お客様満足度90% はじめての保険でお悩みなら!!保険のプロに相談保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

生命保険の選び方を徹底解説|年代・掛け捨て・貯蓄で選ぶポイント

生命保険への加入や選び方は、あなたが30代なのか40代なのか、結婚の有無でも必要な保障が変わります。生命保険は基本的には残された家族のための保険になります。子供や配偶者の有無でも違いますから、今回は最適な保険の選び方についてご紹介します。

Pocket
LINEで送る

生命保険の選び方について、正しい知識をご存知でしょうか。生命保険に加入する際には、数多くの保険会社や保険商品があり、選ぶのはとても面倒です。

20代や30代でも未婚なのか既婚なのかでも必要な保障はだいぶ変わりますので、保険セールスマンの言うとおりに加入してしまい、損をしている可能性がある方も多くいらっしゃいます。

あなたはは買い物をする時に、何を基準に選んでいますか?

例えば欲しいバッグがあった場合、見た目でしょうか?機能でしょうか?それとも値段でしょうか?どれかひとつというわけではなく、そのすべてを複合して決める方が多いと思いますが、優先する項目はあるはずです。

保険も同様で、加入者の目的に合った商品を選ぶ必要があり、加入時にはご自身の求める商品を選んでいくのが大事なポイントです。

その時、以下の6つのポイントを考えてみてください。

  1. どんな保障が欲しいのか(なんの為に保険に入るのか?)
  2. いつまで保障してほしいか
  3. いくらの保障金があれば安心か
  4. いくらの保険料なら支払えるか?
  5. いつまでに払い終わるのが理想か
  6. 返戻金はいくら戻ってくるのか

 

保険に加入するのは、将来起こりうる不測の事態に対応するため。しかし、人によって収入やライフスタイル、家族構成は異なります。そのため、必要となる保障の種類、保障期間、支払える保険料なども千差万別です。

今回の記事では、生命保険に加入するときに、どのように保険を選べば良いのかをご説明します。

【関連記事】20代が入るべきおすすめの生命保険とは|必要性や選び方を解説
【関連記事】30代から考えるおすすめの生命保険|加入すべき保険の選び方とは

多くの情報収集前に、さくっと解決できる保険コネクトプランナーに相談をしましょう!

生命保険の選び方1|最初に考えるべきポイントと加入目的


星の数ほどある保険商品を選ぶ時に必要なのは「自分を知ること」です。いきなりあっけにとられた方もいるかもしれませんが、これはとても大事なことです。保険を選ぶ時はまず、ご自身が保険に何を求めているかを知ることが重要です。

生命保険の役割は主に3つで、「死亡保障」「医療保障」「貯金」のいずれかで考えていただくのが基本になります。

死亡に備えた保障が欲しい場合

死亡保障とは、例えばあなたが不慮の事故や病気で死亡してしまった場合に、残された家族に保険金という形でお金を残すというものです。明日も安全に生きているとは100%言えませんし、命に関わる可能性がある仕事をしている場合は、死亡保障のある生命保険に加入しておくメリットは大きいでしょう。

ケガや入院に対する医療保障が欲しい場合

これは病気やケガなどで入院してしまった場合のリスクに備えるものです。医療費は3割負担で受けられるとは言っても、大きな手術ともなれば費用は高くなってきますので、そういった場合でも安心して治療を受けられるようにしておくのが医療保障(医療保険)になります。

入院費用は平均19,835円/日

平成28年12月時点の生命保険文化センターの調べによると、入院費用の平均額は1日あたり19,835円と言われていますから、働けなくなることによって収入が減少してしまうことも考えると、入院してもお金を払えないという事態に備えることができます。

参考:入院費用を減らす3つの方法と入院に備えた賢い保険選び

 

参考:直近の入院時の1日あたりの自己負担費用|公益財団法人生命保険センター

通院による治療の割合も増えている

近年の入院日数は短期化の傾向にあり、どの保険会社も60日の入院限度日数が今は標準化しています。一方で、入院前後に通院する人の割合は年々増加傾向にあり、入院前後に通院される方は全体の8割にものぼります。

入院前の通院割合 入院後の通院割合
平成11年 78.5% 平成11年 83.3%
平成14年 80.4% 平成14年 83.9%
平成17年 81.7% 平成17年 83.1%
平成20年 82.5% 平成20年 83.8%
平成23年 83.5% 平成23年 84.0%
平成26年 84.9% 平成26年 84.8%

