火災保険の窓口 当日見積もり可 一番安い火災保険を探す

火災保険の比較をする際に必ず知っておきたいポイントまとめ

Pocket
LINEで送る

 

 

火災保険を選ぶ際、数多くの保険会社の中から、どうやって自分の目的にあった火災保険を選べば良いのかよく分からないという方も多いと思います。

火災保険の加入率に関するデータは明確には公表されていませんが、持ち家であれば約8割の方が加入していると言われる火災保険。しかし、「提示されるまま」「オススメされるプランそのまま」加入している方が多いことでしょう。

そこで、今回はどの火災保険を選べば賢い選択をする事ができるのか、火災保険を比較する際のポイントをご紹介しようと思います。

 

火災保険を比較する際に見るべきポイント|賢い比較方法を行う為には?

一般的な火災保険は、火災、落雷、ガスなどの爆発、嵐や雪災といった自然災害などによって建物や家財に損害を被った場合に補償される保険になります。さらに、火災保険は住宅用と事業用に分類され、保険の対象の所在地や建物の構造、火災保険商品などによって保険料が異なるのが特長ですが、今回は住宅用の火災保険について考えていこうと思います。

なぜ比較が必要なのか|地震保険とセットによる保険料同列の勘違い

民間の企業が提供しているサービスである以上、営利を求めるなら当然保険料による違いが生まれます。ではなぜこのような違いが生まれるかというと、火災保険と地震保険をセットにして販売しているかどうかの違いになります。

地震保険は単体加入ができないから保険料で差が出る

地震や噴火に伴う津波による損害は、火災保険では補償されませんので、不安な方は地震保険にも加入する必要があります。

地震保険は民間と国が運営している保険で、補償内容や保険料が保険会社によって変わることもなく、地震保険単独での加入はできません。多くの場合でこの地震保険とセットで加入を勧められる事が多い為、火災保険はどの保険会社でも保険料が同じと勘違いされるケースが多くなっていますが、火災保険料は保険会社によって最大で1.5倍もの差が生じている事を覚えておきましょう。

比較・見積もりによって保険会社の費用がわかる

複数社の保険を比較することで、希望に沿った保険に加入できる可能性が広がりますので、複数の保険会社の見積もりを見比べることで、より安く、より納得できる保険選びができます。

火災保険は火災に対してだけ補償される保険ではない

火災保険はその名前から、「家が火災になったときに保険金が降りる」と思われがちですが、実際は住宅総合保険ともいわれている保険です。

  • ・火災:落雷、破裂、爆発
  • ・風災:雹(ひょう)災、雪災
  • ・水災:台風、集中豪雨、洪水、土砂崩れ
  • ・日常災害:盗難、水ぬれ、物体の衝突
  • ・その他:事故による破損、汚損 など

あらゆる災害に対して保険金が支払われます。だからこそ、住宅(マイホーム)を持つ方や賃貸住宅のオーナーは、ほとんどの方が加入する保険です。ここに保険会社による違いはほとんどなく、オプションによる特約や保険料による違いが発生しているのが基本的な知識と言えます。

保険金(保険料)|再調達価額と時価による比較

保険金額は保険の対象の評価額としますが、基本的には2つの基準があり、どちらの基準で保険に加入するかも重要なポイントになります。現在の火災保険は原則的に同等の住宅を建て直すのに必要な金額「再調達価額」で設定されます。

例えば再築に2000万円が必要な場合、保険金2000万円を受け取ることができます。万が一の事態が起こってしまった時を想定するなら、保険の対象となる建物・家財を同等のものを取得するためにはいくら必要かも決めておきましょう。

もし時価契約なら再調達価額で契約しよう

1998年、保険料自由化が行われたことはご存知かと思いますが、自由化以前は「時価」契約が中心でした。これは住宅を建ててから年数を経ると価値が低下するという考え方ですので、時価では十分な補償にならない可能性があります。もし時価契約になっているなら再調達価額契約の保険に入り直した方良いかと思います。

再調達価格と時価契約

画像引用:「NIKKEI STYLE|保険金額は「再調達価額」に 火災保険を見直そう

 

費用保険金の扱いによる違い

ただ、実際のところ火災保険によって補償される内容はどの保険会社を比較してもそう大差はありません。注意が必要なのは補償のされ方で、「片付け費用」などを含む費用保険金が基本補償にセットなのか、別になっているかです。
Aの保険では当たり前のようについていた保障が、Bの保険では追加しなければならないこともあり、ちょっとした保障が受けられないようなことも起こり得ます。加入時にはきちんと保障内容を確認しましょう。

 

