全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

生命保険とは|仕組み・加入目的・保障内容・必要性をわかりやすく解説

生命保険に入るべきか悩んでいるものの、生命保険に入る目的や保障内容などがわからず困っている人もいるでしょう。この記事では、生命保険に加入する目的や役割、保障内容、生命保険への加入の必要性を判断する基準をお伝えします。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

生命保険(せいめいほけん)とは、人が亡くなったり病気にかかった際の損失を補填する目的を持った保険のことで、保険加入者が死亡または病気になった際に保険金が支払われる仕組みのことをいいます。

生命保険の主な種類としては死亡保険、医療保険、がん保険、学資保険などがありますが、いずれにしてもなんらかの病気やケガに対するリスクに備えるものだとお考えいただくとよいでしょう。

「生命保険に加入したほうがいいよ!」などと知人に勧められたり、保険会社のセールスから声をかけられたりしたことがある方もいるかもしれません。もしかしたら、親の言われるまま、知人の言われるままに加入したかたもいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、保障内容がよくわからないまま保険料を払い続けるのはもったいないことです。そこで今回は『生命保険とは何か?』ということを、基本的な仕組みからその種類まで、生命保険の全体像をつかめるように解説します。

 

生命保険とは|加入する目的とその仕組み

生命保険に加入する目的をきちんと把握せずに契約してしまうと、万が一のときに保険金が少なすぎて役に立たなかったり、毎月の保険料を払うのが大変になったりします。そこで仕組みを併せて理解すると保険とは本来どういうものなのかがわかりますので、ぜひご覧ください。

生命保険に加入する目的

生命保険に入る目的は、収入の柱になっている人に万が一のことがあったときにでも、ご家族が安定して生活できるようにすることです。

もし、ご主人様一人の収入でご家族の生計を立てている場合、ご主人に万が一のことがあったら大変です。収入が0になってしまい、ご家族が路頭に迷うことになるからです。

生命保険に加入しておくことで、万が一働くことができなくなったとしてもお金が入るので、ご家族が生活していけるようになります。『万が一の時にでも生活していけること』これが生命保険加入する目的です。

ただし、万が一のときの保険金の額を増やすために、月々の保険料を増やしすぎてしまうことには注意してください。日々の生活が圧迫されてしまいますし、最悪の場合、お金が足りず解約せざるを得ないケースが発生する可能性があるからです。

生命保険の仕組みとは

生命保険は、お互いに助け合うという意味の相互扶助(そうごふじょ)の精神が基礎として成り立っています。

大きな財布の中に皆でお金を入れていき、いざという時にはそこからお金を出します。皆で大きな財布を共有しているイメージをするとわかりやすいでしょう。つまり、自分の支払う保険料は、自分のためでもあり、誰かのためのお金でもあります。

ちなみに、生命保険の仕組みを最初につくったのは、『ギルド』という、中世ヨーロッパ時代に存在した集団だと言われています。

この集団は同じ職業の人たちの集まりで、皆で少しずつお金を出し合い共有資産とし、誰かが起業したいときの資本金、病気になったときの治療費などはこの共有資産の中から支払っていました。これが生命保険の始まりです。

 

生命保険の6つの種類と主な特徴

ここまでは死亡保険と生存保険に触れましたが、続いては生命保険の払込期間や保障期間における種類について見ていきましょう。生命保険は一般的に

  1. がん保険
  2. 学資保険
  3. 個人年金保険
  4. 定期型・終身型
  5. 養老保険
  6. 収入保障保険

上記の6種に大別されます。

種類1:がん保険

がん保険はがんに特化した保険であり、がん診断給付金やがん入院給付金、がん手術給付金などがんになったときにかかるあらゆる出費に対応していることが特徴です。

がん保険には、終身型と更新型の種類があったり、支払い日数の限度があったりとさまざまな特徴がありますので、ぜひ以下の記事にてご覧ください。

がん保険とは|保障される5つの給付金と医療保険との違い
がん保険の通院保障とは|通院保障の特徴と必要性
がん保険加入時の告知は義務|告知内容と告知義務違反の知識
がん保険を比較して自分に合ったがん保険を選ぶ為の全知識
がん保険の選び方ガイド|自分に必要な保障を考えて賢く保険を選ぶ方法