入院は短期化する一方で、通院の頻度が高くなるという現状を見据えれば、通院保障の必要を感じる可能性あるでしょう。

参考:医療保険の通院保障が必要か不要かを判断するための全知識

貯蓄が目的の場合

生命保険で案外多いのはこの貯蓄目的です。老後のためのお金を貯めたいとか、子供の教育費に備えたいといった場合におすすめです。養老保険や個人年金保険、学資保険といった名前の保険がこれにあたりますね。

終身タイプと呼ばれることが多く、途中解約をしないことが前提になっているもので、医療保障と貯蓄性の両方を兼ね備えた保険と考えると良いでしょう。

ただし、貯蓄に回しすぎると保障がおろそかになりますし、保障メインだと貯金ができないといったことにもなりますので、バランスが重要な保険になるでしょう。

【関連記事】生命保険の掛け捨て・積立の違いは?特徴比較でみるおすすめの加入者

 

生命保険の選び方2|未婚・既婚か年代で考える場合


生命保険に求める役割には大きく分けて、「死亡保障」「医療保障」「貯蓄性」の3つの役割があるとお伝えしましたが、求める比重は「未婚か、既婚か?」「加入する年代はいつか?」によって大きく変化します。

たとえば、まだ病気やケガをしにくい20代ならば「死亡保障」「医療保障」より結婚や育児など、将来のための「貯蓄」の方が重視されるでしょう。

20代〜30代独身の場合

20代や30代でまだ独身の方の場合、生命保険の死亡保障をつけても残すべき相手がいませんので、死亡保障よりも上病気やケガに備えた医療保障を充実させて、万が一働けなくなる期間があっても安心できるような保障を選ぶべきでしょう。

または、老後に備えた貯金を目的に加入するのもよい選択かと思います。

【関連記事】
生命保険を貯蓄型タイプで考える時に必ず知っておくべきこと
貯蓄型保険を比較|4種の特徴と自分に合った保険を選ぶ基準
安い保険料で手厚い保障!掛け捨ての生命保険はこんな人におすすめ
20代が入るべきおすすめの生命保険とは|必要性や選び方を解説

20代〜30代既婚の場合

20代や30代ですでに既婚者の場合は守るべき家族がいるかと思いますので、『医療保障』や『老後貯金』に加えて『死亡保障』を検討されることをおすすめします。

もし子供がいれば教育資金や子育て資金を工面するのは大変ですから、もし大黒柱となる方が亡くなってしまっては残された家族は路頭に迷う可能性もありますので、万が一に備えて『死亡保障』のある生命保険は、加入の選択肢に追加しましょう。

【関連記事】
死亡保険の主な種類と保障内容|保険料と加入の必要性を判断する基準
生命保険(死亡保険金)の受取人は誰にすべき?受取人指定と変更ガイド
死亡保障の必要額はいくら?シミュレーションで考える生命保険の選び方
30代から考えるおすすめの生命保険|加入すべき保険の選び方とは

40代〜50代の場合

このころには子育てがひと段落している頃かと思いますので、貯蓄性のある保険はあまり必要ないかもしれませんが、病気やガンなどに備える必要が高まる年代ですので、『医療保障』を充実させるべき頃あいかと思います。

最近はガンも通院で直す時代になってきましたので、通院保障が充実している保険を選ぶのが良いかと思います。

【関連記事】
医療保険の通院保障を徹底解説|必要性と加入の判断基準
がん保険の通院保障とは|通院保障の特徴と必要性
医療保険の見直しをする際に確認すべき5つの見直しポイント

50代〜60代の場合

少し年をとって、病気やケガの多くなる50代になると「死亡保障」と「医療保障」は重視されますが、収入や貯蓄も増え、お子さんも自立するタイミングですので、「貯蓄」はそれほど重視されないかもしれません。

このように、ライフスタイルやライフステージによって保険に求めることは大きく変化します。加えて、世帯別、年代別の収入や支出は国勢調査や民間の調査会社によって統計が取られていますので、ご自身がどのグループに属するのかを知っていれば、将来の収入や支出はどうなるか予測がつきやすいのです。

ライフスタイルの変化によって、「死亡保障を減らしたい」「医療保障を手厚くしたい」「貯蓄性をさらに求めたい」など、保険に対して求めることが変わり、保険の見直しをする場合もあると思います。

