全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

【図解付き】保険料を受け取った時に課される税金の種類と計算方法

Pocket
LINEで送る

皆さんは保険会社から支払われる保険金に税金がかかる場合があるのをご存知でしょうか?

実はケガや病気、また死亡時など、不測の事態に巻き込まれた時に保険による保障は大変頼りになるものですが、受け取った保険金や給付金には税金がかかるものがあるのです。

今回は①保険金を受け取ったときにかかる税金の種類と②課税の対象にはならない税金の種類について、そして③課税額をなるべく抑える方法についてご紹介いたします。

受け取る保険金と税金の関係|5ケース

では実際に課税が行われる場合、その計算方法はどのように行われているのでしょうか?

この項目では、タイプ別の課税の方法について説明していきます。

ケース1:生命保険の死亡保険金を受け取るケース

生命保険の課税ルールですが、実は保険金を受け取る人と被保険者の関係性によって課税の仕組みが違ってきます。少しややこしい説明になりますが、以下で詳しく解説をしていきます。

キーワードとなるのは、『相続税』『所得税』『贈与税』という3つの税区分です。説明に先立って、まず覚えておきたいのが以下の3つの言葉です。

 

  • 契約者:生命保険会社と保険の契約を結び、保険料を負担する人
  • 被保険者:その人の生死、ケガ、病気などが保険の対象となっている人
  • 受取人:保険金や給付金を受け取る人

 

先述した『相続税』『所得税』『贈与税』は、この3つの役割の変化によって、保険金がどの税区分で扱われるのかが変化します。

次にそれぞれの役割の変化による課税の違いを分かりやすいように夫と妻、子ども一人の場合(受け取る保険金額が3,000万円の場合)に当てはめて説明していきます。
※計算方法は2017年1月現在の税制に基づいて計算しています。また、計算方法は分かりづらいため支払う金額のみを説明し、省略しています。

以下、死亡保険金の受け取りにおいて契約者が夫である場合に課される税金です。

受け取るお金 課税される税金の種類 契約者 被保険者 受取人
死亡保険金 所得税
相続税 妻or子
贈与税

パターン1:【相続税】契約者・被保険者が夫|受取人が妻or子供

保険料を毎月納めていた人(契約者)が亡くなり、妻や子供(契約者以外)が受取人になった場合は、相続税を支払うことになります。

『契約者、被保険者が夫で、受取人が妻』もしくは『契約者、被保険者が夫で、受取人が子』の(死亡者が夫の場合)場合このパターンでは、契約者と被保険者が同じで、保険金を受け取るのは妻か子です。

この場合、保険会社より支払われる保険金は亡くなった夫の遺産と見なされるため、適用されるのは『相続税』です。

しかしながら、生命保険における相続税は500万円×法定相続人が非課税の対象であり、さらに相続税には3,000万円+法廷相続人×600万円の基礎控除(こちらは他の相続財産をすべて含める)があります。つまり、上記の二つの金額を合わせた総額を超えない限りには相続税を納める必要がありません。

また、受取人が配偶者の場合は、1億6,000万円までが非課税となります。

参照:『相続税の課税対象になる死亡保険金|国税庁

パターン2:【所得税】契約者:夫|被保険者:妻|受取人:夫

『契約者が夫、被保険者が妻で、受取人が夫」の(妻が死亡)場合このパターンでは、夫が保険の契約者で、被保険者が妻、死亡したのが妻になっています。

この場合、保険会社から受け取る保険金は妻の遺産として扱われないため、適用される税区分は『所得税』になります。この場合、納付しなければいけない税額は総額で387万円です。

パターン3:【贈与税】契約者:夫|被保険者:妻|受取人:子供

『契約者が夫、被保険者が妻で、受取人が子』の(妻が死亡)場合この場合、契約者が生存しており、契約者である夫が子どもに保険金を贈与した形と見なされるので、保険会社から受け取る保険金には『贈与税』が課税されます。この場合、納付しなければいけない税額は高額になり、総額で1,195万円が税金として徴収されます。

