保険の無料相談で豪華カタログギフトプレゼント!詳しくはこちら

子供保険の全知識|覚えておくべき使い道と子供保険の選び方

子供の将来のための貯蓄(学資保険)をしている人のうち、約95%の人が子供が生まれてから始めています。

学資保険は貯蓄のできる保険です。進学のタイミングでお祝い金が出たり、支払った保険料よりも多く返ってくる保険の種類などがあります。FPに学資保険の相談をすることで、支払う保険料よりも多くの金額を受け取ることができるコストパフォーマンスの高い保険が見つかるかもしれません。まずは一度お気軽にご相談下さい。

子供保険(こどもほけん)とは、子どもを被保険者として販売されている保険の総称を言い、子どもの教育資金積み立てや、子どものケガや病気を保障する医療保険などがあります。

子供保険に加入する大きな目的は、子供の教育資金の確保などになり、保険会社からも「こども保険」「学資保険」といった名称で販売されているケースが多いでしょう。

もし子供ができたら保険に加入しようと考えているかもしれませんが、結婚してお子さんができると様々な費用がかかります。以前、「出産に関わる保険」をご紹介しましたが、出産時の入院費や治療費などのほか、養育費や学費、塾や習い事など様々な費用がかかるのが育児というものです。

住宅購入、老後資金と合わせて「人生3大支出」のひとつとも言われる教育資金ですが、今回は、子育てにかかる費用を軽減するための保険の知識についてお伝えします。

 

 

 

子供保険の基本的な概要|学資保険との違いとは?

子供保険は教育資金の準備を目的として加入する貯蓄型の保険です。保険会社によって商品名は異なりますが、15歳、17歳、18歳、20歳、22歳などの子供の進学時期に合わせて満期の時期を決め、満期時に契約した教育資金を受け取ることができる貯蓄型のタイプが一般的です。

基本的には「学資保険」の事だと考えて問題ないかと思います。

主な特徴

通常は契約者=親、被保険者=子という形態で加入し、契約者である親が死亡・高度障害となった場合にはその後の保険料の払い込みは免除され、しかも満期には契約した教育資金の全額が受け取れるのが特徴です。

一般的な保険料は?

契約者である親と被保険者である子の年齢が高いほど、保険料も同様に高くなりますので、お子さんが小さい時から支払いを続けた方が、負担は少なくなります。また、満期時に受け取れる資金の用途は制限されていませんので、もしお子さんが進学を希望しない場合でも、そのお金は別の用途に回すことができます。

子供保険の3つのタイプ

保障内容は商品によって異なり、以下のように様々なタイプがあります。

  • ・満期時以外にも12歳、15歳などの入学時期に祝金として給付金が受け取れるもの
  • ・契約者である親の死亡時・高度障害時には育英年金や一時金が受け取れるもの
  • ・子供の入院・通院に関する保障のあるもの

そのため、子供保険(学資保険)では、単純に教育費の準備だけでなく、医療費や親の死亡時の保障など、お子さんに関わる様々なシチュエーションに対応できる保険と言えます。

子供保険と学資保険との主な違い

どちらの保険も貯蓄性がある点では同じですが、学資保険は貯蓄性がより高く、子供保険は医療保障に比重が置かれている特徴があります。以下ではより詳しい違いを見ていきましょう。

貯蓄性がある点は一緒

学資保険も子供保険も、基本的には子供の教育資金を積み立てることを目的としたものという意味では一緒です。貯蓄性があるため、将来子供にかかるであろう出費に備えることができます。

学資保険:貯蓄性重視の保険

子供保険より保障が少ない分、返戻率が高くなっています。学資保険の満額金は200万円~300万円で設定されることが多く、国公立大学に行こうが私立大学に行こうが初年度の学費と生活費に備えられます。貯蓄性を重視するのであれば、医療保障が充実している子供保険よりもこちらが適しているでしょう。
参考:学資保険を比較する際に知っておきたい4つの項目とポイント

