全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

女性は生命保険に加入すべき?女性の保険選びに必要な3つのポイント

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

女性は生命保険に加入すべきか、他の保険を選ぶべきか悩むことはありませんか?最近では考えの多様化により、結婚せずに仕事を頑張る女性も増えています。自分のライフスタイルにぴったりの保険に加入するには、どんなポイントに注目すれば良いのでしょうか。

 

そこで今回、女性が加入すべき保険選びに必要な知識として、生命保険に加入すべきかどうか、女性向け保険との違い、自分に合った保険の選び方についてご紹介します。

女性は生命保険に加入すべきなの?

女性の生命保険加入について、一般的に独身既婚は関係なく不要だと考えられています。一体なぜ、女性は生命保険に加入しなくて良いと考えられているのでしょう。理由は、死亡後に膨大な資金を残す必要性がないことが多いためです。

 

もし独身女性が死亡した場合、後に必要とされる資金は200~300万程かかる葬儀代と、一人暮らしをしていた場合は退去にかかる費用20~30万程でしょう。つまり、220~330万円程残しておけば十分足りるのです。

 

既婚女性も同様に言えます。メインの収入を夫が担っているケースが多いため、仮に死亡したとしても収入源自体が無くなる訳ではありません。葬儀代の200~300万円を賄う資金があれば問題ないと言えます。女性が生命保険に加入すべきかどうかは、数百万円ほどの貯金があるかを基準のひとつとして判断すると良いでしょう。

 

【関連記事】

生命保険の全知識|保険の比較・見直し・選び方の完全ガイド

18歳未満の子供がいるなら生命保険より医療保険が良い

今までは、専業主婦でも家事代行や子供の保育所費用を残すために、約1,000万円の死亡保障を残しておいた方が良いと言われていました。ところが、平成26年4月に遺族基金年金の支給条件が以下の内容に変更されたため、女性が死亡した後の金銭面の不安が大幅に少なくなったのです。

 

  • 遺族基礎年金(受給要件)
  • 18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
  • 20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子
  • 死亡した人が保険料の納付を加入期間の2/3以上していること

(または直近1年間の保険料を全額納付していれば良い)

  • 残された夫の年収が850万円以下であること

 

  • 支給される年金額

780,100円+子供の人数

※第一子、第二子は各224,500円が加算され、第三子以降は子供一人につき74,800円が加算されます。

 

支給対象となる子供の人数 加算される金額(年) 支給総額(年)
1人 224,500円 1,004,600円
2人 449,000円 1,229,100円
3人 523,800円 1,303,900円
4人 598,600円 1,378,700円

 

参照元:日本年金機構

 

そのため、専業主婦は死亡時の保障をしてくれる生命保険よりも、病気やケガで手術や入院をしたときの保障をしてくれる医療保険の加入が良いと考えられています。中には、貯蓄を目的として加入する貯蓄型保険や養老保険を選ぶ女性も少なくありません。

 

生命保険と女性向けの保険の違い

生命保険と女性向けの保険には大きな違いがあります。生命保険と女性向けの保険が持つ特徴を理解せずに加入すると、求めていた保障が受けられないかもしれません。保険選びで後悔しないために、一般的な生命保険の保障内容と女性向けの保険にしかない保障内容について確認していきましょう。

一般的な生命保険の保障

まず始めに、一般的な生命保険の保障を確認してみましょう。生命保険は主に、加入者が死亡すると遺族に保険金が支払われる「死亡保険」と、保険契約時に定めた年齢に達すると保険金が支払われる「生存保険」があります。どちらかというと、死亡時に保険金が支払われる「死亡保険」の印象が強い人が多いかもしれません。

 

一方、生存保険には様々な種類があり、加入目的や希望している保障内容によって以下の中から選択することができます。選択の幅が広いことが最大の特徴と言えるでしょう。

 

  • 医療保険
  • がん保険
  • 民間介護保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 就業不能保険

 

