steady×保険コネクト 大人女子のための老後のマネー特集

30代の既婚男性におすすめの保険|保険選びで押さえたいポイント

Pocket
LINEで送る

多くの情報収集前に、さくっと解決できる保険コネクトプランナーに相談をしましょう!

保険を選んだり見直したりするタイミングには、結婚・出産・子供の独立など、人生の転機が大きく関わってきます。

しかしながら「結婚したからこの保険」「子供が生まれたからこの生命保険と学資保険」などといった、決まりきった保険商品の選び方がある訳ではありません。

では、保険選びを行う際に重要となるのはどういったポイントなのでしょうか。

この記事では、30代の既婚男性が保険を選ぶ際に押さえておきたいポイントや、ケース別のおすすめ保険商品について説明します。

保険を選ぶ前に押さえておきたいポイント

ポイント1:ライフスタイルとライフプランの確認

保険のCMや広告などを見ていると「保険料はこんなに安いです」「持病を持った方でも加入できます」「いざという時には、こんなにたくさんの保障が得られます」といったセールスポイントがアピールされています。

確かに、こういった情報も保険選びの際一つの指針となるものです。

しかしながら「保険料が安い」「保障が大きい」といった特徴を持つ保険が、必ずしもその人に合った保険になるとは限りません。

そこで確認したいのが、その家庭の形態やライフスタイルです。

例えば、結婚直後に保険の見直しを行う場合について考えてみましょう。

  • 結婚後、両親と同居をするのかどうか
  • 奥様が専業主婦となるのかどうか
  • お子様の出産予定はいつごろか、何人希望されているのか

 

これらの違いで、そのご家庭に必要となる保険の種類や保障内容が変わってきます。

そこで、保険選びを行う場合はまず、夫婦でライフスタイルを把握した上で、今後の将来設計(ライフプラン)について考えることが重要です。

ポイント2:既存の保険の確認

保険への加入を考える際、意外に見落としがちなのが「すでに入っている保険の内容」です。

既存の保険を把握する前に保険選びを行ってしまうと、保障が重複してしまったり、余計な保険料を支払うことになったりしてしまいます。

保険への加入・見直しを検討する場合は、以下を事前にしっかり確認しておくことをおすすめします。

  • 仕事上の付き合いなどで加入した保険があるかどうか
  • 両親がかけてくれている保険の有無やその内容

 

特に、上記のようなケースで加入している生命保険や医療保険の場合は、保険料も保障も大きな『養老保険』や『アカウント型』といった保険商品であるケースが少なくないので、保険料だけでなく保障内容、契約内容についても十分把握することが大切です。

おすすめの生命保険の選び方

生命保険選びを行う際、まず把握しておきたいのが必要保障額です。

必要保障額とは『生命保険で準備をしておきたいと考えるお金(保険金)』のこと。

ざっくりというと『本人の死後、家族に必要となるお金から、遺族年金など入ってくるお金を引いた金額』という意味です。

この必要保障額目安は一般的に、以下のようにいわれています。

  • 独身の場合 500万円
  • 専業主婦の場合 1,000万円
  • 夫婦2人暮らしの場合 1,500万円
  • 夫婦+お子様1人の場合 3,000万円

 

必要保障額の目安を出す算出式には

年収×3年(遺されたご家族の生活基盤が固まるまでの期間)+教育費

というものがあります。

必要保障額の目安を出したいときは、一度参考にしてみてください。

ケース別おすすめの生命保険

ケース1:30代男性、既婚、共働き、子供なしの方の場合

  • 家族構成:本人・奥様
  • 年収:本人550万円、奥様400万円(共に正社員)
  • ローン:持ち家の住宅ローンのみ(月返済15万円、60歳で完済予定)
  • 貯蓄額:250万円
  • 備考:貯蓄に力を入れたいので、月々の保険料を抑えたい

 

このケースの場合、必要保証額は1,500万円程度が目安。

ローンがあることを気にされる方も多いかもしれませんが、住宅ローンで家を購入した場合、団体信用生命保険の保障によって住宅ローン負担がなくなるため、賃貸よりも必要保障額が下がります。

これらを踏まえておすすめの保険の特徴を考えると『解約返戻金がない代わりに保険料が少ない、掛け捨てタイプの定期保険』です。

おすすめの定期保険

ライフネット生命 家族への保険

引用:価格ドットコム|メットライフ生命

 

オリックス生命 定期保険Bridge

引用:価格ドットコム|オリックス生命

 

アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの定期保険2

引用:価格ドットコム|アクサダイレクト

 

ケース2:30代男性、既婚、妻専業主婦、子供なしの方の場合

  • 家族構成:本人・奥様
  • 年収:本人550万円(自営業)
  • ローン:持ち家の住宅ローンのみ(月返済10万円、65歳で完済予定)
  • 貯蓄額:300万円
  • 備考:遺される家族への保障を月額タイプで備えたい

 

