全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

家計は節約・貯蓄・保険で見直し|暮らしのための保険活用法

Pocket
LINEで送る

家計の見直しをして節約・貯蓄をしたいと考える方はたくさんいると思います。電気・ガス・水道など、日々の暮らしのなかで節約して貯蓄をすることは簡単なことではないですよね。

今回は、家計を見直す際の知識と貯蓄・保険の関係性についてご紹介します。

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!


家計を見直して貯蓄を増やすコツ

貯蓄を増やすためには収入を増やすか、支出を減らす必要があります。収入を増やすことは簡単にはできませんから、支出を減らすことを考えるのが現実的ですよね。支出を減らすためには日々の暮らしに関わる家計費を見直す必要が出てきます。

この項目では、家計の見直しをする際に必要になってくる考え方についてご紹介します。

家計の項目の支出をざっくりと理解しておく

家計の見直しには、まず家計の項目や支出について、ざっくりと理解する必要があります。ちなみに、総務省による家計調査報告では世帯の平均支出は283,056円となっており、例年に比べ減少傾向にあります。

引用元:総務省|家計調査報告(平成29年度630日)

また、家計の項目と平均支出は以下の通りになっています。

引用元:総務省|家計調査報告(平成29年度630日)

上記の図表から、項目とざっくりとした支出額を掴んで行きましょう。例えば、食費であれば「だいたい75,000円」など、大まかな支出を計算し、月々の上限を決めておくと収支の把握がしやすくなります。

「固定費」と「変動費」を把握する

生活の質を上げながら家計の見直しをするためは、「固定費」と「変動費」という考えが大切です。

固定費とは、毎月支払うことが決まっているお金のことです。家賃やローン返済、インターネットの月額費用なども、固定費にあてはまります。また、変動費は、毎月支払う金額が変わるお金のことです。光熱費などは使った分だけ請求されるため、毎月金額が変わりますよね。

家計のなかの固定費や変動費を仕分けておくことで、見直す項目を洗い出すことができます。

固定費にあたる項目

変動費にあたる項目

  •  住居費(家賃、住宅ローン)
  • 各種ローン
  • 各種保険料
  • インターネットなどの通信費
  • 教育費

 

  • 食費
  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • 交際費
  • 日用雑貨購入費
  • 被服費
  • 医療費

固定費は毎月かかるお金ですので、見直して減らすことができれば、家計を大幅に節約することができます。ただし、現状として「必要だからかかっている」というお金でもあるため見直す際は慎重に検討しましょう。また、変動費は、節約額は少ないものの、比較的簡単に減らすことができる項目です。

変動費には平均額を理解し上限を決めておく!

変動費は月によって支出額が異なるため把握しにくい項目ですが、ざっくりとした上限金額を決めておくことが大切です。例えば、被服費などは「たくさん買っても月2万円以内に収める」など、上限を決めておくことで支出額を見直すことができます。

[CTA]

節約・貯蓄は楽しく取り組む

貯蓄や節約のために家計を見直す際に最も大切なことは、楽しく取り組んで「豊かに暮らす」ということです。家計を見直すことは大切なことですが、節約のために「コンセントは一回一回全て抜く」、「お風呂のお湯は半分まで」などのルールを過剰に作ってしまうとストレスにつながってしまいます。

特にご家族がいる方は、ルールを家族にも実施してもらうことになりますのでストレスが溜まってしまうようでは他のトラブルが発生することも考えられます。まずは、少しの工夫で月1万円程度の節約から実践して行きましょう。また、節約できたお金で美味しいご飯を食べるなど短いゴールも大切にしてください。

家計の見直しをする際は目的とライフプランを明確にする

家計の見直しに、事前に考えておくことは以下のようなことです。

  • 何のために(いつまでに)いくら必要か
    →月々貯蓄する金額を逆算して、見直し金額を決める
  • 今後のライフプランを考える

この項目では、家計の見直しをする前に考える目標設定についてご紹介します。

なんのために家計を見直すのか目的を明確にする

家計の見直しをする前に、目的と達成するために何をするかを明確にしましょう。なんとなく節約を初めてしまうと「特にお金が今必要な訳でもないから今月はいいや」と言って結果的に家計の見直しが崩壊してしまうこともあるので、この目標設定は重要です。

目標設定をする際は、「何のため(いつまでに)に、いくら必要で、そのために月々いくら貯蓄(節約)するのか」を考えることが重要です。目標設定の例を以下にいくつかあげてみました。

