全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

保険を代理店経由で加入するメリットと良い代理店の見つけ方

Pocket
LINEで送る

保険代理店(ほけんだいりてん)とは、保険の契約者と保険会社との間に入って、生命保険や医療保険などの契約手続きを代行する会社のことです。

一昔前まで、保険に加入する時は、代理店を通して契約をすることがほとんどでした。今でこそ、保険会社と契約者がダイレクトにやり取りを行うことも多くなりましたが、それでも代理店が保険契約に果たす役割は大きいものです。

今回は保険契約の頼れる味方である代理店について、代理店の概要から良いお店の見分け方までお伝えいたします。

 

保険代理店の仕事内容と通常の保険会社との違い

代理店は保険商品を取り扱い、消費者(契約者)と保険会社の間を取り持つお店です。自動車会社にディーラーがいたり、食品にスーパーやコンビニなどの販売店があるように、保険会社にも小売店にあたる「代理店」があるわけです。

保険代理店が請け負う業務

保険代理店は主に以下のような業務を請け負っています。
・保険契約の締結や媒介

・保険証券の交付

・保険料の領収証の発行

・保険料の領収や返還

・保険契約の変更や解約の受付

・契約者からの事故報告の受付と保険会社への報告

・保険金の請求手続きの援助  など

要約すると、保険商品を契約者に紹介したり、契約内容の締結や変更、また、保険料の受取の代行など、「保険会社と契約者の間を取り持ち、両者のやりとりを円滑にする役割」を持っています。

また、代理店は保険の契約だけでなく、事故やケガなど万が一の時に、保険料の請求手続きや、事故通知のアドバイスなど、保険会社との間をとりもってくれるため、大変頼りになる存在です。

保険会社との違い

そもそも保険会社とは、内閣総理大臣の免許を受けた、保険業を営むことができる会社になります。商品(保険)を自社で作り、それを販売する際には金融庁の認可が必要になります。

一方、保険代理店とは、この保険会社からの委託を受け、商品を販売したり、顧客のサポートをする会社になります。一社の商品だけではなく、複数の保険会社の商品を取り扱い、幅広い商品の中から顧客のニーズに合わせて比較検討し、保険に関する情報を提供することが出来ます。また、顧客情報の管理や契約手続きも行うことが出来ます。

尚、保険会社、保険代理店、どちらで保険の契約を行っても、保険料そのものは変わりません。

保険代理店に寄せられる具体的な相談内容

具体的には、保険代理店には以下のようなご相談が寄せられます。

・現在契約している保険が現在のライフスタイルに合っているのか
・子供が生まれるので学資保険について考えたい
・新車に変えたので保険も見直したい
・今の自分にはどのような保険が必要であるのかを知りたい
・結婚をしたので個人ではなく夫婦で加入できる保険に切り替えたい

保険代理店の種類とその強み

この保険代理店には以下の2種類の代理店があります。

専業代理店(プロ代理店):保険販売を専業とする代理店
副業代理店:自動車ディーラー、自動車整備工場、不動産業者、旅行代理店などが保険販売を兼ねる代理店

この2種類の中で、専業代理店は扱う保険商品が多いため、ジャンルにとらわれない様々な保険の加入をすることができます。もし何種類かの保険への加入を検討されているなら、専業代理店がオススメです。

一方で、副業代理店は、自動車ディーラーならば自動車保険、不動産業者ならば地震保険や家財・火災保険、旅行代理店ならば旅行保険など、それぞれの分野で保険の契約に関わることが多いため、その分野の保険に対して豊富な知識を持っています。そのため、利用する際は、自動車の購入や不動産の購入のついでにというパターンが多いかと思います。

また、専業代理店と副業代理店に共通して、以下のような代理店の種類があります。

乗り合い代理店

特定の保険会社の商品だけではなく、複数の保険商品を扱っているタイプの保険代理店です。乗り合い代理店の場合、様々な保険会社の保険商品を扱っているため、会社ごとに保険料や保障内容が異なる保険商品を比較して契約できるメリットがあります。

規模も、個人の地域密着で営業しているところから、全国展開をして法人化しているところまで大小様々あります。また、店舗を構え相談者が店舗に伺うタイプから、相談者の職場や近所などで相談をする訪問タイプがあります。

【関連記事】乗合代理店と専属代理店との違い | 保険を代理店経由で契約するメリット

専属代理店

1社の保険会社の商品のみを取り扱う保険代理店です。専属代理店の場合、乗り合い代理店のように保険会社各社の商品を比較して契約をすることができませんが、専属の保険会社の最新情報やキャンペーン情報など、契約にあたってお得な情報を取得しやすいメリットがあります。

