全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

20代の生命保険|保険の基本と加入する必要性の判断基準を解説

20代の方が生命保険に加入する必要はあるのでしょうか。多くの場合保険に入る必要性は無いと言われていますが、保険に加入すること自体は悪いことではありません。そこで今回は、生命保険に加入する必要性と判断基準を解説します。

Pocket
LINEで送る

保険選びに困っている方は多いのではないでしょうか。現在では生命保険会社だけをピックアップしても約40社もありますし、各保険会社が用意する保険は当然ひとつだけではありませんから、膨大な数から選ぶことになりますね。

各保険会社が二つずつ用意していた場合でも80種類、3つの場合は120種類もの中から選ぶことになります。厳密にいうともう少し絞られてくるとは思いますが、こんなにたくさん選択肢があっても、どれが良いのか決められないですよね。保険を選ぶためには保険の基礎知識や選び方の判断基準を知っておく必要があります。そこで今回は、あなたにとってベストな保険を選ぶための知識をお伝えします。

【関連記事】20代が入るべきおすすめの生命保険とは|必要性や選び方を解説

 

保険の基本

保険と一口にいっても、生命保険をはじめ医療保険、自動車保険、バイク保険、火災保険や地震保険などさまざまなものがありますね。詳細を見ていくと、それぞれ選び方のポイントは異なります。保険そのものの仕組みが異なりますから、保険の選び方といっても一口には語れません。

そこで、まずは保険の基本をおさえましょう。基本をおさえることでさまざまな保険に応用を効かせ、自分自身が納得した選択ができます。ここでは生命保険や医療保険などの、「人に対する保険」について見ていきます。

保険の仕組み

保険は、契約者から集めたお金をみんなの共有財産として使う仕組みになっています。みんなで、大きな財布ひとつを共有するイメージをすると分かりやすいでしょう。契約者にケガや病気などの問題が生じた場合に、大きな財布からお金をだして助けようという考え方です。

13世紀〜15世紀あたり(中世ヨーロッパ時代)にあった、「ギルド」という組合のような組織がはじまりといわれています。ギルドでは、同じ職業の人同士でお金を積み立てて、事業が傾いた時の資金源にしたりしていたそうです。

保険には歴史があり「相互扶助」の考えが根本にあることが理解いただけたでしょうか。繰り返しますが、「大きな財布をみんなで共有する」イメージですね。

保険は万が一の事態に備えるもの

保険は「万が一」の事態に備えるものです。事故や病気などで急にたくさんのお金が必要になってしまった時や、収入が途絶えてしまうような事態に備えておくのが保険の基本です。「ほとんど起こらないけど、もし起きてしまったら困るもの」のためにお金を積み立てていく感覚ですね。

自分が備えたい(備えるべき)ものは何なのかを見極めて、必要最小限のお金を積み立てておく方が望ましく、備える必要のない事態にお金を積み立てるのはムダですし、保険会社が喜ぶだけです。保険会社が余計な特約などをすすめて来た場合は疑った方が無難です。

高さと幅

これは主に生命保険に言われますが、保険選びの基本には「高さ」と「幅」といった概念があります。高さは保障して欲しい金額を指し、幅は保障がつづく期間を指します。つまりどれくらいの保障(金額)が、どれくらいの期間、継続してほしいかを考えることが保険選びのポイントです。

高さと幅は、収入や支出の状況、家庭状況によって異なります。例えば単身世帯であれば、 だけ準備すれば十分といえるでしょう。しかし結婚をして子供がいる世帯で、あなたが一家の大黒柱であればそうはいきません。妻の生活費や子供の養育費など、さまざまなお金を用意しなければいけませんね。

このように、自分の状況によって適切な高さと幅を考えることが保険選びの基本となります。

保険は定期的に見直すもの

保険は加入したら放っておいて良いものではありません。なぜなら身の回りの環境は、時間とともに変化していくからです。現在は単身世帯でも、いずれは結婚し、子供を授かるかもしれません。また会社員生活を終え、引退したあとでは生活がガラッと変わりますね。

生活シーンによって必要な保障は変わりますから、そのつど保障内容が適切かどうかを見直す必要があります。例えば子供が社会人になったときは、子供の養育費を考慮した保険は必要なくなりますね。人生においての節目はたいてい、保険の見直し時期でもあります。

保険を一から勉強するとなると膨大な時間と労力がかかります。記事を読んでも知識がないとわからないといった方も少なくありません。そのような方のために保険のプロがいます。少しでも不安な方は保険のプロにご相談されることをおすすめします!

