マンガでわかる 今の保険、老後の生活に備えられる?保険の見直し!保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

積立保険と掛け捨て保険を徹底比較|貯蓄性・返戻率で見た選び方

生命保険には「積み立て型」と「掛け捨て型」があり、どちらのタイプに加入するかは悩みどころですが、保険で資産運用や貯蓄をするのであれば積立保険の方がおすすめです。しかし、積立保険に加入すると見直しが少々難しくなりますので、これから生命保険に加入する際の選び方について解説していきます。

Pocket
LINEで送る

生命保険は大きく分けて「積み立て型」と「掛け捨て型」とがあります。自分や家族の万が一に備えたい場合や、老後に備えたい場合、生命保険に入ることを考え始めるときに、掛け捨てか積み立てかで保障内容や保険料も様々ですから、どの保険商品に入ればいいのか悩むことも多いでしょう。

生命保険の「掛け捨て」と「積み立て」という2つのタイプは、それぞれどういう保険なのかはこれから見ていきますが、まず、この2つのうちのどちらのタイプを選ぶかを決めれば、山のようにある生命保険商品も、どれにするか、選択肢を絞りやすくなるでしょう。

「捨て」なんて言葉が入っているので、「掛け捨て」の方が「積み立て」に比べて損なイメージを持っている場合もあるかと思いますが、言葉だけで損か得かを判断してはいけません。

それぞれがどういう保険なのかを知れば、どちらを選べばいいのか、きっと見えてくるはずです。

 

積立保険と掛け捨て型保険の比較

生命保険を選ぶポイントをおさえた上で、「掛け捨て」と「積み立て」どちらのタイプを選べばよいのか考えるために、それぞれの特徴を比較してみましょう。
参考:医療保険は積立と掛け捨てどちらが良いのか考えてみた

積立保険とは何か?

「積み立て」とは、支払った保険料が解約返戻金や満期時の保険金が支払われるものの、保険料は「掛け捨て」に比べて高めの保険です。

保険料が高めなのは、「積み立て」が文字通り貯蓄重視の保険で、保険料に貯蓄分(解約返戻金や満期時の保険金)が含まれているためです。保険料は高めですが、その金額はずっと変わらず一定です。

掛け捨て保険とは何か?

掛け捨て保険とは、支払った保険料は解約返戻金や満期時の保険金として戻って来ない(戻ってきたとしても非常に少ない)代わりに保険料は安いタイプの保険です。保険料が安いのは保障重視で、貯蓄にあたる部分(解約返戻金や満金治の保険金)が保険料に含まれないためです。

ただし、更新ごとに保険料が上がるので、その点は要注意です。以下にそれぞれの特徴を表にまとめて比較してみましょう。

【関連記事】安い保険料で手厚い保障!掛け捨ての生命保険はこんな人におすすめ

積み立て型と掛け捨て型生命保険の主な違い

医療保険の掛け捨て型と積立型の主な違いは以下のようなものがあります。
参考:終身保険と定期保険の違い

掛け捨て型 積み立て型
保険のタイプ 保障型 貯蓄型
中途解約時の返戻金 ×
★あったとしても非常に少ない

★支払った保険料の総額を下回る可能性あり
満期保険金 × 終身保険 ×
養老保険
保険料 安い
★更新ごとに高くなる
高い
★一定で変わらない
保障期間 一定期間 終身保険 一生涯
養老保険 一定期間
代表的な保険の種類 定期保険 終身保険
養老保険

 

  • ・掛け捨て(定期)型は保険の更新ごとに保険料が上がる
  • ・掛け捨て(定期型)は保険の見直しがしやすい

参考:定期保険の仕組みとメリット・デメリット|他の保険との比較

 

  • ・終身保険の保障は一生涯続く
  • ・保険料の払い込み期間は自由に決められる
  • ・保険金が必ず受け取れる

参考:終身保険とは|終身保険の5つのメリットと3つのデメリット

など、基本的には上記のような違いがあります。

 

積立保険のメリットとデメリット

次に、「積み立て」のメリットとデメリットを見ていきましょう。

積み立てタイプのメリット

解約時に返戻金が戻ってくる

保障分に加えて、積み立て分も保険料として支払っているので、解約した際には、その積み立て分が戻ってくることになります。しかし、保障分は戻ってこないため、中途解約の場合、一般的にはそれまでの保険料の支払い総額を返戻金が下回ることがほとんどです。

支払った保険料の総額よりも多くの保険金が戻ってくる場合がある

貯蓄重視タイプの保険ですので、満期時(もしくは中途解約の場合であっても)に契約内容によっては、利率分が上乗せされて戻ってくる場合もあります。

毎月の積み立てができる

支払う保険料には保障分に加え、積み立て分が含まれていますので、保険料を支払うことによって、同時に積み立てをしていることになります。

積み立てタイプのデメリット

保険料が高い

保障分に加えて貯蓄分の積み立て分が含まれるため、掛け捨て型に比べて割高になります。

支払った保険料の総額よりも、受け取る保険金の額が下回ることがある。

特約などを付けて保障を手厚くすれば、保険料のうちの保障分の割合が多くなり、積み立て分として受け取る保険金の額が支払った保険料の総額を下回ることがあります。

生命保険(積み立て型)に関する知識

 