種類2:学資保険

学資保険とは、子供の養育・教育費の補助を目的とした保険です。あらかじめ設定した満期時には満期金、入学時には入学祝金などが受け取れ、子供の医療保障や親が亡くなった場合の保障も追加できます。

学資保険とは?加入前に知っておくこと・選び方のポイント

種類3:個人年金保険

個人年金保険とは、保険料を積み立て、公的年金が受け取れる年齢になった際に、公的年金とは別に個人でも月々いくらという形で年金が受け取れる保険のことです。老後の備えとして近年注目が高まってきています。

個人年金保険とは?加入前に知っておくこと・選び方のポイント

種類4:定期型・終身型

定期保険

定期保険10年ごとや20年ごと、定期的に更新(または乗り換え・解約)をする生命保険です。定期型の特徴は、若い時期には保険料が安く、年齢を重ねるごとに高くなっていくことです。

保険料は死亡する確率に基づいて決められます。その確率は年齢が上がるにしたがって上がりますから、年を取るごとに保険料は高くなります。

もう1つの特徴は、見直しがしやすいことです。見直しとは先ほど触れましたが、生活シーンの変化に会わせて保険の内容を変更することです。また生活シーンは変わらなくとも、より条件のいい保険商品を見つけた時に乗り換えやすいといったメリットもあります。

参考:定期保険の仕組みとメリット・デメリット|他の保険との比較

終身保険

終身保険は、保障が一生涯つづく生命保険です。60歳まで、65歳まで、または一生涯など保険料の払込期間は自分で選択できます。払込期間というのは、保険料を払う期間のことで、保険期間とは異なるので注意が必要です。

支払う期間が短ければ月々の負担は重くなります。しかし、終身保険の場合は早めに払い終えることで、一生涯の保障を早い段階で得ることも可能です。

終身型の特徴として、契約時から保険料が一切あがらないことが挙げられます。これは資金計画がしやすくなるのがメリットですが、見直しがしにくいといったデメリットもあります。また定期保険よりも保険料は割高なので(特に若いとき)、加入するタイミングが肝心です。

参考:終身保険とは|終身保険の6つのメリットと3つのデメリット

種類5:養老保険

養老保険は、生存保険と死亡保険が混ざった生死混合保険という種類の保険で、貯蓄性の非常に高いのが特徴で、保険期間中に死亡した場合は死亡保険金が、満期(契約時に決めます)まで生存していた場合は満期保険金が支払われます。満期保険金の金額は死亡保険金と同額です。超長期の定期預金をイメージするとわかりやすいでしょうか。

利用方法は主に、老後の資金の確保です。例えば退職前に5年間で500万円を養老保険として支払い、会社を引退した後に受け取るといった活用法があります。貯蓄をするのが苦手な人には向いています。

参考:養老保険とは?~絶対に知っておきたい9の知識~

種類6:収入保障保険

収入保障保険は通称『三角の保険』といわれています。今まで紹介した保険は保険金が契約時から終了まで一定でしたが、収入保障保険では保険金額が変化し、保険期間が経過するごとに保険金額は減少していきます。

収入保障保険では、年間あたりの受け取り保険金額が決まっています。したがって残りの保険期間×年間あたりの受け取り保険金額が、総額となります。満期日に近づくにつれて受け取り年数が減っていくために、保険金額も減るという仕組みです。

参考:収入保障保険とは|最大の特徴とメリット・デメリット

これは一見、損をするように感じるかもしれませんが、そうではありません。例えば、子供が成人を迎えるまでに親に万が一のことがあった場合に、親として子供の養育費を残しておきたいとします。ここで必要なお金を計算しようとすると『子供が成人するまであと何年か』によって計算結果は変わりますね。

成人まであと8年であれば8年分の養育費が、10年であれば10年分の養育費が必要になります。収入保障保険はそれに対応するように保険金額が変動するため、ムダのない保険であるといわれています。

