全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

子供の生命保険は必要?加入を考える判断基準と生命保険の種類

Pocket
LINEで送る

子供に生命保険が必要とされる理由は何でしょう。子供の将来に備えるなら、生命保険よりも学資保険の方が良いのでは?と思うのは当然のことです。

子供に生命保険が必要かどうかは、周りの勧めでなくあなたの意思で決めることが非常に大切です。

そこでこの記事では、あなたの子供に生命保険が必要か不要か判断していただくため、子供用生命保険に加入すべきかどうかの判断基準や、生命保険に加入するメリットについてご紹介します。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

子供の生命保険の必要性は低い

子供の生命保険の必要性は低い

子供向けの生命保険や医療保険は加入対象年齢が0~12歳くらいまでと幅広く、赤ちゃんの頃から加入させるべきなのか悩ましいですよね…。

ただ、子供が生命保険に加入する必要性は低いといえるでしょう

生命保険に加入する目的は、被保険者(生死・病気・ケガなどが保険の対象となっている人)が亡くなった後、残された家族の生活費を保障するためです。

子供が家計を支えているケースはほとんど考えられないため、生命保険の加入は必要でない場合がほとんどなのです。

【関連記事】生命保険の基本について詳しく知る

生命保険とは、そもそもどんな保険で何のために加入するか分からないという人も少なくないでしょう。

以下の記事では、生命保険の種類や保険料が決まる仕組みといった基本的な知識や、加入するメリット・デメリットについて詳しく紹介しています。

併せて参考にしてください。

生命保険とは|生命保険の種類と仕組みをわかりやすく解説!
生命保険の全知識|保険の比較・見直し・選び方の完全ガイド
知っておくべき生命保険の仕組み|保険料はどう決まるのか?
生命保険まるわかり!種類別メリット・デメリットのまとめ

 

子供に生命保険を加入させるかどうかの判断基準

子供に生命保険を加入させるかどうかの判断基準

もし、以下の内容に魅力を感じるなら、子供のうちから生命保険に加入させるのが良いでしょう。

  • 毎月の保険料を安く抑えたい
  • 持病にかかり、将来的に保険加入ができなくなるリスクを避けたい
  • 子供に何かあったときの資金を確保しておきたい
  • 医療費助成制度では保障されない部分の保障をつけておきたい
  • 子供に何かあっても家族の生活費が確保できるようにしておきたい

仮に1つでも該当した場合には、生命保険に加入すべきだといえます。

子供を生命保険に加入させるか否かの判断基準にしてください。

加入年齢別の保険料比較

生命保険は、加入年齢が若いほど毎月の保険料が安いという特徴があります。

以下に加入年齢別の保険料の一例を記載しておきますので、参考にしてください。

0歳加入での保険料 5歳加入での保険料 10歳加入での保険料
基本保険額50万円 6,284円 7,523円 10,084円
基本保険額100万円 11,954円 14,383円 19,403円

 

子供の医療費助成制度

乳幼児医療費助成制度」などの補助制度により、生命保険の必要性を感じない人もいるでしょう。

しかし、全ての費用が無料になる訳ではありません。

必要可否に悩む人は、加入させたい理由に以下のことが該当するかどうかで判断するのがおすすめです。

【子供の医療保障制度例】

乳幼児医療費助成制度 乳幼児の治療にかかる費用の一部を自治体が助成する制度
小児慢性疾患医療費助成制度 小児がんと診断されると自己負担額上限が月々5,750円以内になる制度
障害児童福祉手当 日常生活で介護が必要とされる20歳未満の子供に支給される助成金で年4回に分けて14,480円が振り込まれます。

関連記事】医療費助成制度について詳しく知る

医療費制度は公的な制度で、助成の対象は中学生以下の子供です。

医療費助成制度は各都道府県(市区町村)ごとに保障内容が異なります。

以下の記事では、医療助成制度の申請方法や、子供の医療保険の必要性について紹介しています。

併せて参考にしてください。

子ども向けの医療費助成制度|医療保険の加入を検討するべきケースとは?

子供は生命保険より医療保険に加入させた方が良いの?

子供は生命保険より医療保険に加入させた方が良いの?

