全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

女性の保険選び|30代女性が保険を選ぶ時のポイントと必要性

Pocket
LINEで送る

あなたに最適な女性保険を選ぶには、FP(ファイナンシャルプランナー)への相談をオススメします。

保険のプロであるFPに保険選びについて相談することで、無駄な保障を省いた、コストパフォーマンスの高い女性保険が見つかるかもしれません。相談は無料ですので、まずは一度お気軽にご相談下さい。

女性が保険を選ぶ際はどんなところに注目したらよいのでしょうか。特に30代の女性は、結婚している方もいれば独身の方、シングルマザーの方もいますから、保険加入の目的は人によってバラバラです。

実は保険は、自分のために入るのか誰かのために入るのかで、加入する保険(保障内容)も保険料も異なります。よって、一概に30代女性だからこの保険が適しているとは言い切れません。

今回の記事では、30代女性のライフスタイル別に保険を選ぶ際のポイントや、30代女性が保険に加入するメリット・デメリットなどを中心にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

ライフスタイル別|30代女性の保険選びのポイント

早速、30代女性のライフスタイル別に保険選びのポイントを見ていきましょう。

新婚の女性

結婚したばかりの人は、夫のことを考えた保障が必要になります。まだ子供がいない場合は夫に万が一のことがあっても自分ひとりで生活していけますが、再就職や夫の死後整理資金などを含む生活立て直し資金として、一時金の重要性が高まります。

保険の土台となる終身保険では300~500万円を確保しておき、子供が生まれたときに必要な分をさらに上乗せするのがベストでしょう。

夫の保障を確保できた後は、予算に応じて自分の保障の確保も検討しましょう。入院日額1万円、生活立て直し資金の200~500万円を終身保険で確保するのがオススメです。

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査(平成22年度版)」によると、入院一日あたりにかかる自己負担額の平均額は1万6,004円で、1万円以上かかるケースが6割を占めています。入院日額は1万円をひとつの目安にして検討し、もし予算に余裕があれば上乗せを考えるのが良いでしょう。

生活立て直し資金は、必要に応じて住まいを変更したり、新たな仕事を探したり、生活を再建させるまでに必要なお金のことです。仮に1ヶ月15万円で暮らすにしても再建まで長期化することを見越して数百万円あれば安心でしょう。

結婚後特に保険を見直す必要がないという場合であっても、保険金の受け取りが親のままになっていることがあるので、早いタイミングで忘れずに親→配偶者に変更手続きをしておきましょう。

子供が生まれたばかりの女性

新婚の方にも言えますが、子供が生まれると養育費や学費などが必要になるため、もしも夫が死亡してしまった時の経済的な負担は、子供がいない場合と比べてぐんと多くなります。よって、まずは夫の死亡保障を増額しておき、何があっても家族の生活を守れるようにしておくのが良いでしょう。

ただし、死亡保障を増額するということは、月々に支払う保険料も増額するということになります。そんな中でも可能な限りコストを抑えたいなら、高額な死亡保障がいつ、いくら必要になるのかをできるだけ正確に計算しておくことです。

万が一の時に必要な金額が2,000万円なのか4,000万円なのかによって、単純計算で支払い保険料に2倍の差が生じるからです。こうした正確な金額の算出は、FP(ファイナンシャル・プランナー)への相談で解決できます。

 

あなたに最適な女性保険を選ぶには、FP(ファイナンシャルプランナー)への相談をオススメします。

保険のプロであるFPに保険選びについて相談することで、無駄な保障を省いた、コストパフォーマンスの高い女性保険が見つかるかもしれません。相談は無料ですので、まずは一度お気軽にご相談下さい。

 

また、収入保障保険を月額10~20万円増額するのもオススメです。収入保障保険とは契約者の死亡月から契約期間終了まで毎月定額で保険金を受け取れる保険で、以下の図のように死亡時期が遅ければ遅いほど受け取れる保険金の総額が減るので、三角の保険と呼ばれています。

さらに、子供の養育を目的とした学資保険への加入も検討してみましょう。学資保険の主なメリットは、大学の入学金が夫の生存時でも死亡時でも準備できる点です。しかし貯蓄できる金額はおよそ100~200万円程度ですから、やはりまず真っ先に重視すべきなのは夫の死亡保障です。

独身の女性

最近では結婚しない選択をする女性も少なくありませんが、こうした方は自分のための保険を重視すべきです。20代の頃に比べて30代のほうが、わずかとは言え健康面でのリスクが増えます。

将来的に親を扶養する必要がなければ、300~500万円の死亡整理金(葬儀代など)を貯蓄もかねて終身保険で確保し、さらに入院保険で入院日額1万円、+がん保険も備えておけば問題はないでしょう。