契約者、被保険者、受取人の関係性により生じる『相続税』『所得税』『贈与税』の違いにより、課税される金額に大きな変化が生じることを理解いただけたと思います。特に『贈与税』として区分けされてしまった場合、支払われた保険金の3分の1以上が税金として徴収されてしまいます。

このように、『契約者』『被保険者』『受取人』の関係性を間違えると、お子さんや配偶者に生活費を残したいのに、手元に残るのはわずかな金額、という状況になりかねません。そのため、保険に加入する際は、保険の担当者やファイナンシャルプランナーに相談を行ったうえで、加入を行うようにしましょう。

設定する『契約者』『被保険者』『受取人』の関係性を間違えると、せっかく妻や子どもにお金を残したいと考えていても、その思いは無駄になってしまうのです。上記の結果から、保険金とは保険料を支払った契約者の所得と考えることができ、受取人が契約者の場合は所得税、それ以外の受取人の場合は、贈与税、相続税と認識するとわかりやすいでしょう。

【関連記事】保険とそれぞれの保険の関係性を詳細にお伝えします。

この項では契約者・被保険者・受取人の関係性から税金の種類を見てきました。しかし、税金の計算方法の詳細や節税する方法までお伝えすることはできませんでした。

以下の記事にて、そういった税金と保険の詳細情報を掲載していますので、ご興味のある人はぜひご覧ください。

▶『生命保険の死亡保険金における税金の関係と節税対策まとめ
▶『相続税の税率と計算方法|節税に有効な非課税措置まとめ
▶『贈与税の計算方法と税率|節税対策のための非課税措置まとめ
▶『生命保険の受取人は誰にすべき?知らないと損する3つの税金

ケース2:満期保険金を受け取るケース

次に説明するのは貯蓄型保険の満期金です。この保険金は、貯蓄型保険の保険料払い込み期間が終わった時、すなわち満期時に受け取れるお金です。すでにご存知の方が多いと思いますが、保険には大きく分けて、『掛け捨て型の保険』と『積立型の保険』が存在します。

言い換えれば『定期保険』と『終身保険』です。

この中で、積立型の保険は貯蓄型保険と呼ばれ、補償を受ける保険本来の役割以外に、満期時に積み立てた保険料を受け取れる資産運用としての役割も持ち合わせています。

積立型保険の中で満期金が支払われるのは『養老保険』や『学資保険(子ども保険)』などの将来的に必要な資金を準備するための保険です。

5〜10年の長い期間をかけて保険料を積み立てていく上記のような保険は、一般的に金利がつき、支払った保険料を超える金額の保険金が支払われることが一般的です。

このような保険から生じる保険金は、所得税の中で『一次所得』として課税の対象になります。その税額の計算方法は以下の式から計算できます。

 

(満期保険金+配当金払い込み保険料の総額−特別控除50万円)×1/2

 

これを簡単にお伝えすると、増えた金額から特別控除の50万円を引いた金額の半分が課税の対象になります。この課税ルールは、「契約者と満期保険金の受取人が同じ場合」に適用されます。

そのため『生命保険の死亡保険金を受け取った場合の税金』でご説明したように『契約者:夫、満期保険金の受取人:妻』のように契約者と受取人が異なる場合、所得税ではなく贈与税が適用されます。

以下、満期保険金の受け取りにおいて契約者が夫である場合に課される税金です。

受け取るお金 課税される税金の種類 契約者 被保険者 受取人
満期保険金 所得税
贈与税 妻or子

また贈与税が適用される場合、年間の贈与額が110万円以下ならば贈与税がかかりません。

もし受け取る保険金がそれ以上の金額になった場合は、受け取った保険金から基礎控除の110万円を差し引いた分が課税されます。このことを暦年課税(れきねんかぜい)と言います。

そのため、満期金が110万円を超えないように設定した複数の保険に入ったり、可能な場合は満期金を複数年に分けて受け取ったりするなどの措置をとれば、贈与税の課税対象から外れることができます。

【関連記事】受け取るお金は110万円以内にすれば贈与税納めなくてよいのか

結論からお伝えすると、受け取る金額を110万円以内しても要件すべてを満たさない限り、トラブルになる可能性があります

  • 贈与を記録に残す。
  • お金のやりとりの証拠の信頼性を持たせる。
  • 一度だけでなく、贈与があれば毎回記録に残す。

など、贈与税を節税したい場合、さまざまな要件を満たす必要があります。以下の記事にて、贈与税と110万円のかんけいについて詳しくお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

