お客様満足度90% はじめての保険でお悩みなら!!保険のプロに相談保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

がん保険を選ぶ上で診断給付金が大切な理由と加入時の注意点

Pocket
LINEで送る

がんという病気は、誰しもがかかる可能性のある病気ですが、治療費もばかになりません。治療費をカバーするためにがん保険に加入する方も少なくありませんが、がん保険の保障内容には、主に「診断給付金」、「入院給付金」、「手術給付金」、「通院給付金」があります。

  • 診断給付金:がんと診断された段階で保険会社から支給される一時金
  • 入院給付金:入院時に支給される給付金であり入院日数に応じて支給される
  • 手術給付金:がんの手術をする際に支給される給付金
  • 通院給付金:自宅療法をする際に支給される給付金

 

医学の進歩に伴い、時代と共に求められる保障内容は異なりますが、最近のがん保険では、診断給付金に対する比重が大きいと言われています。

がん保険で診断給付金が重要視される理由はどういったものなのか気になるところですが、今回の記事では、がん保険における診断給付金の重要性、診断給付金を基準にがん保険を選ぶ際の注意点、その他、がん保険を選ぶ上で大切なポイントについてまとめてみました。

【参照】

▶「がん保険とは|保障される5つの給付金と医療保険との違い

▶「がん保険の必要性|必要性を見分けるポイントと賢い選び方

 

がん保険は診断給付金を基準に選ぶべき理由

では、早速ですが診断給付金ががん保険を選ぶ上で大切な指標になる理由について説明していきます。

医療の発展により入院日数が減少している

ひと昔前まで、がんは手術することを前提に入院しながら治療をする病気でした。そのため、がん保険を選ぶ上で、入院給付金や手術給付金が手厚い保障内容のものが好まれましたが、近年では医療技術の発展によりがんは通院による治療で療養する方の割合が多くなってきています。

<悪性新生物患者数の推移>

平成8年 平成11年 平成14年 平成17年 平成20年 平成23年 平成26年
入院患者数 134,400人 136,800人 139,400人 144,900人 141,400人 134,800人 129,400人
外来患者数 127,000人 119,900人 119,700人 140,100人 156,400人 163,500人 171,400人

 

参照:「平成26年(2014)患者調査の概況|厚生労働省

そのため旧来のがん保険とは求められている保障内容は異なり、一括でまとまったお金が受け取れる診断給付金や、通院給付金に対する比重が大きくなってきています。

給付金の使用目的は何でもいい

医療技術の発展に伴い、今後、がんの治療方法はより多様的になっていくでしょう。がん保険は将来、がんになった場合に備えるためのものですが、どの保障内容が適しているのかを判断することは難しいです。その点、診断給付金はがんと診断された時点でまとまったお金が受け取れる保障内容であり、使用目的は問われません。

治療内容に合わせて柔軟に対応することができることから、がん保険における診断給付金の存在が大きいことがわかります。

がんの治療費と比べた時の診断給付金の額

がんの治療費の相場は以下の通りになりますが、実際のところ診断給付金以外の、入院給付金や手術給付金、通院給付金で治療費をカバーすることはできるのでしょうか。

入院日数 実質負担額
胃がん 18.8日 292,518円
結腸がん 15.4日 248,457円
直腸がん 18.7日 336,489円
乳がん 12.9日

229,449円

※医療費3割負担

出典:「疾患別の主な指標2013年1月~3月|公益社団法人全日本病院協会

 

上記の治療費はあくまでも相場になりますが、実際のところ、治療が長引いた場合など治療費は高額になる場合もあり、病状、治療の経過具合によって異なるためがんの治療費は正確な値を出すことはできません。それに対して、診断給付金は、大体、50万円~100万円のお金が支給されるので治療費が高くついた場合に診断給付金が支給されることはありがたいと言えます。

診断給付金の金額の例

では、保険会社Aが提供するがん保険の保障内容が、以下の場合を想定してください。

  • 診断給付金:80万円
  • 入院給付金:1万円
  • 手術給付金:20万円

 

それに対して、がんの種類、治療の内容が以下の内容だったとします。

  • 結腸がん
  • 手術:あり
  • 入院日数:15日
  • 治療費:25万円

 