このケースで注目すべき点は、ご本人が自営業を営まれているということです。

自営業の方に万が一のことが起きた場合、遺されたご家族の収入源は即絶たれてしまいます。

この点を考慮し、最近は保障額を毎月受け取ることができる、収入保障保険で備えたいと考える方が増えてきています。

収入保障保険には『本人死亡時期によって、受け取ることができる保障額の総額が下がる』という特徴があり、保険料もそれに応じた設定となっています。

そのため、定期保険や終身保険よりも死亡時の保障として合理的、という意見もあります。

おすすめの収入保障保険

アクサダイレクト アクサダイレクトの収入保障2

引用:価格ドットコム アクサダイレクト

 

チューリッヒ生命 収入保障保険プレミアム

引用:価格ドットコム|チューリッヒ生命

 

オリックス生命 家族をささえる保険Keep

引用:価格ドットコム|オリックス生命

 

おすすめの医療保険の選び方

医療保険については、日頃TVCMなどでたくさんの保険商品がアピールされているため「種類が多すぎて、どれを選べば良いか分からない」と感じる方も多いようです。

さらに、医療保険は商品ごとに保障内容や範囲も複雑なため、細かいポイントにこだわった商品選びが難しいという特徴もあります。

そこで大切になってくるのが『大きなポイントに絞って、自分に必要な医療保険を考える』といったことです。

各医療保険の保障内容や月額の保険料を見て、商品の比較検討をする前に、自分にどのような保障が必要か、まず見極めてみましょう。

自分に必要となる保険を考える指針となるポイントには、以下のようなものがあります。

ポイント1
入院給付金日額⇒入院した場合、一日いくら必要か

ポイント2
手術給付金⇒手術を行った場合、どの程度の保障を求めるか

ポイント3
保険期間⇒医療保障はいつまで必要か

ポイント4
保険料の払込期間⇒保険料の払込をいつまで終わらせたいのか

ポイント5
入院の限度日数⇒医療保障では60日120日などから選択可能

これらのポイントを一つずつ考えていくと、今現在、自分が必要だと考える医療保障が明確になっていきます。

医療保険を選ぶ場合は、必要な医療保障がハッキリした時点で、それに沿った商品を見極めるということが大切です。

ケース別おすすめの医療保険

ケース1:30代男性、既婚、妻専業主婦、子供ありの方の場合

  • 家族構成:本人・奥様・お子様(5歳、2歳)
  • 年収:本人450万円(正社員)
  • ローン:持ち家の住宅ローンのみ(月返済15万円、60歳で完済予定)
  • 貯蓄額:250万円
  • 備考;入院に備えると同時に、入院中の家族の生活保障も考慮したい。
  • 傷病手当1日6,600円あり

 

このケースの場合、貯蓄が250万円ありますが、お子様の教育資金やマイホーム購入などを考えると、入院によって貯蓄を取り崩すのは難しい状況にあります。

また、入院中のご家族の生活保障のことも考えるのであれば、傷病手当があるからといって入院日額を低く抑えるのは得策ではありません。

そのため入院日額は10,000円で設定し、その上で保険料が低く、保障の幅や給付特則の内容の良い医療保険を選ぶのが良いでしょう。

おすすめの医療保険

オリックス生命 新CURE

引用:価格ドットコム オリックス生命

 

メットライフ生命 終身医療保険 Flexi(フレキシィ)

引用:価格ドットコム メットライフ生命

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 新健康のお守り

引用:価格ドットコム 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

 

ケース2:30代男性、既婚、妻パート勤務、子供なしの方の場合

  • 家族構成:本人・妻
  • 年収:本人500万円
  • ローン:持ち家の住宅ローンのみ(月返済12万円、60歳で完済予定)
  • 貯蓄額:800万円

 

このケースの場合、貯蓄もあり、妻もパートに出ているので、そこまで大きな保障は必要としないでしょう。

そのためできるだけ出費を減らすために、掛け捨て型の定期保険に加入しておけばよいでしょう。

ただし、定期保険とは別に、夫が亡くなった後の妻の生活のために、死亡保障保険には別途加入しておくことをおすすめします。

おすすめの医療保険

アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの定期医療

引用:価格ドットコム アクサダイレクト生命

 

ネオファースト生命 ネオdeちりょう

引用:価格ドットコム ネオファースト生命

 

おすすめの自動車保険の選び方

最近は、TVCMなどで様々な自動車保険商品の情報を目にしますが、その多くは保険料の安さをアピールするものとなっています。

確かに、自動車保険選びにおいて、保険料の安さ・お得感は大きな魅力となるものです。

しかし、どんなにお得度の高い保険であっても、万が一の時に役立たなければ「高い買い物」となってしまいます。

特に、自動車保険が対象としているものは、一般的な収入では対応が困難な非常に大きな経済リスクです。

交通事故に遭遇した場合、時には数百万円から数億円といった損害を被ることも有り得ます。

この大変大きなリスクに備えられるかどうか、この点が自動車保険を選ぶ上で最も重要だということを、まず心に刻んでおきましょう。

この点を踏まえて自動車保険を選ぶポイントを考えると、以下のものが挙げられます。

ポイント1:事故処理サービスの品質

自動車保険において、特に重視したいのが事故処理サービスの内容です。

交通事故においては初動が非常に重要となるだけに、万が一の際に迅速に対応してもらえるかどうか、サービス拠点の設置数はどうなっているかなどは、特に入念に確認しておきたい点です。

