年齢や治療状況から保険を探せる!持病があっても安心ナビ

がん保険を徹底比較|保障内容と特徴・必要性・選び方まで

がん保険の商品を比較し検討する際、世の中にあふれる様々ながん保険に対してどのようなポイントを比較すればよいか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、数あるがん保険の中でも、どのようなポイントで比較をすれば良いかをご説明します。

Pocket
LINEで送る

がん保険を比較検討する際、一体どのようなポイントを比較すればよいのでしょう。実際、よく分からないという方が多いようです。最近では、インターネットで「がん保険ランキング」「人気のがん保険プラン」と検索するだけで、様々な保険会社が提供しているがん保険プランを一覧で見ることができます。

しかし大切なのは、その中から比較して自分に合ったがん保険プランを選ぶことではないでしょうか。いくら保険料が安くても、あなたに合った保障内容でなければ加入する意味がありません。

そもそも「がん保険」とは、がん保障に特化した保険のことで、がんによる手術や入院保障の他に先進医療や診断・通院の保障が受けられます。

中には、がん保険と医療保険との違いが分からず混同されてしまう方がいるようです。具体的な違いとしては、医療保険よりもがんになったときの保障範囲が広いことが挙げられます。

生涯にがんにかかる日本人は2人に1人と言われ、もはや国民の代表的な病気とも言えます。いざというときに備えるためにも、あなたに合ったがん保険の選び方とがん保険が持つ特徴を理解しておく必要があります。

そこで今回は、数あるがん保険の商品をどのように比較すればよいのか、がん保険が持つ特徴などを中心に解説していきます。

 

がん治療の特徴と「がん・癌」の違いとは

がん保険に加入するには、がん治療にどのくらいお金がかかるのか、どのくらいの日数がかかるのかなどを知っておく必要があります。以下にがん治療の特徴をまとめました。

ちなみに、「がん」と「癌」は医療の世界では、それぞれ違うものとして考えられていることをご存知でしょうか。がんは、白血球やリンパ腫などの悪性新生物(あくせいしんせいぶつ)を言います。一方、癌は上皮細胞が悪性化したもので、上皮内がんや上皮内新生物と呼ばれています。

具体的には、胃がんや大腸がんなどが挙げられるでしょう。なお、上皮細胞にできる「癌」は、転移してしまう危険が「がん」と比べて少ないことから、がん保険の保障対象外であるケースも少なくありません。加入時は、このことも踏まえて選ぶことをおすすめします。

がん治療の特徴

がん治療は以下のような3つの特徴があり、他の疾病の治療に比べ、経済的な負担が大きくなりやすいと言われています。

医療費が高額になる

大規模な治療や手術、抗がん剤、ホルモン剤など薬が高額になりやすい。

治療及び療養期間が長期になる

再発、転移のリスクがあるため、検査や通院治療も多くなります。

医療費以外の治療経費がかかる

治療中や療養中の収入減、サプリメント代、かつら代などの支出は多くなります。

がん治療にかかる費用と日数

がん治療にかかる費用と日数は平均で以下の通りです。

がんの種類 平均入院日数 治療費(3割自己負担分)
胃がん 20.2日 約25万円
結腸がん 19.9日 約28万円
直腸がん 16.8日 約23万円
気管支炎がん/肺がん 11.5日 約13万円
乳ガン 12.2日 約18万円

(参考:(社)全日本病院協会

「思ったよりも費用がかからない」と感じた方もいらっしゃると思いますが、お伝えしたように、がんは転移したり再発したりすることも多い病気です。そのため、上記の例はあくまでも平均データで、がんの進行具合や治療方法によって費用が異なります。

また、進行が進んだがんには、公的医療補助制度が適用されない先進医療が必要になってくる場合もあります。

がん治療が必要になる人の割合

国立がん研究センターは、2人に1人ががんを発症し、3人に1人ががんで亡くなると発表しています。また、がん累積死亡リスク(ある年齢までに死亡するおおよその確率)は以下のとおりです。

