マンガでわかる 今の保険、老後の生活に備えられる?保険の見直し!保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

始まりから考える生命保険の必要性|必要な人とそうでない人

Pocket
LINEで送る

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

皆さんは生命保険の必要性について考えたことがありますか?「生命保険は入っていて当たり前」といった風潮を感じたことはありませんか?また、その雰囲気に流されて加入をしてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

加入する前にはいちど、生命保険の必要性を検討することをおすすめします。もしかしたら、必要がないのに加入をしているかもしれません。不要な保険に加入していたら、役に立たないどころかムダな支出が増えてしまいます。

今回は生命保険の始まりをおさらいし、そこから生命保険に加入する目的や必要性を検討してみましょう。

1.生命保険の必要性を起源から考える

生命保険の始まりは、誰かになにかあった時のお金を皆で出し合って積み立てておくことです。生命保険の目的を、はじまりに基づいて考えてみましょう。

生命保険はまとまったお金を用意するために作られた

生命保険の始まりから考えると、生命保険の役割は「誰かに何かがあった時のお金」を皆で共有財産として置いておくことですね。起業をするときのお金に使っていたということは、ある程度まとまったお金を用意していたと考えられます。

以上のことを踏まえると、生命保険の目的はまとまったお金を用意することと言えますね。保険契約者は、ひとりではなかなか用意できないお金を、大きな財布から使わせてもらうといった目的で加入します。

生命保険はお金を積み立てる役割がある

お金を皆で共有することが挙げられましたが、それは同時に「積み立てる」役割にもなりますね。げんざい流通している生命保険には積み立てることが目的の生命保険もあります。以下に、簡単に紹介します。

◆養老保険
養老保険は「生死混合保険」と呼ばれるものです。被保険者が死亡した場合は契約時に設定した死亡保険金が、満期まで生存していた場合は生存保険金が支払われるようになっています。死亡時も、生存時も保険金が支払われる仕組みになっているために生死混合保険と呼ばれます。

目的としては老後の資金を確保するのに適している保険です。

◆学資保険
学資保険は、学費などの養育費を用意するための保険です。保険契約時から満期日まで払込みをつづけることで満期保険金を受け取れます。保険契約者(親)が死亡した場合は、それ以降の払込みが免除されます。仕組み上は養老保険と同じ(払込み免除は死亡保険金をもらうのと同じ)ため養老保険の一種とされています。

不測の事態に備えるのも生命保険の役目

生命保険の根本概念は「相互扶助」でしたね。保険契約者のメリットは「少額のお金を納めることで、もしもの時にまとまったお金が得られること」ことです。例えばあなたが、妻と子供を養っている立場だとします。もし自分が死亡した場合、妻と子供は誰が養う?と考えると不安になってきませんか?生命保険にはそういった不安を取り除く役割もあるのです。

現在は、まとまったお金の用意や積み立てよりも、こちらの目的で加入する人が多いかもしれませんね。

生命保険が必要かどうかは「何が不安なのか?」について考えよう

生命保険に加入する目的が「不安を取り除くこと」だとすると、「自分は何に対して不安を抱えているのか」を明らかにすることが重要になります。つまり生命保険の必要性を検討する際は、保険に加入する目的を明らかにすることが鍵になります。

そして目的を明らかにするには「何に不安を抱えているのか?」と自分に問いかけることが重要になります。そうすることで、自分にとっての生命保険の位置づけが見えてきます。自分は、何のために、生命保険に加入するのかをしっかりと理解していれば安心感も増しますね。

2.生命保険の必要性がある人

さてここで、生命保険が必要な人の特徴を4点紹介します。もちろんこの特徴がすべてではありませんので参考程度にご活用ください。

お金を残したい相手がいる

生命保険の保険金が支払われるのは、養老保険などを除いて基本的に被保険者が死亡した時です。ですから、加入する際はお金を残したい相手がいるはずです。

両親に残すのか、子供に残すのか、妻に残すのか、いろいろな相手が浮かびますね。自分は誰にお金を残したいのかをいちど振り返ってみることをおすすめします。また相手によってどれくらいのお金を残すのかも変わってきますね。

例えば両親であれば、迷惑をかけないために自分の葬儀代を残すことが考えられますね。そうすると葬儀代にはいくらかかるのか?といったことを調べる必要があります。このように、お金を残したい人を明らかにするとそれ以降の行動がスムーズになります。

老後のお金を用意したいが貯金が苦手

生命保険というと死亡保険が一般的にイメージされますが、貯蓄性のあるものはそれを使って老後のお金を用意することもできます。もちろん預貯金などを使って自分で貯蓄をすることも可能です。

預貯金はいつでもお金を引き出せるためにお金の自由度が高く、使ってしまいがち。養老保険のような貯蓄性のある保険であれば、簡単に引き出すことはできないので強制的に貯蓄をすることが出来ます。貯金が苦手な方には向いているといえますね。ただし全ての貯蓄を保険にしてしまうと、自由に使えるお金が非常に少なくなってしまうため注意が必要です。

