全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

生命保険でおすすめの商品を選ぶ際に知っておくべき7つ種類と選び方

Pocket
LINEで送る

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

生命保険を選ぶ際に、「どの保険商品を選べば良いのかわからない!」「何を見て判断すれば良いのか」といった声が多く寄せられています。生命保険を扱う会社はたくさんありますし、どう選んで良いのかわからないといったこともあるでしょう。

生命保険と一言で言っても「医療保障」を選ぶのか、それとも「死亡保障」を選ぶのかによって選択する保険商品が変わってきますし、場合によっては老後の保障を目的にしたい場合もあるでしょう。

では、どのように選択肢を絞っていけば良いのかですが、基本的には、生命保険の種類を把握して、目的に沿った商品を絞っていく、といった方法が理想ではあります。

そこで今回は、生命保険の種類を知り、それを切り口としておすすめの生命保険を絞っていきましょう。

 

 

生命保険を選ぶ際におすすめできる6つの保険

一般的に生命保険は「死亡保険」「医療保険」「がん保険」「介護保険」の4種類に大別されますが、実は生命保険というカテゴリーに含まれるものは上記の4つの加えて「学資保険」「個人年金保険」という6つがあります。

死亡保険 被保険者が万が一死亡した場合に、残された家族に保険金が支払われる保険
医療保険 ケガや病気になった場合の医療費の負担が減らせる保険
がん保険 がんと診断された場合に一時金が受け取れたり、保障が充実している保険。
介護保険 介護が必要になった場合に手厚い保障が受けられる保険
学資保険 こどもの教育資金を確保する為に利用する貯蓄系の保険
個人年金保険 年金の代わりに、老後に資金を受け取れるようにする貯蓄系の保険

参考:生命保険の全種類|生命保険の7つの種類を解説

この生命保険の中で特におすすめなのは、「死亡保険」「医療保険」そして、死亡保険の一種である「養老保険」の3つですが、それぞれに一長一短がありますので、誰にどうおすすめなのか解説していこうと思います。

 

生命保険でおすすめの商品1|死亡保険

生命保険といえばまず死亡保険といっても過言ではありません。実際多くの方が生命保険といえば死亡保険を連想されると思います。死亡保険は、被保険者が死亡した場合に受取人に対して保険金が支払われる保険です。

被保険者が保険期間の満期を迎えるまで生存した場合に保険金が支払われるものを生存保険と呼んでいますが、死亡保険=生命保険と捉えて基本的には問題ありません。

参考:「死亡保険のすべてが分かる!必ず知っておきたい全情報まとめ

表:死亡保険の主な種類

定期保険 終身保険
・収入保障保険
・逓減定期保険
・逓増定期保険
・長期定期保険
・低解約返戻終身保険
・定期付き終身保険
・無選択型終身保険
アカウント保険 3大疾患保障保険 養老保険

家族に万が一の事態が起きた場合に備えたい人

家族や自分が死亡する時のことは誰しも考えたくはないとは思いますが、いつどこで何が起こるかはわからないものです。例えば稼ぎ頭である父親が不慮の事故などで死亡してしまった場合には、母親や子供が働きにでも出ない限りは収入が全く入ってこなくなってしまいます。

特に、それまであまり貯蓄をしてこなかったという家族にとっては今後まともな生活が出来るか出来ないかの瀬戸際に立たされることになるかもしれません。

こうした事態に備えて、生活費や学費や葬儀代などを保険によって工面したい方は死亡保険への加入がオススメです。

夫だけ加入する世帯が多くありますが、近年では妻も加入する傾向が高まってきています。

相続時の財産分割を行いやすくしたい人

死亡保険金は不動産ではなく現金ですから、死亡後の相続において分割がしやすいという利点もあります。死亡した本人の財産は口座が凍結されてしまいますが、死亡保険金は速やかに受取人の口座に振り込まれるため、すぐに活用したいという場合にも有効です。

財産はマイホームのみで、相続の場面になったら分割が行いにくいという方には特におすすめです。尚、相続対策として死亡保険を活用する場合は原則として終身型にしなければなりません。終身型の解説については次項で詳しく行います。

