えば年金が120万円の場合、月々10万円を5年間貰えるといった保障内容です。

【関連記事】がん保険の必要性|メリットとデメリットとは?

 

がん保険に加入した場合のデメリット

がん保険が不要であると理由としては、以下の3つが挙げられます。

保障内容に医療保険と重複している部分がある

医療保険とがん保険では、保障内容に重複している部分があります。入院給付金や手術給付金などがそうです。ただし重複しているといっても、受け取れる金額はその分増えます。手厚い保障が欲しいという方は良いかもしれません。

医療保険はもちろん、がんにかかった際の治療費も保障してくれます。最低限の保障で構わない(入院日額5000〜1万円程度)という方は、医療保険のみでも十分な可能性があります。

再発した場合に保障を受け取れない場合がある

がん保険の保障のうち、診断給付金の支払いが1回のみの場合はがんが再発したときには保険金を受け取ることはできません。もう一度加入をしておけば再度受け取ることはできますが、一度がんになった場合はがん保険に加入することは難しくなります。

例えば30歳でがん保険に加入し、45歳でがんになり、入院・手術をして治ったとします。診断給付金は今後受け取ることはできないが、再加入は難しいとなると、再発に備えるためには保険料を払い続けなければなりません。

診断給付金を受け取れないことがわかりながらも保険料を払い続けることは、医療保険との大きな違いが無いままお金を失うことになります。この状態がつづくことは、がん保険のメリットを受けているとは言い難いですね。

保険料の無駄払いになる可能性がある

保険料を払い込み続けてもがんにならなかった場合、支払った保険料は戻ってきません(掛け捨ての場合)。貯蓄型であれば中途解約をしても解約返戻金が戻ってきますが、その分保険料は割高になります。保険料が割高になった分、支払った序検量よりも受け取れる保険金が少ないといった場合もあります。

例えばがんと診断され、通院治療を行うことになったとします。この場合入院・手術などの保障は要りません。近年は、通院でのがん治療が増えてきていますから、入院・手術の保障は要らないのに毎月数千円の保険料を支払うといった事態にもなりかねません。

医療保険のみでもがんになった際の治療費の保障はしてくれますから、無理に加入する必要はないといった風にも考えられます。

がん保険の賢い選び方

ここまで、がん保険の必要性に関してのご説明をいたしました。実際のところ、これだけでは簡単にがん保険の必要・不必要は判断できないでしょう。少し話が逸れますが、がん保険の賢い選び方も知っておくことで、「本当に必要かどうか?」の判断もできるでしょう。

あなたの考えに沿ったがん保険が手に届く範囲内の金額であるのであれば、加入されたほうが良いでしょうし、不安が大きく保障を追加していくうちに費用がかさばるのであれば、別の方法を考えてもいいかもしれません。

 

  • 保険金の高さと保険期間の幅をある程度決めておく
  • がん保険の種類を決めておく
  • 給付金を決めておく

 

このような内容を家族などと話し合い決めておくことが、賢くがん保険を選ぶ近道です。話し合いを進めるうちに「そもそもがん保険は必要ないかも」という結論にも至るかもしれません。詳しくは「自分に合うがん保険の選び方|賢くがん保険を選ぶ為の全知識」を一度お読みください。

 

20~30代のがん保険の選び方

独身のうちは、多くの人が自分自身の怪我や病気に備えるという目的で保険に入ります。がんを発症する確率自体高くないのと医療保険でも万が一がんになった場合の保障があるので、そこまで神経質にがん特化型の保険に加入をして備える必要性はないでしょう。

しかし、子供が生まれたばかり、または結婚を控えている方などは特に、自分のことだけでなく家族のことも含めて将来のことをじっくり考える必要性があります。

がん保険の加入には至らないにせよ、積極的に両親や周囲の人間から保険についての話を聞くなどして、将来に備えるための知識は得ていきましょう。その中でどうしても気になる保険が見つかった際には、前向きに検討してみても良いかもしれません。

【関連記事】30代から考えるおすすめの生命保険|加入すべき保険の選び方とは

40~50代のがん保険の選び方

下の図のようにがんに発症するリスクは40~50代から高くなってきます。

引用:がん情報センター

 

発症率は10%に満たない数値ではありますが、当然、実際に発症している例もあるわけですから、これについて備えるという観点で加入するならば全く問題はないでしょう。ただし、若い年齢から保険に入るとなるとそのぶんトータルで支払う保険料が高くなるという保険の特質を考慮するようにしましょう。

この年代の方は、がんになった場合でも充実した保障のついた医療保険を再検討される方が多くいます。

 