就業不能保険

就業不能保険とは、保険加入者が病気やケガをしてしまい長期にわたり働くことができない場合に、治療費や生活費のサポートをしてくれる保険のことです。個人事業を営む方には特に重宝する保険ですが、精神障害には対応していません。

よりに詳しいことについて、以下の記事にてお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

就業不能保険とは?加入前に知っておくこと・選び方のポイント
収入保障保険の状況別シミュレーション|損の少ないプランとは
収入保障保険の4つの比較ポイントと収入保障保険を選ぶ基準

生命保険の2つの保障内容

生命保険と聞いた時に浮かぶイメージはおそらく、『保険加入者が死亡したら遺族にお金が支払われる』といったものでしょう。半分正解です。これは生命保険の中では『死亡保険』と呼ばれます。

実はこの他に『生存保険』というものもあります。これは、ある時点まで生存した場合、保険金が支払われるというものです。ある時点というのは、例えば60歳、65歳など、保険会社と契約を結ぶ時に決めます。

保障内容1:死亡保障(死亡保険)

死亡保険とは、万が一、保険加入者が亡くなった場合に、家族の今後の生活費や子供の学費などを保障してくれるものです。高度障害状態になった時にも保険金を受け取ることができます。

生命保険とは?加入前に知っておくこと・選び方のポイント

保障内容2:医療保障(医療保険)

医療保険とは、保険加入者が病気やケガをした時にかかる治療費の負担軽減のために作られた保険です。通院時、入院時、手術時など、保険金が受けとれるタイミングは希望に応じて設定することができます。

医療保険とは?加入前に知っておくこと・選び方のポイント
医療保険の役割や保険種類|今さら聞けない疑問をわかりやすく解説
【完全版】賢い医療保険の選び方|見るべき6つのポイントを徹底解説
医療保険は不要?不要な理由と医療保険の必要性が低い人
医療保険の見直し相談をする際のおすすめ無料相談先と相談内容

生命保険の保険金と保険期間・保険料について

生命保険の保険金と保険料とは

生命保険を理解するのに欠かせないのは『保険金』と『保険料』です。字面はとても似ていますが意味合いは全然違います。保険金は、保険会社が私たちに支払うお金です。保険料は、私たちが保険会社に支払うお金です。

この違いはしっかりと覚えておきましょう。保険金はもらうもの、保険料は払うもの、です。大きな財布の例えでいえば、財布から出すお金が保険金で、財布に入れるお金が保険料です。実質的には同じお金ですが、役割が違うのです。

生命保険料はどのようにして決まるのか?

つづいては保険料の仕組みを見ていきましょう。私たちの支払う保険料は、『予定率』という数字を使って計算されます。予定率は、『予定死亡率』『予定利率』『予定事業比率』の上記3種類の確率の総称になります。それぞれの詳細を以下で見ていきましょう。(参考:生命保険文化センター

決定要因1:予定死亡率

保険金を滞りなく支払うために、どれくらいのお金が必要かを計算するときに使います。性別・年齢別の死亡者(生存者)数の過去の統計データから今後のそれを予測します。

決定要因2:予定利率

予定利率はざっくりいうと『今後、運用してどれだけお金を増やそうか』という予想です。予定利率が高ければ保険料は安くなり、低ければ反対に保険料は高くなります。運用して増やすことができるならば、集めるお金も少なくてよいのです。

バブル期(1980年代)のように予定利率が高かった時代に契約された終身保険では『逆ざや』のものもあるようです。逆ざやとは、予定利率よりもお金が増えなかったため、保険会社が損をしてしまう現象です。

予定よりも多く増えれば、運用益は保険会社のものになりますが、反対であれば、保険料だけでは足りない分を保険会社が負担しなければなりません。

決定要因3:予定事業比率

予定事業費率とは、保険会社が事業活動をするために、いくらくらいの費用がかかるのか、といった予測です。保険契約を結ぶ際の人件費、それを維持・管理する費用などが見込まれています。

