全員もれなく!家計&保険の無料相談で・・・優待サービスが1年間無料!最大70%OFF!生活に役立つサービスや商品がおトクになるサービス

定期保険の仕組みとメリット・デメリット|他の保険との比較

Pocket
LINEで送る

定期保険(ていきほけん)とは、あらかじめ保障期間を決めた上で契約をする保険です。契約が終了した場合、返戻金(原則的に)が貰えないためにいわゆる「掛け捨て保険」と呼ばれております。 今回の記事では、定期保険のメリット・デメリットや他の保険と比較について紹介していきますが、ぜひ保険選びの参考にしていただければ幸いです。

 

定期保険とは掛け捨て保険のこと|定期保険の仕組み

冒頭でもお伝えした通り、定期保険とは掛け捨て保険のことで、保険料を支払っている期間だけ保障を受けられる保険です。生命保険における死亡保障の部分だけが受けられる保険だとイメージしてください。

加入期間の決め方は2種類

定期保険と言うだけあって、定期保険では加入期間が重要です。例えば、60歳まで定期保険に加入していたとしても、期間が切れた61歳に死亡した場合、それまでの保険料に関係なく、保障が効かなくなるため死亡保障は受けられません。そのため、定期保険の期間の決め方は重要であり、期間の決め方には2種類の方法があります。

①年満了型(短期型)

何歳から定期保険に加入しても、そこから5年、10年、20年・・・といった形で契約期間が決められているタイプの保険です。比較的短期間での契約は年満了型が多くなっています。

②歳満了型(長期型)

こちらは、何歳から加入しても60歳で満期、65歳で満期といった形で契約の終了時が決められるタイプの保険です。長期間での契約は歳満了型になっていることがほとんどです。

更新の方法も2種類

定期保険の期間が過ぎれば一方的に「期間は終了です。以後保障はありません。」と、契約を打ち切られるわけではありません。お金に困った人が期限直前で自殺したり、保険の受取人が保険金殺人を起こす可能性があるため、定期保険には2種類の更新方法があります。

①更新型(短期型)

一般的に定期保険は、期限が過ぎれば自動で更新されるような契約を結びます。更新の通知をされることもありませんが、更新時の年齢によって保険料が変わる仕組みです。年齢が上がるにつれ死亡率も高まるため、それに伴い保険料も上がります。

図引用元:「平成 27 年 人口動態統計月報年計(概数)の概況 – 厚生労働省

上記の年満了型の定期保険は、更新型を取っていることがほとんどです。また、更新型の定期保険は、単純に支払った保険料が返ってくることもなく、まさに掛け捨て保険のことと認識していただいていいでしょう。

 

年満了型定期保険

 

例:死亡・高度障害保険金500万円(不慮の事故の場合1,000万円)
10年契約/自動更新/最大80歳まで

年齢 月額保険料
20~30歳 1,070円
30~40歳 1,190円
40~50歳 1,805円
50~60歳 3,355円
60~70歳 6,800円
70~80歳 16,640円

 

このように保険会社にもよりますが、50歳を超えてくると、死亡リスクも高まるため、一気に保険料が上がります。「若いうちは保険に加入せず、定年間近から保険に加入する」反対に「子供が自立していないうちは万が一に備え安く加入し、自立したら更新しない」など、臨機応変な方法が考えられます。

②全期型(長期型)

一方全期型は、保険期間が終了すれば契約も終了するタイプです。ただ、これは上記の契約期間の長い歳満了型の契約に多く見られます。そして、20歳から60歳満期の定期保険に加入したとしても、保険料は一律です。また、更新型と比べると、死亡リスクの高い高齢時の保障も含まれているため、保険料は高めに設定されております。その分、若い間に解約すると、多く払っていた保険料が返金されます。

歳満了型定期保険

 

例:一例ですが、上記の例と同じ条件・同じ価格帯で60歳満期だとすると平均して1,854円を月額で20~60歳まで支払います。40代までで多く払っていた保険料は、それまでに解約すると返金されることがほとんどです。ただ、死亡リスクの高まる40代以降は返戻金が徐々に減っていくでしょう。

定期保険の保険料は様々な要因から構成される

契約期間が長くなればなるほど保険料は上がると前述しましたが、それ以外にも、定期保険の保険料は以下の要因から構成されることになります。原則として、死亡するリスクが高い人ほど保険料が高くなるものと覚えておいて良いでしょう。