費用保険金とは|損害保険金との違い

費用保険金とは、火災後の片付けや、家が住めなくなった時のホテル代などが該当します。このような費用を補償する保険金が「費用保険金」といい、損害保険金は保険の対象である建物や家財に損害を受けた場合に支払われる保険金だと思ってください。

表:ある保険会社の費用保険金

損害防止費用保険金 火災事故の損害の発生や拡大を防止するための費用
地震火災費用保険金 地震による火災で保険の対象に一定の条件で損害が発生した場合の費用
残存物取片づけ費用保険金 損害を受けた保険の対象の残存物を片付けるための費用
水道管修理費用保険金 凍結によって水道管が壊れた場合の修理費用
※建物が保険の対象である場合
臨時費用保険金 損害保険金が支払われる事故が発生したときの臨時費用

これらの補償の内容は保険料に反映されるため、費用保険金のあるなしで優劣が決まるとは言えませんが、保険料で比較見積もりをする場合は、補償内容に費用保険金が含まれているのか否かを確かめておかないと、正確な比較ができているとは言えないでしょう。

補償範囲の違いによる比較

これは「火災保険の選び方|保険料を抑える方法と火災保険の使い道」でも解説していますが、火災保険は災害や事故によって発生した損害を補填するものですので、補償の範囲を広くすれば、その分、保険料が高くなります。

  • ・火災
  • ・落雷
  • ・破裂・爆発(ガスなど)
  • ・風災、雹災、雪災
  • ・水災
  • ・建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
  • ・漏水などによる水濡れ
  • ・集団行動に伴う暴力・破壊行為
  • ・盗難
  • ・予測不可能かつ突発的な事故
  • ・地震、噴火、これによって発生した津波による損害(地震保険を付けた場合)

不安な方は全て補償の範囲に含めることもできますが、必要のない補償は対象外にすることで、保険料を節約することが可能になります。こういっては火災保険の比較を行おうというあなたに対して不適切かもしれませんが、将来の心配がなければ保険は全く不要のものです。

ただ、最低限のものだけは入っておけば、万が一の場合でも安心できますので、加入の際は余分な補償範囲は削るべきかと思います。
参考:保険の選び方基本編|20代以上は絶対に知るべき4つの考え方

例:水没補償をつけるかどうか

洪水による浸水が懸念される場合は水災補償をつけるべきかとは思いますが、例えばマンションの2階以上に住んでいらっしゃる方にとって、水没の可能性がない為、水災補償はいらないという判断ができますね。

特約による違いの比較

例えば、マンションなどの共同住宅で、あなたの居住部分から下階への水漏れ事故が発生して、下階の方の財物に損害を与えてしまった場合は、個人賠償責任補償特約で保険金がおりるケースがあります。

こういった特約はどの保険にも特約(オプション)で付いていますが、保険にセットで含まれて散るケースがありますので、不要な場合は取っておかないと無駄な保険料を払っている事になりかねませんので、注意が必要です。

例|個人賠償責任補償に含まれるもの

  • 飼い犬がかみついて通行人を怪我させた
  • 人の家のガラスを割ってしまった
  • 店の商品を破損させた
  • 子供が他人の車に傷付けた
  • 水道管を詰まらせて下の階まで浸水させた  など

交通事故における特約にも使われる内容ですが、もちろん自動車保険で加入している場合は不要ですし、同時に入っているからといって保険金の2重取りはできません。

全損時の補償額や自己負担額の違い

水災による補償を受ける場合、保険会社によっては全損時に保険金額の約7割しか支払われないケースがあります。最近では全額受け取れる商品もあるようですが、どちらかを選べるタイプも登場しています。

これは水災だけではなく、風災や雹(ひょう)災、雪災についても全損時の保険金額を縮小できる保険のタイプもあります。この内容もどちら優れているという話ではなく、火災保険の比較の際に、保険会社によってどういった扱いになっているのかを知っておくべき項目です。

毎月の保険料を安くしたいなら自己負担額を多くする

自己負担額(免責金額)の有無やその設定のなども同様で、保険料の負担を軽減したいなら、「免責金額(自己負担額)」を多くする設定が可能です。

免責金額は、災害が発生した場合にあらかじめ契約時に決めた金額を自己負担することです。仮にですが、免責金額を3万円に設定した場合、損害発生時に3万円までは自腹、超える分に関しては保険金で賄うという方法がとれます。

保険金の支払いをある程度自己負担することで、その分の保険料を安くするわけですね。火災保険の比較のために見積もりをする際は、こういった条件を揃えておき、補償内容の細かな点をチェックして比較する事が賢い比較方法と言えます。
参考:火災保険の保険料を抑える方法