  • 子供が来年小学校に入学するので、入学用品のために20万円ほど貯金しておきたい
  • 住宅ローンを30年で完済するために、月々5万円ほど節約したい
  • 急な病気で仕事を休んだ時のために、ひとまず30万円は手元に置いておきたい

自分・家族のライフプランを考える

これから結婚をするという方や家族が増える、子供の進学を控えているなどのイベントがある方はその分のお金も必要になってきますよね。現段階では貯蓄がないという場合や家計からの貯蓄とは別に着実にお金を用意して行きたいという場合は、貯蓄性の高い終身保険や学資保険を利用することも考えましょう。

ライフプランに合わせて、現状の費用をひとつひとつ見直すことで合計するとかなりの節約ができますよ。

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

暮らしに関わる家計費を見直す

電気・ガス・水道などの光熱費は、項目に細かく分けた上で上限を決めておくことをお勧めします。また、光熱費は日々の暮らしの中で少しずつ工夫する必要があります。最初は不便に思ったり面倒に感じたりすることのある「工夫」も続けていけば「習慣」にすることができるので、無理せず気楽に実践していきましょう。

電気代を見直す

2人以上世帯の電気代の月平均は10,100円です。このことから、2人以上世帯の場合であれば電気代はおよそ1万円以下に収める必要があります。もしも、月々の電気代がどうしても1万円を超えてしまう場合は次のことを試してください。

  • 電気代の基本料金を見直す
    →ファミリー向け住居では40Aで契約されていることもありますが、足りるのであれば30Aに切り替えることで基本料金自体を抑えることができます。
  • 電気のつけっぱなしを見直す
  • 待機電力を減らす

→「使ったら消す」を日々の暮らしで習慣づけましょう。

  • 民間の電力会社に切り替える

ガス代を見直す

2人以上世帯のガス代の月平均は4,897円です。5,000円以上かかっている場合は、民間のガス会社に契約を切り替えるなどで節約する必要があります。

水道代を見直す

2人以上世帯の上下水道代の月平均は5,178円です。水道代は、節約を忘れがちな項目ですが実は少しの工夫で節約することができます。近年では、節水機能のある商品を比較的に安価に購入することができるので、試してみるのもひとつです。

  • お風呂の水を洗濯使うなど、水の再利用を心がける
  • 節水機能のあるシャワーヘッドなどに切り替える

節約と保険には大きな関係性がある|保険のムダも見直そう

保険は家計費の中で「固定費」であり、また、保険商品によっては万が一に備えながら貯蓄として活用することも可能なので家計を見直す上で重要な項目となります。補償内容が今の暮らしのニーズに合っているか、過剰な保障はないかなどを見直しましょう。

【関連記事】:生命保険とは|生命保険の種類と仕組みをわかりやすく解説!

保障内容に不要なものがないか見直す

がん保険や女性向け保険など特定の疾患に備えた保険を契約している方は、保障内容が他の契約している終身保険などで補えるかどうかなども検討してみてください。

医療特約や入院保障などで、がん保障がカバーされていたり、がん保険の中で女性特有の病気の保障があったりなど、保障内容が重複していないかを確認することで月々の保険料が安くなる場合もあります。

備えて貯蓄!?主婦が知っておくべき保険の知識

終身保険などの中には、保証期間が過ぎると解約時にお金が戻ってくる商品もあります。この解約時に戻ってくるお金を「解約返戻金」といい、保険料として払い込んだ金額に対して戻ってきたお金の率を「返戻率」といいます。返戻率の高い保険を選ぶことで、万が一に備えながら貯蓄としても活用することができます。

【関連記事】:終身保険のメリットまとめ|貯蓄性に優れ相続税の対策におすすめな理由

保険って必要?何に加入すれば良いの? こんなお悩みを保険コネクト提携プランナーが必ず解決致します!

まとめ

家計の見直しは、暮らしを見直すことにつながります。余計なものは減らしていく代わりに豊かに暮らすためのお金は増やしていく等、暮らしを見直していくことで貯蓄だけでなく生活の質をあげることも可能なのです。

この記事で、家計の見直しを考えている方の手助けができれば幸いです。

Pocket
LINEで送る

その他に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

保険ガイドブックの無料ダウンロード

保険のガイドブック贈呈中

各保険に関するおトクな情報を一冊のeBookにまとめました。
お読みいただくことで、保険選びの参考になる事間違いなし!

無料ダウンロード

  1. 保険に加入する前に知っておきたい社会保障制度

    社会保障

    保険に加入する前に知っておきたい社会保障制度

    民間の保険に加入する前に、活用すべき社会保障制度の賢い活用方法を解説します。

    無料ダウンロードする

保険ガイドのダウンロード一覧へ

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険