全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

収入保障保険のおすすめな選び方|収入保障保険の加入者の口コミを紹介

Pocket
LINEで送る

収入保障保険とは、被保険者が亡くなると年金形式(毎月または毎年)で保険金が支給される定期型死亡保険の一種です。一般の保険と違い、加入年数が長くなるほどにトータルで受け取れる保険金の額が減っていくことから、「三角の保険」と言われています。

低額な保険料で、ライフステージに合わせた保険金が保障されるため、保険料を安く抑えたいけど残された家族の生活を保障したい方に、収入保障保険はおすすめの保険です。これから収入保障保険に加入する方は、評判の収入保障保険の保障内容や、口コミについて気になると思います。

そこで今回の記事では、人気の収入保障保険の保障内容や、自分に適した収入保障保険に加入する方法について説明していきます。

参考:「収入保障保険とは|最大の特徴とメリット・デメリット

 

収入保障保険ランキング(調査期間:2017/5/1~2017/7/31)

「価格.com」が2017年5月~7月末日に集計したアンケートによると、収入保障保険の人気商品は以下の通りになりました。

  サービス名称 月額保険料 死亡年金(月額)
1位 アクサダイレクトの収入保障2 2,790円 10万円
2位 家族をささえる保険Keep [キープ] 2,830円 10万円
3位 収入保障保険プレミアム 3,630円 10万円
4位 メディフィット収入保障 3,398円 10万円
5位 収入保障保険 マイディアレスト 3,340円 10万円

※30歳男性・年金月額10万円・保険料払込期間60歳満了

※引用元:「価格.com – 収入保障保険ランキング | 人気売れ筋ランキング

※保険期間中までの月額10万円が受け取ることができる

1位:アクサダイレクトの収入保障2

アクサダイレクト生命が提供する「アクサダイレクトの収入保障2」は、保険料が手ごろにも関わらず、申込時に医師からの診断が不要なために、多くの方がおすすめする収入保障保険です。一般的に収入保障保険は、非喫煙者を優遇する傾向にありますが、「アクサダイレクトの収入保障2」は喫煙によって保険料が変動することがありません。

保障内容

保障内容は、死亡保障と高度障害保障を受けることができます。

  • 死亡保障:被保険者の死亡時に月10万円の保険金が支払われる保障
  • 高度障害保険金:被保険者が約款で示された高度障害時になった時に月10万円の保険金が支払われる保障

 

アクサダイレクト生命の口コミ

57歳・女性(家族構成:既婚・子供2人)
メットライフアリコで、給付金付きがんと給付金付き医療、定期死亡の3つの保険に入っていたが、銀行ローンを完済したので、会社を変えずに見直しをしようとしたがよい商品が見つからなかったため、会社を変更して比較することにしました。
自分で保険の比較をするのが初めてのことでしたが、ネットで比較検討し、申し込み方法がネット申込みであっても最終的にはやはり電話で相談できたため、アクサダイレクト生命で契約しました。
相談している中で、死亡保険を手厚くする段階は終わっていることを確信させてくれた誠意あるアドバイスを信頼できました。自分でも何となくそのように考えてはいましたが、コールセンターの人が真摯に応答してくれたので、必要な保険はどれなのか、自分で考える事が出来ました。
ネット通販そのものに不慣れな人間に対して、始めから親切な雰囲気のコールセンターでした。webそのものも、入力するだけでいろいろな保険内容と保険料をすぐに計算してくれるページになっており、初めてだったが分かりやすかったです。また、ページの保存機能も高く、何日もかけて、ゆっくり考えるのに便利な機能のwebサイトでした。ネットだけで全て契約を完了するのは、最後に不安が残るので、ネット画面を見ながら、何回もコールセンターの人へ教わりながら検討させてもらえた点が、加入するにあたり一番大きいポイントとなりました。
他の保険会社の中には、コールセンターを利用するならネット割引はできない、という断りのあるところもあったので、アクサダイレクト生命は両方の良いところを問い合わせる側に提供している点が評価できます。
自分の銀行ローンが終わったので、死亡保険を手厚くするより、長生きすることへ予算を使う方がよいと考え、アクサダイレクト生命の相談窓口の人も賛成してくれたので、納得して医療保険だけにしました。死亡保険はいくら高額にしても、自分のためには使えない、とストレートに教えてくれた点が信頼できました。

 

57歳・男性(家族構成:既婚・子供3人)
長年付き合いがあったセールスのがん保険が満期を迎えることになりましたが、どこかで安くて良い保険はないかと自身で探していたとき、インターネットで調べてみたら「アクサダイレクト生命」の保険が目に留まり、コールセンターに電話をして問い合わせをしたところ、非常に応対の良い女性が親切に説明してくれたため加入することを決断しました。
月々の支払い料金が安いのに保障内容が充実していることが大きな決め手となりましたが、コールセンターに問い合わせをしたときに応対してくれたスタッフさんが「待機期間(発症前)があることなど事細やかなことまで説明してくれたことが最大の決め手となりました。
高額な保険料を支払わなくてもインターネットという手段を使うことで、価格を抑えて内容・保障ともに自分の好みに合わせて満足のいくがん保険を契約することができて満足しています。ただ、実際に保険金を請求したことはない(がんと診断されたことがまだないし、これからも診断されたいとは思わないが)ので、保険料が妥当かどうかはよくわからないというのが本音です。

