全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

定期保険の種類や加入目的からおすすめのプランを検討する知識

Pocket
LINEで送る

自分に合った定期保険に加入するためには、どんな知識を持って検討すれば良いのでしょうか。実際のところ、様々な定期保険がおすすめされており、本当に自分に合ったものかどうか判断に悩む人も少なくありません。

そこで今回は、自分に合った定期保険プランを検討するために必要な知識として、定期保険がおすすめな人の特徴、目的や定期保険プランの特徴別での検討方法、選ぶときの注意点についてご紹介します。

定期保険がおすすめの人が持つ特徴

定期保険は、一般的にどんな特徴を持った人におすすめの保険なのでしょうか。具体的には、以下に記載した3つのことが挙げられます。

一定の期間だけ保障を厚くしたい

子供が成人するまでの間、自分に何かが起きても大丈夫なように保険をかけておきたいという人に向いています。

収入が多くないけれど保障をつけておきたい

年齢が若く収入が少ない場合や、何かしらの事情で収入が減ってしまった場合でも一定の保障をキープしておきたいという人にも、定期保険はおすすめと言えるでしょう。

いざというとき家族に負担をかけないようにしておきたい

働き盛りではあるけれど、何かあったとき家族に負担をかけないよう準備しておきたいと考える人にも定期保険はおすすめと言えます。

上記の項目にひとつでも当てはまる人は、定期保険の加入について前向きに検討すべきでしょう。定期保険の仕組みについて詳しく知りたい人は、「定期保険の仕組みとメリット・デメリット|他の保険との比較」をご覧ください。

定期保険のプランは主に二種類

定期保険には主に「更新型」と「全期型」の二種類のプランがあります。それぞれ、どんな人に向いているのか確認していきましょう。まずは、定期保険「更新型」のおすすめポイントを以下にまとめました。

定期保険の更新型プランがおすすめの人

まずは、定期保険「更新型」プランの内容から確認してみましょう。特徴は、更新時期を迎えるときに見直しができる、特定の期間だけ保障を厚くできるなどの柔軟性があることです。

定期的に定期保険の見直しをしたいと考えている人

更新型のプランは、10年20年といったように契約期間を決めた上で加入します。基本的に解約の申し出がなければ自動更新となりますが、その都度自分に合った保険プランかどうか見直しも可能です。

他にメリットが大きい保険があれば更新に合わせて切り替えができるため、賢く保険の見直しができるでしょう。更新型の定期保険は、定期的に保険の見直しをしたいと考えている人におすすめです。

年齢が若い間だけ安い保険料で保障を厚くしたい人

年齢は若いけれど手厚い保障を備えておきたいという人は、更新型の定期保険がおすすめです。基本的に更新型の定期保険は、年齢が上がるとともに保険料が高くなります。しかし、年齢が若い間だけ保障をつけたいと考えているのであれば、全期型の定期保険よりも月々の保険料は安く済む可能性が高いでしょう。

定期保険の全期型プランがおすすめの人

定期保険の「全期型」プランがおすすめなのはどんな人でしょうか。特徴としては、お金を手元に残すことを重要視していることが挙げられるかもしれません。具体例を以下に挙げました。

保険料にあまりお金をかけたくないと考えている人

保険料にあまりお金をかけたくないと考えている人は、全期型の定期保険が向いているでしょう。基本的に、契約満了歳を迎えると自動で保険適用が終了となるため、更新できないというデメリットがあります。

しかし、毎月支払う保険料は加入後から契約満了月まで一定額なため、総額で支払う保険料は更新型プランよりも安いと言われています。

解約返戻金があるプランに申込したいと考えている人

解約返戻金があるプランの申込を考えている人も、全期型の定期保険がおすすめと言えるでしょう。なぜなら、全期型の定期保険は契約期間が満了となった場合、それまで支払ってきた保険料の一部が解約返戻金として返ってくるシステムだからです。

契約内容などによっては、支払った金額以上の解約返戻金を受け取れるケースもあります。一方、更新型の定期保険には解約返戻金のシステムがないため、将来にお金を残す意味でメリットを感じられるでしょう。

目的によっては検討すべき逓減定期保険と逓増定期保険

定期保険には、逓減定期保険と逓増定期保険というプランもあります。それぞれが持つ特徴によっては、全期型や更新型の定期保険よりもメリットを感じられるかもしれません。

逓増定期保険

逓増定期保険とは、10年以内に支払った保険料のほぼ全額が解約返戻金として戻ってくる定期保険です。一般的には、法人税の節約や退職金捻出を目的として法人で加入しているケースが多いようです。

詳しい内容は「逓増定期保険とは|法人の為の保険金が5倍になる定期保険」で解説していますので、こちらを参考にしてください。

逓減定期保険

逓減定期保険は、契約期間年数の経過とともに支払う保険料が安くなるというプランです。保険料が安くなるのに比例して保険金額も安くなるのが大きな特徴と言えるでしょう。歳を重ねるごとにローンや養育費などの負担が無くなっていくため、そのことを見越して逓減定期保険を選ぶ人も少なくありません。

