全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

個人型確定拠出年金(iDeCo)でSBI証券会社を選ぶメリットとは?

Pocket
LINEで送る

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する上で、資産運用先の金融機関を選ばなければなりませんが、SBI証券を検討される方は少なくないでしょう。他の金融機関と比べてSBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用するメリットはどういったものなのでしょうか。

まず一つに手数料の安さがあげられますが、楽天証券も同様に手数料が安いことで評判であり、両者のうち、どちらを選ぶべきか迷っている方は少なくありません。今回の記事では、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者対象向けにSBI証券を利用するメリットや利用できる運用商品、楽天証券との比較についてまとめてみました。

 

SBI証券を介して個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用するメリット

早速ですが、個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する際に、SBI証券を選択するメリットについて紹介していきます。

手数料が安い

SBI証券を選ぶメリットの一つは手数料が安いことです。

 2017年5月18日からSBI証券への手数料が無料

個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用する上で、月々、以下の手数料がかかります。

  • 国民年金基金連合会への手数料:103円
  • 事務委託金融機関(信託銀行)への手数料:64円
  • 運営管理機関(証券会社)への手数料
  • 信託報酬

SBI証券の月額あたりの運用手数料は、2017年5月18日より前までは積立金が50万円以上だと無料でしたが、50万円未満だと324円でした。しかし、2017年5月18日から積立金の額によらず運用手数料が0円になりました。

信託報酬は信託ファンドを選ばなければ発生しないので、定期預金や保険商品のみで資産運用を行った場合、SBI証券に支払う月額手数料は167円です。以下、他の金融機関の月額手数料になりますが、比較するとSBIの手数料がお得なことがわかります。

  運営管理手数料
・岩手銀行 577円
・山口銀行 599円
・あいおいニッセイ同和損害保険 523円
・SBI証券 167円
・岡三証券

372円

参照:「手数料を調べる|iDeCoナビ

また、個人型確定拠出年金(iDeCo)への加入時、または運用する金融機関を変更する際に、加入する金融機関へ加入手数料を納めなければなりません。2017年5月18日より前まではSBIの加入手数料は1080円でしたが、2017年5月18日以降から加入手数料は無料になりました。

手数料の安さが有効的な理由

手数料が安いと、資産運用での利益が出しやすくなります。例えばですが、年間利率0.4%で積立金を100万円で運用した場合の運用益は100万円×0.4%=4,000になりますが、手数料が年額4000円(月額333円以上)を超えた場合、手数料の方が高くつくため元がとれません。

もし手数料が167円だった場合、4,000円-167×12ヶ月=1,996の余剰金がでるため、手数料に対する運用益はプラスです。手数料の安さは個人型確定拠出年金(iDeCo)で資産運用する上で、メリットが大きいことがわかります。

運用商品が充実している

SBIを選ぶメリットとして、運用できる商品が豊富であることもあげられるでしょう。信託報酬が安いファンドや、低コストの信託ファンドが多数ある上に、運用リスクの低い保険商品や定期預金の取り扱いもあります。具体的にどのような運用商品があるのかは、次項で解説していきます。

 