▶『110万円の贈与で節税をする際に知っておくべき6つのこと

ケース3:個人年金保険の年金を受け取るケース

個人年金保険は年金と同様に、個人で保険会社に保険料を支払い、老後に何年かに分けて年金を受け取る保険です。この保険も受け取る保険金に税金がかかることがあります。しかし、養老保険と異なり、何年かに分けて保険金を受け取ることが一般的なため、その計算方法は少しだけ複雑になっています。

受取人が契約者の場合

個人年金保険の場合も同様に、主たる契約者が保険金の受取人の場合、課税される税金は所得税が課税です。課税の対象は、年間に得る総所得、つまりは受け取る1年間あたりの年金の総額から、必要経費を差し引いた金額になります。必要経費とは、保険金を受け取るにあたり支払った保険料分を控除するためのものです。

必要経費の求め方は以下の式です。

年間あたりの年金の総額×(払込保険料の合計/年金の総支給額(見込額))

年金の総支給額は、年間に受け取る年金×余命年数(推定)によって算出されます。こちらが課税対象です。

年間あたりの年金-年間あたりの年金×(払込保険料の合計/年間あたりの年金×余命年数)

<例>

少々、わかりづらいと思うので例をとって確認していきます。毎年の年金の受取額が50万円、保険料の支払い総額が1,000万円、余命年数が25年の場合の計算をしてみましょう。この場合の所得税の対象は、以下です。

50万円-50万円×(1000万円/50万円×25年)=10万円

今回のケースでは所得税の税率は5%となるため、10万円×5%=5,000円が納める所得税になります。

参照:『所得税の税率|国税庁

受取人が契約者以外の場合

受取人が契約者以外の際は、初年度のみ贈与税、次年度以降は所得税が課税されます。所得税に関しては、先ほどと同様に年金受給額を元に計算することが可能です。贈与税に関しては、解約返戻金、年金の代わりに受け取る一時金、予定利率による金額の中から、1番、高額なものが対象になります。

<例>

そこで、解約返戻金が400万円、一時金が360万円、予定利率による金額が380万円の場合を想定してください。今回のケースでは贈与税の対象は、解約返戻金の400万円になりますが、贈与税は、受け取った金額の内、110万円が控除されます。そのため、400万円-110万円=290万円が贈与税の対象になりますが、この場合、税率10%、控除額が9万7,500円のため、290万円×10%-9万7,500円=19万2,500円が納める贈与税になります。

参照:「贈与税の計算と税率(暦年課税)|国税庁

以下、個人年金の受け取りにおいて契約者が夫である場合に課される税金です。

受け取るお金 課税される税金の種類 契約者 被保険者 受取人
個人年金 所得税
贈与税 所得税

(参考:個人年金保険の年金を受け取って所得税がかかるときの計算方法は?)

税金の種類4:学資保険や生命保険などの祝い金、生存給付金を受け取った場合

学資保険や生命保険では保険商品ごとに異なるタイミングで祝い金というお金を受け取ることができます。祝い金はボーナスのようなもので、学資保険の場合はお子さんが進学するタイミングで給付されたり、生命保険の場合は、被保険者が一定の年齢になるまで生存していた場合に支払われたりします。

この時に受け取る祝い金や生存給付金は、税制上『一時所得』として扱われ、所得税の対象になります。その際、税金の控除が行われ、以下の計算式で課税額が決められます。

(収入金額−収入を得るために支出した金額−特別控除50万円)×1/2

収入を得るために支出した金額というのは、それまでに支払った保険料と同額、と考えていただいて問題ありません。このように、特別控除があるため、比較的金額が少額になりやすい祝い金には課税がされることはほとんどありません。とはいえ、祝い金が高額になりそうな時はファイナンシャルプランナーや保険の営業担当者の確認が必要になるかもしれません。

場合によっては、祝い金を抑えた保険に加入する方が得をする場合もあり得るからです。

【関連記事】じつは学資保険で税金が発生するケースは少ない?