《がん累積死亡リスク》

部位 生涯がん罹患リスク(%) 何人に1人か
  男性 女性 男性 女性
全がん 63% 47% 2人 2人
食道 2% 0.4% 45人 228人
11% 6% 9人 18人
結腸 6% 6% 17人 18人
直腸 4% 2% 27人 48人
大腸 10% 8% 10人 13人
肝臓 4% 2% 28人 49人
胆のう・胆管 2% 2% 60人 57人
膵臓 2% 2% 43人 43人
10% 5% 10人 21人
乳房(女性) 9% 11人
子宮 3% 33人
子宮頸部 1% 76人
子宮体部 2% 62人
卵巣 1% 87人
前立腺 9% 11人
悪性リンパ腫 2% 2% 51人 68人
白血病 1% 0.7% 104人 151人

(引用:がん情報サービス

このようにがんはとても身近な病気ですから、がんに対する備えの意識も他の疾病に比べて高いです。

がん保険の保障内容と種類

がんは、手術や治療をすればすぐに治るというものではありません。抗がん剤を定期的に投与したり、通院や入院を繰り返したりして、長期的に治療していく必要があるのです。

一般的にがん保険は、がんと診断されたときに一時金が支払われたり、入院日数に上限がなかったり、抗がん剤治療に対する保障が受けられたりと他の保険プランに比べて特徴的です。経済的な負担を軽減し、長期的ながん治療が受けられるように配慮されたものががん保険と認識しておきましょう。

上記の保障内容は、実際どんな時に給付金が受け取れるのでしょうか。以下に、がん保険の保障内容の詳細と、給付金の支給タイミングをまとめました。あなたが必要だと感じる保障は何か検討する際に活用ください。

がん診断給付金

がん保険も医療保険も、がんで入院や手術をした時に給付金を受け取って、治療費等へ備えるための保険です。ただ、がん保険には医療保険にはない「がん診断給付金」という保障があります。

金額は100万円を超えるものやそうでないものなど、契約によって異なりますが、がんと診断されれば日帰りで抗がん剤治療を受けるだけの場合であっても支払われるのが特徴です。

入院給付金

がん治療で入院した場合に支払われるのが入院給付金ですが、基本的に日数は無制限です。ほぼ全ての保険で日額1万~2万円となっていますが、中には3万~4万円の高額設定が可能な保険もあります。

手術給付金

手術給付金は一回の手術に対し、10万~20万円の給付金が目安です。入院日額給付金の20倍が給付金として受け取れるものもあります。

通院給付金

通院給付金には2つのタイプがあります。

  • 入院をして入院給付金を受け取ってから所定の期間内(365日など)に通院した場合に60日程度を限度に保障するもの
  • 入院したかどうかに関わらず、手術、抗がん剤治療、放射線治療といった三大治療のための通院なら日数制限なしで保障するもの

手術給付金

がんの治療で手術を受けた場合に支払われるのが、「手術給付金」になります。商品によっては保障額が一律なものや、手術の種類によって保障額が異なるものがあるもの、回数の制限はありません。

先進医療特約

がん保険には、先進医療特約が付いているものや、付加できるものがあります。先進医療とは実験段階の医療の事で、まだ有効性や安全性を確認している最中のものですので健康保険が使えず、治療費は全額自己負担でかなりの高額になります。