詳しい内容は、「生命保険とは|生命保険の種類と仕組みをわかりやすく解説!」をご覧くさい。

女性保険にしかない保障

女性向けの保険は、女性特有と言われる病気で手術や入院が必要となった場合、通常の医療保険よりも約2倍の保障が受けられます。さらに、保険会社で定めた一定期間に給付金の受取りがなかった場合、お祝い金が支給されるケースもあります。他には、加入する保険会社にもよりますが、以下のような保障が受けられるでしょう。

 

【女性向けの保険にしかない保障例】

  • 女性特有の病気で入院すると、入院保障日額が一般的な金額の約2倍となる
  • 初めて女性特有の病気になった際の一時金が50~100万円ほど増加する
  • 一定期間ごとに生存給付金が受け取れるケースがある など

 

ただし、加入する女性向けの保険によっては、女性特有の病気は保障しても「肺がん」「胃がん」などの病気は保障対象外というケースがあります。それから、一般的な医療保険と比べて保険料が高いこともデメリットに挙げられるかもしれません。

 

さらにお祝い金も、実は毎月の保険料からその分多く差し引かれていたというケースもあるため、加入する際には十分な検討が必要でしょう。女性向けの保険について詳しく知りたい人は「女性保険とは|女性特有の病気と損をしない女性保険の選び方」をご覧下さい。

 

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

女性特有の病気ってどんなもの?

女性特有の病気にはどんなものが挙げられるのでしょうか。具体的には以下のような病名が挙げられます。

【女性特有の病気と言われるもの】

  • 子宮体がん
  • 子宮頸がん
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 妊娠早期の出血
  • 月経障害
  • 卵巣がん
  • 卵巣のう腫
  • 卵巣の機能障害
  • 異常分娩流産
  • 帝王切開
  • 乳がん
  • 乳腺症

女性特有の病気といっても様々な種類があります。さらに、20代や30代でもこれらの病気を発症するケースがあるため、若いからまだ大丈夫だという油断は禁物と言えるでしょう。病気の種類によっては、子供を産めなくなってしまう危険性もあるのです。

出産で帝王切開となったときの備えとしても

将来的に出産を考えている女性は、早いうちに保険に加入しておくことをおすすめします。なぜなら、帝王切開となったときに給付金がおりるためです。出産時に自然分娩となるか帝王切開となるかは、医師であっても事前に判断することはできません。

 

もし、帝王切開となった場合、自然分娩のときよりも入院日数が平均で10日ほど長くなると言われています。さらに、切開費用も別途かかるため、自然分娩のときよりも費用負担が大きくなることは避けらないでしょう。

 

詳しい内容は「帝王切開をお考えの方必見!保険を活用して費用を抑える方法」をご覧ください。

 

後悔しない女性の保険3つの選び方

女性が保険加入後に後悔しないためには、どのような選び方をすれば良いのでしょうか。具体的には3つのポイントがあります。

生命保険よりも医療保険の検討がおすすめ

女性が保険を選ぶときは年齢に関係なく、生命保険よりも医療保険を検討するのがおすすめです。仮に貯蓄がある場合でも、突然のケガや病気によって思いがけない出費の発生や、一時的に収入源が無くなり貯金を切り崩す可能性があります。

 

ケガや病気に備えた保険を選び、貯金は死亡したときの葬儀代やどうしてもお金が必要となったときのために残しておくことが賢明でしょう。

定期型よりも終身型の保険

定期型よりも終身型の保険を選ぶのがおすすめです。一見、終身型保険の方が保険料の負担が高いように感じるかもしれません。ところが、定期型は更新の度に保険料が高くなるため、実質負担額でみると終身型保険の方が安く済むケースが多いのです。

 

もちろん、生涯に渡り保障してくれるところも魅力ですが、加入する保険プランによっては解約返戻金などお金が戻る場合があります。貯蓄性があるという意味でもメリットを感じられるでしょう。詳しい内容は「医療保険の終身型を選ぶメリットと終身医療保険の選び方」をご覧ください。

 

