マンガでわかる 今の保険、老後の生活に備えられる?保険の見直し!保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

積立型との違いとは?掛け捨て型の生命保険が安い理由

Pocket
LINEで送る

掛け捨て型の生命保険は安いらしいけど、デメリットはないの?」

「生命保険を掛け捨て型にしようか悩んでいるんだけど、掛け捨て型ってどうなの?」

万が一のケガや病気に備えるための『生命保険』。保険料が安いといわれている掛け捨て型生命保険を検討している人も多いでしょう。

結論からお伝えすると、掛け捨て型生命保険は保険料も安く、万が一の事態にも備えられる便利なサービスです。

そこでこの記事では以下のことについてお伝えします。
・掛け捨て型の生命保険の仕組み
・掛け捨て型の生命保険のメリット・デメリット
・掛け捨て型の生命保険に加入するべき2つの条件

そもそも、生命保険の掛け捨て型とは?

生命保険の「掛け捨て型」とは、保障の期間内に万が一のことが起きれば保障を受けられ、起きなかった場合には戻ってくるお金がない契約のことです。

生命保険には大きく分けて2つの種類があります。一つ目は「掛け捨て型」、二つ目は「積立型」です。

掛け捨て型では保障を受けることが優先であり、貯蓄性はないことが一般的です。一方で、貯蓄型は万が一のことが起きた場合に保障を受けられ、起きなかった場合は貯蓄の役割を果たします。

掛け捨て型と積立型では貯蓄性に差がある分、毎月支払う保険料にも差がでてきます。実際に比較してみましょう。

  積立型保険 掛け捨て型保険
タイプ 貯蓄型 保証型
解約返戻金 あり
※支払った保険料を下回る可能性あり
なし
※ある場合でも非常に少ない
満期保険金 終身保険:なし/養老保険:あり なし
保険料 高い
※一定で変わらない
安い
※更新ごとに高くなる
保障期間 終身保険:一生涯
養老保険(※):一定期間
一定期間
代表的な保険商品 終身保険、養老保険 定期保険、収入保障保険
こんな人におすすめ ・保障と貯蓄に備えたい
・支払った保険料を無駄にしたくない
・一生涯の死亡保障を確保したい
・安い保険料で必要な保障を確保したい
・医療やがんへの保障を確保したい
・決まった期間の保障を受けたい
あまり向いていない人 ・仕事や家庭環境などライフプランが変化しやすい
・保険料を抑えて手厚い保障を受けたい
・保険料が戻ってこないのを「もったいない」と感じてしまう
・長期に渡って保障を受けたい

掛け捨て型は、積立型と比較して保険料が安く設定されており、万が一のことが起きた場合には保障を受けられるのが特徴です。

また、保障を受けられる期間も「10年間」や「60歳まで」と期間を定められます。ただし、途中で解約したり、無事に満期を迎えても基本的に返戻金はありません。少ない予算でしっかりと保障を受けたい方に向いているといえます。

一方で積立型は貯蓄性を備えた保険です。毎月保険料を支払う感覚で貯蓄を積み立てることができます。

その分、掛け捨て型よりも保険料は高く設定されていますが、満期を迎えた場合や中途解約時に返戻金を受け取れる仕組みになっています。

掛け捨て型生命保険の保険料が安いのは、このように保険料に貯蓄分の料金を含まないからです。

後ほど掛け捨て型のメリットやデメリットをご紹介しますが、まずはこの違いを抑えておくとわかりやすいでしょう。

関連記事:生命保険の掛け捨て・積立の違いは?特徴比較でみるおすすめの加入者

掛け捨て型の生命保険のメリット・デメリット

掛け捨て型の生命保険のメリットとデメリットについてお伝えします。

・メリット|保険料が安い
・デメリット|返戻金がほとんどない

月々の生命保険料を貯蓄型と比較したとき、掛け捨て型の方が保険料が安いことがメリットとして挙げられるでしょう。

掛け捨て型の生命保険は『返戻金(※)』がほとんどない、もしくは、まったくありません。

※返戻金とは
返戻金とは、保険金を支払い続けると決めた期間、滞りなく保険料を支払いきった際に受け取れるお金。

 

貯蓄型生命保険には『保険料支払期間』というものがあり、満了時(支払い期間終了時)には返戻金を受け取ることができます。ちなみに、生命保険会社や保険のプラン、保険料振込期間にもよりますが、50万円~800万円程度が返戻金の相場です。

掛け捨て型の生命保険をおすすめしたい人の特徴

・万が一のときのリスクに備えたい
・貯蓄型に必要なお金を支払いきるだけの余裕がない

子供が小さい頃に夫婦のどちらかが亡くなってしまった場合、収入の面で不安が残りますよね。そのような事態にならないためにも、生命保険への加入は大切な備えです。

また、貯蓄型生命保険の保険料の相場は1万円程度であり、掛け捨て型生命保険が2,000円~3,000円程度です。そのため、貯蓄型生命保険を選択する場合には【7,000円~8,000円×家族人数】の出費が余計にかかります。

最後に返ってくることを見込んで貯蓄型を選択したのはよいものの、途中で支払いきれずに解約してしまっては意味がありません。日々の生活費を保険料に回す余裕がなさそうなら、掛け捨て型生命保険を選択するとよいでしょう。

関連記事:安い保険料で手厚い保障!掛け捨ての生命保険はこんな人におすすめ

損をしない掛け捨て型の生命保険の選び方

ご紹介したように、解約時または払い込み期間満了時に保険料が戻ってこない掛け捨て型の生命保険は、一見損をするように感じらる方も多いでしょう。

ここでは損をしない保険の選び方をご紹介します。

必要な保障から月々の保険料を考える

まずは、月々の保険料を考えてみましょう。

掛け捨て型の保険で考えると、たとえば30歳男性で必要な保険金が1,000万円、60歳までの30年間支払うとすれば、月々の保険料は3,000円程度となります。

必要な保険金と支払う年数を考えることで、保険料は変わります。それぞれの世帯によって経済状況や、お金の使い方はさまざまですので、各々の家計事情を考慮する必要があるでしょう。

積立型と合わせて利用する

「老後のためにお金を積み立てたいけれど、子どものためにも手厚い保障がほしい」など、掛け捨て型と積立型とのメリットを利用したい方もいますよね。

そんな方には、終身保険と定期保険を合わせて活用することをおすすめします。

老後の貯蓄を行う終身保険をあわせて利用するなど工夫することで、自分の生活に合った保障を受けることが可能です。

これからご紹介する保険会社を選ぶ前に、現状と目的を照らし合わせてみてくださいね。

関連記事:生命保険の掛け捨て型とは?|損をしない保険の選び方と平均保険料

まとめ

掛け捨て型の生命保険の仕組みやメリット、加入をおすすめしたい人の特徴などが伝わったでしょうか? 掛け捨て型は解約返戻金がないことが多いですが、低額の保険料で万が一に備えられる便利なサービスです。

生命保険に加入しないという選択肢もありですが、その場合、万が一のときに残された家族が困ってしまいます。小さいお子さんがいる家庭で専業主婦であった妻が1人残された場合、突然収入がなくなってしまったらと考えると、生命保険の必要性がよくわかりますよね。

そういったリスクを減らすために、掛け捨て型の生命保険を検討している方のお力になれたら幸いです。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...