がん保険の選び方を解説|特徴を比較して保険を選ぶ7つのポイント

実際にがん保険に加入する上で、具体的にどのようなポイントを比較して検討すれば良いでしょうか?以下で解説していきましょう。

定期タイプか終身タイプか

がん保険に加入する上でまず比較検討すべきは、定期タイプにするか終身タイプにするかでしょう。

定期タイプ 契約の終了時期が決まった保険で、保険料を支払う可能性が低い分、年齢が若いほど保険料は安く設定されていて、終身タイプと比べると、毎月の保険料も割安です。いわゆる「掛け捨て」と呼ばれるもので、払込終了と同時に保障が終了し、更新の時期が来ると保険料が高くなります。
終身タイプ 「積み立て」と呼ばれる保険で、保険料を払込すれば保険の契約・保障が一生涯続き、定期タイプのように契約終了後の再契約で保険料が値上がりすることはありません。保険料の払込期間を設定できるものが多いですが、保険料が割高になるのがデメリットです。

 

保障期間を重視する方は終身の保障が良いと考え、保険料の払込期間を重視する方はすぐに払い終わる期間が良いと考えるのが一般的ですが、がん保険の場合は終身タイプのほうが向いていると言われています。

参考

▶「がん保険を終身型で選ぶ際におすすめできる選び方の全知識

▶「終身保険とは|終身保険の5つのメリットと3つのデメリット

▶「定期保険の仕組みとメリット・デメリット|他の保険との比較

▶「定期付き終身保険の問題点と見直しする際のポイント

保険料

必要な保障をいかに安く手にしておくか、という点ではどんな保険を選ぶ時でも重要なポイントであり、実際にお金を支払う立場の加入者が最も気にかける比較ポイントなのではないでしょうか。

万が一のことが起きた場合に、自分や家族の生活を守るための保険として、いくらの保険料が必要なのかを予め明確にしておき、無駄な保険料の支払いをしないようにしましょう。

一般的には、年齢が上がれば上がるほど必要な保険料の額は下がっていきます。つまり、現在よりも5年後、5年後よりも10年後のほうが少ない保険料で済むことになります。また、受け取れる保険金や給付金が多いほど、保障期間が長いほど、保障内容が充実する反面、支払う保険料は高くなります。

《同一の条件で契約期間を変更した場合の月払いの保険料の変化》

項目 期間を延長する 期間を短縮する
保険期間 月払い保険料は上がる 月払い保険料は上がる
保険料払込期間 月払い保険料は下がる 月払い保険料は下がる

 

しかし、保険料の支払いで生活が圧迫されるようでは本末転倒です。もし支払う保険料の総額をなるべく少なくしたいとのことであれば払込の回数を減らしたほうが良いですし、月々の保険料の支払いを少なくしたいとのことであれば、長く払い続けるのが良いでしょう。

いずれにしても、自身の生活に無理なく、適切な払込期間、適切な保険料で保険を比較検討する必要があります。

がん診断給付金の給付条件

診断給付金はがんと診断された時に受け取ることができる給付金です。この給付金は一般的に入院日額の100倍に設定されており、まとまったお金が支給されるので抗がん剤などの薬代や医療費以外の出費など、様々なことに有効活用ができます。

上皮内新生物への給付

平たく言ってしまうと、ごく初期のがんに対する補償のことで、放置しておくと、がんなどの悪性腫瘍になる可能性を持つものに対する給付金を指します。この上皮新生物は治療を行えば再発や転移の可能性がほとんどないことから、保険会社によっては保障の対象外としている場合があります。

受け取れる給付金は保険商品によって「悪性新生物(がん)と同額」「少額(1割)」「対象外」となっており、補償が受け取れるものの方が安心です。

給付の条件

医療機関から診断された内容がどのようなものかで変わります。度合いは「診断確定」「要治療(手術)」「要入院」と分けられており、「診断確定」はがんと診断されたその時に、「要治療(手術)」は手術などの治療が行われる時に、「要入院」は入院時に給付金が支払われます。

どの度合いになれば給付金が出るかが保険商品によって変わってきますが、「診断確定」時に給付金が支払われる保険商品の方が保障が手厚く安心でしょう。また、最近では、治療法の進化により、入院を伴わない手術や、放射線治療、抗がん剤の使用など入院を伴わない治療方法も増えてきていますので、やはり診断確定のみで給付金が受け取れるものが安心です。