生命保険の保険期間

次におさえたいのは生命保険の保険期間です。保険期間とは、保険会社と契約を結んでから契約が終了するまでの期間のことです。期間は10年や20年、または一生涯など、保険の種類によって異なります。また、保険契約を結ぶ際に決めるものもあります。

生命保険に加入する場合はどれくらいの期間、保障が継続して欲しいのかを考えましょう。例えば貯金が貯まるまでなのか、一生涯なのか、人それぞれですが自分の目的に合うように設定することが大切です。

純保険料|付加保険料

私たちの支払う保険料は『純保険料』と『付加保険料』の2種類に分かれます。純保険料は、保険金や積立金にあてるためのお金で、付加保険料は保険会社が存続するための費用に充てるお金です。

純保険料だけでは保険会社の従業員や諸々の諸費用をまかなうことはできませんから、付加保険料が必要になります。つまり基本的には、保険加入者は保険料が上がれば上がるほど(特約などのオプションをつけるほど)損をする、といった感覚を持った方がいいでしょう。

配当金

配当金は簡単にいうと、保険会社が予想よりもお金が増えた場合に加入者に配られるお金です。生命保険の商品を探していると、『配当あり』や『無配当』といった記載を見かけると思いますが、これは保険会社の余剰金(加入者から預かった保険料から保険金と事業経費などを差し引いてあまったお金)が、自分の手元に配られるか配られないかの違いです。

解約返戻金

解約返戻金は、保険を途中で解約した場合に戻ってくるお金のことで、定期保険や収入保障保険は解約返戻金のないものがほとんどですが、終身保険や学資保険、養老保険など、貯蓄性の高い保険においては解約返戻金がついています。

いくら戻るのかを示す数値を『返戻率』と呼び、70%や80%など、パーセンテージで表しますが、実際いくら戻ってくるかは加入している保険の種類、保障内容によって変わります。貯蓄性のある保険に加入する際は必ず確認するようにしましょう。

生命保険には『見直し』がある

『生命保険は基本的に見直すもの』、これは必ず覚えておきましょう。生命保険は一度加入したら放っておいてもOK!ではありません。保険金や保険料、保険期間の見直しが必要です。なぜなら生活シーンが常に同じことはあり得ないからです。

例えば学校を卒業して社会人になり、パートナーと出会い、結婚、子供ができて、やがては退職をします。それぞれの生活シーンで、常に同じ内容の保険に入っていては意味がありません。とくに子供がいる場合は養育費がかかりますから、放置していて、いざという時に保険金額が足りなかった!ということにもなりかねません。

また反対に、必要以上に保険金額を高くしていた場合、ムダに高い保険料を納めることにもつながります。そういった事態を避けるためにもシーンに合わせて『生命保険は基本的に見直すもの』ということを覚えておきましょう。

【参考】
▶『保険の見直しを検討するタイミングや時期は?

 

生命保険の必要性を判断するポイント

次に、生命保険は本当に必要なのかどうかを考えてみましょう。

ポイント1:生命保険への加入率

下図は『平成以降の生命保険加入率の推移』です。調査対象が2名以上の世帯のため、独身の方を含めるともう少し加入率は下がると考えられますが、全体を平均すると【89.2%】の加入率となっています。

参考: 生命保険文化センター

年代別の生命保険加入率

参考: 生命保険文化センター

これは平成27年度の生命保険加入率ですが、年代別で見てみると、35歳~69歳までの年代で90%の加入率です。おもな理由として考えられるのは、子供が産まれて定年退職をするまでの間は、生命保険に加入している人がほとんどであるということでしょう。

参考:生命保険の加入率|加入目的と生命保険の必要性

ポイント2:生命保険の必要性の高さ

生命保険の必要性が高いケース

お金を残したい相手がいる 生命保険の保険金が支払われるのは被保険者が死亡した時ですから、お金を残したい人がいるかどうかが、まずは大きな判断ポイントになるでしょう。
貯金が苦手 預貯金はいつでもお金を引き出せるためにお金の自由度が高く、使ってしまいがちです。その点、保険であれば簡単に引き出すことはできないので強制的に貯蓄をすることが出来ます。
一時的に保障が欲しい 「一時的に保障が欲しい」といった場合にも生命保険は活用できて、種類の中では定期保険が向いています。終身保険は、契約以降は保険料が変動しないために資金計画がしやすいメリットがあります。
今後の生活がとにかく不安 保険は万が一に備えるためのものですので、仕事上危険な現場が多いとか、今後どのような病気にかかるかわからないという不安が大きな方は保険への加入はおすすめです。