ポイント2:販売ルート

自動車保険の販売ルートは、通信販売と代理店販売の2つに大別されます。

それぞれ契約手続きの方法や事故後の対応などが異なってきますので、ご自分の都合や考えに合わせてどのような窓口を通して契約を行うか、しっかり考えておくことが重要です。

契約先を行った代理店などが悪質だった場合、事故後の対応が悪い、保険金の支払いに影響が出るような対応をされるなど、契約者に大きな不利益が与えられるケースもありますので注意が必要です。

ポイント3:補償の種類を把握する

自動車保険の保険料は保証金の額だけでなく、どういった補償を求めるのか、どういった状況までカバーするのかによって、大きく異なってきます。

自動車保険の補償には対人賠償保険対物賠償保険搭乗者障害保険人身傷害補償保険などがありますので、自分にとって何が必要で何が必要ないのか、事前に明確にしておきましょう。

ケース別おすすめの自動車保険

ケース1:保険料が安く、契約時の手間が少ない保険を選びたい

  • ソニー損害保険
  • イーデザイン損害保険
  • SBI損害保険

 

ケース2:サービスの満足度の高い保険会社と契約したい

  • チューリッヒ保険会社
  • SBI損害保険
  • アクサ損害保険

 

ケース3:事故対応力が高い保険会社と契約したい

  • 三井住友海上火災保険
  • 富士火災海上保険

多くの情報収集前に、さくっと解決できる保険コネクトプランナーに相談をしましょう!

 

自分におすすめの保険がわからなければ第三者に相談しよう

保険選びのポイントについてご説明してきましたが、「ポイントを押さえて保険を比較検討しても、やはり選んだ保険が自分に合っているかどうか不安に感じる」という方も多いと思います。

こういった不安を解消してくれるのが、FPや保険相談員などの保険の専門家です。

これらの専門家は、保険についての知識が深いだけでなく、契約を検討している方の状況や考え方、ライフステージなどを第三者の立場から客観的に見ることができるため、無駄がない適切な保険をプランニングできます。

【関連記事】FPに保険の無料相談をする

FPは、あなたの人生とお金に関するあらゆる悩み事を解決するプロフェッショナルです。

FPが取り扱う内容は多岐に渡り、家計管理・税金・住宅資金・社会保障・相続などを含みます。

FPに相談することで、あなたに最適な保険が見つかるでしょう。

FPの無料相談サービス|わずらわしい保険選びから解放される秘訣

 

まとめ

保険選びで感じる不安や疑問の多くは、保険や自分の状況を客観視できないことが原因となって起きるケースがほとんどです。

上記の情報を参考にしたり、プロに相談してみたりして、自分に合った保険を探してみてはいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    「老後を考えるのはまだ早いかなと思って、特に何もしていません・・・。」と、老後のお金について呑気に構えていないですか?アンケートを行ったところ、全く何も老後に備えていないと答えた方が6割もいながら、老後に...

  2. 2位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  3. 3位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  4. 4位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  5. 5位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  1. 労働災害で生活ができなくなる前に。労災認定に重要なこと

    労働災害で生活ができなくなる前に。労災認定に重要なこと

    仕事中の思わぬ事故、つまり労働災害が今、全国的に増えています。 今年5月に厚生労働省が公表した平成29年度の「労働災害発生状況」によると、業務中の事故で死亡したりケガをしたりした人の数は120,46...

  2. 芸能人も始めている。「終活」ですべきことと今からできること

    芸能人も始めている。「終活」ですべきことと今からできること

    「人生の終わりについて考える活動」、略して「終活」。 年代や環境を問わず、多くの方が今、関心を持っていることの一つではないでしょうか。 先日、芸人のいとうあさこさんがすでに「終活」を始めて...

  3. その整形、保険がきくかも?高額療養費が利用できるケースとは?

    その整形、保険がきくかも?高額療養費が利用できるケースとは?

    人は誰しもコンプレックスがあります。 性別問わず、目元や鼻、口元などをプチ整形する人も、最近ではめずらしくなくなってきました。 しかし、美容整形は病気に対する治療ではないので、基本的に健康...

  4. 前澤社長「月に行く」宇宙旅行に保険が効くのか調べてみた

    前澤社長「月に行く」宇宙旅行に保険が効くのか調べてみた

    「月に行くことにしました。アーティストと共に。」 https://twitter.com/yousuck2020/status/1041868405316280321 9月18日に、ファッショ...

  5. 「保険はネットで申し込んだ方が安い」は本当なの?真相を聞いてみた。

    「保険はネットで申し込んだ方が安い」は本当なの?真相を聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 「保険はインターネットで申し込んだ方が安い」 そんな噂を聞いたことはありませんか?   もはや「インターネットで買...