引用:「口コミ|アクサダイレクト生命

 

2位:家族をささえる保険Keep [キープ]

保険会社は、健康状態の優れない方や喫煙者など、保険金を支払う可能性の高い加入者の保険料を高く設定する傾向にあります。オリックス生命が提供する「家族をささえる保険Keep」も、「アクサダイレクトの収入保障2」と同様に、加入者全員の保険料が一律です。

保障内容

「家族をささえる保険Keep」の保障内容、特約の内容は以下の通りになります。

  • 死亡保障:被保険者の死亡時に月10万円の保険金が支払われる保障
  • 高度障害保険金:被保険者が約款で示された高度障害時になった時に月10万円の保険金が支払われる保障
  • 保険料払込免除:被保険者が約款で示された身体障害になった場合に保険料の支払いが免除される

 

3位:収入保障保険プレミアム

チューリッヒ生命が提供する「収入保障保険プレミアム」は、健康体の方がおすすめする収入保障保険です。非喫煙者の保険料は、喫煙者の保険料と比べて安く設定されています。

保障内容

以下、「収入保障保険プレミアム」の主な保障内容と特約の内容です。

  • 死亡保障:被保険者の死亡時に月10万円の保険金が支払われる保障
  • 高度障害保険金:被保険者が約款で示された高度障害時になった時に月10万円の保険金が支払われる保障
  • 就業不能給付保障:特定の病気により就業不能になった場合に年金が支払われるタイプの保障
  • 保険料払込免除:被保険者が約款で示された身体障害になった場合に保険料の支払いが免除される
  • セカンドオピニオン:主治医以外の意思に意見を求めることができるサービス

 

チューリッヒ生命の口コミ

49歳・女性(家族構成:独身)
それまでの保険が満期になり、かなりの額の保険料を払っていたため、家計の見直しも含めていろいろ資料や情報を集めました。雑誌や本も読み漁り、自分なりに比較もしました。がんにかかった時に怖い、心配だなと思い、がん保険も中心に調べました。
何となく日本の昔からある大手の保険会社はあまり頭にはなく、かつあまり名の知られていない会社も信用できなさそうで、格付けも悪くはなかったので、加入を決めたきっかけではなかったかと思います。たくさん資料を集めて検討した中で、保険料、保障内容などが、当時の自分に合っていたためチューリッヒ生命の保険にきめました。
がん保険にけっこうこだわっていたので、その部分の保障がしっかりされていたのが良かったと思います。 ネットで自分で情報を集め、検討し、余計な話を聞かずに済むことができる契約方法だったのも良かったかもしれません。あと、単純に名前も好きです。保険金の請求に関しては、実際に行ったことがないのでどこまで誠実なのかは正直わかりません。
ただ、十数年、この会社のがん保険に加入していますが、特に困ったことや問題はありません。保険料も自分の納得できる額です。顧客対応は、そんな場面になっていないので全く判断できないですが、大丈夫ではないかと思っています。契約内容も多分、妥当なのではないでしょうか。比較し始めるときりがないです。何より、名前が好きです。

 

37歳・男性(家族構成:既婚・子供2人)
1人のときは特に必要ないかと思っていたけど、3月に結婚して、子供もできて、家族のことをかんがえたら加入したほうがいいのかなぁと思い加入しました。チューリッヒ生命にしたのは、なんといっても保険料がやすくて保障内容がいいからかなと思います。
他の保険は、費用が安くても保障内容があまりよくなかったり、逆に保障内容がよくても保険料が高かったり、保障内容と保険料のバランスがあまりよくなかったため、バランスの取れているチューリッヒ生命を選びました。顧客対応は迅速でわかりやすく、ていねいな対応で満足でした。

引用:「口コミ|収入保障保険プレミアム

 

4位:メディフィット収入保障

メディケア生命が提供する「メディフィット収入保障」は、必要な保障額に合わせて保険設計が可能であるため、保障内容を自分で決めたい方がおすすめする収入保障保険です。健康状態が優れている方は、保険料が格安になります。

保障内容

保障内容、特約の内容は以下の通りになります。

  • 死亡保障:被保険者の死亡時に月10万円の保険金が支払われる保障
  • 高度障害保険金:被保険者が約款で示された高度障害時になった時に月10万円の保険金が支払われる保障
  • 保険料払込免除:被保険者が約款で示された身体障害になった場合に保険料の支払いが免除される

 