死亡保険でおすすめなのは「収入保障保険」と「低解約返戻終身保険」

収入保障保険とは

収入保障保険は、受け取れる保険金額は一定ですが、収入保障保険の場合は年々減少していく保険です。これは年間あたりの受け取り保険金額が決まっており、満期日に近づくにつれて受け取り年数が減っていくために、保険金額も減るという仕組みです。そのため収入保障保険は「三角の保険」と言われています。

例えば妻が定年を迎えるまでに自分に万が一のことがあったとき、妻を養うお金を残しておきたいとします。そのときに必要なお金は「定年まであと何年か」によって変動しますね。定年まであと5年であれば5年分の生活費が、あと10年であれば10年分の生活費が必要になります。

収入保障保険はそれに対応するように保険金額が変動するため(必要な分だけもらえる)、ムダのない優秀な保険であるという意見もあります。

収入保障保険の最大の特徴は死亡保険金が一括ではなく、契約者が死亡した月から契約期間終了まで毎月定額で受け取れる保険です。つまりは定年までの家族の生活を養わなければならない期間に、家族の大黒柱に万が一のことがあった時に、家計の手助けをするための保険であり、安心を買うことができます。

引用元:収入保障保険の特徴|リスクに備えた上で最適な保険

低解約返戻終身保険とは

低解約返戻金型終身保険(ていかいやくへんれいきんがたしゅうしんほけん)とは、保険料払い込み期間中の解約返戻金が低い代わりに、保険料が安く設定されている終身保険の事を言います。

上の図のように保険料を払い込むまでは解約返戻率が100%を下回り、解約してしまうと損になってしまいますが、払い込んだ後は解約返戻率がそれまでの保険料を上回ります。

引用元:低解約返戻金型終身保険の全てが分かる|特徴から使い道まで

主なメリットとしてふたつあり、通常の終身保険と比べて保険料が安く済むことで、貯蓄性の高い終身保険だと月々の保険料が生活を圧迫するケースもありますので、そういったリスクが少ないこと。

万が一解約をした際に受け取った金額を「一時所得」として受け取ることができるという点が着目すべきでしょう。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

生命保険でおすすめの商品2|医療保険

医療保険(いりょうほけん)は、病気やケガをした際に発生する入院費用や治療費の負担を減らすための保険で、死亡保険同様に、生命保険と言えばこの医療保険だと考える方も多いでしょう。一般的には、国民健康保険で賄えないようなケース(治療が長期間、特別な治療が必要)などの場合に備えて、加入するのが多くなります。

参考:医療保険とは|医療保険の役割と全ての保険種類を解説

貯蓄が出来ていない人におすすめ

病気や怪我によっては、その入院費や治療費が高額になってしまうケースがあります。例えば胃がんで28日入院した場合にはおよそ120万円、心筋梗塞で20日入院した場合には220万円…といった具合に、いくら国民健康保険が7割を負担してくれるとは言え、全く貯蓄がない人にとっては支払いが厳しくなってしまいます。

前述したように、大半の方は国民健康保険で賄えないような病気に備えて加入されていますから、中でも貯蓄がないという人にはおすすめです。

自営業・フリーランスの人

会社に所属している場合は、有給制度を利用できたり、傷病手当を受け取ることが可能な場合もありますが、自営業やフリーランスの方に関しては、自分が働けなく=収入がストップしてしまいます。こうした不測の事態に備えて、入院が長期化した場合であっても生活費を確保しておきたいという人にとっては医療保険の必要性も高いと言えます。

医療保険は「終身型」と「定期型」で選ぶ目的が異なる

終身医療保険がおすすめな人

一生涯、医療保障を受けることができ、加入時から保険料が上がらないタイプの保険です。終身という名の通り、途中で解約をしないことが前提になりますので、

  • 高齢時、確実に入院給付金を受け取りたい人
  • 相続税対策をしたい人
  • 小さな子供がいる人・母子家庭の人 など

保障を受けつつ貯蓄性をある程度求める場合におすすめです。

参考:終身医療保険の全て|保険の主な特徴と保険選びの比較ポイント

定期型をおすすめする人

  • 貯蓄や資産が、ある程度ある人
  • 保障を受けたい期間が決まっている人
  • まだ結婚をしていない
  • 健康でいる自信がある人 など

こういった考えを持つ方であれば医療保険は定期タイプが良いでしょう。終身型に比べると月の保険料も少なく済みますし、見直しもしやすので、途中での解約をしても損がありません。