子供保険:子供の医療保障の比重が高い

子供保険は主に子供の医療保障に重点を置きつつ、教育資金に備える保険です。学資保険とは逆に、子供の万が一の病気やケガに備えるという目的で選ぶのが良いでしょう。子供保険は子供の身の回りについての保障に重点を置いたもので、教育資金を準備することを一番の目的にはしていないという点に注意しましょう。

ただ、いまでは学資保険と子供保険にそれほど大きな差は見られませんので、返戻率と保障内容のバランスに着目して、最適な保険を選んで頂ければと思います。

子供の将来のための貯蓄(学資保険)をしている人のうち、約95%の人が子供が生まれてから始めています。

学資保険は貯蓄のできる保険です。進学のタイミングでお祝い金が出たり、支払った保険料よりも多く返ってくる保険の種類などがあります。FPに学資保険の相談をすることで、支払う保険料よりも多くの金額を受け取ることができるコストパフォーマンスの高い保険が見つかるかもしれません。まずは一度お気軽にご相談下さい。

 

 

子供保険の主な保障内容

保険会社によって保障内容や名称に若干の違いはありますが、子供保険のおおまかな保障内容としては以下の3点があります。

成長祝い金が受け取れる

子供が小学校・中学校・高校・大学入学、成人を迎える前年末と、保険期間満了時に成長祝金としてお金をお受け取ることができます。

保険会社A社の場合

小学校入学 中学校入学 高校入学 大学入学 成人時 満了時
金額 10万円 20万円 30万円 40万年 50万円 50万円

 

注意してほしいこと

成長祝い金は思わぬボーナスの様な気がしますが、それまで自分が積み立ててきたお金を引き出しているだけですので、引き出した分積み立てたお金は減ってしまいます。もちろん返戻率が100%を超えていれば最終的にもらえるお金は増えますが、トータルで250万円分は満了時には引かれていますので、全然増えていないというがっかり感はあるかもしれません。

被保険者が死亡した場合は以後の支払いが不要

万が一ご契約者である父親あるいは母親が死亡した、所定の高度障害を負った場合、以後の保険料の支払いが不要になり、お見舞金と成長祝い金に加え、毎年育英年金として100万円がもらえます。

子供が死亡した場合の保障

もし、子供に万が一死亡してしまった場合に、被保険者に対して死亡保険金が支払われます。

子供の将来のための貯蓄(学資保険)をしている人のうち、約95%の人が子供が生まれてから始めています。

学資保険は貯蓄のできる保険です。進学のタイミングでお祝い金が出たり、支払った保険料よりも多く返ってくる保険の種類などがあります。FPに学資保険の相談をすることで、支払う保険料よりも多くの金額を受け取ることができるコストパフォーマンスの高い保険が見つかるかもしれません。まずは一度お気軽にご相談下さい。

 

 

子供保険には加入すべきか|子供保険加入のメリットとデメリット

この項目では、子供保険(学資保険)のメリットとデメリットについてご紹介します。

意外にかかる子供の育児費用

子育てには多くの費用がかかると言われていますが、具体的にはどのぐらいの費用がかかるものなのでしょうか。大きく分けて以下のように分類できます。

養育費 教育費
・食費
・服やおもちゃの費用
・医療費
・学校教育費
・塾、習い事

 

養育費としてかかる費用

このうち養育費ですが、文部科学省の統計によると、子供が成人するまでに約1500〜2000万円がかかると言われています。

教育費としてかかる費用

次に教育費ですが、これは家庭によって大きく差が出る費用です。まず、私立に通わせるか、公立に通わせるかの選択肢がありますし、中学、高校、大学と進学のレベルも異なります。お子さんに大学進学をさせたいと考えているとしたら、塾の費用など、より多くの教育費がかかります。