掛け捨てタイプのメリットとデメリット

それぞれの特徴を知った上で、次にメリットとデメリットを整理してみましょう。まずは「掛け捨て」のメリットとデメリットです。

掛け捨てタイプのメリット

保険料が安い

保障分だけを保険料として支払うので、費用を抑えられます。

保険料を抑えた上で、万が一に備えた保障を得られる

掛け捨て型は保障重視タイプの保険ですので、満期返戻金や中途解約での返戻金がない(あったとしても少額)分、保険料が安くても積み立て型と同等、もしくはそれ以上の保障を得ることができます。

掛け捨てタイプのデメリット

支払った保険料は戻ってこない(戻ってきたとしてもかなり少額)

保障分しか保険料として支払っていないので、返戻金は確保されていません。

生命保険の掛け捨て型は、一定期間で保障が切れてしまうものが多い

「保障期間=保険料の払込期間」のものが多いです。

生命保険(掛け捨て型)に関する知識

 

積立保険か掛け捨て保険か|生命保険を選ぶポイント

積立保険かと掛け捨て保険、どちらのタイプを選ぶのが良いのかを比較するために、まずは生命保険を選ぶためのポイントをおさえておきましょう。このポイントをおさえた上で、「掛け捨て」か「積み立て」、どちらがその条件を満たすのかが分かれば、どちらを選べばよいのかが見えてくるはずです。

一生涯の保障や安心がほしいなら積み立て型

掛け捨て型と積み立て型保険の大きな違いは保障が一生涯続くかどうかという点もあります。終身保険は契約日から満期日まで保険料を払い終えると、死ぬまで保障が一生涯続くという特徴を持った保険です。
参考:終身保険の全比較|自分に合った終身保険がわかる7つの項目

保険料を安く抑えたいなら掛け捨て型を選ぶ

保険料をできるだけ安く抑えたいという希望があれば生命保険の掛け捨て型がおすすめです。終身型には貯蓄性があるため保険料に上乗せする形で将来的な積み立てができますが、掛け捨てタイプには余分な積み立て金を支払わない分、保険料が安く抑えられるという利点があります。

ただし、更新ごとにどんどん保険料が高くなっていきますので、早めに加入しないと割高になる可能性があります。
参考:知っておくべき生命保険の仕組み|保険料はどう決まるのか?

積み立て型生命保険は相続税対策になる

生命保険には死亡保険金がありますが、契約者や受取人が誰なのかによって、「相続税」「所得税」「贈与税」のいずれかの課税対象になります。ただ、それぞれに非課税限度額や控除額があるため、一定額を超えた場合にのみ税金がかかります。

ケース 契約者 被保険者 受取人 税金
契約者=被保険者 A A B 相続税
相続税の課税額=(受け取った保険金)-{(生命保険の非課税限度額)+(相続税の基礎控除額)}
配偶者の場合は1億6千万円の税額軽減特例が加算。
契約者=受取人 A B A 所得税
一時所得の課税額={(受け取った保険金)-(支払った保険料総額)-(特別控除50万円)}÷2
すべて違う人 A B C 贈与税
贈与の課税額= (年間贈与額)-(基礎控除110万円)
生前贈与のため年間110万円の基礎控除がある。

 

さらに、相続税には「3000万円 + 600万円 × 法定相続人の数」の基礎控除がありますので、非課税金額となる制度を利用して、相続税を保険金で支払うための対策を行う事ができます。

参考:生命保険で相続税対策をする時に知るべき2つのポイント

厳選 相続税相談ナビ

自分だけで相続対策や相続税申告をしてしまうと複雑でよくわからなかったり、余計に税金を払うことになってしまったりします。相続税対策のための保険活用方法についてより詳しくチェックしたい方は厳選相続税相談ナビの【相続対策無料診断フォーム】からあなたにぴったりの専門家を探してみるのもいいかもしれません。

あなただけの相続税対策!30秒でカンタン無料診断!

 

生命保険に加入する必要性を判断するポイント

thumbs_53

 

生命保険に加入する目的は何か?