【関連記事】

▶『保険の見直し:ポイントをおさえて面倒さを克服しよう!

 

保険に入る必要性を考えてみる

保険の基本をおさえたところで、保険に入る必要性を検討してみましょう。「保険は必要ない」といった態度から入った方が、保険を批判的にみることができます。ここでは加入するといった前提を捨てて、「本当に必要か?」といった態度で保険を見てみましょう。

保険が必要な人

以下に、保険が必要な人の特徴を3つ挙げます。

保険に入る何かしらの目的がある

保険に入る目的がはっきりしているならば、保険に加入しても問題ないでしょう。保険はあくまでも、何かしらの目的を達成する手段です。保険に入ることそれ自体が目的ではなく、別に目的がある人は保険が必要な人といえます。

例えば自動車保険を例にあげると「免許を取りたての子供が事故を起こしても家計に響かないように」といった考えは、しっかりとした目的ですね。

収入はそこそこあるが貯蓄がない(これから貯蓄する)

収入がある方はわざわざ保険に入らずとも、保険で賄いたい部分を貯蓄で賄える可能性がありますね。しかし、これから貯蓄をするという方は、貯まるまでの間に万が一のことがあった場合に困ります。したがって「お金が貯まるまでの間の事態に備えたい」といった目的で保険が必要になる場合が考えられます。

このようなケースを「高さと幅」に当てはめると、必要最低限の保障を短期間だけ加入するといった保障が妥当といえますね。このように目的がはっきりすると、保障内容が自ずとイメージできるようになります。

保険に入っていないと落ち着かない

これはちょっと特殊な例ですが、保険に入っていないと漠然とした不安にかられてしまう場合。こういう人は、少なからずいると思います。原因は保険の基本が理解できていないことと、不安の正体が分からないことが考えられます。

しかし、月に1,000円〜2,000円程度の安い保険に入って落ち着くのであれば、とりあえずそちらで不安を和らげてから基本を学んだり検討をしたりする方法もあります。

保険が不要な人

以下に、保険が不要な人の特徴を3つ挙げました。

貯蓄が十分にある

貯蓄が十分にある人は保険に加入する必要はありません。保険の基本は「大きな財布を皆で共有する」イメージでしたね。貯金が十分にある状態は、大きな財布を一人で所有しているということです。

貯金だけで不測の事態に対応できるのであれば、保険に加入する意味はありません。毎月の保険料を誰かに貸すくらいの方がよほど効率よくお金を運用できます。

なんとなく入ろうとしている

これは新社会人によくあるケースでしょう。親が勧めたから、先輩社員が、上司が勧めたからといった理由でよく知らずになんとなく加入しているパターンです。こういった場合、保険は不要です。不要というよりも、いちど目的を確認するべきですね。

保険になんとなく入るのはきわめて危険です。毎月、知らず知らずのうちによくわからないお金が減っていくことになります。しかも保険期間によっては長期で減っていくのですから、なんとなくの加入は絶対にやめましょう。

まだ若く、単身世帯である

20〜30代とまだ若く、単身世帯である人には保険は不要といっていいでしょう。ケガや病気になる確率も低い上に、働きはじめの人は収入が少ないですね。少しでも多く貯金をするためにはムダな支出は減らすべきです。

また保険に加入する理由も、これといってありません。子供がいるのであれば、生命保険や学資保険などを検討する必要性もありますが、そうでない場合は貯金をした方がいいでしょう。保険にお世話になる確率も少なく、収入も少ない場合はまず貯蓄に徹しましょう。

