全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

県民共済の新がん特約と民間のがん保険を徹底比較|保障内容・特徴など

Pocket
LINEで送る

 

県民共済のがん保険(新がん特約)は生命共済の特約コースの一つで、月々1,000円から生命共済にがん保障をつけることができます。

がんは、日本人が死亡するリスクが最も高い病気の一つであり、日本人の2人に1人が発症する可能性のある身近な病気です。

そのため、がんが発症した場合に備えて、がん保障を受けることができるがん保険や県民共済を検討している方は少なくないでしょう。

がんに備えるのであれば、保険商品として成り立っている「がん保険」に加入するという選択肢もありますが、県民共済にがん特約をつけるという方法も悪くはありませんし、新がん特約以外にも、新三大疾病特約という心筋こうそく、脳卒中までカバーする特約もあります。

では県民共済のがん特約でがんに対して備えるのと、がん保険に加入するのはどちらが良いのでしょうか?

今回は、県民共済の新がん特約、新三大疾病特約をつけるのと、民間のがん保険との比較した内容についてご紹介していきますので、最後までお読みいただいて、自分にはどちらが良いのかの判断基準にしていただければと思います。

 

県民共済でがん保障がつけられる2つの特約

県民共済では、生命共済という死亡と入院に備えるプランに、月額1,000円~2,000円の掛け金で「新がん特約」、または「新三大疾病特約」の特約を別途付けることで、がん保障を付帯することができます。

この二つの特約は併用することはできませんが、それぞれの保障内容について確認していきましょう。

新がん特約の特徴7つ

新がん特約は、がんの治療に特化した特約で、月の掛け金1,000円(新がん1型特約)のプランと2,000円のプラン(新がん2型特約)を選ぶことができます。

  1. 入院時の支払い限度日数がない
  2. 通院も保障の対象
  3. がんの診断確定時に共済金が出る
  4. 上皮内がんも保障対象
  5. 2度目のがん診断時にも共済金が出る
  6. 手術や再発時でも何度でも共済金がでる
  7. 保険適応外の先進医療にも対応している

 

 新がん1型特約の保障内容

保障期間 18歳~60 60歳~65
がん診断 50万円 25万円
入院 がん
1日目から無制限
(支払い日数限度なし)
1日当たり 5,000 1日当たり 2,500
通院 がん
1日目から60日目まで
1日当たり 2,500 1日当たり 1,500
がん手術
(当組合の定める手術)
5万円
10
万円
20
万円
2.5万円
5万円
10
万円
がん先進医療(*1
(当組合の基準による)
1万円~150万円 1万円~100万円

引用元:生命共済 総合保障型 特約コース:新がん特約 特長

 

 新がん2型特約の保障内容

保障期間 18歳~60 60歳~65
がん診断 100万円 50万円
入院 がん
1日目から無制限
(支払い日数限度なし)
1日当たり 10,000 1日当たり 5,000
通院 がん
1日目から60日目まで
1日当たり 5,000 1日当たり 3,000
がん手術
(当組合の定める手術)
10万円
20
万円
40
万円
5万円
10
万円
20
万円
がん先進医療(*1
(当組合の基準による)
1万円~300万円 1万円~200万円

引用元:生命共済 総合保障型 特約コース:新がん特約 特長

1,000円のプランに比べて2,000円のプランの保障内容が手厚いことがわかりますが、年齢と共に保障内容が薄くなっていくこともわかります。これは、年齢に応じてがんが発症するリスクが高まるためです。また、新がん特約に加入することで先進医療保障を受けることができます。

新三大疾病特約の特徴8つ

三大疾病特約とは、日本人が最も死亡するリスクの高い「がん」「急性心筋こうそく」「脳卒中」のことを指します。新三大疾病特約は、三大疾病の治療を保障するための特約になります。

  1. がんで入院した時の支払い日数限度がない
  2. がんの通院保障も対象
  3. がんと診断確定されれば共済金が出る
  4. 上皮内がんも保障対象
  5. 2度目のがん診断にも共済金が出る
  6. 手術や再発の時も共済金が受け取れる
  7. 保険適応外の先進医療にも対応
  8. 心筋こうそく・脳卒中による入院や手術も保障

新三大疾病特約にも、新三大疾病1.2型特約(月1200円)と新三大疾病2.4型特約(2,400円)があります。

 

 新三大疾病1.2型特約の保障内容

保障期間 18歳~60歳 60歳~65歳
がん診断 50万円 25万円
入院 心筋梗塞・脳卒中
1日目から124日目まで
1日当たり 5,000円 1日当たり 2,500円
がん
1日目から無制限
(支払い日数限度なし)
1日当たり 5,000円 1日当たり 2,500円
通院 がん
1日目から60日目まで
1日当たり 2,500円 1日当たり 1,500円
三大疾病手術
(当組合の定める手術)
5万円
10万円
20万円
2.5万円
5万円
10万円
三大疾病先進医療(*1)
(当組合の基準による)
1万円~150万円 1万円~100万円

引用元:生命共済 総合保障型 特約コース:新三大疾病特約 特長

 