SBI証券で利用できる運用商品

では、SBI証券ではどのような運用商品が取り扱われているのでしょうか。

投資ファンド

項目別に分けると、以下の運用商品が取り扱われています。

商品名 委託会社 信託報酬利率
国内株式 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 三井住友アセットマネジメント 0.2052%
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金> SBIアセットマネジメント 1.62%
野村DC・JPX日経400ファンド 野村アセットマネジメント 0.27%
ニッセイ日経225インデックスファンド ニッセイアセットマネジメント 0.27%
DCニッセイ日経225インデックスファンドA 0.2052%
国外株式 ラッセル外国株式マルチ・マネージャー・ファンド(確定拠出年金向け) ラッセル・インベストメント 1.458%
iFree:NYダウ・インデックス 大和証券投資信託委託 0.243%
三菱UFJ_DC新興国株式インデックスファンド 三菱UFJ国際投信 0.594%
キャピタル世界株式ファンド(DC年金用) キャピタル・インターナショナル 1.5406%
インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用) 日興アセットマネジメント 0.3024%
DCニッセイ外国株式インデックス ニッセイアセットマネジメント 0.2268%
国内債券 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド゙(確定拠出年金) 三菱UFJ国際投信 0.1296%
国外債券 SBI-PIMCOジャパン・ベターインカム・ファンド(ベタイン) SBIボンド・インベストメント・マネジメント 0.572%
三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド 三菱UFJ国際投信 0.5616%
三井住友・DC外国債券インデックスファンド 三井住友アセットマネジメント 0.2268%
インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用) 日興アセットマネジメント 0.2808%
バランス型ファンド 野村DC運用戦略ファンド(愛称:ネクスト10) 野村アセットマネジメント 1.296%
みのりの投信(確定拠出年金専用) ポートフォリア 1.674%
iFree 8資産バランス 大和証券投資信託委託 0.2484%
DCインデックスバランス(株式20) 日興アセットマネジメント 0.1836%
DCインデックスバランス(株式40) 0.1944%
DCインデックスバランス(株式60) 0.2052%
DCインデックスバランス(株式80) 0.216%
ひふみ年金 レオス・キャピタルワークス 0.8208%
eMAXIS最適化バランス(マイゴールキーパー) 三菱UFJ国際投信 0.54%
eMAXIS最適化バランス(マイディフェンダー)
eMAXIS最適化バランス(マイミッドフィルダー)
eMAXIS最適化バランス(マイフォワード)
eMAXIS最適化バランス(マイストライカー)
国内REIT(不動産) DCニッセイJ-REITインデックスファンド ニッセイアセットマネジメント 0.594%
DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 0.27%
国外REIT(不動産) 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 三井住友アセットマネジメント 0.3024%
野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け) 野村アセットマネジメント 0.5724%
コモディティ 三菱UFJ純金ファンド(愛称:ファインゴールド) 三菱UFJ国際投信 0.972%

信託報酬は、運用益×信託報酬利率を納めなければなりません。続いて一般的にオススメされているSBI証券の投資ファンドをいくつか紹介していきます。

DCニッセイ外国株式インデックス

DCニッセイ外国株式インデックスは、インデックスファンドの中でも低コストで運用できるファンドです。できるだけわかりやすく投資をしたい方に、DCニッセイ外国式インデックスをオススメします。

ひふみ投信

一般的にアクティブファンドの信託報酬は、1%を超えることが多いですが、ひふみ投信は、アクティブファンドに関わらず、信託報酬が0.82080%です。アクティブファンドで運用したいけど、運用コストを抑えたい方は、ひふみ投信が適しているかもしれません。

eMAXIS最適化バランス

通常、投資信託を行う際、複数の運用商品を取り扱いますが、運用商品によっては利率の変動があり、調子の悪い運用商品に対して、調子の良い運用商品には多くの資産を分配するべきです。このようにバランスよく資産分配をする必要がありますが、投資信託に慣れていない人は、どのように資産分配すればいいのかわからないでしょう。

バランス型ファンドとはそういった資産の分配を自動で行ってくれる金融商品です。SBI証券では、eMAXIS最適化バランスが目玉のバランス型ファンドになります。信託報酬も低いため、低コストで安定した投資を行いたい方に、eMAXIS最適化バランスはおススメです。SBI証券の投資ファンドについて詳しくは、リンク先を参考にしてください。

参照:「運用商品一覧|SBI証券

 

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

定期預金:元本保証型

定期預金(元本保証型)に関しては、「スルガ確定拠出年金スーパー定期1年」という商品があります。元本割れのリスクがない上に、運用期間中(1年間)は金利の変更がありません(固定金利)。また、2017年現在の適用利率は0.01%、運用会社はスルガ銀行になります。

【参照】

▶「スルガ確定拠出年金スーパー定期1年

▶「運用情報|スルガ確定拠出年金スーパー定期1年

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)ではSBI証券と楽天証券のどちらを選ぶべきか

個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する際に、SBI証券と楽天証券のどちらを選ぶべきか、悩む方も少なくありませんので、ここでは2つの違いについて確認していきましょう。

手数料

まず手数料について比較していきますが、以下の表を参考にしてください。

楽天証券 SBI
・加入手数料 無料 0円
・運用手数料 ・積立金10万円未満の場合:月額393円
・10万円以上の場合:月額167円
月額167円

SBI証券が手数料を変更する前は、手数料という点では楽天証券が優位に立っていましたが、手数料変更後はSBI証券が優勢です。

取り扱い運用商品

では取り扱い運用商品に関してはどうでしょうか。楽天証券の特徴として、「低コストなファンドを多数取り扱っていること」、「セゾン・バンガード・グローバルなどのバランス型ファンドが充実していること」があげられます。

