全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

ファイナンシャルプランナーへ無料相談できる内容と有料相談との違い

ファイナンシャル・プランナーの無料相談は、銀行、証券会社、不動産会社、保険会社等の相談窓口で利用できます。本記事では各相談窓口で相談可能な内容や、相談料が有料のファイナンシャル・プランナーにと無料相談できるファイナン・シャルプランナーの違いについて紹介します。

ファイナンシャル・プランナー(通称FP)は、個々のライフスタイル(収入、生活費、ローンなど)に合わせた、『家計の改善』や、『子供の進学・老後に向けた資金計画』などお金に関するアドバイスをする専門家です。

結婚や出産など人生の節目をきっかけに、ファイナンシャル・プランナーに相談する方が多いと思いますが、無料の範囲でどこまで相談できるのでしょうか?

本記事では、ファイナンシャル・プランナーへ無料相談できる内容や、無料相談と有料相談の違いを紹介します。

 

ファイナンシャル・プランナーに無料相談できる内容

ファイナンシャル・プランナーに無料で相談できる主な内容は、家計の改善方法と、最適な資金形成の方法です。

家計の改善方法については、収支の内容を元にアドバイスがもらえ、資金形成については、将来、発生するかもしれない費用や税金のシミュレーションを元にアドバイスがもらえます。

無料相談できる内容をまとめると、以下の表の通りになります。

《無料相談できる内容》

家計収支の管理方法 家計簿から無駄な出費の洗い出し、効果的な節約方法など
事故・病気のリスクに備える方法 家族構成や利用可能な公的制度を元に、病気や事故に遭った場合にかかる費用の算出や、それに備える方法など
資金計画 子供の進学、老後の生活に備えた資金に備える方法
保険の見直し 昇給やライフステージの変化(結婚・出産など)に応じた、最適な保険のプラン内容
節税対策 保険金の受取時に発生する税金を安くする方法
土地活用 住む予定がないため固定資産税だけがかかる不動産を活用する方法
中小企業に向けた資金計画 l  設立当初の運用資金l  従業員の退職金l  事業承継における資金繰り など

 

ファイナンシャル・プランナーに無料相談できる専用窓口と、各窓口で相談できる内容

ファイナンシャル・プランナーへの無料相談は、主に銀行、証券会社、不動産会社、保険会社の相談窓口で受け付けていますが、窓口によって相談できる内容が異なります。

 銀行の相談窓口

銀行の相談窓口では、ファイナンシャル・プランナーへ住宅ローンや資産運用の相談ができます。

銀行では主に、

  • 円または外貨預金
  • 投資信託
  • 債券
  • 株式
  • 終身保険、年金保険

などの金融商品を取り扱っていますが、資産運用のプロフェッショナルが少なく、金融商品の種類が限られていることが難点です。リスクなく資産形成したい方は、銀行の相談窓口を利用するとよいでしょう。

証券会社の相談窓口

証券会社の相談窓口では、将来に向けた資金計画のアドバイスや、相続時のサポート(納税資金の工面、相続税の節税対策など)を受けることができます。

  • 投資信託
  • 債券
  • 株式
  • FX(為替取引)
  • 円、外貨預金
  • 終身保険、年金保険

など取り扱っている金融商品の数は多く、資産運用のプロへ相談できるところが特徴です。運用リスクがあるので、『大きなリターンを求めている方』や、『投資の知識がある程度ある方』以外には適さないでしょう。

不動産会社の相談窓口

不動産会社の相談窓口では、

  • 予算、要望に合わせた住宅プラン
  • 新居の購入から入居までの流れ
  • 収入、生活費を元に住宅ローンのシミュレーション など

住宅関連のアドバイスやサポートを受けることができます。新居の購入や住宅ローンの見直しを検討している方には、不動産会社の相談窓口が適しています。

保険会社・保険代理店の相談窓口

保険会社や保険代理店の相談窓口では、

  • 今後、どのようなリスクに備えるべきか
  • 病気や死亡のリスクに備えて加入するべき保険の種類
  • 子供の進学や老後に備えた資産運用方法
  • 相談者に適した保険のプラン

などのアドバイスを受けることが可能です。

扱っている金融商品が保険商品に限定されるので、大幅な資産の増額は期待できません。『将来のリスクに備えたい』、『安全な方法で資産を形成したい』という方に適しています。

 

※保険コネクトでは新規保険の加入、保険の見直しについて相談できます。お客様の希望の日時、場所に合わせて担当者が、自宅訪問します。

参考:「相談|保険コネクト

 

FP協会の相談窓口

FP協会の相談窓口では、『電話』または『対面式』で、ファイナンシャル・プランナーに相談できます。保険会社や銀行など組織に属したファイナンシャル・プランナーではないため、営業トーク抜きで幅広く相談に乗ってくれます。

しかし、時間が限られている上、担当者が引き継がれないため家計や資産形成の見直しの際に同じ担当者に相談することができません。

参考:「FP無料体験相談(対面相談) | 日本FP協会

 

無料相談と有料相談の違いとは?

ファイナンシャル・プランナーの無料相談について紹介しましたが、中には相談が有料のファイナンシャル・プランナーもいます。無料相談と有料相談ではどのような違いがあるのでしょうか。

有料相談のファイナンシャル・プランナーに相談した場合、大体『数千円~1万円』の相談料がかかりますが、有料相談のファイナンシャル・プランナーは、営業ノルマがないため、過度なセールストークがありません。

いらない商品を勧められることがないため、保険や投資信託に限らず、客観的なアドバイスをもらうことができます。

対して、無料相談のファイナンシャル・プランナーは、自社の金融商品を販売することが利益に繋がるため、不要な場合でも自社の商品を強く勧めてくるでしょう。

 

無料相談と有料相談のどちらを選ぶべき?

以上のことを踏まえると、以下の項目に該当する方は無料相談が適しています。

  • 相談料をかけたくない
  • ある程度、相談内容に具体性がある方

《例》

反対に、公正中立な視点からのアドバイスが欲しい場合は、有料相談を検討しましょう。

《有料相談が適している方の特徴》

  • 自身に最適な資産運用の方法がわからない
  • 公正中立の(利害関係のない)立場のアドバイスを求めている
  • 営業トークをされたくない
  • 相談料を負担に感じない

 

まとめ

本記事ではファイナンシャル・プランナーへ無料相談できる内容、無料相談と有料相談の違いについてまとめました。現在、ファイナンシャル・プランナーへの相談を検討されている方に参考にしていただければ幸いです。

その他に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険