もし、診断給付金がなかった場合の給付金の額は、入院給付金1万円×15日+手術給付金20万円=35万円です。それに対して、診断給付金の保障がついていた場合の給付金の額は、35万円+80万円=115万円になります。今回のケースでは、上記の治療費25万円は、診断給付金のない場合の35万円の給付金でカバーすることは可能です。

しかし、がんの療養期間中、まともに仕事ができない方は、生活費を工面するのに苦労するでしょう。療養期間中の生活費を工面する上で診断給付金が受け取れるメリットは大きいです。

がん保険を選ぶ上で診断給付金に関して注意するべきポイント

では、診断給付金をつける場合に気を付けるべき点について紹介していきます。

免責期間

まず、診断給付金はがんと診断された時点で受け取ることができると説明しましたが、がん保険の保障が受けられるまでには90日間の免責期間が設けられています(保険期間の開始から90日経過後の翌日から保障を受けることが可能)。そのため、がん保険の加入後から90日間以内にがんが発症した場合、給付金を受け取ることはできません。

参照:「がん保険の加入条件まとめ|加入できない場合の選択肢

診断給付金の受給条件

診断給付金が支給される条件は、医者にがんと診断されることですが、悪性新生物と診断される場合と上皮内新生物と診断される場合で、給付金の額は異なります。

※悪性新生物:がん細胞が組織まで浸透しており、治療を行っても転移や再発の可能性がある状態
※上皮内新生物:がん細胞が上皮内に留まっている状態

 

診断給付金は、悪性新生物と診断された場合は支給されますが、症状の軽い上皮内新生物と診断された場合は、給付金が支給されなかったり減額されることが多いです。そのため、がん保険に加入する際には、上皮内新生物と診断された場合の保障内容を確認しておきましょう。

再発する危険性に対する回数制限

一般的にがんは再発することが多い病気と言われていますが、がんが再発した際、再び診断給付金は受給できるのでしょうか。実際のところ診断給付金は、2年に一回と制限されていることが多く、最初の診断から指定された期間を経過していれば診断給付金は支給されます。

しかし、がんは3ヶ月以内で再発する可能性の高い病気であるため、2度目の診断給付金を受給することは難しいでしょう。保険会社によって、再発の際の支給条件、給付金の額、回数は異なるので、この点においても保険会社へ確認しておきましょう。

 

診断給付金以外で注意するべき点

では、最後にがん保険に加入する上で、診断給付金以外で注意する点について紹介していきます。

通院保障の必要性

先ほどお伝えした通り、医療技術の進歩により、がんの治療は入院するよりも通院による治療が主流になってきました。これからの時代は、診断給付金と共に通院給付金の保障が手厚いがん保険に加入すると良いかもしれません。

参照:「がん保険の通院保障とは|通院保障の特徴と必要性

先進医療特約はつけるべきか

先進医療とは、健康保険が適用されていない最新の医療技術になります。がんは病状の重さによっては一般の治療ではなく先進医療を受ける必要がありますが、先進医療は健康保険が適用されていないため治療費は高額です。がん保険における先進医療特約は、先進医療が必要になった場合に給付金が支給される保障になります。

先進医療特約が必要かどうかは、がんの病状によって異なりますが、がん保険に加入する前から先進医療を受ける必要性があるのかどうかはわかりません。もし、先進医療特約について気になる方は、「がん保険に先進医療の特約をつけるメリットとデメリット」を参考にしてください。

不明点はFPに相談する

保障内容や、保障を受けるための条件は各保険会社によって異なりますが、どの保険会社のどの保障をつけるべきかを断定することはできません。そのため、どういったがん保険に加入するべきかお悩みの方は、自分に合ったがん保険を選ぶためにもFPに相談するといいでしょう。

参照:「ファイナンシャルプランナーの無料相談先と良いFPの選び方

 

 

まとめ

がんの治療内容は多岐に渡るため、治療内容に問わず支給される診断給付金は、柔軟に対応できる保障内容です。診断給付金以外にもがん保険を選ぶ上で確認すべき点は多数ありますが、がん保険を選ぶ際に以下の記事も参考にしていただけたらと思います。

 

【参照】

▶「がん保険を比較する5つのポイントと知っておきたい比較項目

▶「がん保険の種類と状況からおすすめのがん保険を選ぶ手順

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

がん保険 980×265