保険は基本的に損をするもの

保険に入る前に知っておきたいことのひとつに「保険は損をするもの」といった点が挙げられます。これは「保険会社が得をするようにできている」といったことの裏返しです。

保険会社は契約者から保険料をもらい、それを保険金に充てたり運用してお金を増やしたりします。保険会社が存続をするためには保険会社は利益を上げなければいけません。

そうすると、保険会社が得をするような仕組みづくりをすることになるのです。したがって私たちに提供される保険商品は基本的に「私たちの方が損をする」ように設計されることになります。ですから余計な特約(オプション)などは極力さけるべきなのです。

そう考えると、保険の必要性を検討した方がいいことが理解できるのではないでしょうか。

 

保険を一から勉強するとなると膨大な時間と労力がかかります。記事を読んでも知識がないとわからないといった方も少なくありません。そのような方のために保険のプロがいます。少しでも不安な方は保険のプロにご相談されることをおすすめします!

保険に加入する目的と、目的別保険の選び方

何に備えるために保険に加入するのかを明確にしましょう。全体を通して判断基準になるのは、主に次の3点です。

  • 保険金をいくらにするのか
  • 保障の幅をどうするのか
  • 貯蓄性と保障のどちらを優先するのか

不安をカバーできる保障の幅と保険金額を設定しましょう。また、積立保険は文字通り保障を受けながらお金を貯められますが、毎月の保険料が高くなります。

一方、掛け捨保険は毎月の保険料が安く保障を得られますが、積立ができません。しかし、積立をしていないため解約するデメリットがないので、ライフステージに合わせて見直しをしやすくなっています。

上記を踏まえ、目的ごとにどうやって保険を選べば良いのか確認していきましょう。

【関連記事】

▶『積立保険を徹底比較|積立保険と掛け捨て保険の正しい選び方

▶『20代が入るべきおすすめの生命保険とは|必要性や選び方を解説

子どもの学費を貯めたい

保険で子供の学費を積み立てるのであれば、学資保険に加入するのが良いでしょう。学資保険で注目すべきポイントは、次の3点です。

  • 満期保険金の金額
  • 返戻率
  • 保障の幅

まず、お子さんの学費の内、いくらを保険で積み立てるのかを決めしましょう。金額の決め方に関しては『学資保険にいくらかけるのか|月額保険料と満了金の相場』でまとめています。

次に返戻率の高い保険を選びましょう。返戻率とは、払込保険料に対して戻ってくる満期保険金額の割合のことです。例えば返戻率が110%で払込保険料が300万円だった場合、330万円の満期保険金を受け取れます。

返戻率に関しては『学資保険を比較して返戻率の高い最適な学資保険を選ぶ知識』をご確認ください。

また、学資保険の場合もいらない保障はつけるべきではありません。不要な保障をつけると返戻率が下がり、本来の目的であった積立がしにくくなるためです。

詳しくは『学資保険を比較する際に知っておきたい4つの項目とポイント』をご確認ください。

病気・ケガに備えたい

病気やケガに備えるのであれば、医療保険に加入することになります。医療保険に加入すると、入院や手術、通院をした際の費用をまかなえます。入院や手術をすると、高額な費用がかかる上に収入が途絶えるので、貯金や保険で備えましょう。

医療保険を選ぶ際に特に注意するべきなのは次の点です。

  • 貯蓄を優先するのか保障を優先するのか
  • 特約をどの程度充実させるのか
  • 入院給付金日額をいくらにするのか

注意点をより詳しく確認したい場合は『医療保険のおすすめな選び方と医療保険を選ぶ7つのポイント』を確認してみてください。年収ごとの月額保険料平均などにも触れておりますので、保障内容を決める際の参考にしていただけます。

がんに備えたい

がんは日本人であれば誰でも患う可能性がある病気です。医療保険でがん特約をつけることもできますが、がん専用であるがん保険に加入する選択肢もあります。

  • 上皮内新生物の取扱い
  • 通院保障の手厚さ
  • あなたがガンになる可能性

を考慮しましょう。がんは悪性新生物(転移の可能性があるがん)と上皮内新生物(再発の可能性が低いがん)の2種類がありますが、上皮内新生物と診断されると給付金をもらえなかったり、減額されたりする保険もあります。