生命保険の必要性が低いケース

お金を残す人がいない 生命保険は万が一の事態に備えるものですから、基本的に誰かにお金を残すことになります。だれに残すのか決めてもいないのに生命保険に加入する必要はありません。
貯蓄が充分にある 貯蓄が充分にある方は、わざわざ生命保険に加入する必要はないでしょう。
まだ若く独身である 例えば20代で独身の世帯であれば生命保険に加入する必要はないでしょう。
必要性を感じない これは当たり前かもしれませんが、必要性を感じていない場合にはわざわざ加入する必要はありません。

【関連記事】
始まりから考える生命保険の必要性|必要な人とそうでない人

 

生命保険の選び方で参考になるポイント

定期型を選ぶとよい人 見直しをしながら保険を活用したい方これから貯金をするつもりの方まだ保険に加入するかどうか迷っている方
終身型を選ぶとよい人 長期的な資金計画を立てたい万が一に備えつつ貯蓄もちゃんとしたいなど
養老保険・個人年金保険を選ぶとよい人 確実に貯蓄をしたい老後のためにお金を用意しておきたい
収入保障型を選ぶとよい人 長期的に保険金を受け取りたい遺族を支える為のお金を残したい など

参考:生命保険を目的別で選ぶ際に考えておくべき事

 

まとめ

いかがでしたか?

生命保険の歴史から考えると、『万が一に備える』といった目的が第一で、金融商品のような使い方はその応用といえます。これから加入する方も、なんとなく加入している方も、自分にとって、生命保険がどのような役割を果たすのかイメージを固めていきましょう。

【関連記事】生命保険のことをもっとよく知る。

生命保険を考えている人は本記事に書かれていることに加えて細かいことまで把握しておくと、契約時に有利に契約できたり、後々に損することが減るでしょう。特約を使って支払保険料を節約できたり、積み立て保険を利用して、うまく老後の貯金をすることができたりするからです。

細かいことに関して、以下の記事にて記載しておりますので、ぜひご覧ください。

生命保険の加入率|加入目的と生命保険の必要性
生命保険の平均まとめ|平均の保険料・年齢・保険金
生命保険の格付けとは?絶対に知っておくべき基礎知識
生命保険の特約の全て|特約の種類から必要性の検討まで
生命保険を徹底比較!掛け捨てと積み立ての正しい選び方

 

おすすめ関連記事

>>生命保険の選び方を徹底解説|年代・掛け捨て・貯蓄で選ぶポイント

生命保険の選び方を解説している記事です。年代や目的別にどのような保険が合っているかをご紹介しています。

 

>>収入保障保険とは|生命保険との違いや保障内容、デメリットまで【完全版】

死亡保険金が月々定額で支払われる「収入保障保険」についての記事です。生命保険との違いや見逃せないデメリットなどをご紹介しています。

 

>>生命保険を解約する時に知るべきこと|返戻金や注意点、解約する方法など

生命保険の解約について解説している記事です。解約返戻金はいくらもらえるのかや、解約するときに注意すべきことなどをご紹介しています。

 

>>死亡保険とは│主な4種類の保険と保険料・死亡保険金の必要額を解説

加入者が死亡した際に残された遺族に対して保険金が支払われる「死亡保険」についての記事です。死亡保険の保障内容や、主な種類、保険料などについてご紹介しています。

 

>>女性は生命保険に加入すべき?女性の保険選びに必要な3つのポイント

女性は生命保険に加入すべきかどうかについて考えている記事です。普通の生命保険と女性向けの生命保険の違いや、女性の保険の選び方などをご紹介しています。

生命保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険