全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

生命保険を乗り換える際の注意点|デメリットなく乗り換える方法

ライフステージが変化したときに検討すべき生命保険の乗り換え。ただし何も考えずに乗り換えるとデメリットが勝る場合も。この記事では生命保険を乗り換えるときの注意点と乗り換えのプロセスを解説します。

Pocket
LINEで送る

社会人になったら誰もが耳にする生命保険、加入したら放っておきっぱしという人は多いのではないでしょうか。

また、乗り換えをした方がよいとは聞くけど、注意点はないのか、具体的にどうしたらいいのか、確かな情報はつかみにくいもの。

乗り換えと聞くと難しそうですが、保険の基礎知識があれば自分で行なうこともできるのです

この記事では、保険を乗り換えるときに登場する主な選択肢や注意点、生命保険の選び方のおさらいなどを紹介します。

生命保険を乗り換える際の8つの注意点

まずは、保険に乗り換える際の注意点について、以下の8点に気をつけるといいでしょう。

  • 保険金額
  • 保険料
  • 払込期間
  • 解約返戻金
  • 必要保証額計算
  • 昔の生命保険の種類
  • 三大疾病保険の支払要件
  • 高齢者への対応

 

それぞれの内容についてここでは見てみましょう。

 

注意点1:保険金額

保険の乗り換えにおいて『保険金額』は重要です。

保険の乗り換えというと「ひたすら保険料を安くしたい。」と考えがちですが、最も大切なのは妥当な保険金額が設定されているかどうかです。

過剰な保険金額が設定されていれば当然保険料は高くつきますし、保険金額が不足している場合は保険料を払っても必要なお金が受け取れず加入している意味がないことになります。

そのため、保険金額を妥当なものか確認することはとても重要なのです。

【関連記事】死亡保障を決める方法について詳しく知る

生命保険の最もメインな保障である死亡保障。

必要な保障額よりも高ければ、毎月の保険料を無駄に払いすぎるということになりますし、反対に低ければ残された家族の家計を圧迫する事態に。

必要な保障額を決定するには、遺族の生活費といった『支出』と、自分の資産や社会保障などの『貯蓄・収入』のバランスを考える必要があります。

以下の記事では、死亡保障を決定する方法について詳しく解説しています。あわせて参考にしてください。

▶『死亡保障の必要額はいくら?シミュレーションで考える生命保険の選び方

 

注意点2:保険料

保険金額の確認を終えたら保険料の確認作業に入ります。

保険料の確認では、同じ条件でより保険料の安いものはないかと探すしましょう

過去契約してから時間が経過しているで、より良質な新しい商品が開発されていることもあるのです。

生命保険を乗り換える際には自分とってより条件のいいものを探す手間は省けません。

現在、自分で保険の知識を身に着けたり、複数社の保険を調べたりする手間を省くためのサービス(無料相談サービスなど)は充実しています。

わざわざ大変な思いをする必要もないので、そちらを利用することをおすすめします。

保険のコンサルティングは本来はお金を支払うべきものですが、無料相談サービスでは保険のプロに無料で相談ができます。

当サイトでも無料相談の申し込みができますので、ぜひご活用ください。。

 

注意点3:払込期間

払込期間を変更する必要がないか検討しましょう。

例えば終身保険や養老保険を早めに払い終えて安心したい、という気持ちになった場合は保険期間を短縮できます(保険会社によってはできない場合もあります)。
 
また保険期間の短縮は保険料をおさえることにもつながります(一時払いや年払いなど)から、払込期間も要チェックです。

例えば養老保険であれば、引退直前に一時払いを済ませておいて老後の資金を確実に用意しておくといった方法をとれます。

 