割引制度の有無も確認しておくと良い

被保険者ごとの細かな条件の違いで、保険内容に反映するリスク細分型の保険も最近はトレンドになっており、さまざまな形の保険料の割引制度が存在します。

 

新築割引

新築(おおよそ1年未満)の建物が対象

 

築浅割引

築年数がおおよそ10年未満の建物が対象

 

オール電化割引

住宅内の空調や調理、給油を全て電気で賄っている住宅が対象

 

年払い割引

保障期間が長い(2~10年)の契約を年払いにした時の割引

 

このように、各保険商品ごとにはなりますが、それぞれ割引制度を使ってみるとお得です。特に契約する建物内で火災の危険性が下がるような項目があれば(煙草を吸わない、オール電化、新築など)、何かしらの割引も考えられますので、複数の保険商品を見比べてみましょう。

 

大手と中小規模の保険会社による比較

何を持って大手や中小というかにもよりますが、単純な売上高で比較すると以下のようになります。

保険会社名

売上高(億円)

東京海上日動火災保険

29,000

損害保険ジャパン日本興亜

22,000

三井住友海上火災保険

14,000

あいおいニッセイ同和損害保険

11,000

富士火災海上保険

2,789

共栄火災海上保険

1,678

日新火災海上保険

1,366

AIU損害保険(AIU保険)

591

セコム損害保険

438

朝日火災海上保険

315

セゾン自動車火災保険

224

エース損害保険(エース保険)

203

大同火災海上保険

151

単純に売り上げが高い保険会社が安心、低い会社だから不安というわけではありませんが、やはりネームバリューは贔屓目に見ても安心感がありますね。また、いまでは保険も価格競争で、できるだけ安い保険が選ばれる傾向にあります。

そうなると、売り上げの高い保険会社の方が余剰サービスも期待できますし、いざという場面でのサポート体制も期待してしまいます。売り上げの低い保険外会社はどこで大手との差別化を図るのかといえば、より安くを目指した結果、どこかに不和が生じるのではという不安も残ります。

もちろんそんなことはないかもしれません。決して下位の保険会社が悪いというわけでもありませんが、一つの比較検討材料として、こういった見方もあるのではないでしょうか?
 

 

火災保険を選ぶ際の注意点

bodyimage_92_2

住宅ローンを借りる際は火災保険への加入が必須

なぜ住宅ローンを借りるときに火災保険への加入を求められるのかというと、仮に新築の家が全焼した場合、焼け野原を後片付けして一度家を建て直してもいいですし、賃貸のアパートを利用するといいう選択肢もあります。

ただ、どちらにしても住居費がかかりますし、火事で家が全焼しようが住宅ローンの返済は残ります。つまり、燃えた家のローンを抱えたまま、新しい住宅ローンを借りるケースや、賃貸マンションやアパートの家賃を払う結果になってしまいます。

こうなった場合、ローンを組んだ銀行としては住宅ローンの返済がされない可能性も出てきます。そこで、住宅が燃え尽きても火災保険のから家を建て直すだけのお金(再調達価額)がもらえれば、住宅ローンの返済は可能だろうして、火災保険への加入を必須としている銀行が多くなります。

家に対して特に不安のない方も、ローンを組む際には火災保険に加入させられることがあると知っておくのも大事ですね。

地震による損害は火災保険では補償されない事に注意

じつは地震による損害は火災保険では補償されない事を知っていましたか?「いやいや、補償されるって言ったじゃないか!」と思われたかもしれませんが「火災保険は火災に対してだけ補償される保険ではない」ものの地震による補償は含まれていません。

地震が起こると火災が発生することも多いですが、地震による火災は火災保険の補償対象外です。つまり、地震を原因とする被害は全て地震保険のみ補償されます。

ちなみに、地震保険は火災保険に付帯して契約加入するものですので、地震保険のみで申し込みをすることはできないことにも注意が必要ですね。

最後に|比較検討を行う際のポイントまとめ

今回の内容をまとめると以下の様な内容になります。

  • ・なぜ比較が必要なのか:安い保険料の会社を見つける為
  • ・保険金は再調達価額で契約しよう
  • ・費用保険金が含まれているのか否かの確認
  • ・補償範囲の違いによる比較は大事
  • ・不要な特約は付いていないか
  • ・全損時の補償額や自己負担額はどうなっているのか
  • ・割引制度はなにがあるのか
  • ・大手と中小規模の保険会社はなにがちがうのか?

保険料以外にもいくつか比較検討すべき材料がおわかりいただけたかと思いますので、火災保険の比較をする際にチェックして頂ければと思います。

 

 

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  4. 4位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  5. 5位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  1. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  2. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  3. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  4. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

  5. 保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...