もしも若くしてがんを含む大病を発症した場合、貯蓄が少ない状態で治療費を工面するのはとても大変なことですが、保険によってカバーできるようにしておけば安心です。

また、30代を超えたらそろそろ老後資金を考え、養老保険個人年金保険など貯蓄型の様々な保険を比較してみるのも一つの手段です。こうした貯蓄型の保険は、65歳までの貯める期間が長ければ長いほど有利ですから、30代から検討しておくことで早いスタートを切れます。

シングルマザー

夫がいない場合は、母親であるあなたが一家の大黒柱ですから、万が一あなたの身に何かあった場合に子供が生活に困らないようにするための保険への加入を考えなければなりません。

いくら子供が18歳まで遺族年金を受け取れるとは言え、その金額は月に7~8万円程度ですから、生活するにはとても足りません。そのため、子供一人に対し養育費として月額15万円程度を収入保障保険などでカバーするのが基本的な方法です。

また、母親が病気をした時に収入が減り家計を圧迫してしまうリスクを考え、終身型の医療保険をしっかりと備えておくのが良いでしょう。

 

女性が保険に30代で加入するメリット・デメリット

ここでは、若い30代女性が保険に加入するメリットとデメリットについてお伝えします。

メリット

保険加入のメリットは主に以下の二点です。

  • 支払う保険料の総額が安い
  • 健康な状態で問題なく加入できる

30代では健康面へのリスクもそれほど高いわけではありませんが、早めに加入しておくことで支払う保険料の総額は安く済みます。また、健康だからこそ保険加入時には加入審査も通りやすく、希望の保険にスムーズに加入しやすいというメリットがあります。

デメリット

保険加入のデメリットは主に以下の二点です。

  • 病気をしなければ損するだけになる
  • 保障内容が将来役に立たなくなる可能性がある

お伝えしたように、30代では大きな病気をしない可能性のほうが高いですから、ずっと健康で全く病院のお世話にならなければ、リスクに備えて支払っていた保険料分は損してしまいます。(もちろん病気をせずに健康でいるに越したことはないので、決して保険に入る=無駄ではありません。)

また、若くして加入した保険の保障内容は、10年先、20年先に国の制度が変わったり医療技術が大幅に進化したりした時に、役に立たなくなる可能性があることも覚えておきましょう。

 

30代女性の考えかた|保険は必要か不要か

結局のところ、30代の女性にとって保険は必要なのでしょうか?それとも不要なのでしょうか?本記事の最後で、保険が必要な理由、不要な理由についてそれぞれ見ていきましょう。

30代女性が保険を必要と考える理由

医療費が支払えなくなるリスクがあるから

大きな病気をした時、高額な医療費を捻出できなくなることは避けたいものです。保険により、手術・入院・通院などあらゆる治療を行う際にも高額な医療費をカバーすることができます。

貯蓄を切り崩したくないから

高額な医療費が必要になったとき、それまでずっと貯めてきたお金(結婚資金や起業資金など)を切り崩したくないと考える女性は多いようです。

病気になったときに精神的な支えが欲しいから

病気にかかると、金銭的な負担が増えるのは当然ですが、精神的にも負担がかかってしまいます。保険は特に「これ以上仕事を休んだら生活できなくなるのにどうしよう…」「手術代をどこから捻出しよう…」こうした精神的な負担を軽減してくれます。

また、もしも「女性ならではの病気に備えておきたい」という方がいましたら、以下の記事にも目を通してみて下さい。

女性保険とは|女性特有の病気と損をしない女性保険の選び方

30代女性が保険を不要と考える理由

国民健康保険で十分だと思っているから

民間の保険ではなく、国民健康保険でも医療費を負担してくれます。こちらで十分だと考えている方は保険の必要性は低くなります。

貯蓄があるから

現在もこれからも安定して十分な貯蓄があり、万が一のことが起きたときでも難なく対応できるという方はわざわざ保険に加入する必要性はないでしょう。

保険料がもったいないから

若いうちはそれほど金銭的な余裕があるわけでもありませんから、月々数千円でも保険料を支払っていくのは厳しいという方もいるかもしれませんね。保険はあくまでも、家計を圧迫することなく、無理のない範囲で加入すべきです。

 

まとめ

30代女性の保険の選び方、いかがだったでしょうか。冒頭でもお伝えしたように、保険はその人が何を目的としていくらの保障が欲しいのかによって加入するプランが決まります。これを機にじっくり自分の今~将来のライフスタイルと向き合ってみましょう。

その上で、保険の選び方に関連する以下の記事もあわせてお読みいただければと思います。

医療保険のおすすめな選び方と医療保険を選ぶ7つのポイント
あなたにおすすめの生命保険は?種類別おすすめの選び方
保険の種類がまるわかり!保険選びに役立つ保険の種類まとめ

本記事が少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

Pocket
LINEで送る

女性保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険