新三大疾病2.4型特約の保障内容

保障期間 18歳~60歳 60歳~65歳
がん診断 100万円 50万円
入院 心筋梗塞・脳卒中
1日目から124日目まで
1日当たり 10,000円 1日当たり 5,000円
がん
1日目から無制限
(支払い日数限度なし)
1日当たり 10,000円 1日当たり 5,000円
通院 がん
1日目から60日目まで
1日当たり 5,000円 1日当たり 3,000円
三大疾病手術
(当組合の定める手術)
10万円
20万円
40万円
5万円
10万円
20万円
三大疾病先進医療(*1)
(当組合の基準による)
1万円~300万円 1万円~200万円

引用元:生命共済 総合保障型 特約コース:新三大疾病特約 特長

新がん特約との違いは、掛け金が高いこと、がん以外の疾病の保障も受けることができることです。がん診断給付金に関しては、新がん特約と比べると安くなりますが、その他の保障に関しては保障される金額に大差はないでしょう。

 

県民共済やがん保険に加入する上で知っておくべきこと

まず、最初に、近年のがんの治療費、治療内容から、がんの治療に適した保障内容について説明していきます。県民共済、がん保険に加入する上で参考にしていただけたら幸いです。

がんの平均治療費

がん保障を受ける必要性は、がんの治療費をカバーするところにあります。種類別のがんの平均治療費は以下の通りですが、がんにかかった方はがんの治療費に加えて治療期間中の生活費をカバーしなければなりません。

がんの種類 平均入院日数 治療費(3割自己負担分)
胃がん 20.2日 約25万円
結腸がん 19.9日 約28万円
直腸がん 16.8日 約23万円
気管支炎がん/肺がん 11.5日 約13万円
乳がん 12.2日 約18万円

出典:「疾患別の主な指標2013年1月~3月|公益社団法人全日本病院協会

治療費や生活費をカバーする意味でも、県民共済やがん保険で保障が受けられることは安心です。

参照:「がんの治療費相場|治療費の自己負担額と費用を安く抑える方法

技術の進歩により入院保障への比重が低くなっている

では、がん保障を受ける上で、どのような保障内容に重点をおくべきなのでしょうか。

  • 診断保障:がんと診断された際にまとまったお金が給付される保障
  • 入院保障:入院治療を受ける際に入院日数に応じてお金が給付される保障
  • 通院保障:通院治療を受ける際に通院日数に応じてお金が給付される保障
  • 手術保障:手術治療を受ける際にまとまったお金が給付される保障
  • 先進医療保障:先進医療治療を受ける際にまとまったお金が給付される保障

※先進医療とは:厚生労働省に認定されているが健康保険が適用されていない医療

がん保障には主に上記の5つ保障がありますが、一昔前までは入院保障の手厚いがん保険が種類でした。しかし、近年では医療技術に伴い、抗がん剤治療や放射線治療など通院しながらがんを治療することが主流になりました。がんの平均入院日数が低下していて、通院保障の手厚いがん保険が近頃では人気だと言われています。

診断保障はがんの治療費に幅広く対応できる

しかし、今後、医療技術のさらなる発展により、再び必要な保障内容は変わっていくかもしれません。そのため、治療の目的が限定されていない診断保障に手厚いがん保障を受けることが無難でしょう。診断保障ではがんと診断された時点でまとまったお金を受け取ることができるので、がんの治療費だけでなく、治療期間中の生活費をカバーすることができます。

先進医療保障の必要性

先進医療を受けるメリットは、重粒子線治療、陽子線治療など、メスを入れる必要もなく副作用が少ない、身体の負担が少ない治療を受けられることでしょう。先進医療の治療費は保険が適用されないため高額になりますが、先進医療保障を適用させることで医療費をカバーすることができます。

 

 

県民共済の新がん特約とがん保険との比較

では、ここで県民共済の新がん特約と、民間のがん保険との違いについて比較していきましょう。

参照:「がん保険とは|保障される5つの給付金と医療保険との違い

掛金(保険料)

まず、県民共済の掛金は1,000円、2,000円、3,000円、4,000円と細かく設定することができます。それに対して民間のがん保険では、保障内容に合わせて保険料を設定することができるので、保険料の幅が広いことが特徴です。しかし、民間のがん保険の保険料は、年齢に比例して高くなってきますが、県民共済の掛金は年齢に応じて増えることはありません。

診断保障

民間のがん保険で保障される診断保障の額は大体50万円~100万円を目安に考えてください。県民共済では、60歳までは50万円または100万円の診断保障を受けることができますが、60歳以降の保障額は目減りします。

給付条件

がんは、症状の重い悪性新生物と、症状が比較的軽い上内皮新生物の二つに分けることができます。民間のがん保険では、症状の軽い上内皮新生物と診断された場合、診断保障が適用されない、または診断保障の額が減額されるケースが珍しくありません。

県民共済では、上内皮新生物と診断された場合でも同等の診断保障を受けることができます。

再発した場合の保障

がんは再発するリスクの高い病気と言われていますが、再発した際に診断保障を受けることはできるのでしょうか。民間のがん保険では、再発の際の診断保障を受ける条件として、1度目の診断から1、2年経過していることが条件である場合が多いです。