定期保険がよく分かるコラム
  1. 定期保険の種類や加入目的からおすすめのプランを検討する知識
  2. 定期付き終身保険の問題点と見直しする際のポイント

 

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

生命保険でおすすめの商品3|養老保険

養老保険は「貯金をする」といった感覚の生命保険といっていいでしょう。保険料払い込み満了までに死亡した場合は契約時に設定した死亡保険金が支払われます。

反対に、払い込み満了まで生存していた場合は死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができます。満期日まで引き出すことのできない定期預金をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

養老保険はいずれの場合も保険金が支払われることから「生死混合保険」と呼ばれます。

確実に貯蓄をしたい人

養老保険は、長期的な「貯金」のようなものです。被保険者が死亡した場合は受取人に死亡保険金が支払われますが、使ってしまう前に確実に貯蓄をしてしまおうといった目的で使うこともできます。

預貯金のようにいつでも引き出せるといった自由度がない分、確実に貯金をすることができます。預貯金では貯蓄をする自信がないという方は、養老保険を利用するのもいいでしょう。

老後のお金を用意したい人

養老保険のいい点は確実に貯蓄がことですね。もうひとつ加えるとするならば、満期日が退職時期と重なるといった点です。退職する時期に満期を迎えることは、老後の資金がちょうどいいタイミングで用意されるということです。

自分で貯蓄をしているから当たり前といえばそうなのですが、口座から自動的に引き落とすようにしていればこれといった苦労をすることなく貯蓄をすることができます。またそのお金の運用も保険会社がしてくれます。

最後に「定期型」か「終身型」を選ぶ
生命保険にはいくつかの種類があることはお伝えしてきましたが、最終的には「定期型」か「終身型」という2つの払い込みタイプを選択する必要があります。最後に、生命保険を選ぶ際に「定期型」と「終身型」をどう選んでいけばよいかを見てきましょう。

 

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

生命保険の「定期型」で知っておくべきメリットと選び方

定期型はその名のとおり、定期的に更新をするタイプの生命保険です。更新は10年ごとや20年ごとなど商品によって違い、契約者が自分にあったものを選択できます。定期型の特徴として保険料に焦点をあてると、若い時期には安く、年齢を重ねると保険料が上がっていくといったものが挙げられます。

保険料は死亡するリスクに基づいて決められますから、年齢を重ねるごとに保険料が上がっていくようになっています。定期型の生命保険は見直しがしやすいといったメリットがあります。

例えば10年の間により自分にあった商品が見つかればそちらに乗り換えることもできますし、今のままで良ければそのまま継続もできます。

定期型のメリット

格安で大きな保障が得られる

定期型(掛け捨て型)のおすすめは収入保障型と言われている、いわゆる「三角」の生命保険のことです。主な特徴としては割安な保険料で大きな保障が得られるという点です。通常、死亡保険金は一括で数千万などを受取るイメージがあると思いますが、収入保障保険は年金という形で毎月給付金が受取れる形になるので毎月お給料のような形で受取ることができます。

一括でなく長期的に受け取りたい場合に便利

収入保障型の生命保険は、保険金を一括でなく年金形式で受け取るものです。一括で受け取るとついつい使ってしまいそうだという方は細かく分けて受け取りたいですよね。収入保障型はそういった目的に適しています。

年間120万円を分割して毎月受け取れる、といったかたちであれば一気に使ってしまうこともなくなりますね。長期的に保険金を受け取りたい方は収入保障型の生命保険が向いているでしょう。

遺族を支えるお金を残したい場合の支援ができる

長期的に保険金を受け取れるメリットは、自分だけでなく遺族のためにも役立ちます。例えば自分に万が一のことがあったときでも子供が成人するまでは支えたい、という願望があったとします。このとき子供が10歳だと仮定すると、10年後を保険の満期日に設定することで、自分に万が一のことがあっても子供が成人するまではお金の支援ができます

