年齢や治療状況から保険を探せる!持病があっても安心ナビ

医療保険と生命保険の違い|それぞれの特徴と選ぶ際の注意点まとめ

Pocket
LINEで送る

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

医療保険と生命保険の違いは、具体的にどんなことが挙げられるのでしょうか。また、加入目的を満たす保険を選ぶために、どんなところに注意すればよいかも気になります。なんとなく勧められたから、人気があると聞いたからという理由で決めると、あなたが求めている保障が受けられないかもしれません。

そこで今回、自分に合った保険を選ぶ上で参考にしたい知識として、医療保険と生命保険の主な違いや特徴、注意点、選ぶときのポイントについてご紹介します。

医療保険と生命保険の主な違い

医療保険と生命保険は主に、死亡したときの保障が厚いか、ケガや病気で手術や入院をしたときの保障が厚いかどうかに違いがあります。

生命保険は、契約者が死亡したときに保険金が支払われ、手術や入院時の給付金支給はありません。

対して、医療保険は、ケガや病気で手術や入院した場合に給付金が支払われます。ただし、契約者が死亡しても保険金支払いがないプランがほとんどです。仮に、死亡保険金が受け取れるプランであっても金額はわずかでしょう。

【医療保険と生命保険の違いまとめ】

  • 医療保険:ケガや病気で手術や入院が必要となったときに保障してくれる
  • 生命保険:死亡したときに保障してくれる

医療保険の特徴について

医療保険は、ケガや病気により手術や入院が必要となった場合の保障が基本となるため、保障期間や支払い方法などに選択性があるのが大きな特徴です。詳しい内容は『医療保険とは|医療保険の役割と全ての保険種類を解説』をご覧ください。

医療保険の保障期間が選べる

医療保険は期間を定めて保障をつける定期タイプと、期間を定めず生涯に渡って保障をつける終身タイプがあります。

保障期間1:定期タイプ

子供が成人するまでの間だけといったように、期間を絞って保障をつけられるのが医療保険の定期タイプです。保障期間を希望に合わせて決められるメリットがありますが、更新ごとに保険料が高くなるデメリットがあります。

保障期間2:終身タイプ

生涯に渡り保険料の支払い義務が生じますが、定年後の手術や入院も保障してくれるのが医療保険の終身タイプです。定年後に手術や入院をしたときの保障を残しておきたい人におすすめのプランといえるでしょう。

支払い方法が終身払いと短期払いで選べる

医療保険は保険適用期間だけでなく、支払い方法にも選択性があります。ひとつは毎月一定の保険料を支払う終身払いタイプで、もうひとつは、あらかじめ決められた保険料の総額を一定の期間内に支払う短期払いタイプです。

それぞれメリットとデメリットがあるため、一概にどちらがよいとは言えません。毎月の支払い額を押さえたい人は終身払い、保険料を早めに払い終わり老後の生活費を残しておきたいと考える人は短期払いがおすすめでしょう。

医療保険支払い方法 メリット デメリット
終身払い 短期払いよりも一度に支払う保険料が安い。 長生きすると短期払いよりも、総額で支払う保険料が高くなる。
短期払い あらかじめ決められた保険料の総額を期間内に支払えば、生涯保障してもらえる。 一度に支払う保険料の金額が高い。

医療保険の掛け捨てタイプと貯蓄タイプについて

医療保険のプランには、契約解除しても支払った保険料が戻ってこな掛け捨てタイプと、期間満了時に生存していた場合に給付金が受け取れる貯蓄タイプがあります。

掛け捨てタイプは、払った保険料が戻ってこない代わりに毎月の保険料が安いというメリットがあります。

対して貯蓄タイプは、返戻金がある代わりに毎月の保険料が掛け捨てタイプよりも高いというデメリットがあります。ただし、加入する医療保険の返戻金額によっては、貯蓄タイプの方が実質的な負担額が安くなるかもしれません。

持病があっても入れる引受基準緩和型プラン

医療保険は、申込時に持病があると契約自体できないケースがあります。しかし、引受基準緩和型プランを選択すれば、持病があっても医療保険に加入できます。

その際、毎月の保険料が普通の医療保険よりも高いこと、給付金の支払い条件に制限がかかるため注意が必要でしょう。詳しくは『持病があっても医療保険に加入する方法と注意点』をご覧ください。