学資保険は、所得金額が少ないため、全額控除になる可能性が比較的高いです。では、どのようなときに税金が発生するのでしょうか。

以下の記事では、そういった学資保険と税金の関係について詳しく見ていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

▶『学資保険と税金|税金が発生するケースと税金を抑える方法

ケース5:貯蓄型保険の解約払戻金などを受け取るケース

貯蓄型保険を途中で解約した場合、『解約払戻金(かいやくへんれいきん)』といって、今まで支払った保険金の一部が保険会社から払い戻されます。

この時、途中で解約した場合は、ほとんどの場合において解約払戻金と今まで支払った保険料の収支がマイナスになりますが、金利が高い保険に加入したり、外貨建ての保険に加入したり、為替のレートが良い時に解約を行ったりすると収支がプラスになる場合があります。

収支がプラスになった場合は、学資保険や生命保険などの祝い金と同様に『一時所得』として扱われ、こちらも課税の対象となります。そのときも『学資保険や生命保険などの祝い金、生存給付金』と同様、以下の計算式で計算することができます。

 (収入金額−収入を得るために支出した金額−特別控除50万円)×1/2

以上、保険金にかかる税金のパターンをご説明しました。基本的に税金がかかるのは、受け取った保険金から今まで支払った保険料の合計を差し引き、プラスになった場合に課税されること。また、保険の加入者と被保険者、受取人の違いによって、課税区分が『相続税』『所得税』『贈与税』に分けられることを覚えておきましょう。

【関連記事】そもそも解約返戻金ってなんだろう?

上でお伝えしたように、解約返戻金とは、契約期間中に解約したら返ってくるお金のことをいいます。すべての生命保険に解約返戻金があるわけではなく、主に貯蓄型といわれる生命保険に解約返戻金の制度が組み込まれています。

そういった解約返戻金の詳しいことについて、以下の記事にてお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

▶『生命保険の解約返戻金|基礎知識と損をしない4つのポイント

加入中の保険を見直すことで保険料を大幅に削減できる可能性があります。保険のプロであるFPに保険を見直してもらうことで、無駄な保障を省いた、本当に必要な保障だけを備える保険が見つかるかもしれません。適切な保険に加入し直すことで大幅な保険料削減の可能性もあります。まずは一度お気軽にご相談下さい。

 

税金がかかる保険金とかからない保険金

保険会社から支払われた保険金や給付金に関する税金についてお伝えしましたが、実はすべての保険金に税金がかかるわけではありません。先ほどの例を用いますと、保険料の支払人(契約者)と保険金の受取人が同じ場合、『受け取るお金が支払った保険料の総額を超えない場合』は税金(所得税)を納める必要がありません。

また、保険は被保険者が損害を受けた場合に、その損失を補償するために加入するものです。そのため損失や被害を被った人への救済措置的な役割が強い、火災保険や自動車保険、また入院通院保険などで受け取れる保険金は、基本的には非課税になっています。

そこで税金がかかりやすい保険金と、そうでない保険金について確認していきましょう。

税金がかかりやすい保険金の例

  • 生命保険の死亡保険金
  • 貯蓄型保険の満期保険金
  • 個人年金保険の年金
  • 学資保険や生命保険などの祝い金、生存給付金
  • 貯蓄型保険の解約払戻金など

生命保険の『死亡保険金』、貯蓄型保険商品の『満期保険金』『祝い金』『解約払戻金』など、保険会社から支払われる保険金がこのカテゴリーに含まれます。これらの保険金は、保険会社から支払われる金額が高額になることがほとんどなため、税金がかかることが多いものです。

例えば、生命保険の死亡時の受け取り額は100万円以上に設定されていることが多いので、受け取る保険金が支払う保険料を上回ることが多く、課税の対象になることがほとんどです。これらの保険金を受け取る場合でも、支払われる保険金の総額が支払った保険料の総額を下回る場合は、基本的に課税の対象にはなりません。

この中で支払われる保険金の総額が支払った保険料の総額を下回り、課税の対象となりづらい保険金の代表的な例は、解約払戻金です。解約払戻金は貯蓄型保険を満期前に解約した時に、保険会社から払い戻されるお金です。ほとんどの場合、解約払戻金は今までに支払った保険料を下回ることが多いため、課税の対象となることはないのですが、後述する特殊な状況の場合、収支にプラスが出る場合があります。