目安として、幼稚園から高校までにかかる学費は

  • ・全て公立だとしたら約500万円
  • ・全て私立だとしたら約1700万円

がかかると言われています。

また、大学進学を考えている場合は、「公立で約210万円」「私立の文系で約360万円」「理系で490万円」「医歯系の場合は約2470万円」の費用がかかります。

その他の費用

親元を離れて生活する場合は、仕送りも必要になりますので、一般的には、月々8~12万くらいと考えて、4年間で約400万円~600万。これだけの費用を用意するのは、なかなか気が重くなります。そこで役に立つのが子供保険(学資保険)というお子さんの養育をサポートする保険なのです。
参考:子供の教育・養育費としてかかる費用

子供保険加入のメリット

金利の良い時なら保険料以上のリターンが見込める

子供保険は通常、長期間保険料を支払う必要がある貯蓄性の高い保険商品です。資産運用全般に言えることですが、長い期間資産を運用すると、小さい金利でも多くのリターンが返ってきます。加入時に金利が高い場合は多くのリターンが見込めることに加え、満期金は必ずしも学資金に使う必要がないため、資産運用として有効な方法のひとつです。

強制的に養育資金を貯められる

子供保険は長期で保険料を積み立てることができる保険商品です。一度に支払うのは難しい多額の学資金でも、月々に分けて積み立てることができるため、強制的に学資金が貯められる資産運用の方法と言えます。
そのため、ご自身で貯蓄をすることが不得意な人には、有用な保険商品です。

養育資金と他の支出を分けて資金の準備ができる

住宅のローンや生活費など、生活には様々な支出がつきまといます。急な出費があると、せっかく貯めた資金でも手を出さざるを得なくなることもあると思います。子供保険は満期にまとまったお金が支払われるので、途中で使ってしまう恐れがありません。

子供保険加入のデメリット

長期間保険料を支払い続ける必要がある

子供保険は長期で保険料を積み立てることを想定して組み立てられている保険商品です。もし保険料を支払うことができなくなっても途中で解約してしまえばいいのですが、満期前に支払われる解約払戻金は、いままで支払ってきた保険料の総額を下回ることがほとんどです。

そのため、子供保険に加入する際は、将来的に見積もっても支払いが可能な金額で保険料を設定するなど、満期まで安定して保険料を支払うことができるように調整を重ねる必要があります。

保険会社の破綻リスクがある

保険会社が破綻した時には、保険会社は満期保険金や保障額などを支払うことができなくなります。そのため、契約者の不利益を回避するため、保険会社が共同で資金を援助している「生命保険契約者保護機構」という組織があります。

もし、ある保険会社が破綻した場合、「生命保険契約者保護機構」が破綻した保険会社の保険契約を引き継ぎますが、満期保険金や保障額などは減らされる可能性があります。

このように契約者の保護制度はあるものの、保険会社が破綻する可能性があるため、保険会社は財務格付けが「A」以上の会社を選ぶようにしましょう。

財務格付けはインターネットで調べると最近のものが分かるようになっています。

 

子供の将来のための貯蓄(学資保険)をしている人のうち、約95%の人が子供が生まれてから始めています。

学資保険は貯蓄のできる保険です。進学のタイミングでお祝い金が出たり、支払った保険料よりも多く返ってくる保険の種類などがあります。FPに学資保険の相談をすることで、支払う保険料よりも多くの金額を受け取ることができるコストパフォーマンスの高い保険が見つかるかもしれません。まずは一度お気軽にご相談下さい。

 

子供保険の選び方と選ぶ際に比較すべきポイント

次に、子供保険を選ぶ際に見るべきポイントを見ていきましょう。

貯蓄型か保障型かをまず決める

子供保険(学資保険)は、貯蓄を優先する「貯蓄型」と、養育資金がありつつも契約者の保障が厚めの「保障型」に分けられます。どちらのタイプでも、貯蓄のための保険なので、期待している貯蓄性が満たされているかどうかが選ぶ時の重要なポイントです。

一般的に、保障型商品で契約者の保障が厚いほど、あるいは子供の医療特約などをつけるほど貯蓄性は下がり、満期の時のリターンは少なくなります。

お子さんに生命保険や医療保険をかけている場合は、養育資金を用意することに特化した「貯蓄型」の方がおすすめで、医療や死亡保障などの保障もついた「保障型」は養育準備金を別の形で用意できる方におすすめです。