一時的に保障が欲しい

例えば、「これから貯金をするが貯まるまでの保障がほしい」といった場合にも生命保険を活用できます。生命保険のうちの「定期保険」であれば、10年、20年といったように保険期間を指定することが出来ます。

定期保険は中途解約をしてもほとんどお金が戻ってきません。また掛け捨ての保険であれば、中途解約をしても保険料がもったいないということもありません。

上記のように「一時的に保障が欲しい」といった場合にも生命保険は活用できて、種類の中では定期保険が向いています。終身保険は、契約以降は保険料が変動しないために資金計画がしやすいメリットがあります。しかし保険料は割高になるために定期保険の方が向いているといえます。

とにかく不安だ

さきほど生命保険の役割として「不安を取り除く」というものがあると紹介しました。知人に勧められたり、会社の上司、保険のセールスレディなどに声をかけられたりして「生命保険に入っていないとだめなのか?」といった疑問が湧いてくる可能性があります。

特に社会人になりたての方は「若いうちに入った方が良い」という台詞を言われているかもしれません。仕事についていくのが精一杯で「本当にそうなのか?」と疑問を抱えたままの日々をすごすのはストレスですね。

そういった場合は定期保険など、月に1500円程度の格安の保険に、一時的に加入してみるのもいいかもしれません。1年くらい加入してみて、必要性を感じなければ解約をすることもできます。月に1,500円程度の支出であれば、生活に大打撃をすることもないでしょう。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

3.生命保険の必要性がない人

反対に生命保険が不要な人の特徴は、以下の4つです。

お金を残す人がいない

生命保険は万が一の事態に備えるものですから、基本的に誰かにお金を残すことになります。だれに残すのか浮かんでもいないのに生命保険に加入する必要はありません。

必要性の検討に関してはまず、「誰に残すのか」を考えることから入ると良いでしょう。誰に残すのかがパッと浮かばないようであれば不要と判断していいでしょう。

貯蓄が充分にある

貯蓄が充分にある方は、わざわざ生命保険に加入する必要はないでしょう。例えば生命保険文化センターの「生活保障に関する調査(平成25年)」では、生命保険への加入金額(平均)は男性で1,882万円、女性で876万円となっています。性・年齢別に注目すると、年齢では40代が最も高くなっており、性別では男性は2,460万円、女性では1,032万円が保険金額の平均となっています。

これを参考にすると、男性であれば2500万円の貯蓄ができる見込みがあれば生命保険に加入する必要性はないと考えることもできます。もちろん必要な保障額は人それぞれなため、単純に2500万円とはいえません。

ここで、子供の養育費用において最もお金がかかるであろう大学の費用に注目をしてみましょう。

◆大学生の生活費と学費(年間)

・生活費
日本学生支援機構の「学生生活調査(平成24年度)」では、大学生の生活費の平均は、一人当たり、国立大学で、約89万円、公立で79万円、私立で66万円となっています。保健衛生費、娯楽・し好費、食費、住居・光熱費、その他の日常費が生活費の内訳となっています。

また居住形態(実家暮らし、アパート暮らしなど)に注目して生活費の平均を見ると、自宅通学の場合は約43万円、学生寮の場合は約83万円、下宿、アパートその他の場合は109万円となっています。

・学費
日本学生支援機構「学生生活調査(平成24年度)」では、年間あたりの学費の平均は、国立大学で約67万円、公立で約68万円、私立で約132万円となっています。授業料、その他学校納付金、修学費、課外活動費、通学費が学費の内訳となっています。

まだ若く独身である

例えば20代で独身の世帯であれば生命保険に加入する必要はないでしょう。収入があまり高くない状態で生命保険に加入をしても固定費がかさむだけです。

よほど不安を抱えていない限りは保険料の分を貯蓄にまわす方が懸命です。

必要性を感じない

これは当たり前かもしれませんが、必要性を感じていない場合にはわざわざ加入する必要はありません。「親が言うから」といったような理由で加入するのはおすすめできません。

「なぜ加入するのか」を人に説明できるくらいでないと、毎月の保険料は垂れ流しているようなものです。

ずっと払っていく保険、ご満足いただくまで解決するには保険コネクトのプランナーまでご相談を!

4.まとめ

いかがでしたか?生命保険の始まりについては、意外とご存知なかったのではないでしょうか。「相互扶助」の概念のもとで、少しずつお金を出し合うといった仕組みが大元になっているのです。保険会社と1対1で契約をしているように見えて、財産を共有しているというのは驚きですね。

生命保険の必要性を検討する際は、「基本的には必要ない」といった立場で検討することをおすすめします。その方が、目的と手段を混同する確率が少なくなります。保険に加入することはあくまでも手段で、目的ではありません。契約をすることが目的にならないように注意をしましょう。

生命保険の始まりを考えると、ちいさなコミュニティでギルドのような仕組みを成立させたら保険が不要になるかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

生命保険 980×265