医療保険を選ぶときの注意点

医療保険は、ケガや病気で手術や入院が必要なときに給付金が受け取れるのが魅力ですが、選ぶときに注意すべきことがあります。

注意点1:持病の有無によって契約できないケースがある

医療保険の加入時に健康状態や過去の病歴、持病の有無について記載する必要があります。その際、持病や病歴の内容によっては契約できないケースもあるようです。だからといって持病を申告しないなど、虚偽の回答はいけません。

仮に契約できたとしても給付金支払い時の調査で虚偽を指摘され、給付金は受取れないでしょう。詳しくは『持病持ちでも保険に入る方法と持病持ちでも入れる保険まとめ』をご覧ください。

注意点2:入院日数などの定義が加入する医療保険によって異なる

医療保険には、入院1回あたりの『支払い限度日数』が設けられています。一般的には、60日・120日・180日から選択します。その際、1入院の定義が保険会社によって異なることをご存知でしょうか。

例えば、脳梗塞で30日入院した2ヶ月後に再発した場合、同じ病名での入院となるため1入院としてみなされしまうケースがあります。もし、再発時の入院日数が40日だった場合、前回の入院日数30日を合わせた70日が入院日数です。

このとき、契約時の支払い限度日数が120日または180日であれば、70日分の給付金が支払われますが、60日で契約していた場合超えてしまった10日分の給付金は支給されません。後のトラブルを回避するためにも、加入前にしっかり確認しておくと良いでしょう。

注意点3:検査入院では給付金が支払われない

あくまでもケガや病気の治療を目的とした手術や入院でなければ、給付金は支払われません。たとえ検査入院であっても、給付金支払いの対象外であることを心得ておきましょう。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

生命保険の特徴について

生命保険の特徴について確認していきましょう。生命保険は契約者が死亡したときの保障をしてくれるため、残された家族に資金を残す目的で加入するのが一般的です。詳しくは『生命保険とは|生命保険の種類と仕組みをわかりやすく解説!』をご覧ください。

特徴1:保障期間

生命保険は保障期間を3つのタイプから選ぶことが可能です。それぞれが持つ特徴を確認していきましょう。

定期タイプ

一定期間だけ保障してもらえる定期タイプです。契約期間が満了時に生存していた場合、解約返戻金や満期保険金を受け取れるタイプもありますが、最近では解約返戻金や満期保険金のない掛け捨てタイプが多いようです。ただし、保険料は上がることなく一定というメリットがあります。詳しい内容は『定期保険の仕組みとメリット・デメリット|他の保険との比較』をご覧ください。

終身タイプ

生涯に渡り保障してくれる終身タイプです。自身の葬式費用や、残された家族に資金を残したいと考えている人から選ばれているプランです。生涯保障となるため、定期タイプよりも月に支払う保険料が高いことが特徴のひとつとして挙げられます。定期タイプと同様に、契約者が死亡した場合のみの保障となるため満期保険金はありません。

養老保険タイプ

養老保険タイプは定期タイプと同様に、一定期間だけ死亡時の保障をしてくれます。定期タイプとの大きな違いは、期間満了時に契約者が生存していた場合、満期保険金が受け取れることではないでしょうか。詳しい内容は『養老保険とは?~絶対に知っておきたい9の知識~』をご覧ください。

特徴2:タイプの種類|掛け捨てタイプと貯蓄タイプ

生命保険の掛け捨てタイプは定期タイプが該当し、貯蓄タイプは終身タイプや養老保険タイプが該当します。それぞれにメリットとデメリットが存在します。必ずしもどちらがよいというものではないため、求める保障内容や加入目的によってメリットを感じるタイプに申込むとよいでしょう。

【掛け捨てタイプと貯蓄タイプのメリットとデメリット】

掛け捨てタイプ 貯蓄タイプ
生命保険プラン 定期タイプ
  • 貯蓄タイプ
  • 終身タイプ
メリット
  • 期間を絞って契約できる
  • 保険料が安い
  • 資産を残せる
  • 解約返戻金がある
デメリット
  • 満期保険金がない
  • 生涯保障ではない
  • 保険料が高い
  • インフレリスクがある

 

生命保険を選ぶときの注意点

生命保険を選ぶときの注意点は、契約者の死亡原因によっては保険金が支払われないことです。具体的に、どんな原因だと保険金の支払いが認められないのか確認してみましょう。