税金がかかりやすい4種類の保険

上記の内容を踏まえて、保険金受け取りの際に税金がかかりやすい保険の種類は以下のものがあります。保険金を受け取る際は、申請の前に税金についてもきちんと調べて申請を行ないましょう。

税金がかかりやすい保険1:終身保険

一生涯の保障が付いている終身保険は、解約しない限り死亡保険金が受け取れることがほとんどなので、税金が発生する可能性は高いです。高額な保険金が生じれば、それだけ税金も大きくなりますので、税金に対してもシビアになりましょう。

▶『生命保険の死亡保険金における税金の関係と節税対策まとめ
▶『生命保険の相続税|保険で最も有効な相続税対策をする全知識

税金がかかりやすい保険2:養老保険

老後の貯蓄性が高い養老保険は、満額給付金が受け取れます。満額給付金は、税金が発生する可能性が高いので税金についてきちんと知っておきましょう。下記をお読みください。

▶『養老保険とは?~絶対に知っておきたい10の知識~

税金がかかりやすい保険3:個人年金保険

個人で別途年金を受け取る個人年金保険では、所得税が発生してくることがあります。こちらも後半で解説いたしますので、下記まで読み進めていきましょう。

▶『個人年金保険|安心した老後のための完全ガイド

税金がかかりやすい保険4:学資保険

子供の入学給付金や満額給付金などがある学資保険ですが、厳密に言うと税金が発生することは少ないです。それでも税金が発生することはありますので、詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

▶『学資保険と税金|税金が発生するケースと税金を抑える方法

税金がかかりにくい保険金

  • 高度障害給付金
  • 特定疾病保険金
  • リビングニーズ特約保険金
  • 入院、通院、手術給付金
  • 介護年金、介護一時金など

 

上記の保険金は非保険者が損害を被った場合に、その補償として支払われる保険金です。そのため、事故や病気による障害を補償する『高度障害給付金』や、がんなどの疾病の補償をおこなう『特定疾病保険金』など、そのため損失や被害を被った人への救済措置的な役割が強い保険金は、被保険者の負担にならないように課税の対象にはなりません。

これらの保険金には、『受け取るお金が支払った保険料の総額を超えたとき』という保険金への課税ルールが適用されないことがほとんどです。

このタイプの保険金に含まれるものとして、火災や自然災害による財産の損害を補償する『火災保険』や『地震保険』、自動車事故による被保険者や被害者の補償を行う「自動車、バイク保険」、就労不能時に生活費などを補償してもらえる『就労不能保険』など、損害を補償し、被保険者を救済する性質を持つ保険商品から生じる保険金もこのカテゴリーに含まれます。

税金がかかりにくい4種類の保険

上記のように、税金がかかりにくい保険の種類は、損害などによる補償に対する保険金がでる保険です。理由はどれも、損害に対する補償になりますので、詳細は省きます。保険の内容については以下のリンク先をご覧ください。

①医療保険:『医療保険の全知識|医療保険を賢く選ぶための7つのポイント
②がん保険:『がん保険を比較して自分に合ったがん保険を選ぶための全知識
③火災保険:『火災保険の選び方|保険料を抑える方法と火災保険の使い道
④自動車保険:『自動車保険の加入をおすすめする理由と主な自動車保険5選

 

保険金を受け取った際の確定申告の必要性

このように受け取る保険金の種類や受取人によってそれぞれの税金がかかってくる保険金ですが、税金が発生するということは確定申告をしなくてはなりません。

確定申告については『保険金を受け取ったとき|国税庁』に記載されているので、そちらもご覧ください。

確定申告が必要ないケース

原則的に課税対象となれば確定申告の必要性がありますが、しかし、以下の3つを満たしている場合、源泉分課税の対象になり、確定申告の必要がなくなってきます。

  • 保険料を一時払いした
  • 契約期間が5年以下、もしくは5年を超えていても今後5年以内に解約する
  • 保険金の額が満期返戻金の5倍未満

この内容すべてに当てはまると、確定申告は必要ありません。

 

まとめ | 税金が最小限で済むよう契約者・被保険者・受取人を設定しましょう

保険と税金について説明しましたが、いかがでしたしょうか?