満期保険金から払込保険料累計を引いた差額が大きいものの方が、貯蓄性が高いといえますので、複数の保険商品の見積もりを取って、必ず比較したうえで、ご自身に適した種類の保険を選びましょう。

保障型

「保障型」の場合、生命保険や医療保険に見られるようなお子さんの入院や手術時の保障、またお子さんだけでなく親の死亡、後遺症時の保障など、様々な保障を受けることができます。「貯蓄型」と比べ、「保障型」は元本割れを起こしやすい保険です。

元本割れとは、満期時の給付金が支払った保険料を下回ること、なぜそうなるのかといえば、貯蓄以外の医療や生命保険の役割を担うため、その分保険会社のコストが高くなるからです。

貯蓄以外にも保障を同時に満たしたい場合は保障型を選ぶのがおすすめです。

貯蓄型

「保障型」と違い、「貯蓄型」は保険料の返還率に優れた保険商品です。返還率に優れているということは、満期の際により多くのお金を受け取ることができるということです。そのため、生命保険や医療保険などの保障は別にして、純粋に養育資金を用意したい方におすすめの保険商品です。

「貯蓄型」の子供保険(学資保険)は、金利の良い時には支払った保険料を上回る給付金が得られるため、養育資金の準備だけでなく、貯蓄としても有用な保険と言えます。

満期の時期

子供保険(学資保険)満期は商品によって、15歳、17歳、18歳、20歳、22歳などがあります。基本となるのは、大学受験用の資金を中心に貯める17歳・18歳満期といえます。お子さんが大学受験を希望する場合、進学のために塾の費用や受験費、キャンパス見学のための移動費や旅費が必要です。

また、進学後も学費や仕送り、教科書や教材など多額の費用がかかります。高校受験にも備えるのであれば、一部に15歳満期を組み合わせるか、あるいは次項の祝金が15歳時に給付されるものを組み合わせるのもいいでしょう。

祝金の有無

商品によっては、満期以外のタイミングで12歳、15歳、18歳といった中学・高校・大学の入学の時期などに合わせて祝金という給付金が出るものもあります。一般的には、祝い金があるタイプの保険は支払う保険料が多くなる傾向があります。

「満期の時期」の項目で、「高校受験にも備えるのであれば、一部に15歳満期を組み合わせるか、あるいは次項の祝金が15歳時に給付されるものを組み合わせるのもいいでしょう。」と書きましたが、祝い金を受け取り保険を一本にしぼった方が保険料が安くなる場合もあるので、商品を比較してお得な方を選びましょう。

子供の医療、死亡保障の有無

子供自身の入院や手術等に備える医療保障がつけられるタイプもあります。あるいは、通常、満期保険金と同程度の子供の死亡保障が、やや厚めについている商品もあります。こちらの保険も、別に医療保険や生命保険に加入した方がお得な場合もありますので、比較検討のうえ、ご自身に適したものを選ぶと良いでしょう。

子供の将来のための貯蓄(学資保険)をしている人のうち、約95%の人が子供が生まれてから始めています。

学資保険は貯蓄のできる保険です。進学のタイミングでお祝い金が出たり、支払った保険料よりも多く返ってくる保険の種類などがあります。FPに学資保険の相談をすることで、支払う保険料よりも多くの金額を受け取ることができるコストパフォーマンスの高い保険が見つかるかもしれません。まずは一度お気軽にご相談下さい。

 

 

子供保険か学資保険かで迷った場合の選び方のポイント

学資金を用意するなら、保険ではなく、自分で貯蓄を積み立てて用意すればいいのでは?と考える方も多いと思います。子供保険(学資保険)と貯蓄にはどのような違いがあるのでしょうか?以下ではそのポイントをお伝えします。