生命保険に色々な種類・タイプがあるのはなぜか?それは、みんなが同じ目的で生命保険に加入する訳ではないですし、求めるものも様々だからです。

ですから、まずは何のために生命保険に加入をするのか、どんな保障を必要としているのかを考えましょう。
参考:始まりから考える生命保険の必要性|必要な人とそうでない人

例えば、万が一、一家の大黒柱である自分が死んでしまった場合、残された家族が生活に困らないようにということであれば、死亡保障が充実したタイプの生命保険がよいでしょう。

または、年金だけでは老後の生活が不安だから・・・ということであれば、老後の資金確保を目的とした貯蓄型の生命保険がよいでしょう。

加入の目的を明確にすれば、山のようにある保険商品の中でも、どのタイプのものを選べばよいのかが分かるでしょう。詳しくは、下記のリンクから参考にしたい生命保険の分野をお選びください。

 

生命保険の必要性 がん保険の必要性 医療保険の必要性
学資保険の必要性 死亡保険の必要性 共済保険の必要性
養老保険の必要性 入院保険の必要性 女性専用保険の必要性

 

保障を必要とする契約期間はいつまでか?

次に、保障を必要とする期間を考えてみましょう。子供が成人するまで?自分の定年まで?それとも一生?保障を必要とする期間によって、選択する保険の種類も違ってきますし、契約内容や保険料も違ってきます。

必要な保険金や給付金の金額はいくらか?

目的と保障を必要とする期間が明確になったなら、そのために必要なお金がいくらくらいなのかを考えてみましょう。 一家の大黒柱が死亡した場合に備える保険なら、残された家族の生活費がどれくらい必要なのか?子供の教育費はいくらかかるのか?

貯蓄額や子供の人数、家は持家なのか賃貸なのか、その他にどんな保険に入っているのか、それぞれの条件によって必要な金額にはかなり幅があると思います。

老後の資金確保を目的とした場合も同じように、老後の必要となる生活費がいくらなのかだけではなく、支出、収入、貯蓄、その他の保険などによって、生命保険で確保したい資金は違ってくるでしょう。ですから、様々な要素を絡めて検討する必要があります。

保険料の払込期間と払込金額は適切か?

受け取れる保険金や給付金は、多ければ多いほど、保障期間も長ければ長いほど、保障の範囲も広くて充実しているほど安心ですね。ただ、保障内容が充実すれば充実するほど、やはり支払う保険料は高くなっていきます。

表:同一の条件で契約期間を変更した場合の月払い保険料の変化

項目 期間を延ばす 期間を短縮する
保険期間 月払い保険料は上がる 月払い保険料は下がる
保険料払込期間 月払い保険料は下がる 月払い保険料は上がる

 

しかし、保険料の支払いによって生活を圧迫してしまっては本末転倒。しかも、中途解約で返戻金がある保険であっても、もし保険料の支払いができなくなって保険契約を解約しなければいけなくなった場合には、返戻金はそれまで支払った保険料の総額を下回る可能性もあります。

一概にどっちが良いとは一概には言えませんが、もし月々の保険料を安くしたいのであれば保険料は長く払い続ける方が良いですし、支払う保険料の総額をできるだけ少なくしたいのであれば、払込回数を減らすといった考えが当てはまります。

また、保険料の払込期間にも注意しなければいけません。例えば、定年後も働いていたときと同じだけの保険料を支払わなければいけないとなると、決して楽ではないですよね。ですから、ここまでに見てきた3つのポイントをおさえた上で、保険料の払込期間と金額に無理のない保険を選ぶ必要があります。

まとめ

「掛け捨て」と「積み立て」、それぞれに特徴があって、それぞれにメリットもデメリットもあります。自分が死んだ時の葬儀にかかる費用なども見越し、一生涯に渡る保障が欲しいという場合には、「積み立て」タイプの終身保険を選択することになりますね。

とりあえず加入するなら『掛け捨て』

「掛け捨て」の定期保険をずっと更新していくという考え方もあるかもしれません。ただ、「掛け捨て」の場合、何歳になっても更新できるという訳ではなく、更新できない年齢に達してしまう可能性もあるので、「掛け捨て」タイプは不向きでしょう。

とりあえず、子供が成人するまでに自分に万が一のことがあった場合に備えて、しっかり保障を確保しておきたいという場合には、「掛け捨て」タイプの保険がよいかもしれませんね。

「掛け捨て」であれば、子供の教育費にお金がかかる時期に、保険料の負担を軽くした上で、万が一の保障は確保できますからね。

貯蓄が苦手なタイプなら『積み立て』

また、今は低金利の影響で「積み立て」タイプの生命保険に加入しても、満期時の保険金が支払った保険料の総額にぐっと上乗せされて戻ってくる訳ではありません。

自分で貯蓄をするのが苦手なタイプの人は、保険料を支払うことで、自動的に貯蓄分が積み立てられていく、「積み立て」を選ぶのもよいかもしれません。

貯蓄や資産運用は保険とは別にするんだという場合は、必要な保障だけを「掛け捨て」タイプの保険で確保すればいいですね。このように、「掛け捨て」と「積み立て」、一慨にどちらのタイプの保険がよいとは言えません。

しかし、生命保険を選ぶポイントをちゃんとおさえれば、自分にはどちらのタイプが合っているのかが見えてくるはずです。

【関連記事】

 

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...