子供に保険加入させる場合、生命保険または医療保険どちらに加入させるのが良いか悩みます。

どちらにもメリットとデメリットがあるため、必ずしもどちらが良いとは言えません。

そのため、以下に挙げたケースであなたがメリットを感じる方を選ぶのが賢明でしょう。

【関連記事】子供の医療保険について詳しく知る

子供に医療保険が必要かどうかを考えている記事です。

必要な理由と、不必要な理由それぞれの視点から本当に医療保険に加入させるべきかどうかを見ていきます。

医療保険が子供に必要な理由と不要な理由まとめ

生命保険を選んだ方が良いケース

  • 子供が大人になったときに返戻金や満期保険金がもらえる保険に加入したい
  • 終身型の生命保険に加入して毎月の保険料を安くしたい
  • 子供に万が一のことがあったときの葬儀費用準備 など

 

医療保険を選んだ方が良いケース

  • 助成制度で賄えない費用負担に備えたい
  • 子供が病気やケガをしたときに生活費が圧迫されることを避けたい
  • 成長途中に持病を患い保険に加入できなくなるリスクを避けたい など

 

加入させるなら貯蓄型の方がよい可能性もある

生命保険の加入は、解約時や契約満了時などにお金が受け取れる『貯蓄型』プランを選ぶのが良いでしょう。

なぜなら生命保障だけでなく、将来への備えとしても役立つためです。

ただし、貯蓄型保険は保障額が安いというデメリットもあるため一概には言えません。

【関連記事】貯蓄型保険について詳しく知る

貯蓄型保険は満期金があるというメリットがあるものの、毎月の保険料が高いというデメリットもあります。

以下の記事では、貯蓄型保険の種類やメリット・デメリットについて詳しく解説していますので、参考にしてください。

貯蓄型保険の全て|貯蓄型保険の種類と最適な保険選びのコツ
貯蓄型保険を比較|4種の特徴と自分に合った保険を選ぶ基準
生命保険を貯蓄型タイプで考える時に必ず知っておくべきこと