定期型がおすすめの人

見直しながら保険を利用したい人

定期型の生命保険のメリットは見直しがしやすいことです。本来、保険というものは見直しをするものです。自分に必要な保障は生活シーンが変わるとともに変化するためです。

例えば就職をしたとき、結婚をしたとき、子供ができたとき、それぞれのシーンで必要な保障は変わってきます。まだ見直す場面が訪れそうだなという方は定期型の生命保険を利用するのがいいでしょう。

これから貯金をするつもりの人

生命保険に加入をしなくても、もちろん貯蓄で財産を形成することもできます。しかし貯蓄金額が目標に達する前に万が一のことがあってしまっては困りますね。

そういったケースに備えるためには、貯蓄がある程度貯まるまで掛け捨ての保険に加入するといった方法が考えられます。例えば10年間、貯蓄が貯まるまで掛け捨ての保険に加入し、以降は貯蓄のみで資産形成をしていくといった方法が挙げられますね。

まだ若く保険に加入するかどうか迷っている人

例えば就職したばかりのような若い方は、生命保険に加入するべきかどうか迷っているのではないでしょうか。とくに残すようなお金がない場合は加入する必要もありません。

しかしどうしても気になってしまう、という場合は加入してみて必要性を検討してみるのもいいでしょう。加入してみて「必要ないな」と感じればすぐに解約をしてしまえばいいのです。定期型であれば保険料は安く済みますし、気になったままモヤモヤするくらいなら月に1,000円強を支払って数ヶ月ようすを見る実験をするのも悪くはありません

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

生命保険の「終身型」で知っておくべきメリットと選び方

終身型は、保険金の支払いが満了すると一生涯の保障がつづく生命保険です。保険料の払込期間は、60歳まで、65歳までなど自分で選択をできます。月々の支払い保険料を抑えるものとして、終身払いという払い方も選択できますが、就労せずに保険料を支払い続けるのは少し怖いですね。

契約時から払い込み満了まで保険料が変わらないため資金計画がしやすいというメリットがありますが、定期型のような見直しのしやすさがないのが難点です。定期型と比較すると、若いときの保険料は高くなるため、加入するタイミングを決めるのが難しいといった特徴もあります。

終身型のメリット

保障が一生涯続いていく

病気やケガで入院した時に給付金の受取理ができるが医療保険ですが、病気になる可能性は年を取ると共に上昇していきます。資金が豊富にあればお金の心配をする必要はないのですが、終身医療保険なら老後もずっと保障が続いていくので安心と考えるのが1つ目の理由です。

保険料が将来上がらない

終身医療保険の場合、保障が一生涯続いていくので定期型と違って更新などがありませんので、保険料が上がらず、そのままの保険料で保障を受けることができます。 例えば保険期間が10年だった場合、更新するときには10歳年齢が上がっていることになります。

年齢が上がると病気をする可能性が高くなるので保険料が上がるという仕組みになっています。

保険料が無駄にならない

掛け捨て型の保険と違い保険料が無駄になりません。保険料を契約期間ちゃんと支払っていけば安定してお金を貯めていくことができますし、老後の資金も貯めていけるので、お金に余裕がある場合はできるだけ掛け捨ての保険を減らして、この保険で死亡保障をしたほうがいいでしょう。

契約者貸付制度で保険会社からお金を借りられる

生活をしていく中で急にまとまったお金が必要になった時、活用できるのが貯まっているお金(解約返戻金)の80%~90%を上限に低金利で借りることができる契約者貸付制度です。これは掛け捨ての保険にはないメリットですね。

終身型がおすすめの人

資金計画を長期的に立てたい人

終身型の生命保険の場合、契約時から払い込み満了まで保険料は変わりません。利率の変動などによっては損をしてしまう可能性もありますが、保険料が一定であることは資金計画をしやすいといったメリットでもあります。

資金計画を長期的に立てたい方には終身型の生命保険が向いているかもしれませんね。ただし加入するタイミングは要検討です。

万が一に備えつつ貯蓄もしたい人

終身型の生命保険には貯蓄性を持った保険もあります。解約返戻金がついている保険は、中途解約をした場合でもある程度払い込んだ保険料が戻ってきます。そのため万が一に備えつつ貯蓄をすることも可能です。