また、がんの発症率は50代を過ぎてから一気に伸びるため、若い内から必ず必要とは限りません。ただ、がんになってからでは加入はできないので、健康なうちに加入をする必要はあります。

詳しくは『自分に合うがん保険の選び方|賢くがん保険を選ぶ為の全知識』をご確認ください。

老後資金を貯めたい

老後資金を保険で積み立てる場合、次のような選択肢があります。

  • 養老保険|死亡保険金と同額の保険金を生きている間に受け取れる(満期後であれば)
  • 低解約返戻金型終身保険|解約返戻率が高い代わりに保険料が割安
  • 個人年金保険|保険料を年金として受け取れる

老後資金を必ず保険で積み立てる必要はありません。ただ保障がついてくるため、いざという時の出費を抑えながら貯蓄ができるメリットがあります。詳しくは関連記事をご覧ください。

【関連記事】

▶『老後の貯金はいくら必要?必要な貯金額から貯蓄型保険の必要性を考える

▶『養老保険とは?~絶対に知っておきたい9の知識~

▶『低解約返戻金型終身保険の全てが分かる|特徴から使い道まで

▶『個人年金保険のシミュレーションと得をする加入条件まとめ

死亡に備えたい

死亡保険に加入すると、あなたが亡くなった後も大切な人の生活を経済的に支えられます。死亡保険に加入する際は、次の点に注目しましょう。

  • 死亡保険金の金額
  • 受取人を誰にするのか

死亡保険金は残された遺族が生活していくためのものなので、十分な額を受け取れるよう設定しなければなりません。多すぎても毎月の保険料が高額になるため、要注意です。詳しくは『死亡保険の全て|必ず知っておきたい4つの死亡保険の種類』をご確認ください。

また、受取人を誰にするのかは特に大切です。死亡保険金を受け取る人が誰なのかによってかかる税金の額がかなり異なってきます。死亡保険にかかる税金に関しては、『死亡保険金で節税する方法|受取人を配偶者にして相続税扱いにする』でお伝えします。

火災に備えたい

家を購入した人であれば、購入した流れで火災保険に加入するかと思います。ただ、オススメされるがままに火災保険に加入をしてしまうと、不要な保障が付き保険料が高くなってしまうので気をつけましょう。火災保険を選ぶ際に検討すべきポイントは次の通りです。

  • 保険の対象を家財にするのか、建物にするのか
  • 保障範囲(火災、落雷、地震、水漏れ、盗難、爆発等)をどこまでにするのか
  • 保険金をいくらにするのか

詳しくは『火災保険の選び方|保険料を抑える方法と火災保険の使い道』をご確認ください。

 

他の方法を考えてみる

保険が必要だと思っても、もう一度「代替案はないか?」を検討してみましょう。保険以外の方法で同じ効果が得られるならば 、わざわざ加入する必要もありません。

貯蓄をする

保険の代替案としてまず挙げられるのは、貯蓄をすることです。毎月支払う保険料分(またはそれ以上)のお金を貯蓄することで、賄える可能性があります。また貯蓄の場合は保険金が支払われるような事態(ケガ・事故・病気など)の他にも現金を引き出すことができます。

保険と同じような効果(万が一の時のために積み立てておく)を期待でき、かつお金の使い道は自由度が高い貯蓄を検討してみてはいかがでしょうか。定期預金であれば簡単に引き出すことはできませんし、預金は基本的に元本が保障されています。

ものを買わない

例えば車を買えば自動車保険に、家を買えば火災保険に加入することになると思います。さらにはローンを組んでそれの返済をすることにもなりますね。例えば、車がなくても十分に生活ができる人が、わざわざそれを購入する必要はありませんね。保険も、ローンも組む必要がなくなります。

社会人になったら車を買うといった漠然とした憧れで購入するのも楽しいかもしれませんが、そんな時代はもう終わりです。返済地獄があなたを待っているだけです。保険に加入しなければならない事態を引き寄せる前に、自分の生活を見直してみるのもひとつの方法です。