受け取れる回数

「複数回」と「1回のみ」に分けられており、転移や再発のリスクがあるがんという疾病の特性上、もしがんにかかってしまった場合、複数回給付金を受け取れる方が安心と言えます。注意しなければいけないのは、複数回給付金を受け取れる保険商品でも2年に1回など、給付に条件がある場合があるので、契約する前に確認しておきましょう。

通院給付金

通院給付金は治療などで通院が必要な時に給付されるお金です。以前はがんの治療は入院を伴うものが多かったのですが、医学の進歩により、日帰りで行える手術や、放射線治療、抗がん剤の投薬など、通院しながら行える治療方法が増えてきました。

医療保険やがん保険は基本的に一入院ごとに給付金が支払われることが一般的ですが、上記のような状況の変化により、外来(通院)への保障に対応する保険商品のニーズが高まってきています。

入院を伴わない通院への保障は、保険商品によって「対象となるもの」「対象外となるもの」の2つがあり、上記のような治療状況の変化を考えると、「対象となるもの」の方が安心と言えます。

次に入院日数の条件ですが、「入院1日」「5日以上」「20日以上」などに区分けされており、これは入院日数がより少ない場合に給付が行われる保険商品の方が安心です。また、入院前の通院が保障対象になるかどうかも、どのがん保険を選ぶかの判断の基準になります。

平成11年 平成14年 平成17年 平成20年 平成23年 平成26年
入院患者数 166,100人 163,600人 164,600人 155,800人 147,800人 143,200人
外来患者数 149,900人 146,600人 161,500人 170,700人 177,000人 187,300人

参考:厚生労働省『患者調査統計表

医療の技術の発達で、抗がん剤や放射線治療を行わずとも通院して薬をもらうだけで回復に向かったりする方が多くいます。

 

保険会社のCMでも「がんは通院で治す時代」と謳っていますが、そのとおりで近年は通院で治療が可能な時代にまで医療技術が進歩してきました。

参考:がん保険の通院保障とは|通院保障の特徴と必要性

特定治療給付金

これは抗がん剤治療など、特定の治療を受けた場合に支払われる給付金のことです。「ある」か「なし」かのいずれかを選択することになりますが、当然これは「ある」方が安心でしょう。

先進医療特約

がんの治療には公的医療保険の適用外の治療があります。厚生労働大臣の承認を受けた高度先進医療はそのひとつで、基本的に治療費は全額自己負担となります。例えば、一部の治療法では300万円ほどの費用がかかるものもあり、個人で負担するには大きなものです。

この給付金を受けるには、一般的にがん保険に特約を付帯させることが必要です。特約に加入する費用は月に百円~数百円程度で、いざ必要になった時に大きなリターンが期待できるため加入しておくことをおすすめします。

給付金を受けられる範囲は、技術料の実費を保障するものから、一定額を保障するものまで様々なので、加入の際は契約内容をよく確認することをおすすめします。

保険料と保障内容のバランス

これまで挙げてきた比較のポイントは、全て契約条件が良いほど保険料が高くなる傾向になっています。条件が良ければ良いほど給付金を受けやすくなりますが、それまでに支払う保険料もまた高くなります。

いざがんになってしまった時に、契約を解約してしまい、給付金を受けられない状況では困りますので、契約条件と保険料のバランスを考え、月々に確実に支払える保険料の保険商品を契約するようにしましょう。

この他、保険会社によって様々な付帯サービスが用意されているため、保険の加入時には選択の基準のひとつとして調べておきましょう。

 