保険は長期固定金利制

自動積立定期は、例えば1年満期の定期預金に積み立てるなどで行います。定期預金は、満期を過ぎた後も自動更新などにしておけば、同じ金利タイプでまた定期預金として更新されます。子供保険の場合は加入時の金利が満期まで適用され続けます。

保険は、契約者(親)が万一の時に払い込みが免除になる

子供保険は、払込期間中に契約者が亡くなると、それ以降の払い込みが免除になり、お祝い金や満期金は予定通り受け取れます。この点は、預貯金とは大きく異なる点です。

中途解約時の解約控除
自動積立定期は満期前に中途解約しても、元金は戻ります。一方、子供保険は中途解約をすると、契約から一定の年数以内だと「解約控除」というペナルティが引かれる場合があり、払い込んだ保険料の累計分が戻らない可能性があります。

金融機関が破綻した時のリスク

金融機関の破綻という不幸に見舞われたときに、自動振替定期ならば100%保護されます(1000万円とその利息以下の場合)、一方、学資保険・子供保険では破綻により本来戻る予定だった金額よりもさらに減額される可能性があります。

以上のような違いを踏まえたうえで、あなたに合った方法で学資金を用意していきましょう。

他の加入済み(加入予定)保険と保障内容がダブらないようにする

他の保険と保障内容がかぶっていないかも忘れずにチェックしないと無駄な支出が増えます。例えば、子供の死亡に対して生命保険と子供保険で同じ保障がかかっていたとします。すると、本来は生命保険だけで目的の金額に達していたのに必要以上の金額を受け取ることになります。

 

一見リターンが増えているように見えますが、それだけ月々多く支払っていることにもなります。ぜひすでに加入している保険と保障内容がかぶっていないかどうかも確認しましょう。

 

いらない保障をあれこれつけない

子供保険に加入すると、決まった金額を約20年程度払い続ける事になります。途中で解約すると元本割れする性質上、漠然とした不安や知識不足からあなたにとっていらない保障をつけていると、毎月の負担が重くなる上に返戻率も下がり良いことがありません。後悔しないためには、無駄をどれだけ削ぎ落とすかを考えてください。

 

個人の状況にもよりますが、子供の病気に対しての保障や死亡保障はいらないと思います。なぜなら、病気や入院に対して負担してくれる自治体も多いからです。

 

医療費補助制度を受けられそうか、お住いの地域の自治体に確認しましょう。それだけでカバーできなくなった際に医療特約を検討すると無駄な出費をしないで済みます。

 

また、お子さんの死亡に対する保障もいらないでしょう。なぜなら、子供は収入源ではないので、亡くなってしまったとしても家計が回らなくなる心配がないからです。

 

 

子供保険や学資保険を利用した方が良い人・しないほうが良い人

自力で貯蓄できるかできないかで決めるといいでしょう。もし、貯蓄ができるのであれば、20年近く一定の資金を引き出し他に運用できないのはデメリットです。

 

逆に、貯蓄が苦手で絶対に積み立てたお金に手を付けたくないのであれば満了金が110%~120%になって返ってくるため銀行に預けておくよりお得です。

 

あとは保障が目的の人も利用すると良いかと思います。親がなくなった場合に保険料が免除され、なおかつ満了金を予定通りの金額で受け取れるのが子供保険の良さです。

 

 

子供保険以外の選択肢は?

子供保険を検討する際のそもそもの目的は、お子さんの学資金を確保するためでしょう。この目的が達成されるのであれば、何も子供保険でなくても問題はありません。よく比較されている選択肢には、例えば以下の様なものがあります。

 

低解約返戻金型保険

満期が来る前に解約すると返戻率が70%になるかわりに、保険料が割安な生命保険です。子供保険と違い、満期をすぎると好きなタイミングでお金を受け取れるので、予想外の出費や用途にも対応しやすいでしょう。満期まで解約しないのであれば、保険料を抑えられる良さがあります。

 

定期預金

決められた期間に決められた額が自動的に積み立てられていくタイプの預金です。普通預金と違い、金利が高い反面一定期間がすぎるまで引き下ろせません。

 