独立系ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格保有者が独立し、保険商品を提案する形もあります。この業態の場合、ファイナンシャルプランナーによる保険やお金のアドバイスを受けることができるため、過剰な保障や保険料を避け、無駄なく保険選びができるメリットがあります。また、長期的にお金に対して相談もできるため、ライフスタイルの変化に応じて保険の乗り換えなども相談できるため、生涯を通して頼れる相談役を得ることができます。

一方で、相談料などもかかるため、保険料を安く抑えたい人には向かない窓口かもしれません。

【関連記事】ファイナンシャルプランナーの無料相談ガイド|相談の流れ・FPの選び方

 

保険代理店の長所と短所

前の項目で保険代理店の種類についてご説明しましたが、保険代理店にはどのような長所と短所があるのでしょうか?それぞれ解説していきましょう。

◎保険代理店の長所

複数の保険の比較ができる

保険会社は当然、自社製品しか販売しませんが、保険代理店は多くの保険商品を取り扱っています。そのため、顧客のニーズにより沿ったベストな保険が見つかる可能性が高いと言えます。

保険を保険会社で選ぶという行為は、あまりおすすめしていません。理由としては、保険はあなたの状況や保険に求めている内容に応じて様々な組み合わせをすることが最も賢い方法だからです。

きめ細かいサービスを受けられる

一度保険に加入すると、短期で契約を解除することはあまりないと思います。そのため、代理店で保険契約をした場合、代理店との付き合いが長くなることが予想されます。

代理店は保険のことで困った時は相談に乗ってくれますし、保険の乗り換えや新規加入、更新の時期にはお得な情報などを提供してくれることでしょう。
「地域密着型」のサービスを提供してくれる代理店もあります。困ったときにはすぐに駆けつけて対応に入ってくれるなど、代理店ならでの気の利いたサービスが行えるのは大きな特徴です。

保険を一元管理できる

保険商品には、生命保険や医療保険、自動車保険や火災保険など様々な種類があります。目的によって、様々な保険に加入する必要があると思いますが、そんな時にひとつの代理店を窓口に契約を交わしてしまえば管理が簡単になります。
例えば、複数の保険に死亡保障が付いており、保険会社も違うとなると、それぞれの保険会社に報告しなくてはなりません。最終的には保険会社とのやり取りになりますが、保険代理店で窓口をまとめておくことで申請漏れなども防ぐことができるでしょう。

また、保険更新の手続きも同様の理由で楽になります。

◎保険代理店の短所

保険料が高くなる

インターネットの普及により、契約者と保険会社がダイレクトに契約を結ぶことも多くなってきた昨今。自転車保険やバイク保険などはコンビニでも加入が出来るようになってきました。

代理店を窓口にした場合、やはりインターネットやその他の窓口に比べると、代理店の利益となる手数料や店舗の費用、スタッフの費用などが保険料に上乗せされてしまうので、契約者が支払う保険料は高くなってしまいます。

一方、損害保険や生命保険の分野では、まだ代理店を通しての契約が一般的です。そのような種類の保険の場合、迷わず代理店を選んだ方がお得だと言えます。

良い代理店を見つけるのが難しい

どのようなお店にも言えることですが、売るものに対する知識は、販売する店とスタッフによってばらつきがあります。

たとえば、同じ靴屋さんでも、靴のケア方法や使う人に合わせた調整、着る服との相性まで考えて販売している店は少ないように、お客さんに合った保険を提案し、万一の時に保険会社との間をスムーズに取り持てるかどうかは、代理店や販売員の経験や知識によって違いがあります。その道に通じたプロがいる店は多くはありません。そのため、料理店であっても、商品を販売する小売店であっても、信頼できるプロのいる店には、多くのお客さんが集まります。
また、保険代理店もお客さんに保険の契約をしてもらうことが目的の一つなので、どうしても「契約してもらおう」という姿勢が出てしまうこともあります。そんな中でも、本当に相談者の為になる保険を提案できるかどうかが良い保険代理店を見分けるポイントです。

一方で、良い代理店を見つけた時の心強さは多少の手数料や保険料が割高になるのを差し引いても、契約者にとって大きな利益になるでしょう。それでは良いお店を見つけるためにはどうすれば良いのか、次項でご説明します。

良い保険代理店の見つけ方

保険契約は専門家ではない方には少々難しいものです。保険の契約内容や保障を受け取る条件などは、ご存知の通り、細かい定款や規約が定められており、保険会社から説明されても理解するのは難しいものです。