その際には、先述した6項目に加えて、ご自身の「未婚・既婚」「加入する年代」と、生命保険に求める役割を明確にすることで、さらに保険を選びやすくなります。

【関連記事】
がん保険比較|あなたにぴったりのがん保険選び方と特徴について
医療保険の選び方|医療保険を選ぶポイントとあなたにおすすめの保険

 

生命保険の選び方3|終身型か定期型か


主観的、客観的に自身のことを知ったあとは、保険について知っていきましょう。生命保険を選ぶ時に知っておきたい単語は以下の2つです。

  • 定期保険
  • 終身保険

生命保険は大きく分けて「終身保険」と「定期保険」の二つに分けることができます。

終身保険とは 基本的に生涯保障が続く保険のことです。保険料の支払いは「一生涯払い続けるタイプ」「~歳までに支払いを終えるタイプ」など、様々な商品が用意されています。基本的に加入後は一生涯保険料は上がらず、解約の際に一定の金額が払い戻される「解約返戻金」があるのが特徴です。
定期保険とは いわゆる「掛け捨て」の保険で、終身保険に比べて、安価な保険料で保障を受けることができる保険です。その分解約時に「解約返戻金」はありません。この保険は保障が受けられる期間が定まっているため「定期保険」と呼ばれ、保険料は加入する年齢によって上下します。
例えば高齢になればなるほど医療リスクが高まるため、保険料は上がっていく傾向にあります。

【関連記事】生命保険の掛け捨て・積立の違いは?特徴比較でみるおすすめの加入者

 

定期保険のメリット・デメリット

定期保険は同じ保障額の終身保険に比べて保険料が安いことが一般的です。そのため、保険料を安く抑えたい方や、一定期間だけ保障を手厚くしたい方などにはメリットがある保険商品と言えます。

保険種類 終身保険 定期保険
月払保険料 一生涯、変わらない 満期まで変わらない
保障期間 加入から一生涯 加入から満了まで
満期保険金 なし なし
解約返戻金 あり なし

一方で、加入時の年齢が上がるほど支払う保険料は上がるため、高齢になるほどコストがかかるのがデメリットになると言われていますが、実は定期保険の方が保険料は圧倒的に低くなっています。

定期保険
保険期間(10年更新) 保険料(月) 総支払額
30歳〜40歳 約1,200円 144,000円
40歳〜50歳 約2,000円 240,000円
50歳〜60歳 約3,500円 420,000円
総支払額 804,000円

 

終身保険
保険期間 月額保険料 期間中の総支払額
30歳からの40歳まで 約15,000円 180万円

このように、30歳から40歳までの10年間だけで終身保険の方がケタが違ってきますので、実は保険料のデメリットはあまりないと言えますね。

終身保険のメリット・デメリット

定期保険と違い、終身保険は保険料が加入時から一生涯上がることがありません。そのため、保険料が比較的安い若い時から加入し続ければ、高齢になった時に支払う保険料を抑えることができるメリットがあります。

また、支払った保険料の一部が解約時に払い戻される「解約払戻金」があるため、貯金と同じく、貯蓄性を持つ保険と言えます。もちろん保険料を支払っている間は保障を受けることができるので、貯金が得意でない方には資産運用の選択肢のひとつとして選んでも良いのではないでしょうか。

一方で、同じ保障額の定期保険に比べて支払う保険料は高額なので、その分家計は圧迫されるのがデメリットです。

保険を終身タイプにするか定期タイプにするか

加入時から保障が続く「終身保険」と、10年〜20年ごとに更新できるうえに保険料が安い「定期保険」。このように、保険期間の選択はとても重要です。

もし保険に加入するのであれば、どの程度の期間保障が継続して欲しいのかを考える必要があります。それぞれのデメリット・メリットを抑えたうえで、どの保険を選んでもだいたい終身と定期のどちらにするのかを決めるタイミングがありますので、どう選ぶべきか考えておくといいでしょう。

まずは、以下の図を参考に、自分がどちらに当てはまるのか確認してみてくださいね。


定期保険は更新のたびに保険料が上がりますが、保障メインでかつ保険料も抑えたいのであれば、定期保険をおすすめします。じつは、保険の内容は時代の変化によって変わります。先ほどの終身型は貯蓄性のある保険のため、途中解約すると元本割れとなり、解約返戻金があっても損をすることも。定期保険は保険料も安く、だいたい10年ごとに更新できるので、保険内容の見直しを行いやすいメリットもあります。