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

子供を生命保険加入させるメリット

子供を生命保険加入させるメリット

生命保険に加入させるメリットについてまとめました。

基本的には、5つのメリットがあると言われています。

もし、あなたが以下に挙げた内容に魅力を感じるならば、ぜひとも生命保険に加入させるべきでしょう。

メリット1:子供の教育資金の準備ができる

加入した保険会社が指定する年齢に達したときに、祝い金が支給されます。

一般的には大学進学の18歳から受け取れるプランや、新社会人となる年齢の22歳で受け取れるプランの2種類です。

受取り時期を18歳にすれば、教育資金の準備にもなります。

【関連記事】子供にかかる教育費について詳しく知る

世帯の教育費の平均額や、教育費のシミュレーションなどから実際にかかりそうな教育費を算出し、教育費を準備する方法もご紹介しています。

子供の教育費における平均額は?|保険で教育費を準備するメリット

メリット2:子供の死亡保障を確保できる

生命保険に加入する最大のメリットは、子供が亡くなってしまったときの死亡保障を確保できることです。

もちろん、子供が亡くなってしまうことは誰しも考えたくありません。

しかし、何があっても子供に精一杯のことをしてあげたいという意味では魅力的です。

メリット3:出生前でも加入できる生命保険がある

実は、出生予定日から140日以内であれば、出産前でも加入できる

生命保険があることをご存知でしょうか。

この場合、出生前加入特則という付加価値をつけなければなりませんが、これから産まれてくる子供へ初めてのプレゼントとしておすすめです。

メリット4:家族の生活保障に備えられる

仮に、何かしらの理由で子供が死亡してしまった場合、葬式費用以外にもお墓代や残された家族の精神ケアにかかる費用などが発生する可能性があります。

支給された保険金で、家族の生活基盤を安定させられるため、その点も立派なメリットだと言えます。

メリット5:場合によっては保険料の払込みが不要となる

加入する生命保険プランによっては、契約者となる父親もしくは母親が死亡してしまった場合、以後の保険料負担が無くなります

加えて、祝い金や保険金は受け取ることが可能なため、万一のときも安心です。

子供を生命保険へ加入させるデメリット

子供を生命保険へ加入させるデメリット

子供に生命保険加入させるデメリットには、どんなことが挙げられるでしょう。

具体的には、保険料の支払い負担が発生することや、生命保険加入後にインフレが起こるリスクがあることがデメリットだと言えます。

デメリット1:毎月の保険料がかかる

当たり前のことではありますが、生命保険に加入すれば毎月保険料の支払い義務が生じます。

子供にかかる養育費の負担を考えると、毎月の保険料支払いが家計を圧迫することは避けられません。

デメリット2:インフレリスクがある

インフレリスクとは、物価が上昇することでお金自体の価値が下がることです。

必ず起こるとは限りませんが、将来的にインフレリスクが起きた場合、受け取る保険金や祝い金の価値が下がっている可能性があります。

その点もデメリットだと言えるでしょう。

【関連記事】生命保険のリスクや注意点について詳しく知る

生命保険は死亡に備える保険ですが、デメリットがあることも事実です。

特に貯蓄型の場合には、返戻金がそれまでに払い込んだ保険料を下回る『元本割れ』により、経済的に損をしてしまうケースもあります。

以下の記事では、生命保険のリスクや注意点について詳しく解説していますので、併せて参考にしてください。

生命保険の加入者が知らないと損する満期に関する全知識
生命保険を解約する時に知るべき返戻金と簡単に解約する方法

子供用の生命保険プラン|「貯蓄重視型」と「保障重視型」

子供用の生命保険プラン|「貯蓄重視型」と「保障重視型」

子供用の生命保険プランは大きく分けて、「貯蓄重視型」と「保障重視型」の2種類があります。

将来に備えて「資金の確保」を目的とするか、「いざというときに備えて手厚い保障が受けられるようにするか」によっても加入可否や必要性は大きく変わるでしょう。

貯蓄を重視するプラン概要

死亡時の保障ではなく、将来の学資資金の確保を重視した保険プランのことを、「貯蓄重視型」と言います。

子供のために加入しておく貯蓄型の生命保険としては『学資保険』が挙げられるでしょう。

保障を重視するプラン概要

万一のときに手厚い保障が受けられる「保障重視型」プランです。

毎月の保険料が、死亡時の保障に回ってしまうため、返戻率は100%以下となり貯蓄性があるとは言えません。

しかし、祝い金などが全く受取れない訳ではないため、加入検討の余地はあります。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

まとめ

子供の生命保険のまとめ

子供に生命保険加入させるかどうかは、まず「なぜ加入させたいか?」から考え、あなたのニーズに生命保険の保障内容がマッチしているか照らし合わせると良いでしょう。

または、資産運用のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのもおすすめです。

【関連記事】FP(ファイナンシャルプランナー)について詳しく知る

FPとは、人生とお金に関するプロフェッショナルです。

FPが取り扱う範囲は多岐にわたりますが、保険も含まれます。

FPに相談することで、あなたに最適な保険が見つかるでしょう。

以下の記事では、FPに相談できる内容や、相談の流れについて解説しています。

ファイナンシャルプランナーの無料相談ガイド|相談の流れ・FPの選び方

子供の生命保険に関するおすすめの記事

>>生命保険とは|仕組み・加入目的・保障内容・必要性をわかりやすく解説

生命保険について詳しく説明した記事です。生命保険に加入する目的や役割、保障内容、生命保険への加入の必要性を判断する基準をお伝えします。

 

>>生命保険の全知識|保険の比較・見直し・選び方の完全ガイド

人の生命や怪我、病気に関わる損失を保障する生命保険の記事です。生命保険への加入を検討している方、生命保険の見直しをしようかと考えている方に、生命保険について理解が深まるポイントをご紹介します。

 

>>5分でわかる!生命保険の仕組み・原則をわかりやすく解説

人の生命や怪我、病気に関わる損失を保障する生命保険の記事です。生命保険の始まりやその種類、保険料の仕組みまでを解説します。

 

>>生命保険の種類と主な特徴を解説|保険の用途で選ぶ際のポイントとは

生命保険には様々な種類があり、大枠で分けると7つの種類があります。生命保険の種類と主な特徴を解説します。

 

>>医療保険が子供に必要な理由と不要な理由まとめ

子供を対象にした医療保険とは何かを説明した記事です。子供に保険が必要な理由と不要な理由、子供を対象にした医療保険の選び方についてご説明します。

Pocket
LINEで送る

その他の保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    「老後を考えるのはまだ早いかなと思って、特に何もしていません・・・。」と、老後のお金について呑気に構えていないですか?アンケートを行ったところ、全く何も老後に備えていないと答えた方が6割もいながら、老後に...

  2. 2位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  3. 3位

    「スポーツ選手や歌手などが入る専門的な保険」って実在するの?芸能人の保険事情。

    「スポーツ選手や歌手などが入る専門的な保険」って実在するの?芸能人の保険事情。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...

  4. 4位

    【都市伝説】「自殺すると保険はおりない」は本当なの?真相を聞いてみた。

    【都市伝説】「自殺すると保険はおりない」は本当なの?真相を聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...

  5. 5位

    爬虫類、魚、虫もペット保険に入れるの?「ペットとして認められる動物」の基準ってなに?

    爬虫類、魚、虫もペット保険に入れるの?「ペットとして認められる動物」の基準ってなに?

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...

  1. 働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  2. 『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    「老後を考えるのはまだ早いかなと思って、特に何もしていません・・・。」と、老後のお金について呑気に構えていないですか?アンケートを行ったところ、全く何も老後に備えていないと答えた方が6割もいながら、老後に...

  3. 爬虫類、魚、虫もペット保険に入れるの?「ペットとして認められる動物」の基準ってなに?

    爬虫類、魚、虫もペット保険に入れるの?「ペットとして認められる動物」の基準ってなに?

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...

  4. 【都市伝説】「自殺すると保険はおりない」は本当なの?真相を聞いてみた。

    【都市伝説】「自殺すると保険はおりない」は本当なの?真相を聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...

  5. 「スポーツ選手や歌手などが入る専門的な保険」って実在するの?芸能人の保険事情。

    「スポーツ選手や歌手などが入る専門的な保険」って実在するの?芸能人の保険事情。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...