このような時に代理店は、保険契約者と保険会社の「知識」「情報」「交渉力」などの格差を緩和し、消費者・保険契約者を様々な不利益から守る役割も担っています。

この役割をスムーズにこなせるお店が良い代理店と言えるのですが、その見分け方には、以下のような方法があります。

色々と分からないことを質問してみる

もし、保険代理店での自動車保険の契約などを考えている方は、疑問に思っていることを代理店に聞いてみましょう。素人の質問にすらすらと答えられないようでは、頼りがいのある保険代理店とは言えません。こちらが質問した以上のことを返してくれる代理店ならば、保険の知識について詳しい代理店と言えます。

保険販売の資格の有無

代理店で保険商品を販売するためには基本的に「損害保険募集人試験」など、販売資格をクリアする必要があります。これは、損害保険の基礎やコンプライアンスなどに関する基礎知識と自動車保険、火災保険、傷害疾病保険に関する知識など、保険商品を扱う上で欠かせない知識の取得を目指したものです。

この他にも「変額保険販売資格」「損害保険代理店 普通資格」「ライフ・コンサルタント資格」など、いくつかの民間資格があり、それぞれスタッフが保険に関連する知識を持っているか否かを知る指針となるため、資格の有無は確認しておくと良いでしょう。

今までの営業年数

老舗と呼ばれる企業が高い信頼と価値を持つのは、それだけ長く営業を続けるサービスの質とファンを持っているからです。代理店の今までの営業年数が長い場合、その年数に比例して経験や知識を持っているはずなので、初めて行く代理店では営業年数を確認するようにしましょう。

顧客の数・示談交渉の経験

この二つの項目が多いほど、保険会社や顧客とのやり取りが多くなると考えられます。顧客の数が多ければ、保険の契約の件数も多くなりますし、顧客の数が多くなるほど、必然的に示談交渉の経験が多くなります。

やはり数をこなすほど、保険や法律、税金など、保険に関わる知識はついてきますので、こちらの数も聞けるようならば聞いておきましょう。この項目は代理店自らの実績となる項目です。この数字を自信を持って報告できない代理店は、あまり良い代理店とは言えないかもしれません。

代理店としての成績

代理店としての営業成績が優秀で、保険会社から表彰されている代理店は信用に値します。営業成績を良くするには、それだけ保険の知識や保険に関する税金や法律の知識を持ち合わせている必要があります。

また、評判が良い代理店は、自然と口コミによってお客さんがお客さんを呼び、営業成績が良くなるものです。代理店に行った時は、保険会社からの表彰状などがないかどうかチェックしてみましょう。

また、表彰状が発行された年数が新しいほど、信用に値します。あまりに古い表彰状の場合、受賞したスタッフがお店を離れていたり、責任者が変わり、サービスの質が変化している恐れもあるからです。

口コミ

もしその代理店を利用した人が身近にいた場合、代理店の評判を聞いてみましょう。知人からの口コミはやはり広告などでは分からない良いことや悪いことも分かる最適な方法です。
また、インターネットで「代理店の名前 評判」などのワードで検索し、その代理店の評判を調べてみると良いでしょう。中には、自作自演まがいな口コミも紛れていることもありますが、利用者の生の声などを目にすることもできるでしょう。

インターネットは、あらゆる情報が手に入り、こんな情報まで!と驚いてしまうようなものまで知れてしまう便利な道具です。口コミサイトなどで、サービスの質だけでなく、他のおすすめ代理店なども知れる可能性があるので、一度検索をかけてみて、損をすることはないと思います。

 

 

しつこく加入をすすめてくる保険代理店には注意

保険代理店に限りませんが、しつこく加入を進めてくる保険代理店がいることも事実です。要は、押し売りのようなものですが、本当は必要ない保険を売ろうとしてきたり、しつこく何度も電話をかけてくる代理店には注意が必要です。

保険を購入する代理店選びは、担当者との相性やスキルも重要です。まずは相談してみて「合わないな」と思えば、他の代理店の方を探してみても良いでしょう。

当サイト【保険コネクト】では、代理店に評価制度を設けていますので、悪質な代理店は掲載できないように厳選しています。まずは、以下のリンクから相談内容を入力してみて下さい。折り返し保険の代理店の者から連絡があり、日程調整のうえ、近くの喫茶店やご自宅などで無料で保険の相談をすることができます。

まとめ

以上、保険の代理店についてお伝えしました。現在では、インターネットの普及により、少しだけ影が薄くなってきた代理店ですが、まだまだ保険契約のメインを担う存在です。繰り返しになってしまいますが、保険の知識は一般人には難しいもの、良い代理店に出会えれば、保障の受取や契約更新の時など、得をする機会が増えます。良い代理店に出会うために、何店舗か確認をしてみるのも有効な方法です。

このサイトで取り寄せることができる資料や代理店の検索を組み合わせて、よりお得な契約を見つけてみましょう。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  4. 4位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  5. 5位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  1. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  2. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  3. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  4. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

  5. 保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...