「終身タイプ」「定期保険」それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、加入年齢や家計の状況にあった保険を選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事:生命保険と医療保険の選び方|比較サイトでわからない4つのポイント

生命保険の選び方4|保険料・保障額・保険会社の信用度・特約などの選択基準


保険の基本的な仕組みについて理解した後は、さらに細かい選択基準について知っていきましょう。ここでは「保険料」「保障額」「保険会社の信用度」「特約」についてご説明していきます。

保険料

保険勧誘の際に気になるのが、支払う保険料です。この保険料、最近では月々約700円から保障が受けられる定期保険が発売されています(2014年12月現在)基本的には保険料が高いほど、手厚い保障が受けられますが、保険は将来起こりうる不測の事態に備えるためのものです。

現在の家計を圧迫してしまっては本末転倒なので、求める保障内容に合わせて最適の保険料の保険商品を選択していきましょう。参考までに保険料の平均をお伝えすると、世帯月収の約3~6%が月々の平均払い込み保険料となっています。
※「生活保険文化センター」が調査した「生命保険に関する全国実態調査(平成22年度)」より

保障額

生命保険は基本的に死亡後遺症時に給付金が支払われる保険商品です。この給付金は先述したように支払う保険料に比例して高額になります。たとえば、30代男性の場合で月々約700円の定期保険に加入した場合、死亡後遺症時には最大500万円の給付金を受け取ることができます。

死亡、後遺症時に支払われる給付金は、通常「葬式の費用」「遺族の養育費や生活費」などに充てられます。葬儀代の相場はおおよそ100~200万円と言われていますが、近年の価格競争により、数十万円からでもお葬式をあげることは十分に可能です。

そのため、最低額の定期保険に入っていれば葬式の費用はカバーできることになります。これに加えて、遺族の養育費や生活費を残したい場合は、保険料を上乗せしていけば良いでしょう。

保険会社の信用度

その性質上、長く付き合うことになる保険という商品は、加入する保険会社の信用度も選択の大きな指標になっていきます。

保険料を支払っても保険会社の倒産や資金不足で保障を受けられないのであれば、その保険は役割を全うしていないと言えます。保障が受けられるかどうかを客観的に判断した指標が信用度です。

保険のCMを見た時に「AAAの保険だから安心」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。信用度は通常、民間の調査会社が保険会社の資産などを考慮したうえで決定されています。この信用度が高いほど、きちんと支払いがされる保険会社と見なされます。

保険料を支払っていても、いざという時保障が受けられない、もしくは減額されるのでは保険商品としての魅力は減ってしまいます。

信用度はネットで検索すれば閲覧することができますので、加入の際はこちらもチェックしてみてください。
(※信用度については「生命保険の格付けとは?絶対に知っておくべき基礎知識」の記事で詳しく解説しています。)

特約

基本的に生命保険は死亡後遺症時に給付金が支払われる保険商品ですが、特約をつけることで通院や手術時、脳卒中などの三大疾病にかかった時に給付金を受け取ることができます。

特約の種類は、脳卒中、心筋梗塞、がんなどにかかった時に保障が受けられる「三大疾病特約」、介護を受ける必要が出た時に保障が受けられる「介護特約」、通院する必要が出た時に保障が受けられる「通院特約」などがあり、保険会社各社が様々な内容の特約を用意しています。

特約をつけるとその分対応できるシチュエーションは広がりますが、あれこれとつけてしまうとその分家計を圧迫してしまうので、最低限に抑えるようにしましょう。保険料は毎月払いで支払う人が多いと思いますが、特約をつけすぎて保険料を支払えなくなると、いざという時に保障を受けることができません。

保険会社の経営状況も重要

信用度はもちろん、保険加入を選んでいる方は、加入する保険会社が倒産するような事態だけは避けたいはず。自分の将来に関係してくる保険は慎重に選び、自分に合ったものを選ぶことが重要になってきます。

そのためにも加入する保険会社の経営状況を詳しく知るといいでしょう。ここでは、倒産しそうな保険会社の見極めるための方法について紹介します。

方法1:決算情報を見る

決算情報の中には資産の構成という項目があり、その中でも有価証券を特に注意してみる必要があります。有価証券の中でも比較的安心とされていて、低リスクなものが公社債とされています。

そして高リスクとされているのが株式です。経営が安定している保険会社は低リスクな公社債に積極的に投資する傾向にあります。なので、有価証券の項目を見れば高リスクなことをしているか、低リスクで安定しているかがすぐに知ることができます。