注意点4:解約返戻金

解約返戻金、もしかしたらご存じではない方もいらっしゃるかもしれませんね。

解約返戻金は、保険契約を途中で解約した際に戻ってくるお金のことです。定期保険ではほとんどなく、終身保険や養老保険、学資保険などについている場合が多いです。

特に学資保険は返戻率(どれくらい戻ってくるのか)が高いことが知られています。
 
いま現在の契約を解約した時にどれくらい戻ってくるのかは、把握しておくことをおすすめします。

「少なくてびっくり」と感じる人もいますが、それは加入時に確認をしていないことが原因です。加入時に確認をしていなかった場合は、すぐに確認した方がいいでしょう。

【関連記事】解約返戻金について詳しく知る

貯蓄型の保険では、解約した際に解約返戻金を受け取れることが一般的です。

ただし、解約のタイミングによっては、解約返戻金がそれまで支払った保険料を下回る『元本割れ』を引き起こす可能性も。

また、元本割れしない場合には、税金がかかりますので注意が必要です。

以下の記事では、解約返戻金をベースに生命保険を解約すべきかどうかの判断基準や、解約せず保険料を抑える方法などについて解説しています。

あわせて参考にしてください。

▶『生命保険の解約返戻金|金額・税金の計算方法と解約すべきかの判断基準

 

注意点5:必要保障額計算

保障内容を詰め込みすぎていないかを確認しましょう。

必要のない保障も付けてしまうと、保険料が高くなってしまいます。

保障の種類によっては、『遺族年金』や『会社からの遺族への保障』などで間に合う場合もあるでしょう。

必要な保障をしっかりと検討して、無駄な保険料を支払うことのないように注意してください。

 

注意点6:昔の生命保険の種類

生命保険がお宝保険でないか確認しましょう。

お宝保険とは2000年以前に多く取り扱われていた『利率の高い生命保険』のことをいいます。

お伝えしたいことは、利率の高いお宝保険を解約して、現在の利率の低い保険に乗り換えることはメリットはあまりないので、乗り換えるかどうかを再検討してほしいということです。

もちろん、乗換を検討している保険の方が直近の返戻金が高かったりや保険料金が安かったりする場合もあるでしょう。

ご自身のライフプランに合う保険が一番ですが、何も知らずに解約して損をしてしまうのはもったいないので、『お宝保険というものがある』ということは頭に入れておいてください。

【関連記事】お宝保険について詳しく知る

お宝保険は一般的に2000年より以前に加入しており、貯蓄性が高いという特徴を持っています。

乗り換えだけでなく、保険を見直す際にも、もしあながた『お宝保険』に加入していた場合は、契約を続けることで解約返戻金が高くなり、経済的に大きな利益を得られる可能性があります。

以下の記事では、お宝保険の特徴やお得なポイント、お宝保険を見直すときのポイントについて解説しています。あわせて参考にしてください。

▶『お宝保険とは|保険の見直しや個人年金の検討で注意すべきこと

 

注意点7:三大疾病保険の支払要件

三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)と診断されても、『所定の要件』を満たさないと保険金が支払わないことを知っておきましょう。そして、その要件を把握しておくことが重要です。

三大疾病と診断されれば、保険金が支払われると考えている人が多いようですが、そうではない場合があります。

万が一のときに支払われなかったら、ご自身もご家族も苦労することになりますので、要件を把握しておきましょう。

 

注意点8:高齢者への対応

生命保険は原則として、年齢を重ねるほど支払保険料が高くなり、受けられる保険金などの条件は悪くなります

その傾向は保険会社によって変わりますので、しっかりとさまざまな保険会社を比較して、保険会社を選ぶようにしましょう。

生命保険を乗り換える6つのタイミング

生命保険を乗り換えるメインの理由は、保障額が、あなたが本当に必要とする額よりも多いもしくは少なくなったときです。

具体的には以下ようなライフステージが変化したときがタイミングとして挙げられます。

  • 結婚したとき
  • 子供が生まれたとき
  • 離婚したとき
  • 自宅を購入したとき
  • 子供が独立したとき
  • 仕事を辞めたとき

 

ここでは、それぞれのタイミングについて詳しく見てみましょう。

 