税金の中で最もコストがかかるのは贈与税ですから、可能であれば受取人を変更しましょう。

500万円 × 法定相続人の数 = 非課税限度額

相続税は、上記までが非課税対象ですから、受け取る金額がこの範囲内に収まるのであればしんぱいはいりません。また相続税には配偶者控除があり、以下のどちらかを超えない限り税は発生しません。

  • 1億6,000万円
  • 配偶者の法定相続額相当

険にかかる税金は、税法が関係してくるため、大変分かりづらい印象を与えます。しかしながら、きちんと理解をしていないと、損をしてしまうのも事実。一度勉強をした後は、ファイナンシャルプランナーや保険の営業マンなど、保険のプロに分からない点を相談してみましょう。

 

また、既に保険金を受け取る状況になっている方は、今回の内容で、その保険金に税金が発生するかしないかがおおよそ分かったのではないでしょうか。税金が発生しそうな方は、税金の専門家でもある税理士に相談してみるのもおすすめです。

厳選 相続税相談ナビ

自分だけで相続対策や相続税申告をしてしまうと複雑でよくわからなかったり、余計に税金を払うことになってしまったりします。相続税対策のための保険活用方法についてより詳しくチェックしたい方は厳選相続税相談ナビの【相続対策無料診断フォーム】からあなたにぴったりの専門家を探してみるのもいいかもしれません。

あなただけの相続税対策!30秒でカンタン無料診断!

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  4. 4位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  5. 5位

    ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 皆さんはネットで炎上したことはありますか? (僕はあります、何度も) 近年、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の普及に伴い、ネッ...

  1. 神戸蘭子さん不妊治療を乗り越え第2子を授かる。日本の夫婦3組に1組は直面する不妊の苦悩とは?

    神戸蘭子さん不妊治療を乗り越え第2子を授かる。日本の夫婦3組に1組は直面する不妊の苦悩とは?

    日本の夫婦の3組に1組は不妊に悩んでいるのをご存じでしょうか。(参考:国立社会保障・人口問題研究所 第15回出生動向基本調査) 先日、モデルでタレントの神戸蘭子さんが不妊治療を乗り越えて第2子を妊娠...

  2. ジュニアNISAの口座が廃止?教育資金として利用するための注意点とは?

    ジュニアNISAの口座が廃止?教育資金として利用するための注意点とは?

    ジュニアNISAは近年、子どもの教育資金源として注目を集めています。 もともとNISAは株や投資信託などの利益や配当金に対し一定額が非課税になる制度ですが、投資と運用で教育資金を貯めることのできるジ...

  3. FPに聞いてみた!仮想通貨は投資としてどうなの?将来の貯蓄への備えになる?

    FPに聞いてみた!仮想通貨は投資としてどうなの?将来の貯蓄への備えになる?

    少子高齢化社会が加速しつつある現代において、退職金や公的年金へ大きな期待を抱くことは難しいと考える人が増えてきています。 将来の貯蓄への不安を少しでも解消すべく、資産を増やす手段として投資に興味を持...

  4. なぜ?がんで3割がやむなく退職。解雇。働けなくなった場合の生活はどうすればいい?

    なぜ?がんで3割がやむなく退職。解雇。働けなくなった場合の生活はどうすればいい?

    現在、2人に1人が発症するといわれているがんは、生活だけでなく仕事にも大きな影響を及ぼします。 特に働き盛りの時にがんになると、長引く治療や価値観の変化などが原因でやむ負えず退職に追い込まれてしまう...

  5. 他人ごとではない。超巨大地震の再発率は40%。火災保険だけでは補えない被害の実態。

    他人ごとではない。超巨大地震の再発率は40%。火災保険だけでは補えない被害の実態。

    2018年9月6日午前3時、北海道胆振地方で発生した震度7の大地震。 「北海道胆振東部地震」と命名されたこの地震は、かつてない大きな揺れと土砂災害に加え、北海道のほぼ全域で長時間にわたる停電となった...