注意点1:自殺では保険金が支払われない

基本的に契約者本人の意思で命を絶った場合、保険金は支払われません。ただし、状況によっては保険金が支払われるケースもあるようですので、詳しい条件などは『自殺時に生命保険金が払われる場合と払われない場合まとめ』をご覧ください。

注意点2:泥酔していた場合の死亡は保険金が支払われない

泥酔していたために車に敷かれてしまった、電車の線路内に落下して死亡してしまった場合も保険金の支払い対象外です。

注意点3:加入時に持病や病歴を偽ると保険金が支払われない

生命保険の加入時に持病や病歴を偽っていたことが判明した場合、保険金は支払われません。基本的に保険金の支払い申請をすると、支払いすべきかどうか保険会社によって調査が行われます。

その際、契約者の持病や病歴も調査対象となっているのです。虚偽の申告がないようにしましょう。詳しくは、『生命保険加入時の告知|知らないと損する告知義務違反とは』をご覧ください。

医療保険と生命保険を選ぶときのポイント

医療保険と生命保険を選ぶときのポイントについてまとめました。具体的には、以下の手順に沿って加入する保険の種類やプランを選択すると、自分にあった保険プランを選択できるでしょう。

ポイント1:手術や入院の保障 or 死亡したときの保障

まず、どんなときに保障してもらいたいのか考えるとよいでしょう。例えば、手術や入院をしたときの保障が欲しいのか、死亡したときの葬式費用や家族に資金を残す保障が欲しいのかです。

この場合、手術や入院の保障が欲しいなら医療保険、死亡したときの保障が欲しいなら生命保険に加入すればニーズが満たされます。

ポイント2:定期タイプ or 終身タイプか

加入する保険の種類が決まったら保障期間を決めます。もし、子供が成人する間だけといったように、一定期間の保障を希望しているなら定期タイプ、生涯保障を希望しているなら終身タイプを選択しましょう。このとき、掛け捨てタイプか貯蓄タイプかどうかも合わせて考えるのがおすすめです。

例えば、掛け捨てで良いので保障をつけたい、保険料を安くしたい人は定期タイプがニーズに合っているでしょう。そこに貯蓄要素を加えたい場合は、養老保険タイプを選べばニーズが満たされます。反対に、貯蓄が最大の目的で家族のために資産を残したい人は終身タイプがニーズに合っていると言えます。

おすすめの医療保険3選

おすすめの医療保険を紹介します。

おすすめの医療保険1:医療保険 新CURE[キュア]

月払保険料:1,582円

お手頃な保険料で保障は一生涯!!

解約払戻金をなくすことで、充実の一生涯保障を、お手頃な保険料で実現しました!しかも更新がないため、保険料は加入時のまま上がりません。

がんなどの七大生活習慣病には特に手厚く保障!!

約款所定の七大生活習慣病で入院された場合には、1入院の支払限度日数が2倍(プラス60日)に拡大します。さらに三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)で入院された場合は、支払日数を無制限で保障します。

先進医療を受けられたときの技術料も保障!!

厚生労働大臣の定める先進医療による療養を受けられたとき、その技術料と同額を通算2,000万円までお支払いします。

(引用:医療保険 新CURE[キュア]|価格.com)

おすすめの医療保険2:医療保険 新CURE Lady[キュア・レディ]

月払保険料:1,967円

お手頃な保険料で、一生涯の安心保障。保険料もご加入時のまま

解約払戻金をなくすことで、充実の一生涯保障を、お手頃な保険料で実現しました!
しかも更新がないため、保険料は加入時のまま上がりません。

約款所定の「女性特有の病気」とすべての「がん」に、特に手厚い保障

女性特有の病気はもちろん、すべてのがん(悪性新生物・上皮内新生物)で入院された場合には、女性入院給付金を上乗せ保障します。

公的医療保険制度の対象とならない「先進医療」の技術料を保障

厚生労働大臣の定める先進医療による療養を受けられたとき、その技術料と同額を通算2,000万円までお支払いします。先進医療特約が付加されているため、安心して治療に専念できます。

(引用:医療保険 新CURE Lady [キュア・レディ]|価格.com)

おすすめの医療保険3:アクサダイレクトの終身保険

月払保険料:1,340円

インターネット専業生保だから、一生涯の医療保障も保険料は合理的!