年齢

一般的には、年齢が若ければ若いほどに死亡率は低く、高齢になるほど死亡率が高くなります。したがって、加入時の年齢が若いほど定期保険の保険料は安くなります。

性別

女性のほうが長生きすると統計で算出されています。これにより、死亡率の低い女性のほうが保険料が安くなります。

健康の状態

保険に加入する前には告知書と言って自身の病歴や入院歴などを紙に書いて申告する必要があります。保険会社はこれを見て、加入者の健康状態を判断します。保険会社によって何が健康で何が不健康かを判断する基準にはばらつきがありますが、身長・体重・血圧が標準値で、非喫煙者の方は死亡率が低いと判断され、保険料も安くなる傾向にあります。

 

定期保険の2つの種類

定期保険は利用者のニーズに合わせて、様々なプランの定期保険が提案されています。その中に逓減定期保険(ていげんていきほけん)と逓増定期保険(ていぞうていきほけん)があります。その名の通り、逓減定期保険は受け取る保険金が逓減(徐々に減っていく)していくタイプの定期保険であり、逓増定期保険は受け取る保険金が逓増(徐々に増えていく)するタイプの定期保険です。

逓減定期保険

逓減定期保険は、期間中、年数が経つにつれて保険金額が減り、それに伴い支払う保険料も抑えられる定期保険です。通常、50・60歳と高齢に近づくにつれ、子供の養育費や住宅ローンなどの責任や債務は減っていきます。その分、払われる保険金の額もそこまで必要なくなります。保険金を下げる代わりに支払う保険料を下げる逓減定期保険は、非常に合理的な保険と言えるでしょう。

逓増定期保険

逓増保険は、主に法人税対策として加入される定期保険です。貯蓄の要素も兼ね備えており、10年未満で払った保険料の全額近くが解約返戻金として戻ってきます。つまり、年々の保険料で法人税を抑えられる上に、退職金や事業拡大や大きな出費がある際に解約した場合、解約返戻金が戻ってくるということです。

経営者や役員の死亡保障として逓増定期保険に加入している会社も多くなっています。

参照:「逓増定期保険とは|法人の為の保険金が5倍になる定期保険

 

定期保険への加入を検討すべき3つのタイミング

そもそも保険とはもしものための備えであり、保険料を支払うかわりに安心を買うものになります。定期保険の場合は保障の対象を死亡時のみと限定しており、掛け捨てであるために“もしものこと(死亡)が起きなければ損をする”と考える人も多くいます。しかし保険料を支払っている間は多くの保障に守られていることになるので、一概に損をするものだとは言いきれません。

一般的には定期保険は、ライフステージが変わったときなど、今後の人生におけるイベントごとに対するリスクに対して備えるものと言われています。個人によって定期保険の必要性は異なりますが、以下のタイミングで定期保険への加入を検討してみましょう。

結婚・出産時

結婚をして家族が増えることを機に、今後の家族のためを考え、自分が万が一死亡したときのために定期保険に加入するという方は多くいます。少ない保険料で大きな保障を得られるので、子供が小さい時だけ稼ぎ手に保険をかけておき、子供が成人した際に解約するのも合理的な方法のひとつです。

しかし、まだ20~30代のうちは死亡率も低いので、定期保険が必要か必要でないかは家族と検討する方針で良いかと思います。

マイホームの購入時

何千万円、何億円という大きな買い物をしたら、それからローンの返済や税金のことまで考えてやりくりをしていくことになります。しかし、購入者である一家を支える主に万が一のことがあった場合、ローン等は遺された家族が返済していくことになるため、何も保険に加入していないと大変な負担になります。

購入者が亡くなった際に住宅ローンの残債が相殺される団体信用保険に加入する方も多くいますが、定期保険への加入も検討するベストタイミングであると言えます。

子供が独立した時

子供の養育費用の負担がなくなった時も定期保険への加入を検討するタイミングです。十分な蓄えがあり家計にも余裕があるため、保険料は比較的払いやすくなります、年齢から考えてもこれから病気や手術などの心配も多くなってくるので、他の保険への加入も視野に入れつつ定期保険への加入も同時に検討してみましょう。

 

定期保険のメリット・デメリット

それでは、定期保険のメリット・デメリットを伝えします。生命保険の種類には、定期保険以外にも大きく分けると「終身保険」と「養老保険」があります。まずは、こちらで定期保険のメリット・デメリットを解説し、下記で他の保険との違いをご説明いたします。