60代以降のがん保険の選び方

自分自身と配偶者の生活に目を向けながら、将来を備えていく時期になります。第二の人生を充実して過ごせる保障を確保するという視点で保険を選ぶのも良いかもしれません。

ますますがんや生活習慣病のリスクが高まる年代になるので、医療保険・がん保険に加入している人はできるだけ継続することがおすすめされます。また、先進医療など、がん治療において高額な医療費がかかる場合のリスクにも備えておきましょう。

【関連記事】

自分に合うがん保険の選び方|賢くがん保険を選ぶ為の全知識

がん保険比較|あなたにぴったりのがん保険選び方と特徴について

がん保険の必要・不要を考える3つのポイント

がん保険が必要か否かの判断をするポイントは大きく3つです。

貯蓄は十分にあるか

貯蓄が十分にある人は、わざわざ加入する必要はないでしょう。貯蓄がありなおかつ現在も稼いでいるのであれば、保険に加入するよりも自分で貯蓄をする方が堅実といえるでしょう。

がん治療の相場としては、3割医療費自己負担をして、入院費が20万円前後。手術の場合、30万円前後(摘出手術などは100万円以上も)。抗がん剤治療の場合、5~6週間の1サイクルで100万円程度。放射線治療の場合60万円程度(高額なものだと300万円を超えることも)あります。

どの程度のがんか、どのような治療を行っていくかによっても費用は違ってきますが、もしもの時にも、この位の金額を賄えるほどの貯蓄がある方は、わざわざがん保険に加入する必要もないでしょう。

一時金が必要かどうか

がん保険に加入する大きなメリットとしては「診断給付金」を受け取れることです。がんと診断確定された時にまとまったお金が欲しいという方は、加入をお勧めします。まとまったお金は要らないけれど、念のため入院や通院にかかる費用に備えたいといった方は、医療保険のみで十分な可能性があります。

※入院費用はどれくらいかかるのかについては「入院費用を減らす3つの方法と入院に備えた賢い保険選び」の記事冒頭を参考にしてください。

これ以上保険料が増えても問題ないか

例えば医療保険や生命保険に加入している方が新たにがん保険に加入する場合、毎月支払う保険料はさらに増加します。いくら不安だからといって自分の家計を圧迫するほど保険に加入する必要はありません。

保険商品はそもそも、不安を取り除くためのものですから、「保険料を毎月支払っていけるかしら」といった状態の場合は加入をおすすめしません。

【関連記事】20代が入るべきおすすめの生命保険とは|必要性や選び方を解説
【関連記事】30代から考えるおすすめの生命保険|加入すべき保険の選び方とは

まとめ

いかがでしたでしょうか。がん保険に関しては、がん保険のみならず、がん治療そのものに対しての考えも登場していましたね。

がん治療は要らず、放置することが最も良いという考えはとても斬新です。本当にさまざまな考えがあります。これまで登場してきた考えを、必要・不要別にまとめると以下のようになります。

 

がん保険が必要な方 がん保険が不要な方
  • がんと診断された時にまとまったお金を受け取れる
  • 入院・通院が長期化しても安心して治療を受けることができる
  • とにかく手厚い保障が受けられて安心
  • 医療保険と重複している部分があるため2重に備える必要はない
  • 近年は通院治療が増えているため入院・手術などの保障は要らない

 

上記のまとめを参考に、賛同できる意見が多い方を自分の意見としてみてはいかがでしょうか。もちろん、これだけが正しい選択であるといったことはありません。自分の納得がいくように、さらに専門家に相談したりするのもひとつの手です。

とくに「がんは放置するのが良い」といった考えは今までの常識とは異なっています。今までにない考えも取り入れてみて、吟味をし、たくさんの人と話して納得のいく決断をするようにこころがけましょう。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

がん保険、不要 に関するおすすめの記事

>>がん保険とは|保障される5つの給付金と医療保険との違い

がん保険にまつわる基本的な知識や医療保険との違いについてまとめた記事です。

 

>>がん保険を選ぶ上で診断給付金が大切な理由と加入時の注意点

がん保険における診断給付金の重要性、診断給付金を基準にがん保険を選ぶ際の注意点、その他、がん保険を選ぶ上で大切なポイントについてまとめた記事です。

 

>>先進医療特約とは|保険と先進医療の関係性や必要性を徹底解説

先進医療特約が必要な理由と不要な理由、つけるべきかどうかの判断ポイントについて解説しています。

 

>>がん保険の通院保障とは|通院保障の特徴と必要性

がん保険の通院保障について、必要な人の特徴や通院保証をつける前に知っておくべき特徴についてまとめた記事です。

 

>>がん保険の必要性を検証!加入を決める上で必要な判断基準

がん保険が必要である理由と、そうでない理由の両方を紹介しています。

出典元一覧

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  4. 4位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  5. 5位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  1. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  2. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  3. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  4. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

  5. 保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...