全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

福岡県民共済の保障内容を解説|民間保険と比較した際のメリットとは

福岡県民共済(ふくおかけんみんきょうさい)とは、福岡県が運用している県民共済です。福岡県民共済で受けることができる保障内容、福岡県民共済が独自に提供しているサービス、民間の保険との比較について紹介していきます。

多くの情報収集前に、さくっと解決できる保険コネクトプランナーに相談をしましょう!

福岡県民共済(ふくおかけんみんきょうさい)とは、福岡県が運用している県民共済です。県民共済では、死亡保障、医療保障、火災保障など、民間の保険に似た保障を受けることができますが、加えて福岡県民共済では福岡ならではのサービスを受けることができます。

県民共済とは、全国39都道府県が実施している営利目的ではない共済事業のことをいいます。
参考:県民共済とは|県民共済のメリットとデメリットからみる加入時の注意点

 

今回の記事では、福岡県民共済で受けることができる保障内容、福岡県民共済が独自に提供しているサービス、民間の保険との比較について紹介していきます。

保険料 保険において保障を受けるために毎月、納めるお金
掛金 共済において保障を受けるために毎月、納めるお金
被共済者 共済において保障を受けることができる共済の加入者
被保険者 保険において保障を受けることができる保険の加入者

 

福岡県民共済の保障内容

早速ですが福岡県民共済の加入者は、どのような保障を受けることができるのでしょうか。

生命共済の保障内容

福岡県民共済は、生命共済と火災共済の二つの共済を取り扱っていますが、生命共済では医療保障と死亡保障を受けることができます。以下の4つの保障が、生命共済の主な保障内容です。

  • 入院保障:入院日数に比例して共済金が支給される保障
  • 通院保障:通院日数に比例して共済金が支給される保障
  • 後遺障害保障:事故で後遺障害を患った際に共済金が支給される保障
  • 死亡保障:死亡または重度障害を患った際に共済金が支給される保障

 

後遺障害保障の保障額は、障害の重さに比例しますが、後遺障害等級と症状の関係性について、「後遺障害等級に認定される症状まとめ(第1級〜第14級)」を参考にしてください。

通院日数の数え方

通院保障の通院日数は、どうやって数えるのか疑問に感じるところですが、通院治療を最初に受けた日から、最後に通院治療を受けた日までを数えます。

年齢別に異なる保障額

ここで掛金を2,000円に設定した場合の、各世代ごとの保障額を確認していきましょう。

<掛金2,000円の年齢別の保障内容>

上の表から年齢が上がるごとに保障額が下がっていくことがわかります。これは年齢が上がるにつれ死亡するリスク、病気にかかるリスクが上がるためです。

参照:「生命共済|福岡県民共済

火災共済の保障内容

次に火災共済の保障内容について確認していきましょう。

保障額・掛金の額は住宅の構造・地域によって算出

まず、火災共済の保障額、掛金の額は、住宅の構造、地域によって異なります。詳しくは、「掛金シミュレーション|福岡県民共済」にてシミュレーションを行ってください。以下、木造建築、50坪の住宅に3人家族で暮らしている場合の掛金、保障額のシミュレーションになります。

物件所在地  福岡県
住宅の構造  木造
住宅の所有  持ち家
住宅の総坪数   50坪
ご家族人数  3人
掛け金シュミレーション結果
 保障額 月掛金 年払い掛金
住宅 3000万円 2100円 24,000円
家財 1200万円 840円 9,600円
合計 4200万円 2940円 33,600円

参考:「掛金シミュレーション|福岡県民共済

共済金の額は損害の度合いによる

実際に支給される共済金の額は、加入時に設定した保障額や、損害の度合いを元に算出します。

対象

また、共済金が支給される対象の災害は以下の通りです。

  • 火災
  • 消防破壊
  • 消防冠水
  • 破裂・爆発
  • 車両の衝突
  • 落雷
  • 隣家からの水漏れ
  • 第三者からの加害行為による損害
  • 物体の落下による損害

 

多くの情報収集前に、さくっと解決できる保険コネクトプランナーに相談をしましょう!

臨時費用

共済金が支給される場合、条件に応じて別途で臨時費用が支給されます。各臨時費用の保障内容と、保障を受けるための条件は、以下の表を参考にしてください。

  保障条件 保障額
臨時費用 火災被害にあった場合 住宅加入保障額の20%(上限200万円)
焼死 焼死者が発生した場合 焼死一人あたり100万円(上限500万円)
持ち出し家財 持ち出し家財に損害が発生した場合 家財加入保障額の20%以内(上限100万円)
失火見舞費用 第三者の建物・動産への損害を与えた場合 1世帯あたり40万円(住宅加入額の20%の範囲)
借家修復 借家が火災で損害を受けた場合 住宅加入額の20%の範囲内(上限100万円)
漏水見舞費用 水濡れ損害が発生した場合 住宅加入額の20%以内

参照:「火災共済|福岡県民共済

 

福岡県民共済が独自に展開しているサービス

では、ここで福岡県民共済が独自に提供しているサービスの概要について紹介していきます。

思いやり宅配便

まず、思いやり宅配便は、介護をする必要がある家族に向けたサービスです。お手頃な価格で高品質の介護用品を通販で買うことができるので、介護する人、介護が必要な人に最適なサービスと言えます。