※終身保険とは:生涯、死亡保障を受けることができるタイプの生命保険であり、解約時には積み立てた保険料が解約返戻金として戻ってくる。
※養老保険とは:貯蓄機能を備えた生命保険であり、契約期間中の間、死亡保障を受けることができると同時に、支払いが完了した場合(満期時)に、死亡保険金と同額の満期保険金が受け取ることができる。

 

参照:「養老保険とは?~絶対に知っておきたい9の知識~

メリット

 

保険料が安い

他の終身保険や養老保険に比べると、「積立制度が無く保障だけ」という、いたってシンプルな保険になるため、保険料が安いことが特徴です。定期保険で最低限の保障をしてもらい、他の保険とかけ合わせることも可能です。例えば、下記でご説明する終身保険や養老保険などとかけ合わせた「定期保険特約終身保険」や、「定期保険特約養老保険」などがあります。

ご自身の希望の保険料や保障、今後積み立てる保険金などを加味したうえで、臨機応変にかけ合わせることが可能です。

高額な保険金を掛けることも可能

また、元々の保険料が安いことから、その分高額な保険金も大きな負担なく掛けやすいと言えるでしょう。

家計の経済状況に臨機応変に対応しやすい

これは、短期型の定期保険に言えることですが、掛け捨て型の期間が決まっているため、生活が困窮してしまって保険料が払えない、反対に収入が大幅に増えるなどして保障が不必要などの事態になった場合も、契約を打ち切ることが簡単です。

デメリット

 

満期で保険金が降りない

定期保険は期間内の保障だけに過ぎませんので、たとえ何事もなく契約期間内を終えたとしても満期保険金が降りることはありません。

契約期間が過ぎると保障されない

繰り返しますが、定期保険は「契約期間の間だけ保障される保険」です。つまり、契約が切れた翌日に死亡した場合、「昨日までなら保障されるはずの1,000万円が0円になった。」ということも起こりうる可能性はあるのです。

原則的に解約返戻金が無い

ご説明の通り、原則的に定期保険には解約返戻金がありません。長期の定期保険には、若い間に支払った保険料に一部貯蓄的要素もありますので、その分が返ってきますが、年齢が上がるにつれ、返戻金も減っていき、他の保険と比べても返戻金は期待できないでしょう。

 

定期保険と終身保険との違い

ここまで定期保険の仕組みとメリット・デメリットについて解説しました。定期保険に関してある程度の理解を深めていただけたかと思います。しかし、もちろんながら保険の種類は定期保険だけではありません。生命保険には定期保険以外にも「終身保険」という、一生涯保障が続く保険があります。こちらと比較してご自身に一番合った保険を選択されることをお勧めします。

終身保険とは?

定期保険は期間が定められていますが、終身保険は生涯にわたって保障される保険です。つまり、途中で解約しない限り死亡すれば保険金が支払われます。定期保険が「掛け捨て型」と呼ばれるのに対し、終身保険は「積み立て型」と呼ばれることがあります。

定期保険と比べたメリット

生涯にわたって保障されることは、扶養家族がいる方にとって安心でしょう。また、解約返戻金があることがほとんどで、経過年数が長くなればなるほど今まで支払った保険料に近い金額が返戻されます。

【参照】

▶「生命保険の解約返戻金|基礎知識と損をしない4つのポイント

▶「生命保険を解約する時に知るべき返戻金と簡単に解約する方法

 

定期保険と比べたデメリット

死亡した場合必ず保障される分、定期保険と比較すると保険料が割高になります。この結果、特に若い間の結婚費用や養育費などの貯蓄の負担にもなることが考えられるでしょう。また、生涯の保障になるので、一度加入してしまうと、保険の見直しがしにくいということも考えられます。また、終身型に加入する目的の多くは、保険料の積み立てであり、満期を迎えた後の返戻金です。

数十年先の将来に向けて保険料を積み立てることになりますが、保険料の支払い時と比べて保険料の受け取り時では円の価値が下がることもありえます。貯蓄性のある保険商品は、インフレに対応しづらい傾向にあるため、終身型を選ぶ際はこの点を考慮するべきでしょう。

参考:生命保険(終身型)の特徴とメリット・デメリット

定期型・終身型でお悩みの方のための変換型制度

定期型と終身型のどちらがいいのかは、加入者の状況によりけりなので一概には言えません。もし、どちらかを選ぶことができないか方は、変換型制度が利用できる保険商品を選ぶことをオススメします。変換型制度とは、契約期間の途中で定期型から終身型へ、あるいは終身型から定期型へ変更することができる制度です。