タイミング1:結婚したとき

結婚したときには配偶者ができます。残される配偶者のためにも乗り換えを検討すべきでしょう

ただし、子供がおらず、共働きであるケースでは乗り換えの必要性はあまりありません。

夫婦のうちどちらかのみが働いている場合に乗り換えるべきだといえます。

 

タイミング2:子供が生まれたとき

子供が生まれた際には、必要な保障額は増加します

子供や配偶者の生活費だけでなく、教育費についても準備しなければならないからです。

なお、教育費については生命保険だけでなく、学資保険も検討するとよいでしょう。

 

タイミング3:離婚したとき

離婚すると配偶者だけでなく、子供も扶養する必要がなくなるケースもあるため、必要な保障額はぐっと減ることが考えられます

結婚や出産したタイミングで増やした保障額では十分すぎるため、毎月の保険料を多く支払いすぎているケースがほとんどでしょう。

また、保険金の受取人も変更しなければなりません。

離婚した際の保険の乗り換えは重要度が非常に高いといえるでしょう。

 

タイミング4:自宅を購入したとき

自宅を購入した際には、多くの人がローンを組んでいます。

ローンを組む際には『団体信用生命保険』に加入することが一般的ですが、この保険に加入中に亡くなった場合、残りのローンを支払う必要がなくなります

そのため、必要な支出が減ることも考えられ、保険を乗り換えたほうがよいケースも考えられるのです。

 

タイミング5:子供が独立したとき

子供が独立したときには、今後の生活費が減るため、必要な保障額が少なくなります

つまり、配偶者と生活するだけの収入があれば十分ということになるのです。

保障額を減らし保険料を少なくすることで貯蓄に回すこともできますので、老後に備えられるといえるでしょう。

 

タイミング6:仕事を辞めたとき

定年退職などによって仕事を辞めたときも、保険を乗り換えるタイミングです。

一概にはいえませんが、仕事を辞めたタイミングでは貯蓄がある程度あることや、年金などの社会保障を受け取るタイミングであり、必要な保障額は一気に減ります

また、養老保険や個人年金保険に加入していた場合、満期金や年金を受け取るタイミングでもあります。

必要な保障額は大きく下がるといえるでしょう。

生命保険を乗り換えるプロセス

生命保険を乗り換えようと検討してみても「あれ?どうやったらいいのかわからない」といった経験はありませんか?

始めてやることや複雑なことをする場合は、プロセスの確認から入るとスムーズに進みます。

生命保険を乗り換える際には、以下の4つのプロセスを踏まえるとよいでしょう。

  • 乗り換える前提で契約する
  • 今の自分に必要な保障額を知る
  • 必要な保障額と現在の保障内容と照らし合わせる
  • プロに相談する

 

ここでは、それぞれの内容について詳しく確認してみましょう。

 

プロセス1:乗り換える前提で契約する

まずは、契約時に気をつける点を紹介します。

生命保険は、乗り換えることも珍しくありません。

終身保険であっても、保障が自分に合わなくなった場合は保障内容を変更するべきです。

生命保険は『万が一の事態に備える』ための保険であり、保障内容が自分に合っていなかった場合は何のために加入しているのかわかりません

ですから保険は乗り換えるものだという前提で加入をするようにしましょう。

 

プロセス2:今の自分に必要な保障額を知る

乗り換えの第一歩目は、今の自分に必要な保障金額を知ることです。

自分に必要な保障金額を知るには『なぜ保険に加入しているのか』をはっきりさせる必要があります。

例えば万が一の時のために『葬儀代を確保したい』という目的で加入しているならば、葬儀代が保険金額になりますね。

葬儀代の相場はそれを執り行う会社によってまちまちなため、一例としてイオンのお葬式を紹介します。

◆火葬式(5名程度)…費用合計:19万8,000円
◆1日葬儀(15名程度)…費用合計:34万8,000円
◆家族葬(50名程度)…費用合計:49万8,000円
◆家族葬(80名程度)…費用合計:69万8,000円