参照:「思いやり宅配便|福岡県民共済

ハンキングバスケット教室

福岡県民共済の加入者は、ハンキングバスケットの作り方を教えてもらうためのイベントに参加することができます。イベントは定期的に行われていますが、定員数に限りがあるので興味のある方は、「ハンキングバスケット教室|福岡県民共済」から応募してください。

普及員の求人募集

福岡県民共済では、県民共済を幅広い方に普及するための民間人へ共済に関する説明をする普及員を募集しています。シフトが決められておらず、好きなタイミングで仕事をすることができるため子育てに忙しい主婦の方に最適なお仕事です。

また、研修や勉強会も行われているので、未経験者だからと言って心配する必要はありません。

参照:「普及員ってこんなお仕事です。|福岡県民共済

 

福岡県民共済の民間の保険と比べたときのメリット・デメリット

では、最後に民間の保険と比較した場合の福岡県民共済に加入するメリットとデメリットについて確認していきましょう。

メリット

 

掛金が一定である

民間の保険では、年齢が上がると共に保険料が上がっていきます。福岡県民共済の掛金は、1,000円、2,000円、4,000円と金額が一定であり、年齢と共に掛金の額が上がることはありません。年齢に関わらずお手軽な掛金で利用できるのは、福岡県民共済に加入する大きなメリットです。

職業審査が無い

民間の保険では、保険料の支払い能力を確かめるために、職業による審査があります。アルバイトなど職業によっては加入できないことがありますが、福岡県民共済では職業上の理由で審査に落とされることはありません。

健康上の審査が民間の保険会社より厳しくない

保険会社からすると、病気や死亡のリスクの高い人に加入して欲しくないのが本音です。民間の保険では健康面に関する審査が設けられていて、審査に通らなければ加入することはできません。福岡県民共済でも健康面に関する審査があります。しかし、病院からの診断書の提出は任意であり、民間の保険と比べて健康面に関する審査は厳しくありません。

加入者の年齢によっては掛金に対する保障額のコスパが良い

保険商品を選ぶ上で大事なことは、保険料(掛金)に対する保障額の大きさです。福岡県民共済では、お手軽な掛金で医療保障、死亡保障を受けることができますが、民間の保険と比べてお得なのでしょうか。民間の保険と比較するべきポイントは、同一の掛金に対する保障額のコストパフォーマンスが高いかどうかです。

年齢によりますが、30代~50代の方は民間の保険と比べるとコストパフォーマンスが高いと言われています。

デメリット

では、反対に福岡県民共済に加入するデメリットについて確認していきましょう。

対象年齢に上限が設けられている

まず、一点目は加入できる年齢、保障を受けることができる年齢に上限が設けられていることです。民間の保険では、年齢が上がるごとに加入できる保険商品は減っていきますが最近では高齢の方が加入できる保険商品が増えてきています。それに対して福岡県民共済に加入することができるのは69歳までです。

また、民間の保険では終身型の保険に加入することで、生涯に渡り保障を受け続けることができます。対して福岡県民共済では、保障を受けることができるのは85歳までです。

加入者の年齢によっては掛金に対する保障額のコスパが悪い

福岡県民共済は若い内は得しないと言われています。これは、民間の保険と比べて若い世代(20代)が加入した場合の保障額が、同一の掛金(保険料)に対して低いためです。

掛金は掛け捨て

民間の保険では、解約時や満期を迎えた場合に、総額で支払った保険料に応じた返戻金が受け取れる貯蓄型保険に加入することができます。県民共済では、掛金は掛け捨てであるため、解約時にお金が戻ってくることはありません。しかし、年度末決算で余剰金が発生した場合、割戻金という形で、加入者全員に配当が均等に分配されます。

他県に移住した場合は移管手続きが必要である

福岡県以外の都道府県へ移住した場合、移住先の県が運用している県民共済への移管手続きを行わなければなりません。しかし、県民共済を取り扱っていない県もあります。県民共済を取り扱っていない県に引っ越した場合は、どうすれば保障を受けることができるのか疑問です。

生命共済に関しては、移住前の県で登録した県民共済用の口座を残しておけば利用することができます。しかし、火災共済に関しては、建物に対して保障を受けるため、県民共済を扱っていない都道府県に移住した場合、保障を受けることはできないでしょう。

参考:県民共済と民間の医療保険を徹底比較|見るべきメリット・デメリット

 

どんな方が福岡県民共済に適している?

以上のことをまとめると、福岡県民共済へ加入するべき人は、民間の保険の審査を通過しなかった方や、30代~50代の方です。反対に民間の保険に加入するべき人は、20代の方や生涯に渡り保障を受けたい方になります。しかし、中には県民共済を利用しながら途中で、終身型保険へ切り替えたい人もいるでしょう。

もし途中から終身型保険に加入するのであれば、保険料が高くなり過ぎない40代から加入することをオススメします。

参照:「終身保険とは|終身保険の6つのメリットと3つのデメリット

 

多くの情報収集前に、さくっと解決できる保険コネクトプランナーに相談をしましょう!

まとめ

福岡県民共済では、手頃な金額で、幅広い層の方が民間の保険に似た保障を受けることができます。しかし、実際には民間の保険と比べた上で加入を検討するべきです。どの保障内容が合っているのかは加入する人によりけりですが、不安な方は一度、FPへ相談してみるといいでしょう。

その他に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険