状況別にがん保険を比較検討する方法

良いがん保険を選ぶ上で、”保障内容が自身の状況に合っているかどうか”も外せないポイントになります。

参考

▶「がん保険の種類と状況からおすすめのがん保険を選ぶ手順

定額的な支援が欲しい

1日あたりの保障が○○円、手術給付金やその他の保障を数字できっちり把握したい方は定額の保障が支払われるタイプのがん保険が向いているといえます。

自己負担があっても構わない

「がんの治療費の支援は欲しいが、自己負担分があっても構わない」という方も定額の保障が支払われるタイプのがん保険が向いているでしょう。支払われる金額が一定なので、それを超えた場合には自己負担をすることになります。例えば入院日額1万円の保険に加入していた時に、入院費が15,000円かかった場合、5,000円分は自己負担となります。

高額な医療費を懸念している

「がんになった後の生活も心配だが、最も心配なのは高額な医療費だ」と不安に感じている人は、実損補填タイプのがん保険が向いていると言えます。実損補填型は、実際にかかった費用を保障してくれますから、高額な治療費がかかった場合でも安心です。

がんの医療費に関しては以下の記事も参考にしてみて下さい。

▶「抗がん剤の費用相場|がん保険加入前の知識と抑える方法

まとまったお金を得たい

がんと診断確定された時にとりあえずまとまったお金が欲しい方には診断給付型のがん保険をおすすめします。まとまったお金が入ることで「これからどうなる?」といった不安はやわらぎます。悪性新生物の場合は100万円、上皮内新生物の場合では10万円、といったように支払われる金額が違います。

シンプルな保障でいい

シンプルな保障が欲しい方には、診断給付型の「がんと診断されたら100万円支払われる」といったようなシンプルな保険が向いています。入院給付金、手術給付金や先進医療給付金など、保障がたくさんあれば安心するかもしれませんが自分が理解できないような保障はつけても仕方がありません。使いどころがわからないままたくさんの特約をつけても保険料がかさむばかりです。

治療費よりもその後の生活が心配

がんになると治療費がかかることはもちろんですが、お仕事ができなくなってしまった場合は収入も途絶えてしまいます。それに対して有効なのが収入保障型のがん保険です。年金形式で長期的に給付金を受け取ることができ、もしも闘病生活が長引いてもサポートをしてくれます。

付帯サービスを受けたい

がん保険に付く「付帯サービス」も比較のポイントです。がん保険の主な役割はがんにかかった時に金銭的な負担を軽減することにありますが、近年ではその役割以外にも様々なサービスを受けることができます。

セカンドオピニオンサービス

治療中の病気について、提示されている治療法以外の選択肢はないのかなど、保険会社が用意した専門の医療スタッフに相談できるサービスです。このサービスでは、各専門分野の総合専門医が相談を受け、そのうえで、より高度で専門的な診断が必要になった場合は、より専門性の高いスタッフを紹介してもらえます。

人間ドック、PET検診予約サービス

保険会社が提携している人間ドックやPET(陽電子放射線断層撮影装置)検診の施設を紹介、予約代行してくれます。保険会社によっては、人間ドッグの優待サービスもあり、がんの早期発見に役立ちます。

 

がん保険の人気ランキング上位にあるプランが持つ特徴

「がん保険ランキング」「人気のがん保険プラン」でよく見られるがん保険が持つ特徴について確認していきましょう。人気のあるがん保険は、医療保険と比べて保険料の安さよりも、保障の厚さが重要視されている傾向にあるようです。

1:返戻金などのオプションよりもがん保障の厚い保険

人気のがん保険プランが持つ特徴、ひとつ目は返戻金などのオプションが充実しているよりも、がんの保障が充実していることです。がんにかかった場合、治療期間が長く、その間の収入が減るなどのリスクがあります。

そのため、契約期間ごとに支給される返戻金などのオプションよりも、治療中の保障に特化したプランの方が人気なのかもしれません。

2:給付金が継続的に受け取れる

がん治療の際に給付金が継続的に受け取れることも、人気のがん保険プランの特徴です。がん保険ランキングの上位に紹介されているものの多くは、給付金が継続的に受け取れるプランとなっています。