【参照】

▶「終身保険とは|終身保険の6つのメリットと3つのデメリット

▶「終身保険の全比較|自分におすすめの終身保険を選ぶ全知識

▶「終身保険の選び方|知って得する選び方のコツ3選

 

定期保険と終身保険の比較表

new_1

参考:生命保険の「掛け捨て」と「積み立て」の比較

 

少しでも安い保険料で定期保険に加入するためには

定期保険に加入する目的の多くは、保険料を安く抑えたいことだと思います。少しでも安く保険料を抑えるためにはどうすればいいのでしょうか。

健康体割引サービスを利用する

まず、タバコを吸わない、特別な持病を持っていない健康体な方は、健康体割引が充実している定期保険を選ぶことをオススメします。保険商品によって割引される度合いは異なるので、各保険商品あたりの保険料、割引制度の内容で決めるべきですが、詳しいことはFPに相談してみるといいでしょう。

▶「ファイナンシャルプランナーの無料相談先と良いFPの選び方

また、喫煙者の方は健康体割引の恩恵を受けることができません。喫煙者の方は、元々の保険料が安い定期保険を選びましょう。

払済保険を利用する

払済保険を利用することで保険料を安く抑えることもできます。払済保険とは、解約返戻金を保険料の支払いに充てることで、今後の保険料の支払いが免除され、残りの期間も保障を受けることができる制度です。トータルで払う保険料は安くなる代わりに、特約などは全て解消されてしまうため保障内容は少なくなってしまいます。

また、一度、払済保険を利用すると元の保障内容・支払い方式に戻すことはできません。

参照:「払い済み保険のメリット・デメリットと仕組みと活用例

余計な特約を省くようにする

定期保険に加入する際、死亡保障以外にも医療保障など特約を付けている方もいるでしょう。同時に別の種類の保険に加入している方も多くいると思いますが、現在、加入している保険の保障内容と、特約による保障内容が重複している場合があります。

この場合、重複している部分は余計に保険料がかかっているので、すでに他の保険でカバーできる特約に関しては省いてしまいましょう。

参照:「生命保険の特約の全て|特約の種類から必要性の検討まで

長期で加入する方は収入保障保険に加入するのも一つの手段

ある程度、長期間で保険を利用される方は、収入保障保険を選択することで保険料を安く抑えることができます。収入保障保険とは、定期保険と比べても保険料が安く、その代わりにライフステージに合わせて、加入期間が長くなるほど保障内容が減っていくタイプの保険です。

収入保障保険については詳しくは、「収入保障保険とは|最大の特徴とメリット・デメリット」を参考にしてください。

 

まとめ

いかがでしょうか。定期保険は掛け捨て型で保険料も安いことが特徴です。。定期保険だけでは期間内に最低限の保障しかされませんが、他の保険と上手くかけ合わせることで、足りない部分を抑えることもできます。

一概にどの保険が良い悪いとは一概には言えません。ご自身の「今は貯蓄したい」「子供にいくら残したい」「収入が不安定」など、願望や状況はそれぞれだと思うので、自分に合った保険を見つけるために、一度、ファイナンシャルプランナーに相談されることをおすすめします。

生命保険の無料相談の仕組みと相談前に準備すること

Pocket
LINEで送る

定期保険に関する悩みや不安を相談する

保険コネクト限定キャンペーン 今なら!生命保険のお悩み相談で優待サービスが1年間無料!

保険ガイドブックの無料ダウンロード

保険のガイドブック贈呈中

各保険に関するおトクな情報を一冊のeBookにまとめました。
お読みいただくことで、保険選びの参考になる事間違いなし!

無料ダウンロード

  1. 保険に加入する前に知っておきたい社会保障制度

    社会保障

    保険に加入する前に知っておきたい社会保障制度

    民間の保険に加入する前に、活用すべき社会保障制度の賢い活用方法を解説します。

    無料ダウンロードする

  2. 生命保険への加入を考えるときに知っておくべき全てのこと

    生命保険

    生命保険への加入を考えるときに知っておくべき全てのこと

    生命保険に関する、知っておくとお得な情報を解説します。

    無料ダウンロードする

保険ガイドのダウンロード一覧へ

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険