方法2:ソルベンシーマージン比率を確認する

ソルベンシーマージン比率とはその企業の支払い余力を確認する際に活用される比率です。

予想を超えた事態に陥った際にどれほどの力を見せられるか、余力があるかということを判断します。この数値が高ければ高いほど、余力があり、予想外な出来事にも対応できるとされています。

数値が200%以上で安全な保険会社であるという基準があります。これらの方法を活用しながら、加入する保険を選んでみてくださいね。

関連記事:保険会社が倒産したらどうなる?|倒産後の救済措置と保険契約内容

生命保険の選び方5|保険相談窓口の違い


ここまで読まれた方はご自身の求める保険の種類や保障額について理解し、保険の選択基準についてもご理解いただけたと思います。次は保険に入る際には、どのような加入方法があるのか、その違いは何かをご説明します。

基本的に保険に加入する際には、以下の3つの窓口があります。

  • ネット
  • 店舗
  • セールスマン

この3つにはどのような違いがあるのでしょうか?それぞれ比較してご説明します。

「ネット」の場合

インターネット専業の保険会社を選べば、保険料を安く抑えることができます。これは保険料に加算される人件費や、店舗の運営費を抑えることができるためです。

ネットで加入する際は、まだ小さい保険会社も多いため、コールセンターを用意していない保険会社も多く、疑問や質問は自身で調べる必要がありますが、保険料を安く抑えたい人にはおすすめできる加入窓口です。

「店舗」の場合

専属代理店の保険ショップと乗合代理店の保険ショップがあります。専属代理店の場合、扱う保険会社はひとつで、扱う保険会社の商品の中から加入者に合ったものを選んで提案してくれます。

フォローは基本的に手厚くなりますが、他の保険会社との比較はご自身でしなければいけません。乗合代理店の場合、いくつかの保険会社の保険商品を用意しており、専属代理店と同様、扱う保険会社の商品の中から加入者に合ったものを選んで提案してくれます。

保険商品が多種多様になっている分、対応してくれる窓口の担当者のスキルが問われることになりますので、知識や経験が豊富な人がいる乗合代理店ならば専属代理店よりもおすすめできる窓口です。

保険コネクトではお近くの保険代理店を「生命保険を扱う保険代理店検索」より検索することもできます。保険代理店をお探しの方はこちらをご利用ください。

「セールスマン」の場合

電話一本で来てくれる手軽さと、保険の提案から保険金の請求、アフターフォローまで全てを任せられる手軽さが魅力です。営業職員は短期で辞めてしまう場合も少なくありませんが、保険のプロに任せられる安心感を得たい方には向いている窓口と言えるでしょう。

 

まとめ|生命保険選びはまず自分を知ることから


以上、保険の選び方を説明しましたが、ご理解いただけましたでしょうか?保険商品は求める内容によって加入するものが変わるのが基本です。まずはご自身の求める保障を確認して、その後保険商品について調べていきましょう。

保険について調べる時は各保険会社が発行しているパンフレットが役に立ちます。ご自身の求める保険を考えた後は資料請求をして保険について調べてみましょう。

生命保険、選び方に関するおすすめの記事

>>生命保険おすすめ商品の選び方 | 知っておきたい7つの種類

生命保険の種類と、おすすめの生命保険について解説した記事です。

 

>>終身医療保険の全て|主な特徴と保険の選び方比較ポイントを徹底解説

終身医療保険の制度の仕組みや特徴を説明した上で、どのような方が終身医療保険に適切なのかを解説しています。

 

>>定期保険の仕組みとメリット・デメリット|他の保険との比較

定期保険の仕組みやメリット・デメリット、終身保険との違いなどについて説明した記事です。

 

>>生命保険の全知識|保険の比較・見直し・選び方の完全ガイド

生命保険とは何かということから選び方のポイントまで、生命保険について総合的にまとめた記事です。

 

>>収入保障保険とは|生命保険との違いや保障内容、デメリットまで【完全版】

収入保障保険について、特徴やメリットデメリット、生命保険との違いなどを解説した記事です。

 

>>安い保険料で手厚い保障!掛け捨ての生命保険はこんな人におすすめ

貯蓄型(積立型)と比べ、毎月の保険料を安く抑えられる掛け捨て型の生命保険を徹底解説します。

出典元一覧

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...