反対にSBI証券の特徴は、「低コストなファンドの取り扱いが多いこと」です。バランス型ファンドも取り扱っていますが、楽天と比べ際立ったバランス型ファンドはありません。しかし、取り扱い運用商品に関しては、楽天証券よりもローコストだと言われています。

SBI証券と楽天証券のどちらを選ぶべきか

SBI証券と楽天証券のどちらの金融機関を選択するべきなのかは、加入する人によって異なるため一概には言えません。投資信託に慣れていない方は、楽天証券を選ぶことをオススメしますが、反対に、手数料を安く抑えたい方で、ある程度、投資信託の知識がある方はSBI証券を選ぶといいでしょう。

 

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)におけるよくある質問

最後に、SBI証券を介して、個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用する際によくある質問に対する回答例を紹介していきます。

どの運用商品を選ぶべきなのか

運用商品を選ぶ際、手数料を安く抑えるために、なるべく信託報酬が低いものを選びましょう。また、運用商品の中には、運用リスクが低いものと高いものに分かれます。運用リスクの低い商品には、保険・預貯金・債券などがあげられますが、運用リスクが低い分、リターン(見込める利益)が少ないことが特徴です。

反対に、国外の運用商品や株式など運用のリスクは高くなりますが、利益が発生した際のリターンは大きくなります。一般的に、運用リスクの高い商品は上級者向けであり、投資信託に慣れていない人は運用リスクの低い商品を選ぶべきです。

また、安定したリターンを望む方は、信託報酬が安いことはもちろん、純資産の高さを各ファンドで比較した上で、投資するファンドを決めましょう。信託報酬、純資産は各ファンドのホームページにて確認してください。

元本割れによる損失は補慎されるのか

元本保証がされておらず利率が変動しやすい商品は、損失を生むリスクが含まれています。個人型確定拠出年金(iDeCo)を介してSBI証券で資産運用を行った場合、損失が発生した際のお金が補慎されるのか気になるところですが、補慎されることはありません。個人型確定拠出年金(iDeCo)の利用者は、自己責任で資産運用を行うことになります。

年金受給開始時を先送りにすることは可能か

年金受給が開始できる時期は運用期間によって異なりますが、以下の通りになります。

運用年数 受給期間
10年~ 60歳~70歳
8年~ 61歳~70歳
6年~ 62歳~70歳
4年~ 63歳~70歳
2年~ 64歳~70歳
1ヶ月~ 65歳~70歳

 

70歳までであれば、受給可能な時期が訪れても年金の受取を先延ばしにすることは可能です。受取開始時期を遅らせている期間、掛金を新たに積み立てることはできませんが、それまでに積み立てたお金を元手に資産運用することができるので、受け取れる年金の額を増やせるかもしれません。

証券口座の残高が50万円以上になれば手数料は無料になるのか

個人型確定拠出年金(iDeCo)を介して積立てるお金と、SBI証券に預けるお金は別の口座になります。そのため証券口座の残高が50万円以上になっても証券会社の運営管理手数料は無料にはなりません。個人型確定拠出年金(iDeCo)専用の口座の積立金が50万円以上になった時に初めて、運営管理手数料は無料になります。

運用益に税金は課せられるのか

SBI証券に限った話ではありませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo)を介して発生した運用益に税金は課せられません。個人型確定拠出年金(iDeCo)では税金面での優遇される点が他にもありますが、詳しくは「個人型確定拠出年金(iDeCo)の所得控除を受けるために必要な知識」を参考にしてください。

運用商品を変更する際に手数料がかかるのか

運用商品を変更する上で手数料は発生しません。もし運用商品を変更したい場合は、以下の問い合わせから相談してみてください。

【SBIベネフィット・システムズ株式会社コールセンター】
・電話:0570-052-401
※携帯電話・PHS・IP電話・NTT以外の場合:03-6230-1402
・営業時間:10:00~18:00(平日)

 

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

まとめ

個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する際、金融機関を選ばなければなりませんが、SBI証券会社を選ぶべきかどうかは一概には言えません。これから個人型確定拠出年金(iDeCo)へ加入する方が、金融機関を選ぶ際に今回の記事を参考にしていただけたらと思います。

Pocket
LINEで送る

その他に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険