払い込み満了まで解約をしない、という強い意志があるならば「低解約返戻金型」の終身保険に加入するのもいいかもしれません。低解約返戻金型の終身保険は払込期間中の解約返戻金を通常の約7割に抑えることで、満了後は払い込んだ保険料よりも多くの保険金を受け取ることができます

保険金を確実に受け取りたい人

終身型は保障が一生涯つづくものですね。つまりいつかは必ず保険金を受け取ることができます。保険料を払い込んでいる以上、確実に受け取りたいという方は終身型の生命保険が向いているといえるでしょう。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

年代別におすすめする4つの生命保険

結婚やマイホームの建て替えなど、ライフスタイルの変化によって保険に求めるものが異なってきます。つまり、年代によって活用すべき保険も選び方も異なってくるということになります。こうした年代別(ライフスタイル別)におすすめの生命保険についても以下で解説していきましょう。

独身の方におすすめの生命保険

まだ病気やケガをしにくい若い年代の方には、生命保険よりも将来のための「貯蓄」を重視すべきでしょう。もしもどうしても生命保険に加入せざるを得ない理由がある場合は、これから何かと物入りになる可能性や現在の経済事情をよく考慮し、無理なく加入できる保険を検討して下さい。

結婚したばかりの方におすすめの生命保険

結婚したばかり、または共働きでまだ子供がいないうちは、未婚時同様に「貯蓄」を重視した上で保険を考えていくと良いでしょう。妻が専業主婦の場合は、自分の身に万が一のことがあったケースを考え、配偶者のために「死亡保障」に加入するのもおすすめですが、その場合は生活を圧迫しない最低限の保障をつけるようにするのがおすすめです。

また、これから子供が生まれるという場合、学費をはじめ生活費、習い事代などがかかりゆくゆくは家計の負担が大きくなってくることを考え、死亡保障・医療保障・貯蓄すべての保障を重視しつつも生活費を考慮しながら保険への加入を検討する必要があります。

老後におすすめの生命保険

病気やケガの多くなる50代以上になると、収入や貯蓄も増え子供も自立するタイミングですので、「貯蓄」はそれほど重視せずともよいかもしれません。死亡保障と医療保障を重視して生命保険に加入しておくと良いでしょう。

持病がある人におすすめの生命保険

持病がある人でも比較的加入が容易な「引受緩和型」と呼ばれる保険があるので、加入を検討してみてはいかがでしょうか。しかしこの「引受緩和型」の保険は一般的な保険と比べて保険料が高くつくものが多いので、現在の経済状況なども考慮して検討する必要があります。

参考:「持病があっても入れる生命保険のメリット・デメリット

 

まとめ

いかがでしたか?生命保険の種類とそれぞれの特徴くらいは把握できたのではないでしょうか。難しいことでも、簡単なところから入れば徐々に理解がすすんでいきます。

表:定期型と終身型のまとめ

定期型 終身型
保険タイプ 保障型 貯蓄型
中途解約時の返戻金 ×
★あったとしても非常に少ない

★支払った保険料の総額を下回る可能性あり
満期保険金 × 終身保険 ×
養老保険
保険料 安い
★更新ごとに高くなる
高い
★一定で変わらない
保障期間 一定期間 終身保険 一生涯
養老保険 一定期間

 

今回は生命保険の種類とその特徴、それぞれの特徴に対して向いている人の例を紹介しました。生命保険のおすすめを自分で絞る際にお役立てください。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

 

Pocket
LINEで送る

生命保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

保険ガイドブックの無料ダウンロード

保険のガイドブック贈呈中

各保険に関するおトクな情報を一冊のeBookにまとめました。
お読みいただくことで、保険選びの参考になる事間違いなし!

無料ダウンロード

  1. 保険に加入する前に知っておきたい社会保障制度

    社会保障

    保険に加入する前に知っておきたい社会保障制度

    民間の保険に加入する前に、活用すべき社会保障制度の賢い活用方法を解説します。

    無料ダウンロードする

  2. 生命保険への加入を考えるときに知っておくべき全てのこと

    生命保険

    生命保険への加入を考えるときに知っておくべき全てのこと

    生命保険に関する、知っておくとお得な情報を解説します。

    無料ダウンロードする

保険ガイドのダウンロード一覧へ

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険