3:収入保障があるプラン

がんにかかったとき、思うように働けず収入が減ってしまうリスクがあります。そのため、がんの治療費だけでなく収入も保障してくれるプランが人気のようです。

4:保険料が手頃である

保障内容は充実していることはもちろんですが、毎月支払う保険料が安いことも重要なポイントになっているようです。がん保険に加入した場合、保険料の目安はどのくらいになるのでしょうか。加入年齢別での保険料相場を以下にまとめました。

加入年齢別でのがん保険料相場

20代

2,000円程度
30代 2,500円程度
40代 3,500円程度
50代

4,500円程度

5:定期型ではなく終身型タイプ

がんにかかった場合、転移などのリスクがあるため、一度治療が完了した場合でも再発のリスクがあります。そのため、加入期間を決めて入る「定期型」のがん保険よりも、生涯に渡ってがんの保障をしてくれる「終身型」の方が選ばれているようです。

実際のところどんな保険に加入している人が多いの?

前述で、人気のがん保険やがん保険ランキング上位にあるプランの特徴をご紹介しました。しかし、実際のところどんながん保険に加入している人が多いのでしょうか。実際に加入している方は、がん保障がどれだけ充実しているかを重点に置いて選んでいるケースが多いようです。

そのため、保険料の安さや返戻金などのオプションが充実しているよりも、がんの保障が厚い保険が選ばれていると認識しておくと良いでしょう。

がん保険に加入した人の口コミ

 

がんでも入れる保険の種類

ここまでは、これからがんに備えたい方向けにがん保険について解説してきましたが、すでにがんを経験している方はどのような保険を検討したらいいのでしょうか?

実は、がんでも加入できる保険は存在しますが、一般的な保険と比べてデメリットがあります。以下で解説していきましょう。

引受緩和型保険

がん経験者を対象にした保険があり、こちらは主に引受緩和型保険と呼ばれています。こちらは保険加入時の告知項目が少なく、加入の基準が緩くなっています。

ただし、現在入院中の方、直近3ヶ月以内に入院や手術をすすめられた方、過去1年以内に手術をした方、過去5年以内にがんで入院・手術をした方の加入は困難です。

また、一般的な保険よりも保険料が割り増しになっていて、入院給付金や手術給付金が受け取れない場合があります。

無選択型保険

健康状態に関係なく加入できる保険のことを無選択型保険といいます。こちらは健康状態に関する告知や、医師の審査などが必要ありません。

つまり、過去にがんを発症したことがある人でも、現在がん治療中の方でも問題なく加入することが出来ます。

ただし、こちらも引受緩和型同様に保険料が割り増しになっており、加入後2年間は死亡保険金が抑制され、事実上保険金が支払われないという制限がついています。

 

無料相談を賢く利用してがん保険を比較する

「保険のことはよくわからない」「どう比較したらいいのかわからない」という方はたくさんいると思います。そういった方はやはり自分だけで比較しようとせず、保険のプロに無料で相談をしてみるのが賢い方法でしょう。あなたに本当に必要で無理なく加入できる保険がきっと見つかるはずです。

方法としては、

  • 直接保険の窓口(店舗)へと足を運ぶ
  • インターネット上で相談をする
  • ファイナンシャルプランナーに相談する

上記の3つがあり、相談時に用意してもらえるパンフレットがなども参考になります。このサイトからも無料でFPと直接相談することができますので、保険選びにお役立てください。

 

まとめ

今回の記事ではがん保険に加入する前に比較するためのポイントをご紹介しました。日本人に身近な病気である以上、いざかかった時には大きな助けになることでしょう。保険料も保障内容も数多くの種類があるがん保険ですが、それぞれに適した保険商品があるはずです。

この先どのような保障があれば安心かをじっくり考え、数あるがん保険から比較して最も良いものを選びましょう。FPに相談してみるのもおすすめです。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

がん保険 980×265