上記を見ると20万円〜70万円までと、葬儀費用に幅があることがわかります。

このように、目的に対していくらかかるのかを計算すると保険金額を決める手がかりになります。ただし、少し多めに見積もっておくことをおすすめします。

ギリギリの保険金額を設定して、もし保険をもらうときになって足りなかったら何のために加入していたのかわからなくなってしまいます。

毎月保険料をもしものときのために契約するのが保険ですから、保険金額の設定は慎重に行いましょう。

【関連記事】葬儀費用について詳しく知る

規模により金額が変わる葬儀費用。

『会葬者を限定する』『直葬にする』などといった手段をとることで、葬儀費用は安く抑えられます。

以下の関連記事では、葬儀費用の平均額や安く抑える方法、さらに一般的な葬儀の流れについて解説しています。

あわせて参考にしてください。

▶『葬式費用の平均額・内訳|葬式費用を安く抑える方法と葬式の流れ

 

プロセス3:現在の契約内容と照らし合わせる

保険金額の計算ができたら現在の契約内容と照らし合わせます

保険証書には保険契約の内容が記載されていますから、それで確認をすることをおすすめします。

必要な保障が足りていない場合は保険内容を変更するか、別の保険に乗り換える必要がありますね。

 

プロセス4:プロに相談する

生命保険の乗り換えには、保険に関する高度な知識と、多数の保険を調べる労働力などが要求されます

保険の知識や仕組みを知ることや、保険商品の把握やそれを比較することはなかなか骨の折れる作業です。

とても大切なことですが、あまり時間をかけるほどの余裕がないという方が多いのではないでしょうか。

そのような方はプロに相談するのがおすすめです。現在は保険商品を一斉比較できるサイトもあり便利になっていますが、インターネットで得られる情報はやはり表面的なものが多くあります。有益な情報は見つかりにくいのが現状です。

また保険会社によってはインターネットに載っている保険商品がすべてではない場合もあります。

そのため保険商品探しを突き詰めていくと、保険会社に問い合わせるといった工程が必要になります。

いくつもの保険会社に問い合わせるのは大変ですし、いちど問い合わせるとその後にしつこく営業の電話が来る可能性もあります。

そういった事態を避けるためにも、一度プロに相談することは、必要といえるでしょう。

【関連記事】相談先の見つけ方、相談のための事前準備

生命保険についてプロに相談するといっても、誰に相談したらよいのかわからない人は少なくありません。また相談する人を見つけたとしても、事前準備ができていないと、進展がなく、時間の無駄に終わってしまうケースもあります。

そこで、生命保険について相談する場合には『相談するための知識』を持っておくことが重要です。そういった『相談するための知識』を以下の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

▶『生命保険の相談先一覧|加入・比較・見直しの相談前に準備すべきこと

 

生命保険選びの基本

保険の乗り換えというと、保険契約時とはまた違うことをする必要がありそうですが、実はそうでもありません。

基本的には保険の選び方をおさえておけば大丈夫です。ここでは『高さと幅』という便利な考え方を紹介します

高さと幅とは簡単にいうと必要な保障額とその保障期間です。生命保険選びでは、どれくらいの金額(保障)をいつからいつまで継続させたいかを考えることがスタート地点です。

いまの生活ではどんな保障が必要なのか、今後の生活ではどんな保障が必要になってくるのかを予測し、それに合わせて保険金額と保険期間を設定していきます。

必要になってくる保障を予測するといっても、難しく考える必要はありません。

必要性に迫られて答えが出てくる程度のもので大丈夫です。

 

高さについて

高さは保険金額のことですから、自分に万が一のことがあった場合に『残す金額』を考えることが高さの設定です。

万が一に備える場合について、どのように高さを設定するのかを見ていきましょう。

万が一に備える場合は『だれに』『何に使うためのお金を残すのか』を考えて保険金額を設定します。

例えば、あなたが結婚して子供もいるならば、『だれに』の部分には『妻や子供』、『何に使うためのお金』の部分には『生活費』や『子供の養育費』が浮かんでくるのではないでしょうか。