歳を追うごとに保険金が下がっていくため、個人が加入するのに適している保険と言え、30~40代の一家の大黒柱が働き盛りの時には、家庭の出費も、子供の養育費や家のローンなど何かと多く出費がかさむ時期ですから、こういう時にこそ、加入のメリットがあると思います。

【関連記事】
収入保障保険とは|最大の特徴とメリット・デメリット

おすすめの定期保険として紹介されている保険の特徴

おすすめの定期保険として紹介されている保険には、どのような特徴があるのでしょうか。複数の定期保険プランを元に特徴をまとめました。

保険料は月2,000から3,500円程度

保険料は、加入時の年齢や保険期間により月々に支払う保険料が異なります。例えば、加入年齢を30歳で保険期間を30年、保険金額を1,000万円とした場合、保険料の平均は2,274となります。

【加入年齢30歳で保険期間30年、保険金額を1,000万円とした場合の保険料】

社名 保険料(月額)
A社 2,380円
B社 2,400円
C社 2,246円
D社 2,073円

ところが、加入年齢が40歳で保険期間を20年、保険金額を1,000万円とした場合、月に支払う保険料の平均は3,430となります。

【加入年齢40歳で保険期間20年、保険金額を1,000万円とした場合の保険料】

社名 保険料(月額)
A社 3,340円
B社 3,440円
C社 3,813円
D社 3,129円

定期保険に加入する年齢や条件などによって月々の保険料は異なりますが、定期保険に加入したときの保険料は平均2,000円~3,500と見積もっておくと良いでしょう。

保障内容

被保険者が死亡もしくは、病気や不慮の事故により高度障害となった場合に支払われます。入院や手術の給付金は、別途「特約」を付帯すれば保障してもらうことが可能です。

死亡・高度障害時の保険金額

死亡・高度障害時の保険金額は、500万円~10,000万円の中から希望する保険金額を選択できます。加入年齢や目的などにもよりますが、保険金額を500~2,000万円の間で設定する人が多いようです。

保険期間

保険期間は、更新型タイプの定期保険と全期型タイプの定期保険によって指定方法が異なります。

  • 更新型タイプの保険期間

おすすめとされている更新型タイプの定期保険は、年単位で契約期間を定めます。加入する保険会社にもよりますが、保険期間は10~50年の中から選択できます。ただし、期間満了時の年齢が80歳となるまでの期間でしか選択できないため、40歳の人が保険期間50年を選択することはできません。

  • 全期型タイプの保険期間

おすすめとされている全期型タイプの定期保険は、契約者の年齢で保険期間を定めるのが一般的です。保険期間は60~80歳の中から5年単位で指定できます。

定期保険選びの際に注意すべきこと

定期保険選びの際に注意すべきことが3つあります。自分に合った定期保険に加入するためにも、以下のことを心得ておくことをおすすめします。

全期型は契約期間満了を迎えると更新できない

更新型の定期保険は、契約期間を迎える際に解約の申し出をしなければ基本的に自動継続となります。ところが、全期型の定期保険は契約満了歳を迎えると自動的に契約終了となるため更新はできません。もしも、定期保険に加入したい場合は、再度申込をする必要があります。

定期保険は乗り換えやすいかどうかも基準に選ぶ

定期保険は基本的に利率が高いものではないため、その時の状況によっては他社の保険に乗り換えた方が良いケースも多いようです。そのため、定期保険は目先の利率や貯蓄性よりも、いざというとき他社の保険に乗り換えやすいかどうかも判断基準のひとつとして持っておくことをおすすめします。

主契約がなければ契約自体ができない

定期保険は主契約にプラスして契約する保険であるため、単体での契約はできません。定期保険単体で見たときのメリットだけでなく、主契約の内容と絡めてみたときにメリットがあるかどうか総合的に判断することをおすすめします。

まとめ

定期保険が持つ特徴や保険に加入する目的によって、自分に合った定期保険プランは異なります。今回ご紹介した定期保険の特徴や注意点を参考に、定期保険のおすすめプランをご検討いただければ幸いです。

Pocket
LINEで送る

定期保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

保険ガイドブックの無料ダウンロード

保険のガイドブック贈呈中

各保険に関するおトクな情報を一冊のeBookにまとめました。
お読みいただくことで、保険選びの参考になる事間違いなし!

無料ダウンロード

  1. 保険に加入する前に知っておきたい社会保障制度

    社会保障

    保険に加入する前に知っておきたい社会保障制度

    民間の保険に加入する前に、活用すべき社会保障制度の賢い活用方法を解説します。

    無料ダウンロードする

  2. 生命保険への加入を考えるときに知っておくべき全てのこと

    生命保険

    生命保険への加入を考えるときに知っておくべき全てのこと

    生命保険に関する、知っておくとお得な情報を解説します。

    無料ダウンロードする

保険ガイドのダウンロード一覧へ

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険