全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

がん保険の2つの選び方とがん保険への加入を相談できる場所

がん保険に加入することで、万が一、がんを患ったときに通常の医療保険にはない手厚い保障を受けることができます。とはいえがん保険には何種類もあるため、どれを選べば良いのかわかりませんよね。この記事ではがん保険の選び方や付けておいたほうが良い特約、相談相手についてご紹介します。

がん保険は、医療費などが高くなりがちながんの治療の備えとして加入しておきたいものですが、どのがん保険を選べばいいのかよくわからないですよね。

この記事では、加入してから後悔しないように、がん保険に加入する際にどのような点で選べばいいのかをご紹介します。

 

がん保険を選ぶときに最低限確認しておきたいこと

どのがん保険にするか考えるとき、“最低限、これだけは確認しておきたい”ことをご紹介します。

保障内容

どのがん保険の商品においても、たいてい以下の保障が基本保障として用意されています。

  • 診断給付金…“がん”と診断されたときに給付されるお金
  • 入院給付金…がんの治療で入院したときに給付されるお金
  • 手術給付金…がんで所定の手術を受けたときに給付されるお金
  • 通院給付金…がんを通院で治療するときに給付されるお金

がん保険には、これらの保障の給付額がバランスよく設定されているタイプ、がんと診断されたときにまとまったお金を給付される診断給付金を重視したタイプ、基本的な給付金の他に、通院のための交通費などのがん治療の過程でかかるお金をそのまま保障してくれるタイプなどがあり、その中からご自身にあった保険を選ぶことになります。

多くのがん保険が上記の給付金を基本保障としていますが、商品によって給付金の支払い条件が異なりますので、どれが自身にとって適しているかを判断する必要があります。

診断給付金の支払い条件・回数

がんは再発や転移の可能性があり得る病気ですから、がん保険においてもっとも大きな額を受けられる診断給付金の給付の内容については、条件がより良いものである必要があるでしょう。

“複数回給付されるか”、そして“複数回受給する際の条件”について確認しなければなりません。

診断給付金を複数受給できるがん保険の場合、前回から2年以上の間隔を置くことが条件であることが多くなっています。

しかし受給間隔が同じ2年でも、その2年が“なにから2年”であるのかが保険によって異なるので(給付金受取りからなのか、治療が終了してからなのか、手術なのかなど)、その条件について各保険の約款をよく確認する必要があります。

保険期間

がん保険には定期タイプと終身タイプがありますが、保険料の点で一長一短です。

終身タイプなら保険料額はずっとそのままで安心ですが、月々の保険料は定期タイプより高額になります。

一方で定期タイプの場合は、若い内の保険料は安く済みますが、年齢を重ねたときの保険料が心配になります。

基本的には保険料額が変わらない終身タイプへの加入をおすすめしますが、保障内容を定期的に見直したい人には定期タイプのほうが合っていることもあるでしょう。

 

どの特約を選べばいいのか

がん保険には基本保障にプラスして様々な特約をつけることができ、がんになったときの保障の強化を期待できます。

しかしがんになったときのことが心配だからといくつも特約をつけると、月々の保険料の負担が増してしまいますから、本当にその特約が必要であるかをよく考えなければなりません。

特約をつけるかどうかは、その対象の事柄が起きたときのリスクの大きさで判断しましょう。

起こったときにたくさんのお金が必要になり、基本保障やがん保険以外の制度などで補えない場合は、それを補完できる特約をつけておくべきです。

以下ではがん保険でよくある特約のご紹介をします。

がん先進医療特約

先進医療とは、健康保険制度に基づく評価療養の中で、厚生労働省が承認した先進医療のことを指します。

先進医療の費用のうち、診察料、入院料、検査料、投薬料などは高額療養費制度の対象ですが、技術料は対象外なため全額自己負担になってしまいます。

先進医療をがんの治療の選択肢として残しておきたい場合は、がん先進医療特約をつけておくと良いでしょう。

退院給付金

退院給付金とは、がん治療のために入院をしたあとの退院時に給付されるお金です。

退院後の治療費の負担を下げることが期待できますが、10万~20万程度とあまり高額な保障が受けられるわけではないため、預貯金がそれなりにある方であればつけなくても問題ありません。

抗がん剤治療特約

がんの治療方法のひとつして抗がん剤を使用することがありますが、複数回に分けて治療を行うため、治療費は高額になりがちですので、抗癌剤治療特約をつけておくことでカバーできます。

ただし保険適用の薬剤であれば高額療養費制度の利用ができ、年齢や収入に応じて定められた自己負担額の上限を越えた分の支払いについては、払い戻しを受けることができるので、診断給付金があれば十分であることも多いです。

女性特有のがんの特約

乳がんや子宮がんなど女性特有のがんになったとき、基本保障に給付金が上乗せされる特約です。

特に若い女性がなりやすいとされる女性特有のがんですが、子宮がんなど女性特有のがんが心配で、経済的に余裕がある場合はこの特約をつけても良いでしょう。

 

がん保険の相談は保険ショップに相談しよう

どのがん保険に加入するか決めていない人は、保険ショップ(乗り合い代理店)でファイナンシャルプランナーの無料相談を受けてみましょう。

保険ショップは保険会社や通常の代理店と異なり、複数の保険会社の保険を取り扱っているため、より自分に適したがん保険に出会える可能性が高いからです。

保険ショップにはいくつかありますが、取扱っている保険会社の数所属するファイナンシャルプランナーの実績で判断しましょう。

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか。

どのがん保険を選ぶかは、保障内容、保障期間、特約の必要性を考えて判断しましょう。

特約については、心配だからとなんでもかんでもつけるのではなく、“このような状況だけは避けたい”ということに対応した物を優先して選んだほうが、保険料の無駄になりません。

がん保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険