5位:収入保障保険マイディアレスト

メットライフ生命が提供する「収入保障保険マイディアレスト」は、給付金という名目で毎月、保険金が支給される上に、保険期間中に一時金が通算で3回、受け取ることができる収入保障保険です。

保障内容

保障内容と特約の内容は以下の通りになります。

  • 死亡保障:被保険者の死亡時に月10万円の保険金が支払われる保障
  • 高度障害保険金:被保険者が約款で示された高度障害時になった時に月10万円の保険金が支払われる保障
  • 保険料払込免除:被保険者が約款で示された身体障害になった場合に保険料の支払いが免除される
  • リビング・ニーズ特約:余命6ヵ月以内と判断された場合に、生存中に死亡保険金の一部を受け取ることができる特約

 

 

収入保障保険に加入する上で確認しておくべきこと

続いて、収入保障保険へ加入する前の確認事項について説明していきます。

収入保障保険に加入するべきかどうか

まず、自分が収入保障保険に加入するべきかどうかを確認してください。収入保障保険は、お手頃な保険料で、死亡保障を受けることができますが、その反面、以下のようなデメリットがあります。

  • 年齢と共に保険金の額が減っていく
  • 解約返戻金が受け取れない

収入保障保険は、収入の少ない20代や、扶養家族が多いため一般の死亡保険に加入する余裕がない方におすすめの保険ですが、収入に余裕のある方は別のタイプの死亡保険を検討するべきでしょう。死亡保険のタイプによっては、医療保障付の死亡保険もあれば、一定期間だけでなく生涯に渡り保障を受けることができる死亡保険もあります。

どの死亡保険が自分に合っているのかわからない方は、FPに相談しましょう。

保障が必要な時期と必要保障額

収入保障保険は、自身のライフプランに合わせて保障額を設定することができる保険です。ご家族を扶養する被保険者の収入や、子供が自立するまでの期間によって、必要な保障額や保障期間は異なります。そのため、加入前に、どのくらいの保障額が必要なのか、保障が必要な時期はいつなのかを明確にするべきです。

勤め先の会社の死亡退職金

自分が死亡した場合、勤務先の会社がどれくらいの死亡退職金を支給してくれるのかを確認しましょう。死亡退職金の額によって、収入保障保険によって保障するべき保険金の額が異なるからです。

 

自分に適した収入保障保険に入るためには?

では、自分に合った収入保障保険に加入するためには、どうすればいいのでしょうか。以下、収入保障保険の選び方を紹介していきます。

健康状態に合わせた保険を選ぶ

保険商品によっては、健康状態が審査条件や保険料に影響を与えます。非喫煙者など健康体の方は、健康体の方を優遇する収入保障保険が適しているかもしれません。一方、喫煙者の方には、健康状態に関わらず、保険料が変動しない収入保障保険をオススメします。

自分に適した保障内容の保険を選ぶ

保険商品によって保障内容や、特約は異なりますが、加入する人の状況によって適切な保障内容は異なります。

共働きでない世帯は保険料払込免除がおすすめ

年金払込期間の満期を迎える前に、被保険者が亡くなった場合、残された家族が払込期間を終えるまで保険料を支払わなければなりません。保険料払込免除は、被保険者が死亡した場合に残りの払込期間の保険料の支払いを免除するための保障です。

配偶者の方が専業収入である、または収入が少ない場合に、この保障がついている収入保障保険をおすすめします。

自営業者は就労保障・介護保障がおすすめ

会社員の方は、病気や怪我で働くことができなくなった場合に、国から傷害手当金または障害年金を受け取ることが可能です。しかし、自営業者の方は、会社員と比べ障害年金が低額な上に、傷害手当金が支給されません。そのため、自営業者の方は、就労保障や介護保障付の収入保障保険に加入することをおすすめします。

保険料を積み立てたい方は無解約返戻型がおすすめ

一般的に収入保障保険の保険料は、掛け捨てであるため、解約時や満期にお金が返ってきませんが、保険料の積立が可能な無解約返戻型の収入保障保険も中にはあります。無解約返戻型は、途中を解約した場合の返戻金はありませんが、満期を迎えた場合の返戻金があるタイプの保険です。もし、保険料を積み立てたい方は、無解約返戻型の収入保障保険をおすすめします。

FPに相談して選ぶ

もし、自分でどの収入保障保険に加入するべきかわからない方は、FPに相談しましょう。相談者のライフプランに合わせて、最適な保険プランを提案してくれるからです。
参考:「ファイナンシャルプランナーの無料相談先と信頼できるFPの選び方

 

まとめ

どの収入保障保険に加入するべきかは、加入する人の状況によって異なります。そのため、特定の保険商品をおすすめすることはできません。保険を選ぶ上で、当記事を参考にしていただけたらと思いますが、保険選びをする上でFPに相談することもおすすめします。

Pocket
LINEで送る

収入保障保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険