健康状態等についてもネットで質問に答えるだけ!医師の診査は不要です。
※健康診断結果等を提出いただく場合があります。
入院日額5,000円~15,000円まで1,000円単位で自由に設定することができます。

(引用:アクサダイレクトの終身医療|価格.com)

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

まとめ

医療保険や生命保険は、ただ保障をつけておきたいという理由だけで選ぶと、その保険が持つ特徴や恩恵を受けられません。さまざまなプランの医療保険や生命保険があるからこそ、契約者となる側が求める保障や目的を決めた上で選ぶことが大切だと言えます。あなたに合った保険を選ぶ際に、この記事が参考になれば幸いです。

生命保険、医療保険に関するおすすめの記事

>>手術給付金とは|給付金の受取り金額と計算方法・給付対象になる手術を解説

手術給付金のもらえる額についてと、給付の対象となる手術やならない手術について解説した記事です。

 

>>医療保険とがん保険の違い|加入前に知っておきたい全知識

医療保険とがん保険双方の特徴や、病気になった際の自己負担額、入院期間について比較した記事です。

 

>>生命保険の特約の全て|特約の種類から必要性の検討まで

生命保険の特約の特徴や種類、必要かどうかといったことについて検討している記事です。

 

>>医療保険の受取人を決める際に知っておきたい4つの基礎知識

医療保険の受取人とは何かということについてや、受取人を決める際に注意することなどについて解説している記事です。

 

>>民間医療保険と公的医療保険の違い|医療保険加入のポイント

民間医療保険とは何か、公的医療保険との違いや加入するメリットデメリットなどについて説明した記事です。

 

>>医療保険の売れ筋ランキング|人気の医療保険の賢い選び方とは

医療保険の売れ筋ランキングを取り上げた上で、医療保険の選び方について紹介しています。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  4. 4位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  5. 5位

    ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 皆さんはネットで炎上したことはありますか? (僕はあります、何度も) 近年、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の普及に伴い、ネッ...

  1. 神戸蘭子さん不妊治療を乗り越え第2子を授かる。日本の夫婦3組に1組は直面する不妊の苦悩とは?

    神戸蘭子さん不妊治療を乗り越え第2子を授かる。日本の夫婦3組に1組は直面する不妊の苦悩とは?

    日本の夫婦の3組に1組は不妊に悩んでいるのをご存じでしょうか。(参考:国立社会保障・人口問題研究所 第15回出生動向基本調査) 先日、モデルでタレントの神戸蘭子さんが不妊治療を乗り越えて第2子を妊娠...

  2. ジュニアNISAの口座が廃止?教育資金として利用するための注意点とは?

    ジュニアNISAの口座が廃止?教育資金として利用するための注意点とは?

    ジュニアNISAは近年、子どもの教育資金源として注目を集めています。 もともとNISAは株や投資信託などの利益や配当金に対し一定額が非課税になる制度ですが、投資と運用で教育資金を貯めることのできるジ...

  3. FPに聞いてみた!仮想通貨は投資としてどうなの?将来の貯蓄への備えになる?

    FPに聞いてみた!仮想通貨は投資としてどうなの?将来の貯蓄への備えになる?

    少子高齢化社会が加速しつつある現代において、退職金や公的年金へ大きな期待を抱くことは難しいと考える人が増えてきています。 将来の貯蓄への不安を少しでも解消すべく、資産を増やす手段として投資に興味を持...

  4. なぜ?がんで3割がやむなく退職。解雇。働けなくなった場合の生活はどうすればいい?

    なぜ?がんで3割がやむなく退職。解雇。働けなくなった場合の生活はどうすればいい?

    現在、2人に1人が発症するといわれているがんは、生活だけでなく仕事にも大きな影響を及ぼします。 特に働き盛りの時にがんになると、長引く治療や価値観の変化などが原因でやむ負えず退職に追い込まれてしまう...

  5. 他人ごとではない。超巨大地震の再発率は40%。火災保険だけでは補えない被害の実態。

    他人ごとではない。超巨大地震の再発率は40%。火災保険だけでは補えない被害の実態。

    2018年9月6日午前3時、北海道胆振地方で発生した震度7の大地震。 「北海道胆振東部地震」と命名されたこの地震は、かつてない大きな揺れと土砂災害に加え、北海道のほぼ全域で長時間にわたる停電となった...