反対に、県民共済では5年経過後に2度目の診断保障を受けることができます。

その他の保障内容

診断保障以外の保障内容の違いについて比較していきましょう。

入院保障

がん保険の入院保障の保険金は、入院日数1日あたり大体1万円~2万円の保障を受けることができます。それに対して県民共済では、60歳までは1日あたり5,000円または10,000円の入院保障を受けることができます。

60歳以降は1,500円~5,000円までの保障しか受けることができません。

通院保障

また、民間のがん保険の通院保障で保障される額は、1日あたり5000円~1万円が相場です。それに対して県民共済では60歳までは日額2,500円または5,000円の保障を受けることができます。60歳以降の保障額は1,000円~3,000円になります。

参照:「がん保険の通院保障とは|通院保障の特徴と必要性

手術保障

民間のがん保険の手術保障額は、大体10万円~20万円を目安に考えてください。それに対して、県民共済では病気の症状によって保障額が変わりますが、上限額は10万円~40万円です。

先進医療保障

県民共済の新がん特約では、先進医療保障を受けることができますが、民間のがん保険では、先進医療特約(大体60円~100円の保険料を追加)をつけることで保障を受けることができます。

参照:「がん保険に先進医療の特約をつけるメリットとデメリット

年齢に伴う保障内容の変化

県民共済は、掛金が一定額の反面、年齢と共に保障内容が薄くなっていく点がデメリットです。民間のがん保険は、保険料の額で保障内容を調整することができます。

加入条件

民間のがん保険では、加入するために職業、健康面での審査を通過する必要があります。その反面、県民共済では職業面の審査もない上に、健康面での審査も自己申告のため、医者の診断書を提出する必要がありません。

年齢の上限

しかし、県民共済に加入できる上限年齢は69歳までであり、またがん保障を受けることができるのは80歳までです。

民間のがん保険でも、高齢になるほど加入できる保険商品は限られてきますが、80歳以降でも加入可能ながん保険が増えてきています。

また、終身型のがん保険を選択することで、民間の保険では生涯、がん保障を受けることが可能です。

【参照】

▶「がん保険の加入条件まとめ|加入できない場合の選択肢

▶「がん保険を終身型で選ぶ際におすすめできる選び方の全知識

 

県民共済とがん保険のどちらに加入するべきなの?

県民共済とがん保険のどちらに選択するべきかは加入する人の状況のよりけりです。

県民共済に適した人

県民共済の保障内容が手厚いのは、60歳までのため、60歳以降の方は県民共済をオススメしません。

また、20代~30代の方は掛金の額に対する保障内容のコストパフォーマンスは悪いと言われているため、40歳~60歳の方は県民共済が適していると言えます。

また、民間のがん保険の加入審査に落ちた方は、県民共済に加入してみると良いでしょう。

がん保険に適した人

民間のがん保険と比べて、県民共済の保障内容は限定的です。

そのため、県民共済の保障内容が自分に適していないと思った方は、民間のがん保険を検討してみるといいでしょう。

また、県民共済のがん保障は80歳までしか受けることができないので、生涯の保障を受けたい方は、終身型のがん保険に加入することをオススメします。

がん保障ではなくがん保険を選ぶ場合は保障内容で決める

がんは治療が長期化する恐れのある病気です。がんは生死に関わる可能性の高い病気であるにもかかわらず、再発や転移のリスクも非常に高くなっていますので、完治するには5年が目安とも言われています。

平均治療費は100万円とも言われており、医療保険だけではまかないきれないことも多いため、もしがんになってしまった場合は特約だけではまかないきれないケースも考えられます。

また、近年がんは通院で治す時代に入っており、入院前の通院が保障対象になるかどうかも、どのがん保険を選ぶかの判断の基準になるでしょう。

平成11年 平成14年 平成17年 平成20年 平成23年 平成26年
入院患者数 166,100人 163,600人 164,600人 155,800人 147,800人 143,200人
外来患者数 149,900人 146,600人 161,500人 170,700人 177,000人 187,300人

参考:厚生労働省『患者調査統計表

こう言った背景もあるので、通院日数に限度がないという点でもがん保険はおすすめできると言えますね。他にも選ぶ際に見るべきポイントは多いので、詳しくは「がん保険比較|あなたにぴったりのがん保険選び方と特徴について」をご覧ください。

 

まとめ

がん保障を受けるにあたり、県民共済に加入するべきか、がん保険に加入するべきかは加入する人によりけりです。もし、加入を検討中の方は一度、FPに相談してみてはいかがでしょうか。また、JA共済、コープ共済でも同様にがん保障を受けることができます。

JA共済、コープ共済については下記の記事を参考にしてください。

【参照】

▶「コープ共済のがん保険の特徴とがんに対する共済金の支払い要件

▶「JA共済の医療保険(医療共済)の特徴|加入時の注意点まとめ

Pocket
LINEで送る

がん保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険