万が一の事態に備える場合は上記のように『だれに、何に使うための金を残すのか』が、ポイントです。

これを考えてみて残すような相手が浮かばない場合は、保険に加入する必要がないかもしれません。

 

幅について

とは保険期間のことですから、上記のように考えた保険金額をもらえるという安心感がどれくらいの期間欲しいのかということです。

10年、20年、30年、一生涯など、たくさんの選択肢があります。保険期間を設定する際のポイントは、『何のために加入するのか』です。

例えば、子供がいて、「義務教育が終わってから社会人になるまでの保障が欲しい。」とします。

その場合は、高校入学時から高校(または大学)卒業時までの3〜8年の期間を保険期間とすればいいですね。

生命保険の定期型のものは大抵が10年単位ですから、少額短期生命保険のように1年単位の保険期間を設定できるものが向いているかもしれません。

幅を決めるにあたっては、保険に入る目的が明確になっていることが、ポイントでしたね。ですから上で触れたように「義務教育が終わってから社会人になるまでの保障が欲しい。」といったように、目的を人に説明できるくらいであれば幅も決めやすくなります。

『高さ』と『幅』の2点をおさえるだけでも保険選びの自信はついてきます。

まずはシンプルに、覚えられそうなところから勉強に入りましょう。

生命保険を乗り換えるときのパターン4種

保険の乗り換えをするパターンとしては以下の4つが代表的な例です。

パターン1:定期保険から終身保険へ

定期保険は、若い頃は終身保険に比べて保険料が安いのが特徴です。

若いうちは定期保険で契約をし、年齢を重ねてきたら終身保険に乗り換えるといったパターンが考えられますね。終身保険は見直しがしにくい保険ですから、乗り換えの際は慎重に保険選びをするのがコツです。

 

パターン2:定期保険から養老保険へ

定期保険から養老保険へと切り替えるのは、子供が成長し、自分は老後に備えるだけといった生活シーンが変化した際にすると考えられます。

子供が成長するまでは定期保険(例えば20年)で万が一に備え、子供が独り立ちしてからは老後に備えるために養老保険に加入するといったパターンです。

 

パターン3:定期保険から別会社の定期保険へ

定期保険を乗り換えを検討した結果、別の会社の商品の方が自分に合っていたときはこうなります。

定期保険はこのように乗り換えしがしやすいのが特徴です。ただし安易に決めないように気をつけましょう。

 

パターン4:定期保険を解約

セールススタッフや会社の先輩などに勧められるがまま加入した場合、こうなることが多いと考えられます。

いわれるがままに加入した保険は、実は必要のない可能性があります。『誰に残すのか』といった目的が明確でない場合は必要ないと判断していいでしょう

デメリットなく乗り換えるにはFPに相談しよう

保険を乗り換えには以下のようなデメリットが発生することがあります。

  • 必要な保障額がなかった
  • 保障の対象ではなかった

 

保険の保障額を決定する際には、現在の収入と将来的な支出を考える必要がありますが、あなた自身で適切な額を算出することは困難かもしれません。

また、保険金が給付されるにはさまざまな条件があるケースもあります。

保障されると思っていたけれど条件を満たしていなかったため、保険金や給付金を受け取ることができないといったこともあり得るのです。

そのため、保険を乗り換える際にはFPに相談することをおすすめします。

FPとは、あなたの人生とお金について計画を立てるプロフェッショナルです。

FPが取り扱う範囲は非常に広く、保険商品もそのうちの1つ。

FPに相談することで、あなたの将来設計に最適な保険商品が見つかる可能性が高まります

あなた自身で保険を選ばなければならない煩わしさからも解放されるでしょう。

保険コネクトではFPへの無料相談サービスを実施しています。ぜひお気軽に相談してみてください。

まとめ

いかがでしたか?保険の乗り換えでは、『解約』といった選択肢もありますから、保険が必要かどうかをまず判断することが大切ですね。

保険と聞くと保険料に目を奪われがちですが、保険金額の設定が最も大切だという点はしっかりおさえておきましょう。保険金額の妥当性を確認したあとに保険料の確認でしたね。