違うことにお金を使う

保険の根本的な効果は「安心を得られる」ことです。もし○○になったら、という不安を和らげるために保険に加入するのです。例えば病気であれば、たいていの病気は生活習慣の積み重ねが原因で起こりますよね。生活習慣病と呼ばれるものもあるほどです。

したがって、病気の勉強をするために(書籍を買うなど)にお金を使うことや、不安が解消されそうな部分にお金を使う方法もあります。こういった習慣を重ねるから病気になるとわかれば、それを防ぐ方法もわかりますね。

また現在の医療保険は入院保険が主流ですが、政府は高齢者の医療費を削減するために入院期間の短縮化を進めています。医療保険を例にとれば、現代の医療とマッチングしていませんから、代替案と考えるのが得策といえます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?保険の基本は理解できたでしょうか。まずは「保険は要らない」という態度で保険選びに臨むことが大切といえますね。保険が必要だと感じた場合は、目的や保障内容を明らかにし、代替案はないか検討する。

保険選びのコツは、実は自分自身をよく理解することだったのです。膨大な選択肢に翻弄されずに、自分に合った保険を見つけましょう!

保険を一から勉強するとなると膨大な時間と労力がかかります。記事を読んでも知識がないとわからないといった方も少なくありません。そのような方のために保険のプロがいます。少しでも不安な方は保険のプロにご相談されることをおすすめします!

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    「老後を考えるのはまだ早いかなと思って、特に何もしていません・・・。」と、老後のお金について呑気に構えていないですか?アンケートを行ったところ、全く何も老後に備えていないと答えた方が6割もいながら、老後に...

  2. 2位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  3. 3位

    ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 皆さんはネットで炎上したことはありますか? (僕はあります、何度も) 近年、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の普及に伴い、ネッ...

  4. 4位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  5. 5位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  1. 豪雪被害の補修で保険詐欺。保障内容は保険会社に必ず確認を

    豪雪被害の補修で保険詐欺。保障内容は保険会社に必ず確認を

    今年は「平成30年豪雪」とも呼ばれる記録的な大雪にはじまり、夏には全国各地で40度超えの高温や集中豪雨など、自然災害に振り回される一年でした。 今回の大雪による被害が多かった福井県を中心に、悪質な...

  2. 「ジムに通うと保険料が安くなる」話題の健康増進型保険「住友生命 Vitality」

    「ジムに通うと保険料が安くなる」話題の健康増進型保険「住友生命 Vitality」

    「ジムに通うと保険料が安くなる」と聞くとびっくりしませんか? 住友生命が発表した健康増進型生命保険「Vitality」は、従来の保険とは違ったアプローチで話題になっています。 Vitality...

  3. 日本未承認の抗がん剤でも保障するがん保険が話題|死亡率低下に期待

    日本未承認の抗がん剤でも保障するがん保険が話題|死亡率低下に期待

    日本人の死亡原因第1位を更新し続けている「がん(悪性新生物)」。 がんの治療法には「抗がん剤治療」があります。抗がん剤は日々進歩しており、治療にはできるだけ最新の抗がん剤を使いたいところですが、日本...

  4. 「家族の健康を支え笑顔をふやす」身近な少額保険「家族あんしん保険」

    「家族の健康を支え笑顔をふやす」身近な少額保険「家族あんしん保険」

    「株式会社カラダノート」と「ジャパン少額短期保険株式会社」は8月23日、子育て世帯に向けた新たな保険を発表しました。 「家族あんしん保険」と名付けられた新商品は、低額の保険料で子育て世代が直面する...

  5. 高齢化社会に向けて。認知症患者の監督義務者を自動車保険の補償対象に

    高齢化社会に向けて。認知症患者の監督義務者を自動車保険の補償対象に

    高齢化社会が進む昨今、高齢者や認知症の疑いがある人が起こす自動車事故が増えています。もしも、あなたの家族が認知症を発症し、運転中に事故を起こしてしまったら。 今ご加入の自動車保険では補償外になる場...