老後の積立目的なら個人年金保険

将来的に年金が受け取れるのかどうか不安を感じている人は少なくありません。そのため、老後に備えた準備をしておきたい人もいるのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、個人年金保険です。老後に一定額のお金が支払われるだけでなく、保険料控除の対象でもあるため、賢くお金を残したい人にぴったりです。

 

【関連記事】

個人年金保険|知っておきたい仕組みとメリット・デメリット

個人年金保険の加入者が負担する税金に関する知識のまとめ

個人年金保険料控除の仕組みと控除を受けるための申請方法

個人年期保険を比較する上で参考にすべき検討材料とは

 

ライフスタイルに合わせた生命保険の選び方

女性といっても、人によってライフスタイルが異なります。自分に合った生命保険を選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。

独身女性の場合

独身女性の生命保険は、死亡保障よりも病気やケガの保障が厚いものを選ぶと良いでしょう。ケガや病気をしたときの医療費だけでなく、その間の生活を補う資金として役立ちます。ちなみに、死亡時に支払われる保険金が高いプランよりも、個人年金となるプランの選択がおすすめです。

 

具体的には、終身型の医療保険が当てはまるかもしれません。詳しい内容は「医療保険の終身型を選ぶメリットと終身医療保険の選び方」をご覧ください。独身女性の保険選びは、家族のためにお金を残すよりも、あなた自身を守ってくれるかどうかが大切と言えます。

既婚女性の場合

既婚女性は、独身女性と同様に終身型の医療保険がおすすめです。働いている女性であれば、ケガや病気の治療費だけでなく、働けない間の生活費としても役立つでしょう。専業主婦の場合、ケガや病気をしても直接的に収入が減ることはありません。

 

しかし、食事を作る人がいなくなって外食が増えたり、家事代行を頼んだり生活費のコストが上がる可能性があります。また、出産で帝王切開となったときの保障も見込めるため、加入して損になることはないでしょう。

子供がいる女性の場合

子供がいる女性の生命保険は、死亡保障が手厚いものが良いとされてきました。なぜなら、夫が仕事の間、子供の面倒を見てもらうための保育料が発生するなど、妻が担っていた部分を外部に依頼する必要があるためです。

 

しかし、平成26年に遺族基礎年金の支給制度が変わったため、最近では300万円程度の貯金があるなら、子供がいる女性も医療保険に加入した方が良いと言われています。子供がいる女性の保険の選び方は、貯金がない場合は死亡保険、貯金がある場合は医療保険とするのが良いでしょう。

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

まとめ

年金の支給制度が変わったこともあり、女性の保険選びには高額な死亡保障を求める必要性が無くなりつつあるようです。そうなれば毎月支払う保険料が安くなるため、貯蓄や資産運用にまわすなど、より効率的にお金を残せるのではないでしょうか。

 

女性が生命保険に加入すべきか悩んだときは、現在の貯金額をひとつの判断軸にしてみてください。もし、いくらか貯金があるのなら医療保険を選ぶのが得策と言えるでしょう。

おすすめ関連記事

>>女性保険の種類と特徴を徹底解説|女性特有の保険を選ぶメリットとは

女性保険の特徴や選ぶ際の比較ポイント、必要性について考察した記事です。

 

>>妊娠・出産で選ぶ女性保険の知識6つ|賢い費用の抑え方

妊娠・出産にかかる具体的費用と保険を選ぶときのポイントについて説明した記事です。

 

>>女性の保険選び|30代女性が保険を選ぶ時のポイントと必要性

30代女性のライフスタイル別に保険を選ぶ際のポイントや、30代女性が保険に加入するメリット・デメリットなどについて考察した記事です。

 

>>女性保険を比較する際の5つのチェックポイントまとめ

女性保険を比較する際に見るべきポイントについて解説した記事です。

 

>>女性保険ランキング上位の特徴から見る医療保険や生命保険の選び方

女性保険ランキング上位の保険プランの特徴などから、女性保険の選び方について考察している記事です。

 

>>女性保険に加入したいあなたに向けたおすすめプランの選び方

女性保険ランキングや保障内容の特徴などを元に、保険プランの選び方について紹介している記事です。

女性保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険