乗り換えしは面倒な作業ですが、自分や大切な人のためにもきっちりと行いましょう。

【関連記事】保険を見直しする際にも知っておくべきことがあります。

医療保険や学資保険など生命保険以外の保険も同時に見直すこともあるでしょう。

生命保険以外の保険についても、見直し時には押さえておくべき知識が数多くあります。

以下の記事では医療保険と学資保険の見直しにお役に立てる記事になっていますので、見直しを検討している方はぜひご覧ください。

医療保険の見直しをする際に確認すべき5つの見直しポイント
学資保険の見直しをする5つのポイントと切り替え時の選び方

 

>>安い生命保険を見つける5つのポイントとおすすめの生命保険

保険料の安い生命保険を探すポイントや、安い生命保険に加入する際に気をつけるべきことについて解説しています。

生命保険、乗り換えに関するおすすめの記事

>>生命保険の更新をする際に続けるか見直しをするかの判断ポイント

生命保険の更新をする場合に知っておくべきことや注意点などについて解説しています。

 

>>生命保険の解約返戻金|金額・税金の計算方法と解約すべきかの判断基準

生命保険の解約返戻金についてや解約する方法、必要なものなどについて解説しています。

 

>>収入保障保険とは|生命保険との違いや保障内容、デメリットまで【完全版】

収入保障保険の特徴と、生命保険とを比較して、どちらの方がより今後に備えられるのかについて解説しています。

 

>>生命保険の基礎知識|月額保険料・加入年齢・保険金額の平均値まとめ

生命保険の加入率の平均や保険料の平均など、様々な数値の平均についてまとめた記事です。

Pocket
LINEで送る

生命保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    「老後を考えるのはまだ早いかなと思って、特に何もしていません・・・。」と、老後のお金について呑気に構えていないですか?アンケートを行ったところ、全く何も老後に備えていないと答えた方が6割もいながら、老後に...

  2. 2位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  3. 3位

    「スポーツ選手や歌手などが入る専門的な保険」って実在するの?芸能人の保険事情。

    「スポーツ選手や歌手などが入る専門的な保険」って実在するの?芸能人の保険事情。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...

  4. 4位

    【都市伝説】「自殺すると保険はおりない」は本当なの?真相を聞いてみた。

    【都市伝説】「自殺すると保険はおりない」は本当なの?真相を聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...

  5. 5位

    爬虫類、魚、虫もペット保険に入れるの?「ペットとして認められる動物」の基準ってなに?

    爬虫類、魚、虫もペット保険に入れるの?「ペットとして認められる動物」の基準ってなに?

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...

  1. 働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  2. 『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    「老後を考えるのはまだ早いかなと思って、特に何もしていません・・・。」と、老後のお金について呑気に構えていないですか?アンケートを行ったところ、全く何も老後に備えていないと答えた方が6割もいながら、老後に...

  3. 爬虫類、魚、虫もペット保険に入れるの?「ペットとして認められる動物」の基準ってなに?

    爬虫類、魚、虫もペット保険に入れるの?「ペットとして認められる動物」の基準ってなに?

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...

  4. 【都市伝説】「自殺すると保険はおりない」は本当なの?真相を聞いてみた。

    【都市伝説】「自殺すると保険はおりない」は本当なの?真相を聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...

  5. 「スポーツ選手や歌手などが入る専門的な保険」って実在するの?芸能人の保険事情。

    「スポーツ選手や歌手などが入る専門的な保険」って実在するの?芸能人の保険事情。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。 そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無...