金融機関が破綻しても1000万円までは元本保証されるので、リスクを取りたくない人で、なおかつ貯蓄が苦手な人はこちらの選択肢もありかと思います。

 

教育ローン

親が返済義務を負い教育費に当てるためのローンを組むことです。例えば、日本政策金融公庫の教育ローンの場合、1年に必要な額のみ借りられて、合計で350万円まで借りられます。

 

金利も2.35%固定なので、ローンとしても安い部類ではあります。(100万円借りても年利は2万3500円)預金や保険で貯蓄しきれない場合はローンも考えてみると良いかと思おいます。

 

奨学金

奨学金は親の年収が低い方も借りられます。教育を受ける子供本人が卒業後に返済することになります。利率が0.1%程度のものもあり、教育ローンと併用することで負担を親と子に分散させられます。返済が不要な給付型もあるので、是非チェックしてみてください。

 

子供の将来のための貯蓄(学資保険)をしている人のうち、約95%の人が子供が生まれてから始めています。

学資保険は貯蓄のできる保険です。進学のタイミングでお祝い金が出たり、支払った保険料よりも多く返ってくる保険の種類などがあります。FPに学資保険の相談をすることで、支払う保険料よりも多くの金額を受け取ることができるコストパフォーマンスの高い保険が見つかるかもしれません。まずは一度お気軽にご相談下さい。

 

 

子供保険(学資保険)加入におすすめのタイミング

子供保険は一般的に入るタイミングが遅くなるほど月々の保険料が多くなる保険商品です。そのため、保険はお子さんが生まれてすぐ、もしくは「出産140日前」から入るのがおすすめです。

出産140日前から入れる子供保険は限られていますが、妊娠中から親の保障が始まります。万一、妊娠中に契約者となったお父さんが死亡するようなことがあった場合には、以後の保険料が免除され、祝い金や満期保険金は予定通り受け取れます。

「保障型」といって、契約者死亡時に育英一時金や育英年金が出るタイプの場合は、他にもお父さんの死亡保障が出ます。また、出産直後はお子さんの世話や、入退院や役所への手続き、さらにお仕事があったりと、なにかと忙しい時期です。

育児その他で保険どころではなくなってしまうため、その前に保険の加入が済ませられるメリットがあります。ちなみに、お子さんが死産だったときには、契約は無効になって保険料も戻るため、デメリットはありません。なお、子供の医療特約が付けられる商品の場合は、出生前に契約をしても特約は付けられず、誕生後に付加することになります。

子供の将来のための貯蓄(学資保険)をしている人のうち、約95%の人が子供が生まれてから始めています。

学資保険は貯蓄のできる保険です。進学のタイミングでお祝い金が出たり、支払った保険料よりも多く返ってくる保険の種類などがあります。FPに学資保険の相談をすることで、支払う保険料よりも多くの金額を受け取ることができるコストパフォーマンスの高い保険が見つかるかもしれません。まずは一度お気軽にご相談下さい。

まとめ

子供保険(学資保険)についてご説明していきましたが、子供保険についてご理解いただけましたでしょうか。子供保険に以外にも、貯蓄など、学資金を準備する手段はいくつか用意されています。それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、しっかりと準備をしていきましょう。

学資保険に関する悩みや不安を相談する

4月から生命保険料が高くなる前に!今なら生命保険のお悩み相談で豪華商品プレゼント!サービス詳細はこちら

保険ガイドブックの無料ダウンロード

保険のガイドブック贈呈中

各保険に関するおトクな情報を一冊のeBookにまとめました。
お読みいただくことで、保険選びの参考になる事間違いなし!

無料ダウンロード

  1. 保険に加入する前に知っておきたい社会保障制度

    社会保障

    保険に加入する前に知っておきたい社会保障制度

    民間の保険に加入する前に、活用すべき社会保障制度の賢い活用方法を解説します。

    無料ダウンロードする

保険ガイドのダウンロード一覧へ

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険